デュラララチャット(仮)なりきり募集掲示板

なりきりの募集を行うための掲示板です。雑談はなり雑でお願いします。

  • 世界が許さなくったって、僕は君が好きだった【創作/恋愛】

    メリクリBOY
    No.775896
    [編集/削除]

    【 名前 】和泉 聖夜(いずみ しょうや)

    【 学年 】 3年

    【 性別 】♂

    【 性格 】 優柔不断な所があり、押しに弱い性格。自分よりも他人優先なので自己犠牲にしがち。しかし、意外と芯はしっかりしており周りに気を配れるおかげか後輩や同級生のお悩み相談口として信頼されている。
    それ故一人の妹が居るため面倒見も良いため、人によってはお兄さんのような存在になることも。恋愛経験に関しては過去を見れば分かるがゼロである。しかし、ゆかり法によって結ばれた彼女とは自身にとっては唯一の存在なので積極的で必死に恋愛お勉強中。初対面の人に関しては後輩でも同級でも敬語。徐々に慣れてくるとタメになってくる。欠点としては物事を決めるのが苦手な事である。これらの文を見れば頼りなさそうに見えるが、自身の大切な存在(妹など身内、恋人、ペットなどなど。)に危険が迫った時は身を呈して守り抜く意思が強い

    【例】友達「何か奢るよ!どれでも好きな物選んで!」

       自分「え、えっと……どれも美味しそうなのでどれでも良いです……あぁでも強いて言うなら……でもこれちょっと高いな~……んん~どうしよ……あ~あれも良い……でもたくさん頼んだら悪いよね……」←こんな感じ

    【 容姿 】 身長183cmと高め。筋肉は平均よりほんのちょっとあるくらいである。生まれつき白髪で、黄色い瞳をしている。見た目からして大人しそうなイメージ。制服はきちんと着こなしており、着崩す事はあまりない。紺や白黒、濃い青の色の服を好んでいる。(Picrew様のぐずり男子メーカーから!

    【 備考 】 部活は陸上部に所属。委員会は保健委員会。陸上部に入った理由は健康な体を作りたいからと、ただ単純に足が速くなれば色んなスポーツも楽しめると言う解釈からだそう。保健委員会に入った理由は、ただ単に人助けが好きだからなのと、周りから面倒見が良いからピッタリだと勧められたである。なので怪我をした人や体調が悪い人を介護する時はとてもやりがいを感じれるそう。運動神経は徐々に上がっており、足の速さに関しては自信が付いてきている。勉強に関しては文系がすば抜けているが理系がダメ。趣味で歌い手をしており、よく誰も居ない屋上や中庭で歌を口ずさんでいる。しかし誰かに聞かれるのが恥ずかしいため誰か来るとすぐ歌を止める癖がある。

    【過去】元々自分はこんな容姿ではなく、昔は前髪がもう目に隠れており、根暗で地味。そしていつもオドオドとしていて運動も苦手だったため、いじめの標的とされていた。特に一人の女子生徒からは自分の見た目の事についてしつこく言われていたり、酷い仕打ちを受けていたため、その頃から自分は容姿を気にするようになった。しかし、中学を卒業した春休みに親友からある日美容室に連れて行かされ、今の容姿へ変身した。これが本当に自分なのかとびっくりしていたが、何だか前の自分とは生まれ変われた気がして親友のおかげで自分に少し自信を持てるようになるのだった。そのおかげで、今まで引っ込み思案気味だったのだが積極的に色んな事に挑戦し人としてどんどん成長していった。しかし、自分はいじめっ子の事を恨んでいる事は無く、ただ単純にいじめられた原因は自分にあると思っている。それを親友から「そんなことない」と言われるのが毎度のパターンと化している。

    【 SV 】 「和泉 聖夜と言います、皆さんよろしくお願いします。何か困ったことなどあればいつでも自分を頼ってくださいね」

    「え、えっと……どっちが良いかって言われても………ど、どっちも良いんじゃないかな……?」

    「○○(大切な存在)を殴るなら俺を殴れ!!でもな、お前がどれだけ俺を殴ったって俺はお前みたいな惨めな真似は絶対にしないからな!!気が済んだら帰れ!」

    「あの時いじめられたのは、きっと俺のどこかが気に食わなかったんだよ、また会えたら謝れると良いな、」

    「え、えっと……こんな自分ですけど……で、でも、君の事幸せにするから!俺頑張るよ!」

    【 関係募集 】 こんな自分でもゆかり法によって結ばれた彼女が居れば!(女性一名)/過去に自分をいじめていた人物(女性一名)/親友一名(男性一名)/妹一名(女性一名

  • No.776364
    [編集/削除]

    【 名前 】星鎖 真桜(セイサ マオ)
    【 性別 】女
    【 学年 】1年

    【 容姿 】身長165㎝ 体重44㎏
    雪のように白い肌、花弁のように赤い唇、腰まであるプラチナブロンドの髪、宝石の如く碧眼を縁取るのは長い睫毛。異国の血が色濃く入っていることもあり、顔立ちは日本人離れしている。華奢で女性らしく凹凸のある体型に、スラリと細く長い脚をしている。制服を着崩すことなく清潔に着ているが残念ながらその脚は黒いニーハイによって隠されている。
    Picrew:Hohoメーカー様より画像参照

    【 性格 】控えめで大人しい性格。目立つことが苦手な真面目で努力家な優等生という言葉が相応しい。良くも悪くも感情に素直であり、思ったことが口や顔に出てしまう裏表のない性質。誰に対しても優しく敬語口調で礼儀正しい。小学生の頃からか、人と話すのが若干苦手になってしまっているため人間関係はあまり豊かではないだろう。性格からしてクラスでは目立たない地味な存在だが、外見が邪魔をしてしまっているタイプ。とはいえ、自身の外見を嫌うことのない真の強い一面もある。実は見た目に反して…?

    【 備考 】帰宅部、美化委員
    スウェーデンとのハーフだが生まれも国籍も日本。そのため決して英語に堪能というわけではないが小学生の頃、同級生に「英語で話せよ」「国に帰れ」などなど人種差別的な罵倒の言葉を言われ続け、いじめられたことから一時期は登校拒否に陥るほど自身の容姿に強いコンプレックスを持った。しかし、とある男の子と出会ったことによりコンプレックスを解消。その男の子の言葉により自身のコンプレックスを受け入れ、前向きに考えるようになった。
    勉強が好きでテストでは毎回5位以内。運動(特に球技や水泳)は苦手だが足は早く、50m走は7秒代。
    大の方向音痴であり、度々迷子になることがあるため人の多い場所を苦手とする。
    両親はカメラマンで海外赴任しており、兄弟もいないため現状マンションに一人暮らし状態。そのため家庭的で裁縫や料理、掃除が得意。英語は話せないが、スウェーデン語には堪能。歌が好きであり、休み時間にはイヤホンで音楽を聴いていることが多い。
    恋愛面になると疎いが、自身の感情に素直なため直向きだろう。
    ゆかり法については複雑な感情を抱いている様子。
    誕生日は3月3日

    【 SV 】「あ…の、はじめまして。星鎖真桜です。英語は話せません。よろしくお願いします。」

    「いいんです…困らせたくありませんし、それに…見ているだけで十分幸せなんです。」

    「…えっと…ここはどこでしょうか。確かさっきは、地図にこっちに行けばいいと書いてあったんですが……逆、ですね。」

    【 募集 】ゆかり法のお相手様(〆切 渡会颯志さん)/そのほかお誘いあれば

  • No.776373
    [編集/削除]

    2キャラ目です

    【 名前 】久遠 永遠(くどお とわ)
    【 性別 】女
    【 学年 】3年

    【 容姿 】身長は163㎝、すらりとした華奢な体は陶器のように真っ白な肌の色をしている。白く細い首につながるのは小さな輪郭をした顔。色の白い肌に映える、黒髪ボブ。夜空に星が溶けたような紫眼の猫目には、どこかミステリアスな雰囲気を纏う。その瞳は時に強い意志のような魂を宿す。小さな唇は濡れたように赤く、笑うとぞっとするほど愛嬌のある笑窪が両頬に姿を表す。制服はある程度着崩している。鎖骨のあたりにホクロあり。

    (Picrew:うわめづかいメーカーより画像参照)

    【 性格 】一言で表せば「天邪鬼」。一見すると普通の隠キャに見えるが、その心には強い意志の炎が灯る。学園では地味で目立たない眼鏡子を演じており、底の見えない腹黒さは仕舞い込んでいる。その腹黒さから時折、人道を外れた悪魔的発言をすることがある。人の怨み妬み嫉みをよく知っており、若干人間不信。対人距離(所謂、パーソナルスペース)が広く、人とはある程度の距離を無意識でも保っている。対人距離に踏み込まれると、悪態をつき拒絶する癖がある。アイデンティティーを最も大切にするブレない人間。意志のない弱い人間を嫌う傾向あり。素の性格だと口が悪く、かなりの面倒くさがり。

    【 備考 】眼鏡の下の顔は「Black Rose」という有名アイドルグループのセンター。
    芸名「氷雨 永遠子(ひさめ とわこ)」で活動中。クールで毒舌なキャラと高い歌唱力を持つ。ゆかり法を否定し立ち向かうような過激な歌詞や、アイドルらしからぬ高難易度ダンスで若い世代を魅了し今や人気絶頂中。
    愛称は「とわわ」「ひさとわ」。
    ゆかり法によりファン層が急激に減り、没落したアイドル産業を救済することが彼女の意志。そのため、実質的なゆかり法の内部破壊を狙うべく、この学園へと入学した腹黒い陰謀がある。ゆかり法が巻き起こした人間関係でのトラブルや、愛をめぐる醜い奪い合いを独自に調査し記録したり、わざとかき乱してみたりと、そこそこサイコパスな行動に出ることも。
    計算高く基本的に器用な人間なので、学力や運動能力は抜群に良いが、目立たないことを目標としているためにテストでは狙って平均点を取る。しかし、アイドル活動により出席日数が危ういので成績は留年ギリギリ。
    アイドルにかける思いは強く、手を抜かずに努力を怠らない真面目な姿勢が窺える。
    ダンスレッスンやボイトレ、ジョギングは日課。ファンのことはそこそこ大切にしており、ファンレターはしっかり読む。
    これほどまでに彼女がゆかり法を憎む原因は、複雑な家庭環境にあった。側から見れば、ゆかり法で結ばれた幸せな家族。しかしそこに愛はなく、冷めきった家庭内で寂しい少女時代を送った。(その時にアイドルに出会い、アイドルを目指すことになるのはこの先のお話である。)兎も角、両親はゆかり法により作り出された虚構の夫婦(仮面夫婦)というやつである。ゆかり法があるから、自分のような寂しい少女時代を送る人間が出てしまうのだと心からゆかり法を憎み、政府にあだなす反逆の刃を向けることを決意した。
    しかしそれは愛を知らない故の虚しい決意である。心の底では、彼女自身「本物の愛」に酷く囚われ羨望を抱きながらも「愛を信じていない」と公言する複雑な矛盾心理を併せ持つ。
    自身のゆかり法相手については全くの無関心無感情である。

    【 SV 】
    「ちょ、このままテスト休んだら留年決定なんだけど!…。芸能コース用意しなさいよね…。」

    「ハッ、なにその安いセリフ。この程度で壊れる愛なんて、いつかは壊れて無くなるってどうして気づかないわけ?消費期限付きの愛なんて、時間を掛けるだけ無駄。ならそんなの愛じゃないよね?…ただの性欲の塊!」

    「……こんな世界、間違ってるのよ!なにが愛よ!なにがゆかり法よ!そんなもので幸せなんて手に入らないじゃない、!!塗り固められた嘘の幸せなんて…この世界に不必要よ。」

    【 募集 】彼女の本性を知るもの(〆切 瑠璃川アキラ様)/その他お誘いあれば

    追記するかもしれません

  • 桜餅
    No.777464
    [編集/削除]

    【 名前 】 八坂 雅 ( ヤサカ  ミヤビ )

    【 学年 】 2年

    【 性別 】 女

    【 性格 】天真爛漫でいつも笑顔を絶やさない。言われた事は何でも信じてしまうと言う素直さを持ち合わせているが、悪く言えば騙されやすい只の" 馬鹿 "とも表現され得るだろう。勉学は余り得意ではなく、考査はいつも赤点のオンパレード。然し本人は生粋のポジティブ思考の持ち主である為、何時も返却された赤点だらけのテスト等を目の前にしても" 何とかなるっしょ "と余り深く考えていないらしく、また其の言葉通りに何とか乗り切っているらしい。誰にでも気兼ねなく話し掛ける積極性も加えて持ち合わせている。肝が座っており、些か気の強い性格の為にトラブルに見舞われる事も少々。

    【 容姿 】 呂色のストレートヘアを肩の辺りで切り揃えられたボブヘア。前髪も同様に眉辺りで切り揃えられている。普段はトレードマークとも言える赤色の髪飾りを着けている。透ける様な黒色の瞳を囲むのは長い睫毛。雪の様に白い肌は黒色の髪とは対照的である。右眼の下に有る泣き黒子が特徴的。身長は凡そ149.6cmと人並みよりは小さく、其れ故か余り凹凸の無い薄い体型をしており、自身では余り気にしてはいないものの其れを欠点として捉えている。髪型と身長から実年齢より幼く見られる事が多い。スカートは膝丈より五センチ程上であり、僅かに膝が見え隠れする程度。ブラウスは「息苦しいから」と言う理由で第一ボタンのみ開けている。ブレザーよりもカーディガン、又はベストを好んで着る。入学時、身長の伸びを期待してツーサイズ大きい物を購入したのだが、存外身長が伸びなかった為に、第二学年となった現在はオーバーサイズである。カーディガンやベストに関しては沢山色を揃えており、無難な黒や紺、ベージュ、白色やグレー等から臙脂色や深緑、薄桃色迄様々。基本的に制服は着崩す事なく模範的に着用している。(「ダウナー女子の作り方」様より)

    【 備考 】 書道部に所属し部長を務めており、書道検定七段の腕前。委員会は生徒会書記を務める。理由は単純明快で、達筆だからと言うもの。勢いで立候補し当選したのだが、意外にも生徒会活動には積極的に取り組んでいる様子。

    関西弁、取り分け京都弁で話す。一人称は「ウチ」二人称は「アンタ」親しい人には「〜君、ちゃん」又は渾名。

    実家は京都に位置するかなり名の知れた有名な神社である。所謂令嬢の様な立ち位置に当たるのだが、後継ぎは兄だと言う事が昔から決まっており、其れ故に彼女は自由奔放な人生を歩んでいる為、彼女からは其の様な雰囲気は一切感じ取れない。然し神社の娘と言う事もあって幼い頃から教養はきっちり叩き込まれており、礼儀作法はほぼ完璧に等しいと言える。

    ゆかり法によって決められた相手の事は余り深く考えておらず、「法律で決められてしまった相手」くらいにしか考えていない。

    お化けや幽霊等が苦手だと思われがちだが実際は違い、お化けや幽霊、ホラー映画等も平気で見れる様に肝が座っている部分もある。食べ物の好き嫌いは殆ど無い。好きな物は甘ったるいミルクティーでいつも持ち歩いている。
    勉学は言う迄も無く大の苦手。然し運動は壊滅的と言う訳でも無く、人並み程度には出来るらしく、スポーツ観戦も好んでする。

    【 SV 】 「初めまして。ウチ八坂雅って言うねん。八つの坂に雅って漢字。雅って感じせえへんとか言うたらあかんで?」

    「後1cm……いや5mmぐらいでエエから誰か身長分けてくれへんかなあ?」

    【 関係募集 】

    ・ゆかり法によって決められた御相手

    御誘い頂ければ何でも。

  • フェス
    No.777717
    [編集/削除]

    【 名前 】 八月三十一日 鶴(ホズノミヤ ツル)
    【 学年 】 3年
    【 性別 】 男

    【 性格 】 見た目から考えると普通の男子高校生かもしれない。だが本心は「不良」である。そして悪なのか天然なのか、はたまた良い子なのかすら不明。けど喧嘩好きなのは唯一不良らしい所ではある。
    御年寄は昔から助ける事は多かったが親友であるひなと絡み始めてからは、女子供御年寄怪我人の人達を助ける事が多くなりかなり影響を受けている。
    彼にはフレンドリーのフの字も無い。この学園での彼の友人はただ1人しか居ない。女子とは余り近付いて話す事は無く、逆に男子に話し掛けられたら一睨みしてしまう。女子に近付けられたら1歩引いてしまう、理由は「自分が不良だから傷付けてしまうかもしれない」と言う。

    【 容姿 】 身長は178cm。
    青藤色のした髪色でくせっ毛が目立つ髪型(くせっ毛のせいか朝起きると寝癖が酷い)。襟足は刈り上げている。瞳は吊り目で瞳の色は赤い。下睫毛がほんの少し長い。耳に付いてるピアスは親友に空けて貰った。肌は焼けても黒くはならない為白い方である。身体は程よい筋肉は着いているものの着痩せしている為細く見える。
    制服は着崩していて、第二ボタンまで開けネクタイはしている事はあるがしていない事が多い。理由はネクタイを結べないからである。正装の日は親友に結んで貰っている。

    【 備考 】 一人称「俺」、二人称「お前、○○」、三人称「お前ら、お前達」
    部活は無所属で委員会も無所属。
    好きな食べ物は甘味全て。
    嫌いな食べ物は野菜全般。

    彼には不良仲間、マブダチであり最高の親友である「ひな」が居る。彼には「ほず」、自分は「ひな」と呼び合っている。他の人に「ほず」と呼ばれるとキレる。だが決して「そういう意味」で好感がある訳では無く、一人の「友人」として好感がある。彼が居ない日は隣に居ない寂しさと一人という感覚に苛立ち、飴をガリゴリ勢い良く噛んで過ごしたりしている。
    彼とはよく夜のコンビニ前で屯ってたり、日々の学校生活で共に居る。そこで好きな「アンパンマンチョコ」や「よっちゃんイカ」、お腹が空いてたら「ぐるぐるもんじゃ」や「ペペロンチーノ」等お湯を入れて完成のお菓子等を食べている事が多い。勿論他のお菓子やアイス等、甘味が大好きである。最近のお気に入りは「パフェ」。
    お菓子を食べても食べても太らず、太らない体質である。

    彼は常識が成っている不良である。
    最近の不良と言えば、「常識がなってない」「直ぐ問題を起こす」「夜遅くまで遊んでる」「クラスの手伝いをしない」「飲酒・煙草」等あるが、彼は常識がちゃんと成っている不良であり、例えば煙草を吸ってる学生を見ればその学生を摘み出して警察に出すとても良い不良なのである。クラスの出し物も積極的に手伝ったり、夜は10時までに帰る。煙草や飲酒も 「あぁ!?それは成人してからだろうが!」 との事。
    そんな一面からクラスでは天然記念物として扱われ、クラスの皆に暖かい目を向けられている。
    そして唯一の欠点は「流行に非常に疎い」事。
    最近覚えた言葉は「タピオカ」。
    そして最近になって親友であるひなから教わったのは「SNS」。
    彼が過ごした家は古風な家、即ち「最近の人の事が分からない」家に育った。そして彼の知恵も家に居る祖母に教わった事もあり、「咳には長ネギを巻く」、「寝る前に卵酒」を信じて居る。(高校に入って親友が風邪を引いた時に、本当に長ネギを持って来ては彼の首に長ネギを巻いた事がある)
    そして高校に入る迄はガラパゴス携帯だった。高校に入ってスマートフォンデビューをしたが、機械音痴な所為で使い方が分からなかった。前はメールや電話しか出来なかったが、今ではやっとSNSが使えるまで大進歩した。だが、カメラは致命傷。自撮りしようとすればブレブレ、外カメにしてもブレブレ(もう少し練習が必要な用)。

    彼には八月三十一日愁悟という兄が居る。彼は「兄者」と呼んでる。
    昔はよくベッタリしていたが、彼に親友が出来てから兄離れを少しずつしている。
    増してや兄が非人間的行動をしている事には気付いていない。

    【 SV 】 「あ”?誰だテメェ、俺の名前?…そう言うのは先ずはお前から名乗るモンだろうが!そんな常識も知らねぇのか!世間知らずのダボが!」

    「あ、兄者……あんま、こっち見ないでくれ…恥ずかしいぞ」

    「コンビニ行くぞ。今日発売のアイスがあんだよ。アンパンマンチョコとお前の好きなアンパンマングミも買って行こうぜ」

    「お、おい!あのぬいぐるみ見ろよ!アレお前が好きなポケモンじゃなかったか?…良し!もう少しでお前の誕生日だから、このほず様が取ってやるよ!」

    【 関係募集 】
    ゆかり法のペア(若宮甜夏)
    不良仲間兼親友(十二月晦日透)
    兄(八月三十一日愁悟)

  • リポビタミン
    No.777767
    [編集/削除]

    【 名前 】
    仲村渠 史彦 - ナカンダカリ アツヒコ

    【 学年 】
    3年

    【 性別 】
    男子

    【 性格 】
    温厚且つ人懐っこい、愛想の良い男。老若男女問わず善意を振り撒き、差別的思考を持たず積極的に会話を行い、遊びや行事へ誘う、所謂コミュニケーション能力に優れた男と言うべきか。裏表が無い故、言動に稍胡散臭さを感じられるだろう。当本人は其の自覚は無い様だ。時々校内や街でナンパを行う姿が目撃され、軽い男、チャラ付いてると言う印象を持たれる。実際は只々御茶の相手を探して居るだけだと言うが…。見た目からは想像が付かぬ程平和主義者且つ正義感に溢れる人格で有る為、喧嘩事やトラブルが起きた際、自ら身を挺し仲裁を試みる程だ。然し不幸な事にトラブルの濡れ衣を負いがちで、教師から御叱りを受ける事も屡々。まぁ、男は其の真実すら告げる事は無く、自己犠牲を働く為、若干の異常とも捉えられるだろうか。朗らかな男では有るが、其のコミュニケーション能力を持ったが故に、場の空気には敏感で在り、其の場其の場、相手に依って様々な"テンション"を使い分ける。本人曰く『空気読んでこそ出来る男ってもんだろ』との事。信頼こそ厚いが、出席回数の少さと授業を放棄するのが玉に瑕。意外な事に地下アイドルにゾッコンなのは内緒だ。

    【 容姿 】
    明るく稍薄桃の掛かる唐紅色の髪を、立ち上げワイルドアップバンク風ショートにセット、無造作な印象を与える様に髪を乱雑に遊ばせ、襟足を若干の程度に伸ばして居る。眉尻に行くに連れて細く、強目のカーブを掛ける眉は、漢らしさと顔面を際立たせ清潔感を覚えさせる。透き通る様に清らかで、印象を深める様なハイライトグレーの瞳を持ち、柔ら気だが力の有る目付きをして居る。スラッとした男特有のエラ張りをし、端麗な顔立ちをして居る。健康的で色白い肌に、身長181cmと一般的には高めだろう。無駄無く鍛え上げられた厚く逞しい体躯は年齢に合わず、整ったバランスの良い物だ。右耳に三つ、左耳に四つ程ピアスをし、チェストピアスを密かにして居る。基本的に黒いYシャツに学ランの組み合わせで、きちんと着こなす。スラックスは光沢感の有る物を好み使用する。ブラックカラーのレザーベルトはシンプル故に御気に入りらしい。ウィングチップの革靴は常に磨かれ、確り手入れが施されて居る。普段着はレザー系やアロハシャツが多い。

    (picrew 好男子メーカー_163ngより)

    【 備考 】
    元体操部の男子生徒。一般的な家庭で育ち、極普通に成長し今に至る。本人曰く『良い家族に恵まれて、良いダチに助けられてる』と言う。部活を3年の春に辞めて以来、学校への登校頻度が激減し、街で呑気に遊ぶ姿を指導部に目撃され、素行不良者として目を付けられて居る。部活名残でか、筋トレ等と言った身体を動かす事を今でも好んで居り、スポーツ種を問わず助っ人として色んな場所に居座って居る。脳を使う事が苦手か、学力は中の中、正に学力に対しての才能は全く無いに等しい。数学は常に赤点と言う事を気にして居る。

    【 SV 】
    『ウィースッ、今日も変わらず美しいねぇ?…なぁ、この後サボって遊びに行かね?勿論奢るからさ!』

    『喧嘩は止めとけ、何も楽しかねぇだろ、観てる此方も遣ってるアンタらも、不快な思いするだけじゃん。そんなくだんねぇー事して無いでさ、今からバスケとかサッカーしようぜ!ぜってぇ楽しいから!な!!保証する!』

    『あー…そっか……俺は御前の事が____。否、何でも無ぇや。そーだ、今から焼き肉行こうぜ!腹が減って死にそうだッ!』

    【 関係募集 】
    ・中学から今迄、ずっと同じクラスになり続けた親友

    ・仲村渠を毛嫌いする人物

    ・ゆかり法で定められた人物(此方に関しては絡んで行く中で決まれば良いなと、思って居ります。)

  • リポビタミン
    No.777769
    [編集/削除]

    【 名前 】
    八月三十一日 愁悟 - ホズノミヤ シュウゴ

    【 年齢 】
    26歳

    【 担当 】
    社会科(現担当:世界史B・公民)

    【 性別 】
    男性

    【 性格 】
    端的に屑、其の人格が構成する総てが非道徳の根元で有り、外道の様で有る。悪意が彼の本質と称するには十二分に有り余る程だ。他者に向けられる感情は、等しく″揶揄″、他者を嘲倒す事が唯一の生き甲斐で、一つの趣味なのだ。又、生徒に手を出すと言う教員として有るまじき行為を多々繰り返して居る。然し、其の問題が浮上非ず彼が伸う伸うと過ごして居るのは、矢張彼の計画性が用意周到だからだろう。自身に不都合な事有らば如何なる手段を用いてでも″制裁″する 。其の所作からは、躊躇いすら感じ無いだろう。つまる処、彼には一切の善意が無く、100%の悪意で構成されて居る。だが、そんな彼でも実の弟で在る八月三十一日鶴には非常に甘く、普段は見せぬ行動を取ると言う。弟に対しての過保護性は、端から見れば最早異常だ。若干では有るもナルシシズムの強い人格の為、己の事を世で尤も愛すべき対象として居る。故に、自身が劣って居ると言う事を非常に嫌い、才能が有る人間を唾棄すべき者として其の芽を摘む事も。稍扱い難い存在だ。努力家で負けず嫌いな面が有り、″一度決めた事を貫く″事を心掛けて居る。

    【 容姿 】
    漆黒の艶の無い髪を七三分けオールバックにし、サイドを5mm、バックに行くに連れて6mmに成る様にしたツーブロックを加える。仄かに透き通った紅い瞳は、其の細く妖しい目付きと生気の抜け落ちた様な眼光に依り、稍不気味で奇妙な印象を与えるだろう。若干で在るが、髭が伸びて居り、放置気味だ。常に度の高い眼鏡を掛けて居る。白っぽいが健康的な肌色に、又187cmと高身長だ。日頃から鍛え上げられた無駄の無い逞しい体躯を持つ。基本的に黒のバッククロスタイプのタンクトップに、清潔感の在る白いドゥエボットーニカラーのYシャツか、無機質で硬派な印象を与える黒いナローショートカーラーのYシャツを日替わりで着熟し、グレータイプの上着を羽織る。赤と青のストライプ柄のネクタイを良く使う。光沢感の有る黒いシルク質のワンタックスラックスが愛用だと言う。色褪せた味の在るブラックカラーのウィングチップが御気に入りだとか。時々、ラフなスタイルとしてフレンチブルドッグの柄がプリントされたグレーのパーカーを着用、本革ヴィンテージの黒色のダブルライダースジャケットを更に上から羽織る。モノトーンネイビーのジーンズに、白色のシンプルなダブルピンベルトと組み合わせて居る。又ヴィンテージ仕様のブラックマウンテンブーツを履く。左手薬指に金の指輪を着けて居る。

    【 備考 】
    男バス顧問兼生徒指導部担当。既婚者且つ現在五歳となる双子の父で在る。元々は隣街の高校で教員をして居たが、夏休み明けと同時に産休を取った教師の代理として今は咲谷学園の社会科担当教師を務めて居る。又、八月三十一日鶴の実兄。弟に対して異様な執着心を見せて居り、″常日頃、朝昼晩の時を惜しむ事無く遠くから見守って居る″と言う。ゆかり法に依り定められた相手と結婚し子供を設けたにも拘わらず、根腐った様に不倫を繰り返す非道者な為、誠実で無い事は目で見て分かるだろう。自身の子供に対しては父親らしい事は施すが、矢張然程大切な物としては捉えて居ない模様。教員に成った今も勉学に励み、様々な分野で劣りの無い様努力して居るそうだ。又、筋力トレーニングを行って居り、其の理由として『脆い奴は直ぐに死ぬから』っと語る。

    【 SV 】
    『御前が羨ましいよ、全て自由に決められるんだろ、自分の意思で選べるんだろ。ハハ、本当に御前は強いよ…。強くて、実に愚かだ。だからついつい意地悪したくなる、仕方無いよな。だって其が俺で在り、俺らしさなんだからさぁ。』

    『…嗚呼、そうだな。確かに俺は教師で在り既婚者だ。そして二児の父でも在る。で、__だからどうした。俺が望んだ未来図で無い限り、其処に愛は無い。そう、″無関心″なんだよ。』

    『そーかいそーかい。………そんな面白味も無い理由で俺が諦めると思ったか。御免な、大人ってのは汚ならしい生き物なんだぜ。…特に、同性には少し手荒く行っちまう。』

    『バァカ、立場の差を考えろよ…ノータリンにも程が有る。全く、笑えねーなー?』

    【 関係募集 】
    ×

  • shion
    No.778457
    [編集/削除]

    【 名前 】 神田 獅音

    【 学年 】 二年生

    【 性別 】 男性

    【 性格 】 高校以前まで純粋な性格を持ち正義感に溢れた優しい青年であったが、今は何処か刺々しい無愛想な性格。目立つことを嫌い静かにしたがる。お節介焼きだった頃の癖で偶に人と関わりそうになるがそれ以上の仲を避けたがる。喧嘩は嫌いだが嫌いな輩の抑制の為になら前に出るタイプ。

    【 容姿 】 0次様より「好きなこつくろ。」picrew使用

    【 備考 】 写真部

    中学の頃、とある同級生の少女と出会いをして恋に堕ちる。彼に対し友好的で、趣味や好み、しかも誕生日も同じと言う共通点を持つ相手に一方的な運命を感じていた。しかし二人同時に訪れた誕生日の通告で、三年間運命と思い続けて追い続けた初恋は相手の気持ちを知ることも無く見事に終わりを迎えさせられた。

    以降決められた相手には特別踏み込む事無くいずれ来るうんざりな結婚の日を待っているだけ。好きだった彼女とは同じ学園で、関係は想いを伝える前のまま今も変わらず友人で留まっている。

    【 SV 】 「別に昔らしくて良いんじゃないかな?たかが結婚、互いの気持ちなんて今や関係ないさ」

    「俺が嫌いならそれでも良い、誰と裏で何していても構わない。俺も自由にする」

    「まだ好きだよ、その子の事」

    【 関係募集 】

    ゆかり法で定められた相手(瑞海 真凛)

    初恋の人(若宮 甜夏)

  • enly
    No.779164
    [編集/削除]

    名前:霞ヶ舎 刹乃(Kasumigaya_Setuno

    年齢:29歳

    担当:保険医/保健体育・生物(2年)

    性別:男性

    性格:物腰柔らかく、温和で人当たりも良い。他人に歩調を合わせられる気遣いもあり、フレンドリーとまではいかないが、其れなりに社交的である。他人思い故につい生徒や教員を甘やかしてしまう。常に優しげな微笑を浮かべており、それ相応しく慈悲深さを持ち合わせる。だが、言葉にすることはなかれども人間関係を割り切っており、善人的かつ中性的な見た目のため男女共に好意を寄せられることは多々あるが恋愛関係に対しては特に消極的である。善人的な反面、親しい間柄相手にはタメ口で一人称も"私"。微笑みも減る。温和だが言葉でどうにもならないときは力づく。自身の外見を疎ましく思う部分があり、女性的だと褒められることを嫌う。ある時をきっかけに必要事項以外に傍観癖がついてしまい、今や三十路手前で余生を謳歌と本人は感じている。

    容姿:灰色の長髪。サイドは雑に切り揃えられており少し長めの前髪から紅の垂れ目がちな双眼が覗く。中性的に整った顔立ちで、一目では女性にも青年にも見える。身長176cmで華奢な体つき。黒いシャツに瞳と同色のネクタイ羽織る白衣がトレードマーク。白いズボン、黒い革靴。片耳に青いピアス。ネックレスに結婚指輪を通してあるが、普段はシャツの中に隠されている。服に対して然程頓着がない。

    備考:陸上部副顧問、生徒会委員会を担当している。子供が多すぎる家庭に生まれ、孤児院に預けられた。引取先は子に恵まれなかった裕福な老夫婦で、もちろん大切にされた。だが15になった時に取り決められた相手に愕然とした。相手は医者の娘で、浮気性がひどかった。元々見た目故に周りから一歩引き、意見を聞きながら合わせていたが彼女はそんな自身の周りをめちゃくちゃにしてしまった。義父母には心配を掛けさせるわけにもいかず。初めは努力をしたものの無駄を悟り今となっては呆れを通り越して諦めに変わった。妻に関しては最早お互い無関心に近く、既に数年この生活をしている。コンプレックスからせめてもの反抗として一人称を僕にしている。見た目に反し運動も勉学も得意であるため不便はなかったが、医者になった結果妻と同業になってしまい、同じ職場ではストレスになると辞退。今に至る。四年ほど前から担当しており、卒業生でもある。殆どの時間を保健室で過ごし、基本生徒にルーズ。昔一度、本気で好きになった人物がいた。煙草が辞められない。母のよう、姉のよう、と形容されるのは構わないが、見た目のみで女性的だと思われるのは癪に触る。基本敬語。

    SV:「また来たんですか...いいえ、構いませんよ。さぁ、座って。今日はどうしました?...あぁ、無理には聞きません。ゆっくりしていってください。何か欲しかったらいってくださいね。」

    「僕は家に帰ってもどうせ一人なんです。残業するくらいが丁度いいですよ。」

    「結局人は他人のまま、他人同士である方が一番楽なんだよ。」

    「私だって愛されたかった。誰かを愛していたかった。それは悪い事だろうか。...戻れるなら生まれ変わりたい。」

    関係募集:
    ・唯一仲のいい人物(性別、生徒教師どちらでも構いません

  • REDRAM
    No.783537
    [編集/削除]

    旧スレッドのパスワードを存じ上げ無い為、御部屋の方でお教え戴きたいと思って居ります。
    御時間としては凡そ22時以降に赴けますが、本日は予定がある為、明日以降に御願いしても宜しいでしょうか。

  • 海風
    No.783898
    [編集/削除]

    【 名前 】 瑞海真凛(みずうみ まりん)
    【 学年 】 3年
    【 性別 】 女

    【 性格 】高校生らしく積極的で、どんな物事もただの一出来事に過ぎないと捉えられる楽天家。纏う雰囲気に邪気は感じられず、誰に対しても気さくで寛厚な印象を与える。それが彼女なりの処世術であり、本心では縛りや制限を嫌い、自分に振り下された法に対し強い憤りを感じている。自我は強く、意志や価値観をきっぱりと主張出来る芯の強さが垣間見える。話すよりも聞く方を好むため共感性が高く、噂話など実のあるものに我先と喰らいついたり、等身大の女の子という印象。

    【 容姿 】 大海原を思わせる明るめのマリンブルーの髪。波打つ紺碧を短く切り、長さの不揃いなショートカットの髪型にしている。清涼感に溢れた瑠璃色の瞳。女性的な曲線を型取る白皙の肢体に幼さのある素朴な顔立ち。纏う服は白基調の物が多く、いつもは藍色のスカーフを通したセーラー服を着用している。
    (画像はdeco様の天使ちゃんメーカーから。)

    【 備考 】水泳部所属。学業成績は先ず先ず、運動神経は人並み、特筆する点もなく平穏な学園生活を過ごしている一般的な女子生徒。国より定められた "ゆかり法"を好ましく思っていない印象が強く持たれがちだが、奥底では乙女らしい夢を抱いており、いつか素敵な恋を経験してみたいなどと考えている。

    【 SV 】 「 そんな事もあるよ。沢山食べて沢山寝て、それで今日はお終い!……忘れるには一番の有効法でしょ? 」

    「 初めから分かり切った結果なんてつまらないじゃない、私は私、貴方は貴方。そこに縛りがあるだなんて、おかしいよ。」

    【 関係募集 】
    ・ゆかり法による相手/神田獅音くん

  • 支援
    No.790812
    [編集/削除]

    上げ

  • 桜餅
    No.793505
    [編集/削除]

    二キャラ目です。

    【 名前 】 八重樫 薫 (ヤエガシ カオル)

    【 年齢 】 28歳

    【 担当 】 国語科

    【 性別 】 女性

    【 性格 】 基本的に冷静沈着。常に落ち着いた気品の有る、所謂淑女然とした立ち振る舞いを心掛ける。一つ淑女らしく無い点は稍辛辣且つ、皮肉な物言いが時折目立つ事。又、十分過ぎる程の責任感と何事も貫き通す一貫性を併せ持つ。仕事場に於いては決して表情を崩す事は無いが、其処に感情は確りと存在し、家等の私的空間では感情を顕にさせる事も珍しく無い。生真面目で完璧主義、几帳面な性故に苦労する事も多いのだそう。唯一の弱点は幽霊やホラー映画等の類。

    【 容姿 】 濃藍色の髪を生まれ付きのストレートヘアを胸が隠れる程迄伸ばし、其れをポニーテールに結える。双眸を完全に覆う程に伸ばされた前髪は仕事場に於いては横に流して纏め、其れ以外に於いてはラフに流している。アーモンドの様な形の双眸に嵌め込まれるは緋色の瞳で有り、其れを縁取るは意外にも長い睫毛。恐らく長時間に及ぶ読書の所為で視力が落ちた為、細い黒縁の眼鏡を着用。必要以上の外出をしない為に、肌は雪の如く白い。身長は171cmと女性にしては背は高く、手足の長い体躯を持つ。清潔感のある白色のトップスに黒色のスラックスが仕事時の何時ものスタイル。衣類に隠れて見えないが、結婚五年目の記念日に夫から貰ったネックレスを着けている。

    【 備考 】 図書委員会顧問且つ茶道部顧問。現在はゆかり法に因り制定された男性と結婚し、六歳と四歳の男児の母。語調が関西弁となったのは大阪出身である夫の影響らしい。仕事場では極力関西弁は用いず、標準語で話す。夫に対しては直接的な愛情表現こそしないものの、確りと愛情を注いでいる。夫は彼女の事を" かおるん "と呼んでおり、此の事から解るに非常に愛妻家。因みに夫の職業はお笑い芸人。至って不満等も無く、非常に仲の良い平穏な家庭を築いている。趣味は読書で何時も分厚い書物を所持しており、暇さえ有れば読み進める程。

    好きな食べ物は饅頭、煎餅、大福、羊羹等の和菓子類。苦手な物は炭酸飲料。

    旧姓は八月三十一日と言い、同学園の教師である愁悟と生徒の鶴とは兄弟関係に有る。鶴に対しては" お鶴 "と呼称し、弟程の執着心さえ見せないものの凡ゆる事柄を気に掛けるが、結局の処何時も杞憂に終わっている。愁悟に対しては約十年前の有る一件より、在り来たりな姉弟関係から一変、関係に軋轢が生じた。其の所為で彼に対しては特に辛辣な言葉を掛ける事が常。然し仕事中に関しては、仕事に支障が出ない様に有る程度は普通に接しているつもりらしい。

    【 SV 】 「 国語科担当、八重樫薫と申します。」

    「 私の授業で寝て頂く事に関しては構いませんが、血潮が逆上する程に点数を引かせて頂きますので、覚悟しておいて下さいね。まあ、本当に逆上したら永遠の御眠りに着けるでしょうが。」

    【 関係募集 】 特に有りません。

    ■追記有り

  • 支援
    No.794083
    [編集/削除]

    上げ

  • 天空燐
    No.794145
    [編集/削除]

    生徒で参加希望です!

  • 名無し
    No.795346
    [編集/削除]

    なりしたいなら参加しないほうがいいよ
    全然ロル回さない
    辞めて正解だった

  • 支援
    No.852112
    [編集/削除]

    上げ

  • 匿名
    No.1464616
    [編集/削除]

    誰だよ‪w
    懐かしいな‪w‪w‪w

  • MAIM
    No.1467483
    [編集/削除]

    これ勝手に人の設定添付してるだけなので参加しない方がいいと思いますよ。

  • 名無し
    No.1467487
    [編集/削除]

    @1467483 MAIM
    ナリを運営してたスレ主が消したから二番目の投稿が上がってきてるだけですよ

  • MAIM
    No.1467496
    [編集/削除]

    >>>No.1467487
    いやこれすごい昔のやつなんですよね。
    私参加してたんですが、半年以上前になくなってますよ。スレ主は確かに逃亡してましたけどそもそも最近このお部屋を建ててないのでそれはないかと。半分身内なりきりだったので。

  • 名無し
    No.1467517
    [編集/削除]

    @1467496 MAIM
    スレ主が失踪して代理をたてたんですよ、それで代理がこのスレッドを作ったら元スレが消されたんです
    そして廃れた辺りで代理が一番初めの投稿を消したら、二番目の投稿が繰り上がって表示された為に今の状態になってしまったんですよ
    半分身内ナリになったのは話を合わせて集まったのではなく、たまたま知り合いが多かっただけです
    かなり前からナリ界隈にいる方が多かったので
    それと良くみてください、投稿日は半年以上前のものですのでこのスレッドは最近新しく作られたものではなく、ただ上げられただけです
    代理が知り合いなので大方事情は知ってます

※記事を編集・削除するためのパスワード