デュラララチャット(仮)なりきり募集掲示板

なりきりの募集を行うための掲示板です。雑談はなり雑でお願いします。

  • 怪象愧伝 完全予約制/和洋中/戦闘/3L/オリジナル)

    No.1357280
    [編集/削除]

    また誰かが迷った。 …誘拐?否否否、向こうから迷いおった。…いや我らの責任もあるのか 人は之を"神隠し""鬼隠し""天狗隠し"など我らの所為にするが、そうさせたのは人の思想よ。歪な信仰がここと成った。 神は人の存在を創ったが人は神の意義を創った。 …そう、ここはいわゆる"神隠し"に遭った人の行く末。その真実よ。 神、妖、異の居場所だ。人が見たこともない化け物共が有象無象のように跋扈している。 これだけ数が多ければ神も魑魅魍魎もあまり変わらんが、とはいえ人はここからなかなか帰れるものでは無い ここで生き抜く方法を探す方が楽だろう さて、迷い込んだ人間は神が迎えねばならん。妖などでは食ってしまうかもしれんからな。 まあ神もそうしないとは限らないけど。 では… …あと、言い忘れたことがあった。 イマの神隠しは寧ろ神が人を必要としたことが大きい。 人と神はなかなか相容れるものではないがそれでも、信仰を失った神は人を求める。 人もそれに呼応すればいいが。 その時はようこそと言っておこう、この都へ。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    設定説明
    いつからか、人は神への信仰を忘れ神は人の住処、俗世にはいられなくなり神々は妖や怪異と共に極東の島国の山岳地帯を依代に、ひとつの世界を作り出した。そこは初めは秩序も死も空間も時間も自然も生命も自由もなく神々が代表してそれらを司り存在を確立させる必要があった

    それらを司った神々は四柱、それぞれ一国の主神とも列する高位な神々で"皇霊玉府(コウリョウギョクフ)"と呼ばれこの世界では実質的な実権を握っている

    そして、ここが人が神隠しに遭った際、送り込まれる世界。
    あらゆる神話の神と妖が集い、国境や思想さえ超えてこの都に共に住み、宇宙を滅ぼす破壊の神も寂れた社にいた弱小な神も平等に暮らせる
    その空間にいる神が俗世にいる人間を求めると、ある人間は神隠しに遭いここへ迷い込むように送られる。
    ここにいる人は元の寿命を失い、この星の寿命が加算されるため事実上不老不死となる 都と言ったように、あらゆる建物が立ち並ぶが基本的に古風な建物が成り立ってる

    …しかしそんな神妖の理想の地でも欲は働く
    支配せんとする者たち。徒党を組み自らが神仏の頂点に立たんとし、人界に進出しようとする者たち
    神々はそれを星が産んだ病として恐れるが故に"鬼胎霊聯(キタイレイレン)"と呼ぶ。それが人が人間界に帰れない主な理由とされている
    それら世のカオスとなりうる存在を秩序の下に正さんとする者、信頼を重ねるが故に"明倪纏(ミョウゲイテン)"と呼ぶ

    ・あたりは巨大な緑の山脈に円形に囲まれており隔離されているが、あまりに空間が広すぎるためこの世界の中央からその山脈を眺めると低い丘程度に見える。四季や天候も移り変わる 山脈からはこの世界を北南に2分するように川が東から西に流れており、北側を日本や中国など東洋の神話、南側は欧米やヨーロッパの西洋の神話とおおまかに別れているがお互い自由に行き来できるので単なる暮らし方の違い程度。

    ・天候は完全に空の自由。天候を司る神でさえこの世界全土の天候を完全に制することは出来ず一時的に周辺だけ変えることしか出来ない

    ・山脈 この空間を囲む緑豊かな山脈。ここの山には様々な野生動物が住み、川や湖などもあり水源や食料の調達場所として重宝されており猟師などが度々この山に入っては動物を狩って生計を立てているが、人里離れた場所なので不穏な空気が漂っている

    ・北側 古代の日本風や中国風な建物が並ぶ古風な建造物が主となっている 歴史的な城や寺社仏閣、屋敷が立ち並んでいてその外見に似合わず電気ガスのある所もある 日本神話や中国神話、アジア圏の民話や言い伝えの妖怪が主に住んでいて神隠しにあった者もこちらに住み着くことが多い。東西を横断する川から分岐した小川も多く、森林など自然もこちらの方が多い

    ・南側 西洋風は建物が立ち並ぶがこちらもまた古代の宮殿や建物が主となっており ギリシア、北欧の神や怪物が住んでいる こちらも極たまに電気ガスが通っている場所があるが、全体的に水道がかなり緻密に整備されており至る所で噴水や無料提供の水飲み場がある。交通状況的にはこちらの方が住みやすいらしい

    ・皇霊玉府 神妖怪全ての理想とも言える世界を作り出した四柱の神々。一人一人がひとつの文明や国を創り出すことが出来る高位な神に位置する。組織としての体制はないが、鬼胎霊聯と直接対立する明倪纏に協力体制にあり、実質的な司令塔となっている。
    それぞれが役割としてこちらの世界の代表的な概念を司っており、刑罰と残殺、天地と空間、時間と循環、豊穣と自由に分けられ、それら司るものに関する能力を一つだけ保有している

    四柱の役割はそこに存在するだけで自動で機能し、それぞれの役割分担としては
    "刑罰と残殺"はこの世界の罪人の懲罰や処刑を主としており、世界の混沌を戒め秩序をもたらし平和を保たせる役割を担っている。故に最も悪人に恨まれている神でもあり最も善人に敬愛される神でもある。この神が死ねばこの世界は混沌に覆われ虐殺や戦争などが自然に起きるとされている

    "天地と空間"はこの世界の大地、空、大気などを司り災害や天候などを正す、不意な事故による復旧復興、治山や治水、世界の物理的な形を不変なものとして保たせる役割を担っている。この世界と人間界の行き来は基本この神が管理しているが、神隠しに関してはこの神も管理しきれていないバグのようなもの。彼が死ねばここの世界は物理的に消滅し神や妖は人間界に弾き出されるとされている。空間に穴を開け人間を元の世界に帰すことは可能だが、その抜け穴を利用し外界を支配しようとする"鬼胎霊聯"の存在があるため人間を外に帰せずにいる

    "時間と循環"はこの世界の空に浮かぶ星々を時間の概念を顕現させる存在とし昼夜の行き来を正しく廻し、それらに影響される川の流れや野生の動物類の生態系を保たせる役割を担っている。この神が死ねば動物や星々も死に絶え暗闇と飢餓に見舞われるとされている

    "豊穣と自由"は植物たちに人間界と変わらない働きをさせこの世界全てに咲く草花や森林などの管理し、またここにやってきた人間に農耕や資源を使った建築、手芸などの自由を許可しこの世界をひとつの文明として保たせる役割を担っている。つまり神隠しに会った人間はまずこの神に会って自由の許可をしてもらわねばならず、しないままでいるとこの世界のものを飲食したり動かしたりもできない。この神が死ねば植物や農作物は全て腐り果てこの世界にいる人間達は異物として自由を奪われ、飲食や物に触れるということができない状態のまま人間界に強制的に戻され空腹の中死にゆくとされている

    そして皇霊玉府は一人一つずつ、4つの禁則を作った
    刑罰と残殺は「私怨による私刑の禁止」をし
    天地と空間は「人間界に危害を加える意図でのこの世界からの脱出を禁止」し
    時間と循環は「時間を顕現させる星々の破壊または新たな星の創造を禁止」し
    豊穣と自由は「許可なく農耕を行ったり森林を伐採することを禁止」した

    ・神隠しに遭った人間は、特定の場所ではなくあらゆる所に現れる。森の中や建物、川の中など様々

    ・鬼胎霊聯 この世界の存在を良いものとして認めず、人間界に進出し支配しようとする者達。
    裏の組織として存在しており、この世界全体に危険なものとして認知されている。
    組織体制としては一人の頭を頂点に置き、五人の幹部、それに伴う複数の部下の3段階で成る。
    主な目的は自らの思想に背く神々を下し、人間界に進出しようとすること。つまり皇霊玉府の支配と殺害である。中には所属していることを隠し普通の営みをしている振りをしている者もいる。南側の辺境に拠点を置くが、かつて気まぐれでここいらに高度な隠形術をかけた、陰陽師と見られる人間の力によって外部からの特定は容易ではない。また人間が神隠しを起こす原因と人間界とここを通ってくる道を解き明かそうという研究に1番力を入れている組織もここ

    ・明倪纏 この世の秩序を保たんとするため結成された対鬼胎霊聯のための組織。
    皇霊玉府に司令の権利があるが、彼らは飽くまで司令を出せる立場にあると言うだけで彼らの指示なしに動けないという訳では無い。基本的な活動内容は見廻りや警備、皇霊玉府の警護、暴れだした鬼胎霊聯の鎮圧などこの組織内だけでの判断によるものが多い。
    南側と北側で組織が分割されており、組織の頭に北側と南側を主管する各2人、その北側と南側の頭それぞれに2人ずつ、4人の幹部またその下に複数という体制を取っている。拠点は北側、南側の中心にそれぞれ構えている

    『螺鈿神宮(らでんじんぐう)』北側だけにあるこの世界唯一の神社。 神隠しにあった人間のために建設された。形だけ神が祀られていることになっており本殿内は空っぽ、たまに神々が上がり込み数人で夜な夜な飲みあっていることがある。境内は季節に関わらず一年中彼岸花が咲いており、他にも牡丹一華や喇叭水仙、蓮なども咲いており池や庭園など土地面積はかなり広い

    『ヤーサスパラシオン』南側だけにある古代西洋風の一部屋だけの巨大な宮殿。宮殿内は半ばキリスト教会のようになっているが本来の教会にある位置にキリスト像も十字架もない。壁や天井にはギリシア神話や北欧神話にまつわる絵画が写されている。 ここの宮殿のステンドグラスに魅入って南側に引っ越す元北側の者も少なくない

    『赧屋(たんや)』北と南を横断する川の上に作られたこの世界の中央にある巨大な電気ガス水道完備の旅館。無類の露天風呂好きが設計したかのような露天風呂だらけ ここは神々の意向で日本風に作られており、夜になると黄金の提灯と壁の塗装で幻想的な朱色に輝く。 一時的な宿屋の役割も担っており家のない妖や居場所のない人に個室を提供し暮らさせる(持ち帰って自宅に住まわせる物好きもいるが) 仕事好きの化け物から暇な神まで様々な種族が務めている。干し梅や八ツ橋、羊羹、饅頭、月餅、せんべい、キャンディ、クッキー、スナックetc...など古今東西様々な菓子が腐るほど売られている。 男女の間の風呂を竹製の壁1枚で隔たれた露天風呂付き。ていうか露天風呂しかない。宿泊料無料

    ・街中には個人営業の診療所やちょっとした売店、絵師や猟師などそれらを生業として営んでいる建物もあり各々が自由に営み暮らしている

    ・貨幣という概念はなく物々交換が主になっている

    ・一応法律があり他者を殺害、窃盗、誘拐、暴行の4つを罪としている

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    注意事項

    ・このなりは完全予約制なので、必ず予約する時点でご希望の神か妖怪かなどの種族と御希望の職をお願いします

    ・基本的にデュラチャの法令遵守です。迷惑行為や周りの人が不快になる行為は控えましょう

    ・設定の募集以外で、なりきりが進んでいく最中で他の方とお付き合いする際には、ロルを回す前に個チャや別室などで必ずその中のご本人様と事前にお話し合いください

    ・過度で直接的なエロやグロはお控えください。

    ・タイトルにあるように3Lあり。BL、GLがあるので、苦手な方は自衛くださいませ

    ・なり中のロルはできるだけ長く書いてください。特にいうことがなくても、()などを付けて今の行動や状態を書いてくださるととても助かります。

    ・確定ロルや五月雨ロル、中の人的に悪意のあるロルはなりきりを楽しくなくしてしまいますやめましょう。

    ・戦闘は自由ですが、相手を絶対に打ち負かそうとしたりした確定ロルなど明らかな悪意がある場合は中の人同士の喧嘩に繋がります。紳士的に行きましょう。 出来れば中の人同士の喧嘩はお控えくださるといいのですが、もしなにかあれば個チャや別室で穏便にお済ましくださりますと助かります。あまりに発展すると他の参加者様の迷惑となりますことがあるので、それらが危惧された場合スレ主権限として部屋から外させていただきます

    ・種族はおおまかに神、妖怪(怪物)、人の3種ですが、オリジナルの神や妖怪はなしとさせていただきます。ハーフはありです。

    ・神や妖の設定に既存のものを使っても、その神の伝承に無いものを加えても基本自由です(ゼウスが薬を使って女体化したとか)

    ・予約された場合、3日以内に設定を投稿してください。 期限を過ぎますと名簿から削除致すことになりますが、もし3日以内に設定できない!という場合は必ず「〜日までならできる」とお申し立ててくださればその方の期限はお申し立てくださった期間内に延長しますが、それも過ぎてしまうと再び名簿から削除させていただきます。 無いとは思いますけど数ヶ月とか数年とかなるとちょっと心苦しいですが予約を蹴らせていただきます

    ・寿命による死の概念はありませんが、殺害による死はありますのでお気をつけください。
    特に皇霊玉府の皆さんは1人でも殺されちゃうとなりきりが一気にラストスパートになって下手すると鬼胎霊聯以外バッドエンドとか有り得るので全力で死なないようお気をつけください。
    もし死ぬ時は、事前にスレ主である私にお伝えください
    死んでしまったけどまだ参加したいという方はぜひ、もう1人設定を作ってみてください

    ・なにかあれば御気軽に相談ください

    【名簿要項】

    神 無制限
    :魏珀喬/玄冥『真武大帝』@帳
    :鬼子母神/訶梨帝母/ハーリーティー/聖『鬼子母神』@花水木
    :太乙真人『太乙真人』@夏夢想
    :天御柱命『志那都比古神』@霧楽
    :Azathoth『アザトース』@天幕
    :『白虎』@K(予約)

    妖怪/怪物 無制限
    :『木霊』@釘打ち八兵衛
    :戸岾『河童』@村上

    半妖/ハーフ 無制限
    :千代『人×化け猫』@クロネコ

    人 無制限
    :@でんがく(予約)

    かつて鬼胎霊聯の拠点周辺に隠形術を施した陰陽師 1人:
    :


    【職業要項】

    螺鈿神宮神主 1人(種族不問):

    神宮巫女、巫覡 無制限(種族不問) :

    赧屋オーナー 1人(種族不問):『鬼子母神』@花水木

    赧屋従業員 無制限(種族不問)
    :『木霊』@釘打ち八兵衛
    :『志那都比古神』@霧楽
    ヤーサスパラシオン管理者
    1人(種族不問):
    ヤーサスパラシオン従業員 無制限(種族不問):

    自営業
    :猟師『真武大帝』@帳
    :薬師『河童』@村上
    :菓子屋『人×化け猫』@クロネコ
    【所属要項】

    皇霊玉府 刑罰と残殺:『真武大帝』
    皇霊玉府 天地と空間:『アザトース』
    皇霊玉府 時間と循環 1人:
    皇霊玉府 豊穣と自由:『鬼子母神』

    鬼胎霊聯頭 1人:
    鬼胎霊聯幹部 5人:
    鬼胎霊聯組員 無制限:

    明倪纏:北側頭 1人:『白虎』@K(予約)
    明倪纏:北側幹部2人
    :太乙真人『太乙真人』@夏夢想
    明倪纏:北側組員無制限
    :天御柱命『志那都比古神』@霧楽

    明倪纏:南側頭 1人:
    明倪纏:南側幹部 2人:
    明倪纏:南側組員 無制限
    :@でんがく(予約)

    プロフィールテンプレート
    名前:【和名洋名中華名なんでも】
    読み:【漢字やアルファベットなどの場合のみ】
    年齢:【不明あり。最大年齢は1万年以内で】
    性別:【不明、オカマ、オナベ、両性具有あり】
    種族:【神or妖怪or人間(西洋の場合は怪物)、『(神や妖怪の場合はその名前)』】
    性格:【基本なんでもあり。残忍や残虐などであっても、それを中の人同士の喧嘩に発端しそうな侮蔑的、差別的な悪意あるものでなければありです】
    容姿:【和服でも中華服でも洋服でも民族衣装でもなんでもあり。ファンタジーなオリジナルの服でもオッケーです。イラストなどの場合は自作かフリーのメーカーか記載ください。 無断転載ダメ絶対】
    能力:【3つまで。なしでもよし。直撃確定や即死などチートはなし。人間は陰陽師や霊能者の家系など能力持ちの血筋の設定がある場合のみあり。
    皇霊玉府の司るものの1つの能力は強力な能力にしてもいいですが、この世界全体に影響を及ぼしたり、例の通り即死技は無し。発動しても他の神や妖怪や人でもそれなりの対処すれば回避出来るもの、使用は一日に1度までの制約をかけさせていただきます。能力の強さの線引きが分からないという方は是非ご相談ください一緒に部屋に行って考えましょ】
    職業:【所属関係なし。任意。無職あり。例えば神主なら神社の神主等の記入をお願いします。市街で上記以外の商売を行いたい人はここに御希望の職種とどんな活動をしているのか御記入お願いします。基本的には闇稼業でもなんでもあり】
    住処:【南側か北側か2択】
    所属:【皇霊玉府、鬼胎霊聯、明倪纏、無所属の4択】
    備考:【自由に】
    武器:【2つまで。武器名、説明や伝承があればそれも】
    SV:2つか3つほど
    募集:【ご自由に(特になければお誘いがあるかもしれないのでBL、GLの否応等書いてくださると助かります)(人間の場合、自分を求めた神の募集を必ずお願いします)】

    ではみなさん、なにかあれば主までご相談をば

    雑談掲示板 http://nari2-bbs.drrrkari.com/?#/topics/35267

  • No.1357294
    [編集/削除]

    主の設定です参考までに

    名前:魏珀喬

    読み:ギハクキョウ

    年齢:約7000歳

    性別:男

    種族:【神】『真武大帝』

    性格:基本的に天真爛漫。根は陽気、温厚で柔和でありながら邁進とした信念を持つ堅実な人柄。ところどころ自由奔放で楽観主義者だが他者のためなら自分の命を捨てることも吝かとは思わない責任感と気概を持つがちまちま会話に幼稚さが垣間見られる。義と仁に生きる故に優しい心根とは別に弱者に危害を加えるものには一切の容赦を捨て去る、一種の残虐性も持ち合わせる

    容姿:身長194cm 白髪の長髪に赤い目、色。布が垂れていて足は基本的に見えないが裸足。羽衣は元は白い羽衣だったが、飼った獣を血抜きするために縛りあげたり死骸を運んだりして真っ赤になっている。脱ぐと背中全体から腰、下腹部、脇腹と体の後面に黒い亀甲の柄が刺青のように刻まれている(画像自作)

    能力:【氣瞞楼殿】
    天候や環境に左右されず自分を中心に半径50m以内で霧を発生させその中で蜃気楼を見せる能力。道端の石ころから建物等あらゆるものを映し出し、また範囲内に元からある物が崩壊、炎上、水没している幻影を見せられるが直接攻撃は出来ずあくまで視角情報の混乱を目的とする。霧は外からだと中の様子が視認ができずとてつもなく濃ゆい煙幕になるため撹乱にも使えるが、強風や突風で霧が吹き飛ばされたら簡単に破られてしまう

    【薬師・水由】
    手で掬った水が、主の意思によって傷治しや病に効く効果や薬効を持つようになる。
    時間をかけて手に持ったものを飲むと俗物な人間でも天地と同じ寿命を得られると言われるが本人は面倒くさがって絶対にやろうとしない。下記の凶・凋落由によって腐敗した肉体、物体などの再生にも有効

    【凶・凋落由】
    刑罰、残殺に準ずる能力。
    古代中国の刑罰"腐刑"にまつわる「腐った木は芽吹かず子種を残さず」という人の思想からなった能力。掌と足の裏のみ、軽く添えた場合のみ発動する能力。強く握ったり鷲掴み、踏みつけたりなど力が入っていると能力が発動しない。石や土、金属、生物を風化させ老化や砂化、酸化を触れている箇所に直接繋がっていれば任意の部位にそれらを引き起こすことが出来る。神経系のみを腐食させ致命傷を負わせずに激痛を与えたりと繊細な使用もでき、声帯だけを腐らせて声無しにしたり使いようで様々な苦痛を他人に与えられるが、部位の深度が深ければ深いほど風化に時間がかかり脳みそなど分厚い骨に囲まれている場合風化し始めるのにも数分かかるため、ただ手を添えているだけなので簡単に抵抗されて手を払われてしまい即死はやろうと思ってもできない。一日に1個体のみの使用制限。

    職業:猟師 (山や川に入り魚類、動植物を採取、狩猟して主に赧屋に売りつけているが周りにも赧屋で売り余った干肉や山菜を売り分けている)

    住処:北側

    所属:皇霊玉府

    備考:真武大帝は四神の玄武が擬人化された姿で、雅号として"玄冥"という名を持っており此身は"玄冥"の名を冠する亀神、龍神、雨神、水神、風神、瘟神、神仙の習合体として顕現した姿。基本的な性格、理性、体の基礎は玄武から成る。母国では知らない者はいないと言われるほど高貴な神で彼を最高神とする者も少なくない。この世界を作った際、他の者から北に位置する神として死や疫病、苦痛の側面が強いということでこの世界での刑罰、残殺の皇霊玉府として勝手に抜擢されこの世界における唯一の絶対的な刑罰者、乃至殺戮者として君臨しているが本人は実は乗り気じゃない、が一応責任感は感じている。主に体術を得手とするが能力が戦闘向きじゃない上に普段野生動物相手に弓矢で狩りしかしてないので直接的な戦いよりも駒を使った戦術の駆使や罠仕掛、暗殺などの方が勝利の実を結ぶことが多い。が本人の気質上真っ向からの勝負を好む。口調や一人称がやたら古臭く、新参の妖怪や神に煙たがられることが多い。ちなみに自分自身が皇霊玉府に乗り気じゃない理由は勝手にされたと言うより「中国の神には処刑の神や不死殺しを行った神さえもいるのになぜ北という属性を持っただけの自分なのか」という疑心から来ているが今のとこ「でもあいつら全員性格クズだしな」と思って片付けている

    武器:【烏号弓】伝説上の帝、黄帝が死に際に部下たちを哀れんで手放した弓矢。その黄帝が築き上げた文明が亡びる際にその文明の者たちから黄帝の形見として過去に真武大帝が譲り受けた。
    特にこれといって特異な力はなく性能は使用者の腕前に寄るがどんな力で引いても弓は折れず弦は切れないとされる

    【分景】中国神話にて懲罰や天災を司る女神の最高神、西王母の携えていた刀身2尺3寸ほどの剣。罰や死に準ずる力を持つ者と相性が良く、それ以外の者が振るうよりも木の枝のように軽くなり乗せただけで石を切断するほど殺傷力も上がる。この世界を作った際に渡された形見のようなものなので戦いでは滅多に使わない。

    SV:「此方は魏珀喬、気楽に魏珀とでも玄冥とでも呼べば良い。ん?玄冥は号だがな。」
    「こう見えてもな此方な、結構殴り会えるぞ…白虎ほどではないにしろな。元気かな彼奴…」
    「おぉ、丁度この干肉…彼方の言辞ではじゃあきいとか言うのか?腐るほどあるんで売っても良いぞ!腐りかけとるがな!」

    募集:(特になし お誘いがあれば)

  • 玉章
    No.1357580
    [編集/削除]

    素晴らしい也だ。かつて鬼胎霊聯の拠点周辺に隠形術を施した陰陽師の役を、予約させて頂きたい。予約は大丈夫だろうか

  • No.1358215
    [編集/削除]

    @玉章様
    大丈夫ですよ予約了解致しました

  • 花水木
    No.1358489
    [編集/削除]

     濃厚に作られていて素敵な也ですね......!
     力及ばぬ所もあると思いますが、鬼子母神(神)で職業が赧屋オーナー 、所属を皇霊玉府(豊穣と自由)で予約をしたいのですが、可能でしょうか。
     もしよろしい場合は、今週末までに設定を投稿したい所存でございます。

  • No.1358938
    [編集/削除]

    @花水木様
    ありがとうございます!よろしいですよ!予約了解しました設定お待ちしております

  • No.1362013
    [編集/削除]

    @玉章様
    予約期限が明日と差し迫っておりますゆえ、お手数でなければ設定投下をお早めによろしくお願いしまする

  • 東峰
    No.1362401
    [編集/削除]

    鬼胎霊聯幹部、怪物ヨルムンガンド参加希望

  • 無天
    No.1362648
    [編集/削除]

    伊邪那岐(神)で職は螺鈿神宮神主、皇霊玉府 (天地と空間)で予約お願いします

  • No.1362966
    [編集/削除]

    @東峰様
    @無天様
    予約了解しました設定お待ちしております!

  • 花水木
    No.1364305
    [編集/削除]

    改めましてよろしくお願いいたします。
    能力の三つめはまだ決めていません。

    名前:〔鬼子母神/訶梨帝母/ハーリーティー〕・〔聖〕

    読み:〔きしもじん/かりていも/はーりーてぃー〕・〔ひじり〕

    年齢:不明

    性別:女性

    種族:神〔鬼子母神〕

    性格:大人しく、よそよそしい。一見した第一印象はそれ一言に尽きるものの、心には博愛の情が溢れている。高位に位置する神々を除き、殆どの他者を“やや子”と呼んでは人や妖、神など隔てることなしに慈愛に満ちた瞳で見守っている。
    全ての者を真の我が子のように心から愛し。仏教に於ける五戒を厳守し三宝に帰依すること。それを固く誓っているのだ。
     しかしそれらの心は鬼子母神が善神として立つときの話。ある過程を経たがゆえに隔絶された二面性をもつこの神のもう一つの面は、前項と相対して荒々しく己が貪欲にのみ従う悪性に歪んだ夜叉。そこに座すのは人々の恐怖が形となって顕現した悪鬼悪神。心に闇を巣食わせては弄び嗤う、羅刹が一鬼である。

    容姿:胡桃色の髪は肩につくあたりで切り揃えられている。白い布作面を被せているために顔や表情が垣間見えることはない。頭には宝冠を模した装飾がかけられ、金や赤、青など様々な色彩が光に反射している。
     赤と白の羽衣衣装は俗にいう天女服を模したもの。
     ときたま手に抱えている赤い果実は柘榴の実である。
     154㎝と背丈は低く、身体は華奢。
     

    能力
    〔慈愛/悪戯の育み〕:豊穣の権能より派生。慈愛/悪戯の育みはその名のとおり“育み”の力である。例えば土壌の上に立つと、草花や木々などの植物が芽生えては育っていく。もとが荒野であっても、この神が通った後には緑が生い茂り大気が息を吹き返すという。そして育みは植物に限らず、妖怪や人、神などの身体や精神にも影響を及ぼす。この神のそばにいる間、各々の身体能力を引き延ばし、また、各々に宿る意思を強固なものに成長させることや勇気などといった心を育むこともできよう。
    これは慈愛によるものか悪戯によるものかで働きを変えられ、悪戯によるものである場合、毒が蔓延していればその毒を育ミ、生き物の恐怖心や憎悪を育ムこととなろう。
    意思によってその力の加減は出来るものの、此の世界がある限り常に作用し続ける。凡庸性に富んでいるものの、あくまで育みの力であり、一度影響を及ぼしたものは対象によってはもとの状態に戻すことはできない。(生やした木々を縮ませることは不可。他者の身体能力を引き延ばした場合、それはこの神の傍らにいる間だけであって離れれば持続性はない。)

    〔自由の戒め〕:自由の権能より派生。言霊縛りと酷似した力であり、名前を呼んだ相手の自由と束縛を命じるもの。“神隠しに遭った人間”と対峙する際に、世界のものを飲食したり動かしたりする許可を与えるのはこれによるものである。
    相手の名前を知らない時点では影響を及ぼすことはなく、もとはこの世界に来た人間の自由を与える力であったために、その目的以外に使用する場合は相手の意思や位置する位の存在によって容易に跳ね返されてしまう。強制的に従わせようとすれば、相手に直に触れている必要があり、人間や妖怪であれば数分、神であれば数秒が限度。
    命令は“動きを止めさせるか否か”というようなことのみに限られる。

    〔_____〕

    職業: 赧屋(オーナー)

    住処:北側

    所属:皇霊玉府(豊穣と自由)

    備考
     赧屋のオーナーとして名乗るのは“聖”という名であり、真名とは使い分けている。
     顔に被せられた布作面だが、鬼子母神の造ったもの。かなり高位に位置する神を除き、見破る術を持たない他者には“素性を包み隠す”という力を宿している。そのため鬼子母神と名乗った場合と聖と名乗った場合とで、相手には全くの別人という認識がなされるのだ。高位に位置する神が相手では真名が看破されるか既視感を持たれるかのどちらか。鬼胎霊聯に対する防衛機能と後述する理由によって作られたこれだが、素性を隠す以外にもこの神の二面性を隔絶する役割を果たしていて、被っている間は常に善性が優先される。
     布作面で常に隠されている表情と、その声が笑うという話はない。それでも本人は確かに微笑んではいるし、笑ってもいる。怒ったとしても、子供に優しく諭すだけだ。
     一度出会った者の名は確実に覚えるため、少なくともこの世界に来た人間の名はすべて知っているらしい。

    〔背景〕
     土地によって信仰される旨は様々だが、仏教を守護するとされる夜叉で、子授け、子育の神などとしても大いに崇められている。もとは人の赤子を食らう悪神であったが、仏によって改心させられることとなった神。
     世に座す妖怪や神々の所在なさげな現状に憂いをもっていた鬼子母神は、‘やや子達’のためにとこの世界の創造に手を貸そうとした。しかし現世で乞い願う者達を蔑ろにしてもならないと、頭を悩ませる。
     そこで鬼子母神本神の写し身を造ったのだ。
    長い髪をいくらか切りおとしてそれを依代にする。鬼子母神という存在への現世での人々の信仰心と想像を集約し、神位権能を千切りそれに与えた。
    そうして降ろされた神は確かに、記憶も移した鬼子母神であったが、人々の鬼や神という存在への恐怖心や畏敬の念までが歪み混ざって創造されてしまった。
    神位権能を己と同等に分け与えてしまった本神は、降ろした神を造り直すのではなく、布作面を被せることにした。善性と悪性を隔て、善性を面に宿すことでとりなした。
    降ろされた神がときたま口にする柘榴の実。口にしては、人間の味がするも柔肌の感触とは程遠いとそれは言う。
    鬼子母神の振るう力。それは善神として慈愛を撒くか、悪神として災厄を撒くかによって千差万別変わるのだ。

    武器:鬼子母神の夫である般闍迦は槍の武神と宝石の神。そこで顕現させる武器は三又の槍であるが、とくにこれといった名称も伝説も有してはいない。鬼子母神の意思によってどこからともなく現れたり消えたりし、この神の権能と同調しているため身が朽ちぬ限りは折れはしない。

    SV
    「……お初に、お目にかかります。鬼子母神……訶梨帝母……ハーリーティー……などの、呼び名が御座います。此処で、豊穣と自由の……権限を、有しております……。」
    「皆、皆……吾、やや子で御座います。……ぁぁ……、あれらの神々は……無理が、ありましょうか……?」
    「__ははははは! 愛しくていとしくて堪らぬ吾やや子よ!! そなたの肉を、早く早く、吾におくれ……?  ……と、なってしまいますゆえ……この布を、あまり外せは……しませぬ……。__」

    募集:

  • No.1365978
    [編集/削除]

    @玉章様
    残念ながら予約期間をすぎてしまいましたので、名簿欄から名前を削除させていただきます
    また参加の希望があれば、お申し立てください

    @東峰様 @無天様
    予約期間は10月4日の朝7時までとなっております故、差し支えなければ設定を取り急ぎよろしくお願いします。また期間の引き伸ばしなど希望があればお申し立てください

    @花水木様
    設定ありがとうございます!今のところは不備は無いので参加を許可いたしますこれからよろしくお願いします

  • 支援
    No.1367048
    [編集/削除]

    上げです。

  • 釘打ち八兵衛
    No.1368685
    [編集/削除]

    赧屋従業員、木霊で参加希望です
    精霊の類ですが、大丈夫でしょうか?

  • 夏夢想
    No.1368898
    [編集/削除]

    明倪纏、太乙真人で参加希望。

  • No.1369947
    [編集/削除]

    @東峰様 @無天様
    残念ながら予約期間をすぎてしまいましたので、名簿欄から名前を削除させていただきます
    また参加の希望があれば、お申し立てください

    @釘打ち八兵衛様
    大丈夫ですよ!設定上の分類は妖怪/怪物となります
    10月8日の朝7時までに設定の投下をしないと自動で予約取り消しになるのでお気をつけください

    @夏夢想様
    一旦の所は予約を了解しますが、明倪纏のどこの立ち位置なのか、設定投下の時点でもよろしいのでご明記いただきますと名簿の記載に助かります故なにとぞよろしくお願いします。今時点では保留とし明倪纏の欄の一番下に記載させていただきます。10月8日の朝7時までに設定の投下をしないと自動で予約取り消しになるのでお気をつけください

  • No.1369988
    [編集/削除]

    部屋立ては、ある程度の設定が投下されてから立てようと思いますので既に設定を投下されている方は申し訳ありませんが今暫くお待ちください

  • 白糖
    No.1370591
    [編集/削除]

    はじめまして。素敵な世界観ですね…!
    是非とも参加させて下さい!
    神宮巫女、菊理媛神での予約は、お願い出来ますでしょうか?

  • 釘打ち八兵衛
    No.1370778
    [編集/削除]

    設定です。よろしくお願いします。 

    名前:木霊
    読み:こだま
    年齢:不明
    性別:不明
    種族:木霊
    性格:達観しているのか感情の起伏は少なく、表情を変えることもないためそもそも感情と呼べるものがあるのかさえ分からない。ただ怒りはあるらしく、怒らせるとかなり恐ろしいだとか。普段は人間の真似事をするかのように人間くさいたち振る舞いが多い。
    容姿:その姿は様々に変わるが人間としての姿は童子を思わせる出で立ちで色素の薄い髪と肌、目はハイライトがなく余計に感情を読めない。和服でいることが多いがたまに洋服を着せられることもあるらしい。画像は『あの子がこっちをみてる』メーカー様より
    能力:
    【木魂】木々を操ったり、木を伝って木の周囲の音や光を感じる能力。木霊自体が木から生まれ、木の一部である。
    【谺】谺とは山彦のことであり、声や音を反響させる性質が変化した能力。相手の能力や攻撃を跳ね返すことができる。ただしこの能力を使う際には自身がそれらの攻撃や能力を受けなければならない。
    【木霊】単純に言えば分身を作り出す能力。そもそも木霊は1個体を指すものではない。分身と表記されているがその実分身と本体は遜色なく、仮に本体が撃破されても分身が消えることはないだろう。分身を作る数はここに存在する草木の数だけ。分身達の意識は統合された一つの大きな意識から分かれたものであり、言うなれば彼等はクラウドと電子端末のような関係にある。その感覚、思考は彼らのみにしか理解できない。
    職業:赧屋従業員
    住処:北側
    所属:無所属
    備考:木霊は草木がある場所、つまるところはこ
    この至るところから現れる。だが大抵は赧屋で従業員として働いており、それ以外の木霊達は森に害悪を成さんとする者を忠告したり追い出そうとしたり、神隠しにあった人間を森から人のいるところに案内したりと色々やっているそうだ。彼等の意識は共有されているためにその思考や感覚を常人どころか神でさえ時に推し量ることが難しいだろう。だが一つ言えるのは木霊の願いは人と森の共生であり、互いが互いにとって恩恵ある存在として尊重し、最低限の敬意を以て過ごすことを何より大切に思っていることである。また、その能力故に様々な情報に精通しているが森や草木に害悪を生じかねないモノ以外は話そうとはせず、例えそういった情報でも神々に口止めされれば言えない。植物同様、水と土から栄養を摂取するため人間のような食事を取ることはないがお酒は大好きで宴会が開かれればその見た目とは裏腹に鬼もかくやという勢いで飲むらしい。
    武器:なし

    SV:
    「やあ。僕たちは木霊だよ。僕たちは木に住まう精霊なのさ。ほら、あの木にもこの木にも僕たちはいるんだ」
    「森を……どうする気?僕たちはその行いを許さない。僕たちを傷付けるのは僕たちが許さない」
    「ふふ、お酒はいいね。僕たちならいくらでも飲んでしまいそうだ。どうしたの、君達?もっと飲もうよ。美味しいよ?楽しいよ?あはははは」

    募集:特になし。性別不明ですが3L無問題です。

  • No.1373318
    [編集/削除]

    @白糖様
    予約了解しました!3日後までに設定を投下しないと自動で予約取り消しとなりますのでお気をつけください

    @釘打ち八兵衛
    設定ありがとうございます!参加を許可致しますこれからよろしくお願いします!

  • 夏夢想
    No.1374839
    [編集/削除]

    すみません、あと一日ほど頂けますでしょうか?少し立て込んでしまって。

  • No.1375092
    [編集/削除]

    @夏夢想様
    了解致しました

  • 夏夢想
    No.1376342
    [編集/削除]

    遅くなってすみません。
    名前:【太乙真人】
    読み:【タイイーシェンレン】
    年齢:【不明】
    性別:【男】
    種族:【仙人】『太乙真人』
    性格:【ひとつの事にどこ迄ものめり込んでゆく研究者気質。集中し出したら周りが見えなくなることもしばしば。普段は少々皮肉屋な側面が見えるが根は真面目である。仙人といえどももとを辿れば人間であるためどちらかといえば人間に近い倫理観を持っているが、己の知識欲を満たすためにはどんなことをも辞さないし何を失っても満たされてゆく。】
    容姿:【特に手入れしてるわけでもない紺の髪を後ろで軽く縛り、丸眼鏡を着用。服装は黒ベースの中華服の上から白衣を常に羽織っている。ポケットにはいつも研究道具が入っているらしい。(picrew『ぬるめーかー』様より。)】
    能力:【九竜神火罩】
    背後に焔の龍を生み出し、操る。生み出せる最大数は9頭だが、気を高める時間が必要となり、ノータイムで出せるのは一頭のみである。その火力は全力で出力を押さえて炭ができる程度。
    【混天綾】
    水を括る能力。早い話水を「操る」能力で、別に生み出したりはできない。川をそのまま持ち上げたりできるが所詮水は水。大した戦力にはならない。使い道は専ら九竜神火罩使用後の火消し。
    【風火輪】
    足元に焔をまとった輪を2つ生み出す。これを両足首につけることで空中を駆けたり出来るようになる。特にそれ以外の効果はない。
    職業:【北側の町外れにひっそりと研究所を建ててそこであれこれ研究している。】
    住処:【北側】
    所属:【明倪纏、北側幹部】
    備考:【太乙真人は中国の小説『封神演義』に登場する仙人で、崑崙十二大師のひとり。 乾元山・金光洞に洞府の主。九竜神火罩という、敵を包み込んで火で焼く宝貝をもっている。 玉虚宮の命令により、将来姜子牙の補佐をさせるために霊珠子を下界に送り込んだ。】
    武器:【火尖槍】
    その名の通り炎を吹き出せる槍。深紅の柄と漆黒の穂先を持つ。あまり使っておらず、研究所に放置してある。 
    【乾坤圏】
    特殊な金属で出来た輪。決して錆びることも、切れ味が落ちることもなく、投げれば勝手に手元に戻ってくる。
    【伝承】共に、もとは伝承では彼が生み出した人造神、ナタタイシの武器である。彼が持っているのはそのレプリカだ。とはいえ性能としてはオリジナルと遜色ないものだと言えよう。
    SV:「はじめまして。宜しくね。」
      「ふむ、興味深いねぇ。」
    「謝謝。助かったよ。また今度、お願いできるかな?」
    募集:【弟子】 1名
    基本的にはNLのみ。

  • 支援
    No.1379644
    [編集/削除]

    あげ

  • No.1388022
    [編集/削除]

    どうも返信遅くなってしまいすみませんでしたどうもリアルの方が立て込んでまして、どうかご了承ください

    @白糖様
    残念ながら予約期間を過ぎてしまいましたので名簿欄から名前を削除させていただきます
    また参加の希望があれば、お申し立てください

    @夏夢想様
    設定ありがとうございます!参加を許可します!分類としては仙人とされていますが、名簿には神の欄に記載させていただきます

  • No.1396817
    [編集/削除]

    今週の土曜の夜、日曜にちょいと部屋を立ててみようかと思います

  • 花水木
    No.1400447
    [編集/削除]

    了解しました

  • 名無し
    No.1400482
    [編集/削除]

    @釘打ち八兵衛
    メーカーの規約
    「Twitterアイコンのみ使用可」

  • 匿名
    No.1402103
    [編集/削除]

    支援上げ!

  • 匿名
    No.1402154
    [編集/削除]

    取り敢えず、消えろ

  • 匿名
    No.1402174
    [編集/削除]

    でもよ?このおかしな画像も駄目では??@名無し

  • 名無し
    No.1402220
    [編集/削除]

    誤解を生みそうなので書いとくと、Picrewの画像が全部だめってわけではないですよ。
    Picrewでは作者自身がルールを決めることができるので、イメ画として使えるかはメーカーによって違ってきます。
    問題なのは、この作者さんは説明の所に「SNSアイコンのみ使用可能」と書いてるので、掲示板に貼るのはどうなの?って話です
    https://picrew.me/image_maker/186583
    気になるなら作者さんに直接問い合わせてみてはどうでしょうか。

  • No.1402478
    [編集/削除]

    版権元の規約を知らず参加許可をした私にも非があります故、釘打ち八兵衛様何卒、申し訳ありませんが画像の変更等をして頂けますでしょうか…
    これ以上なりとは関係の無い方々にここで議論をされるとなり自体にも支障をきたします故、なんとか穏便にお済まししていただくことをお願いします

  • 霧楽
    No.1402491
    [編集/削除]

    赧屋従業員、明倪纏北側組員、志那都比古神で予約を御願したいのですが、可能でしょうか。

    荒らしに埋もれてしまったのでもう一度。申し訳ありません。
    一度目の参加希望は削除させていただきました。

  • No.1402505
    [編集/削除]

    @霧楽様
    予約了解しました!3日後までに設定を投下しないと自動で予約取り消しとなりますのでお気をつけください

  • 霧楽@設定投下
    No.1403974
    [編集/削除]

    不備があった場合はなんなりとお申し付け下さい。
    確認の程、よろしくお願い致します。
    なお、三つ目の能力に関してはまだ決めておりません。

    名前:天御柱命
    読み:あめのみはしらのみこと

    年齢:約五千五百歳

    性別:男性

    種族:【神】志那都比古神

    性格:前向きなのか後ろ向きなのか。飄々としており、マイペースだがやると決めたら行動は速い。極端で飽き性。いろいろなものに手を出してはとっかえひっかえ、本当にずっと好きなものにはのめりこみ、私生活は趣味に溺れているが、公私の切り替えはしっかりとしていて与えられた仕事はきっちりとこなす。害を与える風を鎮めることをしている今では、かつて自然災害を起こしていた神としての純粋な残酷さを自覚し、繕おうと口調や身のこなしを柔らかく、全体的に小気味いい調子を心がけようとしているが、無意識に横柄な人柄をふっと表すこともあり、そんな自分自身を恥ずかしいと思っている。

    容姿:画像はPicrew内の木曽ヨウイチ(@1w1_y)様のメーカー「makeYo1」にて作成。
    いつも顔に微笑を浮かべているが、紫の瞳には光をあまりみとめられない。
    後ろに紐で結ってある髪は、あと少しで腰にまで届きそうだ。
    黒と灰色が混合した矢絣柄の着物をかっちりと身につけ、そこに薄緑の馬乗り袴。
    黒の足袋に、鼻緒が赤の草履。左側の腰に帯剣、帯刀。常々、両手に白い手袋を着用。
    首から上の詳しい容姿は画像参照。
    身長172センチ。堂々たる体躯とは言えないが細くはない。必要な筋肉はしっかり付いている。

    能力:
    一「創始・風」
    自身を中心とした半径10km圏内で自由自在に風を創りだしたり、もとある風を操ったり消したりする事が出来る能力。しかし、操作する風のスケールの大きさと体力消費量は比例するため、実際には限界がある。台風や竜巻級の風となると、制御はできて二分。消すのにも同等の力が要る。範囲、風速、風向き、温度を体力の許す限り自由に調節できる。広範囲に草や木の葉が揺れる程度のそよ風をつくりだしたり、数m単位の狭い範囲に物体や身体を切り裂くほどの速い風をつくりだしたり、自身の移動に利用するなど使用方法は様々。

    二「神風・氣」
    20秒ほど深く深く息を吸って、それを一気にはく。すると、その息は壁のような突風になり、何の影響も受けず真っ直ぐにゆっくりと進む。突風を中心に半径5m、突風自体の面積=縦5m×横6mほどの範囲。並の人間なら地面に這いつくばるほどの程の強風(平均の神や妖だと、かろうじて立てる程度)を維持したまま進んでゆく。”全身に“その風が当たった相手の身体の気を操り、一部位(片腕、片脚等)の動きを鈍らせる。作用時間は15秒程度で、時間が経ったら効果がさっぱりと消えてしまう。風は30秒程度で収まる。物を吹き飛ばしたり相手の身体を鈍らせたり、自分の身を護ることや牽制が目的であるため、相手に当たっても直接傷をつけるほどの攻撃力は無い。

    三「」

    職業:赧屋従業員

    住処:北側

    所属:明倪纏 北側組員

    備考:伊邪那岐命と伊邪那美命のかの有名な国産みの際、それぞれの島を治める神々の一柱として生まれた風の神、それが志那都比古神である。と伝わるが、曰く、物心ついた時には人間が存在しており、人間が争うようになる前からの記憶しかないらしい。主に風力、そして気を司る神であり、人間からは農業や製鉄、製銅に欠かせない風の順調と、志那=息長(長寿)を願って祈る対象だったようだが、暴風など自然災害の被害も大きく、その点においても人間は祈りを捧げていたという。自然を司る神ならではの、恩恵と災害の二面性は性格をはじめ、様々なところに深く表れていると言えよう。
    自らが使役する力によって人間の文化が形作られ、変化していくのを見て人間の文化に興味を持ち、文学や音楽などを主に(極東の)人間の色々な文化を嗜むようになった。趣味の温泉通いもその影響からである。

    武器:
    【写・天之尾羽張 あめのおはばり】
    祀り神社に名刀を献上されるもなし、自身の歴史に基づく武器というのはなんら所持していないので、護身用に自身でつくった片手の長剣である。父にあたる伊邪那岐命が火之迦具土神の首をはねる際に用いられた十拳剣をかたどって創ったというが、歴史に聞いただけのものであり、実際のものに近いかは定かではない。実際、見た目は大部分が想像によりつくられている。
    真っ直ぐにのびている剣身は銀色で鈍いながらも確かに輝いている。柄頭は黒、握りの部分は真っ赤。鍔は紺色である。鞘は革のような質感、色は黒である。全体的に飾り気が無い。
    羽毛のように軽いが丈夫ではある、らしい。巨岩が空高くから剣目掛けて落ちてきても、壊れはしないとか。切れ味は頭ひとつ飛び抜けている…なんてことはなく普通。物は使いよう、なので使い手の技量にかかっている。しかし軽い剣というのは案外扱い難く、単純に力勝負となると不利な為、風を多用する戦いの際に使い、真っ向勝負の際には使用しない様子。

    【写・童子切】
    生まれてから三千年程経過し、風による自然災害を発生させるようなことより、害があるほどの暴風を鎮めるような神になった頃。それまで平和であった人間同士の争いが段々と激化していく様を見て、そのことを憂いていた。しかし永い時の中、人間の文化を追っていくうちに独自につくられていく武器、「刀」というものの美しさに魅せられ、武器としても価値を見いだす。
    そうして見てきた刀の中で一番に魅力を感じたのが「童子切」だった。そういうわけで、童子切の複製を自分自身でつくろうとして出来上がったのがこの武器である。「写・天之尾羽張」とは裏腹に実物を見ているお陰で、見た目は本物と瓜二つ。本物の持つ、刀身の妙なる輝きまではどうしても再現出来なかったが、切れ味は折り紙付きである。お気に入りで、普段の戦闘ではこちらの方を使うことが多い。ちなみに、こちらは見た目相応の重さがある。

    SV:
    「おや、これまた見ない顔だね…はじめましてだ。僕は天御柱命、これでも風神。よろしく。長いからね、渾名とかでも良いよ。」

    「僕、煙草だけはやらないって決めてるんだよね。だって、風と火ってなんだか相性が悪いんだもの。君もそう思わない?火と風ってはっきりしないから、微妙と思うけどね。」

    「いやあ、争いね。僕は娯楽文化の方が好きだよ。時代ごとに特色があってね、見てて面白い。なにより楽しそうなの。まあ、だからこそ明倪纏に居るんだけども。保守派なの、僕は。」

    募集:特に無し。NL、BL共に可能です。(が、お恥ずかしいことに、恋愛というシチュエーションでなりきりをした経験が殆どありませんので、力不足でお相手様にお手数をおかけするやもしれません…。)

  • No.1404858
    [編集/削除]

    @霧楽@設定投下様
    設定ありがとうございます!不備はございませんので参加を許可致します

    部屋立てをしようと思いますので、個人的なご相談等あればそちらでも受け答えできますので是非

  • No.1405865
    [編集/削除]

    昨晩は寝落ちしてしまいましたごめんなさい…というわけでこんな時間からまた部屋立てです

  • 天幕
    No.1406179
    [編集/削除]

    皇霊玉府 天地と空間 クトゥルフ神話アザトースでの予約……可能でしょうか?
    勿論大幅に力を削った設定です。
    ご検討宜しくお願い致します。

  • No.1406313
    [編集/削除]

    @天幕様
    予約了解しました!もし何か不審点等あれば是非お気軽にご相談ください。3日後までに設定を投下しないと自動で予約取り消しとなりますのでお気をつけください

  • 天幕
    No.1406548
    [編集/削除]

    名前:Azathoth
    読み:アザトース
    年齢:不明
    性別:不明(性別無し)
    種族:外神 アザトース
    性格:ダウナーを更に下位互換したような性格。
    ほぼ全ての物事への興味を一切示さず、感情の振れ幅もごくごく小さい。
    無欲、かつ無気力な故に己の職を逸脱することも無く、己の職をサボることもせず淡々と遂行する。更に神という種族にありがちな横柄さも無い。
    全てを受け入れながらも全てを拒絶する矛盾した性格が成立している。
    親愛を示すことも嫌悪を示すことも無い。
    残虐も博愛も冷酷も慈悲も全てが皆無。だから全てに平等。
    ただ、「食」及び「寝具」「踊り」に関しては例外
    これらの物事に対しては関心を示し、好悪を付ける。
    まれに気紛れを起こす。

    容姿:身長約180㎝で服装は全て何物にも染まらない黒と何物にも染まる白のツーカラーで統一された巨大なローブの様なものを羽織る。
    とてもゆったりとしており袖口も広く、見る人によっては神官等を思わせる。
    腰辺りから下はドレスの様に広がっている。
    姿形は悍ましく服の端々から灰色の触手が覗いていたり貌が無く黒と白の渦がずっと顔の辺りを巻いていていたりと完全なる人外を感じ取らせるが人型を辛うじて保ってはいる。
    移動時はローブの裾を引きずっている形で足が見えることは無い。
    何故か手だけはしっかりと人の形を保っており、血色の良い肌色。

    能力:今の所以下の二つのみ確認されている。

    『天地』
    彼が眠っている間発動する“維持”を目的とした能力。
    世界に天地という覆せない物がある様に理を覆せない様固定する。
    彼が眠る間、例えどのような干渉があろうと川は増えることも減ることも無く、山が突発的に崩壊する事も起こり得ない。
    並大抵の神、怪物では穴一つ掘る事も叶わない。
    また、新たに固定、維持する物を設定する。

     『空間』
     端的に言えば距離の変動。
     彼の一存で離れている距離を設定する。
     仮に現在位置から市場へと向かうのに1㎞の道のりがあったとして
     その距離を1mと設定し直すことで現在位置とその市場の間にある距離を全てカットする。
     だが、立っている位置が変わることは無く、市場の位置も変わることは無いので
     はた目から見てもその距離のカットを確認することは不可能。
     逆に距離を伸ばすことも可能。
     ただし、その距離操作は直線的な距離しか変更することが出来ない。
    職業:無職

    住処:南側
    所属:皇霊玉府【天地と空間】
    備考:南側の一角に己の住まう寝殿を持ち、日がな一日この寝殿にて寝て過ごす。
    彼が寝ている間、自然は自動的に彼の定めた通りに必ず動き続ける。
    余程の権能が無い限りその流れを崩すことは不可能に近い。
    彼の寝殿の中は一切光が無く、窓も無い。また、絶えず太鼓とフルートとオーボエからなる名も無き曲が流れる。

    背景:それはただの気紛れだった。
    夢でもって宇宙と世界を作り上げた魔王《繝槭が繧ヲ縲?縺ょコァ繝医?驟。》彼が夢から醒める時、それと同時に世界と宇宙は無へと帰す。
    無限無窮の宇宙の最奥、沸騰し湧き立つ原始の混沌の中心、あらゆる次元から切り離され、時間を超越した無明の閨房にて彼は一つ思い立つ。
    夢ではない世界を一つ作ってみようかと。
    気紛れすべてを使者に任せていたがこれもまた気紛れに使者ナイアルラトホテプを介することなく。だが、夢でしか世界を想像できなかった、宇宙を創造する知恵を奪われた彼にそれは難題過ぎた。だからこそ、かの3柱の神々に加わる形で創造を手伝い、皇霊玉府の一角という形で小さな世界の維持を行う為に自らの一部を分離しその世界に入れる程度にまで権能を抑え、弱体化させきり、理性と知識を保有させたこの【アザトース】を送り込んだ。

    武器:強いてあげるならば触手
    この触手に触れれば大抵の物は崩壊する。

    SV:「名ヲ…アザトース。世カイの天地、空間ヲ任サレタ…者。以後、見知リ置ク様ニ。」
    「来テシマッタノナラ、住ミ着ク他無シ。我ノ力不足、アレド、仕方無ク。嘆ク暇ナドアリハシナイ。諦メヨ。」
    「我ハ貴殿ノ言ウ”アザトース”デハナイ。アクマデ、我ハ貴殿ノ言ウ”アザトース”二造ラレタ造神デアル。」
    募集:

  • 村上
    No.1406795
    [編集/削除]

    無所属、薬売り(自営業)、河童で参加希望してもよろしいでしょうか?

  • No.1407340
    [編集/削除]

    @天幕様
    設定ありがとうございます!参加を許可致しますこれからよろしくお願いします

    @村上様
    予約了解しました3日後までに設定を投下しないと自動で予約取り消しとなりますのでお気をつけください

  • 村上
    No.1407767
    [編集/削除]

    名前:戸岾

    読み:とやま

    年齢:400前後

    性別:男

    種族:妖怪『河童』

    性格:物静かな勤勉家。無表情でいることが多いが、温厚で物腰が柔らかい。商魂たくましく計算高い一方で、『三方よし』の信念を持ち、義理や人情といったものに厚い。受けた恩は必ず返すし、約束事はしっかりと守る。他者とはどこか胡散臭げな、へりくだった態度で接しているが、それでも人当たりはいい方。子供の前では『気前のいい兄ちゃん』として振る舞っている。
    しかしやはり河童というべきか、悪戯好きでずる賢い一面も持っている。上下関係、特に力での序列を考慮した上で行っているので尚更厄介。それで痛い目にあってもへこたれることはない。悪く言えば頑固。またいくら義理人情に厚くても、自分の命をかけるほど献身的ではない。特に神仏同士のいざこざについては事なかれ主義を貫いている。
    人情家ではあるが、誠実かと問われるとちょっと首を傾げるような性格。

    容姿:普段は顔に傷がある長身の青年に化けているが、本来の姿は小さく猿に酷似したもの。同じく顔に大きな傷がある。化けている時でも頭上の皿は残っているが、髪と手ぬぐいで覆っている。服装は藍染の甚平、脚袢に草鞋。丸いべっこう眼鏡をかけ、瓢箪を引っ
    掻けた大きな薬箱を背負っている。(画像は着物男子de着せ替え様より)

    能力:
    【神通力:霧影】自分の姿、質量を任意のものに変えたり、姿を消すことができる。ただし質量に関しては、自身の本来の姿よりも小さくは出来ない。所謂”変化の術”だが、本人の才と努力により狐狸に匹敵する程の実力を持つ。
    【神通力:秘妙】媒介、つまり薬を通じて対象の自然治癒力を加速させる、妙薬の調合術。薬自体の効力に比例して神通力の効力も上昇するが、所詮気休め程度。
    【神通力:歩沼気】対象を睨み念じることで発動する催眠術。思考力を奪い”腑抜け”にする。物理的な衝撃を与えると簡単に解除されるが、放っておくと対象は一番近くの水場に歩み寄り自主的に溺死してしまう。自分より妖力のある者や神仏には通じにくい。効いたとしてもちょっとぼんやりする程度。多用不可。

    職業:薬売り(薬を始め、化粧品、香や茶などを手広く扱う行商人。菓子や絵といったものも多少は取り扱っている。骨接ぎが出来るので、接骨医として活動することも。)

    住処:北側

    所属:無所属

    備考:南北問わず各地を旅する薬売り。訪問商売を主としているが、露店を開くこともよくある。旅で又聞きした噂を集めているので、ちょっとした情報通。大半の商品は河童としての知識を使い自分で調合したもの。一般的な漢方からトンデモ効果の霊薬まで、薬の名を冠するものなら幅広く取り扱う。効果を誇張したり全く使い物にならない商品を口八丁で売り付けることもしばしば。だが、そもそもには薬自体を必要としない神々が多いので、業績はあまりよくない。香や茶といった嗜好品を売っているのもこの事から。弱点はやはり頭の上にある皿で、乾いてしまうと神通力が弱くなってしまい、やがて死に至る。なので、常に瓢箪に真水を入れ持ち歩いている。また、金属類も苦手。

    出身は越中富山、深い山奥にある沼に住み着き、時折里に降りては農作物を盗んだり悪戯を仕掛けたりといった悪さを繰り返していた河童。ある日村人に捕まってしまい、額に大きな切り傷をつけられる。しかし、その河童を哀れに思ったある若者が河童を逃がした。河童は礼として妙薬の製法を彼に教え、その後若者は薬売りとして一儲けすることになった。
    『自分の方がいい薬を売れるはずだ』
    その様子を噂で聞いた河童は、その若者と全く同じ姿に化け、同じく薬売りとして全国を渡り歩くこととなる。その為、一部の地域では『瓜二つの薬売り』の言い伝えがあるとかないとか。
    尚、現世を離れたのは大正の初めである。

    武器:翡翠色の『御浄』と銘打たれた脇差し。業物らしいが詳細は本人もしらない。

    SV:「へぇ、あっしは薬売りの戸岾っちゅうものでして。お邪魔してもよござんすか。」
    「坊主、この箱の中身が気になるのかい。...何も苦い薬だけじゃない。こっちの引き出しにはあまぁいお星さまが入ってるんだ」
    「酒も泥水も、どうせ溺れちまえば同じモンでしょうよ」

    募集:

  • No.1408037
    [編集/削除]

    @村上様
    設定ありがとうございます!参加を許可致しますこれからよろしくお願いします

  • 霧楽
    No.1409096
    [編集/削除]

    上げさせていただきます

  • No.1409235
    [編集/削除]

    こんばんわ寝落ち常習犯の主です
    これから部屋を立てようと思いますが、私は平日は部屋を立てられる頻度や時間帯が少なくなってしまうので是非各々方部屋立て等はご自由になさってくださいな
    部屋名は「怪象愧伝/完全予約制」です

  • No.1409244
    [編集/削除]

    赧屋料理人の女での予約をさせて頂きたいのですが宜しいでしょうか?

  • No.1409283
    [編集/削除]

    @禊様
    予約了解しました3日後までに設定を投下しないと自動で予約取り消しとなりますのでお気をつけください

  • 花水木
    No.1409750
    [編集/削除]

    部屋立てしつれいしますっ!

  • 霧楽
    No.1411674
    [編集/削除]

    スレ上げです

  • No.1411804
    [編集/削除]

    部屋立てよぉ〜!(裏声)

  • クロネコ
    No.1413114
    [編集/削除]

    無所属で菓子屋(自営業)の化け猫の半妖で参加希望です!

  • No.1413650
    [編集/削除]

    @クロネコ様
    予約了解しました3日後までに設定を投下しないと自動で予約取り消しとなりますのでお気をつけください

    みなさんこんばんわ、久しぶりに深夜の2時とかまで起きてみんなのロル見てたら今朝、髪の左側だけがロッチ中岡みたいになってて精神的ダメージを受けた主です。部屋を立てます

  • クロネコ
    No.1413868
    [編集/削除]

    名前:千代
    読み:ちよ
    年齢:25
    性別:女性
    種族:半妖(人間×化け猫)
    性格:普段はおっとりとしていて、お人好し。いつも笑っている。あまり大人らしく無いように見えるが、意外としっかりとしていて、恩返しや約束等は必ず果たし、義理人情が厚い。
    容姿:黒髪の長髪で毛先は整えられていて、真っ直ぐに伸びている。細めで時折、開眼する。瞳の色は黄色である。
    (ピクルーの和洋映像メーカー様より。)
    能力:「化猫」
    感情が高ぶったりすると猫の様になってしまう。その際のみ、尻尾が生えたり、爪が伸びたり、大きな猫になる事がある。
    時折、暴走してしまうことがある。
    職業:市街で菓子屋を営んでいる。(玩具、菓子等を売っている。糸や針も売っている。)
    住処:北側
    所属:無所属
    備考:人間と化け猫の間に産まれたという奇妙な経歴を持っているが、当の本人は余り、気にしていないようだが、半妖であることから、妖怪、人間にも嫌われていた時がある。甘い物が好きで、団子などをよく食べていたりする。
    縫い物も得意である。子供好き。
    武器:己の爪。
    SV:「あ、いらしゃい〜ゆっくり選んでちょうだいな〜」
    「ん?どうした?あやとりでもやりたいんや?」
    募集:彼女に見せによく来てくれる友人的な存在の方。(妖怪、または人間。一人)

  • No.1413915
    [編集/削除]

    @クロネコ様
    設定ありがとうございます参加を許可致しますこれからよろしくお願いします!

  • No.1415145
    [編集/削除]

    拝啓
    おこんばんわ、主です
    雑談掲示板の方を立てました
    パスワード制なので、部屋に来た際個チャにてパスワードを提示します
    ちなみに部屋立ては9時頃です
    敬具

  • 花水木
    No.1415833
    [編集/削除]

    ちょっこりたててみます

  • 村上
    No.1417355
    [編集/削除]

    お部屋、立てさせていただきやした

  • No.1419261
    [編集/削除]

    こんばんわ、月が綺麗ですけど寒いですねもうカーディガンを着ている主です
    部屋を立てます

  • 花水木
    No.1421704
    [編集/削除]

    部屋立て失礼しますっ!

  • 花水木
    No.1423992
    [編集/削除]

    この時間からですが部屋建ててみます()

  • 名無し
    No.1431166
    [編集/削除]

    支援

  • No.1445861
    [編集/削除]

    最近上げれなくてすいません主です
    週末には部屋に行けそうでござんす

  • No.1452314
    [編集/削除]

    こんばんわ主です
    ほんとうに申し訳ないんですけども、健康が優れずちょっと今晩の部屋立ては控えさせていただきます来週こそはきっと…
    部屋立てはそれぞれで自由ですので、それでしたら私はなりはちょっと出来ませんが部屋にできるだけ顔は出させていただきまする
    では!

  • 花水木
    No.1456235
    [編集/削除]

     今晩は、近頃は何もしておらず申し訳ございませぬ……。
     自分も体調崩しながらリアルに忙殺されております故、いつバーチャルにて生き返るか不明で御座います、すみません……

  • でんがく
    No.1460284
    [編集/削除]

    明倪纏南側組員で運び屋の人間での参加を希望したいです。
    同時にその人間に憑りついている妖(霊体)の設定も投稿したいのですが、可能でしょうか?
    (11月19日 16時41分)

    追記
    ところで「予約された場合、3日以内に設定を投稿してください。」との事でしたが、それは参加希望者の予約希望時の時点からの3日以内なのでしょうか?それとも主様の応答と予約完了時点からの3日以内なのでしょうか?

  • K
    No.1460401
    [編集/削除]

    明倪纏北側幹部、白虎で参加希望です。
    設定なのですが、11月23日、日付が変わるまでには投下できると思うのですが締切の延長の方お願いしても宜しいでしょうか。

  • No.1466493
    [編集/削除]

    @でんがく様
    予約ありがとうございますもちろん宜しいですよ!一応、名簿欄には人と霊体の2つの名を一緒くたに隣同士に表記させていただきますので、設定をお待ちしております

    質問の件でございますが、私も常日頃にここに来れる訳では無く来れてない間に予約期間を過ぎたとなると余りにアレなので
    "予約了解の返信してから3日後、つまり今月の25日から26日へと日をまたぐ間まで"
    となりまする曖昧な表記をしてしまい申し訳ございません

    @K様
    予約ありがとうございます。
    了解しました設定お待ちしております

  • No.1471762
    [編集/削除]

    お揚げ!かき揚げ!スレ上げ!

  • でんがく
    No.1473628
    [編集/削除]

    主に動かすのは人間キャラクター、基本妖怪キャラクターはNPCと同然の状態として扱って行こうと思っております。
    審査の程、宜しくお願い致します

    名前:鬼寅 辰美
    読み:きとら たつみ
    年齢:17歳(肉体年齢)
    性別:女性
    種族:人間

    性格: 小心者でお調子者の運び屋。
    陽気なその人の声はいつも笑っているようで騒がしく、また北へ南へと足を運ぶ様から心身ともに元気のいい青年である事が伺える。面倒見も良くお節介焼き。失言失態もその愛嬌にてぬるりとかわすような、憎めない奴だ。
    しかしこれら彼女の性格半分、この世界に馴染むための化けの皮半分と言ったところ。
    ただの小娘としての彼女は上記の人物像の構築に寄る疲弊が露わとなり、仏頂面やどこか精気のない顔もちの目立つ程にくたびれおり、落ち着いている様子。以前まで意気揚々と我が家へ帰る事に執着していたが、今ではその火も弱まり諦めと憂いを帯びている。

    容姿:軽い武装をした車夫。
    海老色に染まる着物の下には薄い鎧を仕込み、たすき掛けした両方の袖と丸見えな籠手。黒のたっつけ袴を着付けて足袋を履き、日や雨よけの笠を被る他、顔を布製の面で覆っている。風呂敷袋を肌身離さず持ち歩く。
    露出度が極めて低く体の線や顔が隠れているため、パッと見での性の判別が付きにくい。
    着物からはみ出たうなじは白く、1本に束ねた黒の長髪が細い首を覗かせる。細い見た目と5尺5寸ほどの背丈。女子とも美青年とも見れる顔立ちを持つ。
    能力:
    【憑代体質】
    肉体を滅ぼされた事への怨念か、それとも己の悪行により滅せられた事への逆恨みか。真偽が何であれ、彼女の家系は代々ある妖…鬼の魂に憑かれてきた。
    世代を渡って長年妖と時を共にする事で妖の魂と彼女らの肉体は馴染み合い、人の世から隔離された今、その魂を肉体へ取り込む事で妖の能力の行使が可能となった。
    効果は怪力、俊足等の五感を含む身体能力・自己治癒能力の強化。しかし本場の妖や怪物からして見れば、「人間の割によく動く」程度だろう。

    他未定

    職業:運び屋
    人力車を引く車夫。赧屋付近に「運び屋きとら」の看板を掲げた店を構えている。

    住処:北側。赧屋付近

    所属:明倪纏 南側組員

    備考: この世界へ訪れてから二桁程の年月を過ごした少女。すっかりこの世界に馴染んだ彼女は人の匂いも女の匂いもひた隠し1匹の妖として日常を送るが、神様や親しい人物、また明倪纏所属の者に対し自身の素性を明かしている。

    武器: 「短槍」
    刃の形状は笹穂槍に近い。刃先から石突きまでは彼女と同等の長さを持つ。仕事中は人力車の裏、仕事が無ければ肩に担いで持ち歩いている。

    「扇子」
    彼女に憑りつく妖の本来の憑代であり本体である。
    扇子に用いられた骨は妖の骨で作らせたと言う趣味の悪い一品。
    風呂敷袋に入れている。

    SV: 「ちょ、ちょっとそこの!!!そうアンタだアンタ!!!!…人…人、だよな……?化けてるわけじゃない……よな?!話は後だ!!乗ってきな!!な~に、御代はツケにしといてやるよ!早くしろい!妙なのに目ェ付けられる前に…!」
    「い、いや~すいやせん〇〇の旦那。コイツここらの決まりってのをてんで分かってねぇもんですから…アッシから言い聞かせときますんで、ここはどうか治めちゃいただけやしませんかい…?」
    「時々怖くなるの。皆私の事忘れてるんじゃないかって。現に私だって、もう声も思い出せないから…」

    募集:自分を求めた神
    生活に関して、または戦闘に関しての師匠(人数問わず)
    NL・GL可
    (※修正済み。投稿日時11月25日/22:19)

    名前:___
    読み:___
    年齢:___
    性別:不明
    種族:妖怪。また、ある鬼の霊体である。
    性格:生前、それは心優しき鬼だった。己の強さ故に壊す事を恐れ、一方で同じ種族の者達ともそりが合わずひっそりとした日常を送っていた。
    今では自身の素性も忘れた鬼火である。
    容姿:黒い骨の扇子。扇面には夕日に染まった赤い空が描かれている。
    扇子から出た際は、人間の頭程の大きさの青白く輝く玉がふよふよと浮いている。
    能力:
    自身の技能や力を彼女の肉体に顕現させ、行使する。ただそれだけの能力。
    職業:無職
    強いて言うなら、彼女の必要に応じ力を貸す程度
    住処:北側。赧屋付近
    扇子の中でならどこへでも
    所属:無所属
    備考:ある人間と生涯を添い遂げるだけに留まらず、鬼はある小物となる事で自身の子孫の行く末を見守る事にした。
    武器: ___
    SV:『すまないね。少し…その身を貸してもらおう。』
    募集:___

※記事を編集・削除するためのパスワード