デュラララチャット(仮)なりきり募集掲示板

なりきりの募集を行うための掲示板です。雑談はなり雑でお願いします。

  • ツイステ也 (監督生、オリ可/ロル中~)2《参加者募集中!》

    翻車魚
    No.1525569
    [編集/削除]

    _物語には、必ず悪役がいる。

    不思議の国のアリスなら、ハートの女王。

    人魚姫なら、海の魔女。

    アラジンなら、ジャファー。

    白雪姫なら、女王。

    ヘラクレスなら、ハデス。

    眠れる森の美女なら、マレフィセント。

    物語を彩る悪役達の学園が、鐘を鳴らす。

    ねえ、ほら。君もおいでよ、僕達の世界に。

    _________________

    閲覧、ありがとうございます。
    ツイステッドワンダーランドの也のスレです。

    タイトルにある通りオリ可、監督生可とし、原作キャラを募集します。

    "ほのぼの、恋愛、日常"を主とします。
    此処からの閲覧は自己責任でお願い致します。上記を苦手とする方は、ブラウザバックを推奨します。

    ツイステ也 (監督生、オリ可/ロル中~)《参加者募集中!》の2つ目のスレです。1つ目のスレも見て頂けると参加者の方についてや質問とその回答などがありますので、参加する前は一度目を通して頂けると良いと思われます。

    _ルール(必読厳守)

    ・デュラチャの規約は厳守です。
    ・荒らし等の妨害行為は辞めて下さい。
    ・一人二キャラまでとします。
    ・ロルは一枠前後を基準とします。それ以上でも構いません。
    ・キャラロスは無しとさせて頂きます。
    ・恋愛可、過激は裏でお願いします。
    ・完全予約制。三日以内に設定の投下をお願いします。三日以内の投下、または延期の報告が無ければ参加取り消しとさせて頂きます。
    ・背後同士の喧嘩は辞めて下さい。
    ・部屋を建てる際は報告があれば、何方でも部屋建てを許可します。
    ・参加後も二週間浮上が無ければ参加を取り消します。
    ・ルール必読をお願いします。上記のルール違反の場合、強制的に参加を取り消します。

    原作をあまり知らないという方も募集しております。是非、気軽に参加をお願い致します。質問等があれば是非お伺い下さい。4~5人程集まってから部屋建てをしようと思います、ご了承ください。

    主の翻車魚です。私はハーツラビュルのリドル・ローズハートをさせて頂きます。宜しくお願い致します。

    部屋建て報告は此方から。
    _http://nari2-bbs.drrrkari.com/#/topics/35076

    参加希望する際にはオリキャラか原作キャラかを教えてください。オリキャラの場合、性別と寮を必ず記載して下さい。

    (例)オクタヴィネルの一年、男子のオリキャラで参加希望です。

    テンプレートです。オリキャラ作成時に活用して下さい。

    【名前】洋名、和名、どちらでも可能。読み方も掲載して下さい。

    【性別】オカマやオネエ等の性別がはっきりしないものは無しとします。男装、女装等は可能とします。その場合、【性別】の欄に記載して下さい。

    【学年/クラス】1から3年まで。

    【寮】どの寮でも可能とします。

    【部活】部は原作にあるもののみとしますが、研究会や同好会などは創作可能です。

    【ユニーク魔法】チート過ぎるもの、ややこしいものは無しとさせて頂きます。

    【性格】絡みにくいものは無しとします、なるべく詳しく書いて下さい。

    【容姿】人外可能。参考画像がありましたら、是非。画像メーカーの使用可能、メーカー名も書いて下さい。尚、画像を掲載した場合でも文面の説明を記載して下さい。

    【3L】NL、BL、GL、のどれを希望するか記入して下さい。

    【備考】何かありましたら。

    【募集】お相手様の募集等にお使い下さい。

    【SV】ロルも含め、一から三つ程書いてください。

  • 翻車魚
    No.1525570
    [編集/削除]

    コピー用

    【名前】

    【性別】

    【学年/クラス】

    【寮】

    【部活】

    【ユニーク魔法】

    【性格】

    【容姿】

    【3L】

    【備考】

    【募集】

    【SV】「」「」「」

  • 翻車魚
    No.1525572
    [編集/削除]

    ▼参加者様一覧

    参加者及び予約者様(キャラの人数ではありません)
    _10人

    原作キャラ
    _4人

    【ハーツラビュル寮】
    _リドル・ローズハート@翻車魚(管理主)
    _*JOKER(ジョーカー)@スカビオサ様

    【サバナクロー寮】
    _レオナ・キングスカラー@クロナエ様

    【オクタヴィネル寮】(オリ〆切)
    _ジェイド・リーチ@ひじきの佃煮様
    _*Hazel・Shamrock(ヘーゼル・シャムロック)@クラゲ様
    _*Allen・grade(アレン・グレード)@田畑様
    _*ヴェルド・ノーマ@ぬか床様

    【スカラビア寮】
    _*ベルフェル・エレキガレッシュ@椿芽様

    【ポムフィオーレ寮】
    _*Eve・Morgan(イヴ・モリガン)@スカビオサ

    【イグニハイド寮】
    _*Windy・Tinker (ウィンディ・ティンカー)@翻車魚(管理主)
    _*Blad・Phantom(ブラッド・ファントム)@一閃様

    【ディアソムニア寮】
    _リリア・ヴァンルージュ@クロナエ様
    _*エルシャルド・ロレンチニ@田畑様

    【オンボロ寮】
    _*Oswald・Laird(オズワルド・レアード)@j様

    オリ女子(参加募集残り四名/八名のみ/予約含む)
    _クラゲ様
    _椿芽様
    _翻車魚(管理主)
    _スカビオサ様

    オリ男子(参加募集残り三名/八名のみ/予約含む)
    _田畑様
    _ぬか床様
    _田畑様(二キャラ目)
    _一閃様
    _j様

    オリキャラ(性別不明も含む)
    _10人

    【期限切れ】※御一報下さい
    _*咒様(10/29)
    _有様(11/10)
    _追様(11/10)
    _*〖〗様(11/13)
    _暁霧様(11/13)
    _*鴇様(11/17)
    _*珊瑚様(11/25)
    _*@ringo様(12/16)

    ※各寮のオリキャラは三人までとさせて頂き、オリ男女は八名、オリ全体で十六名様限定とします。

    管理が不慣れで変更される場合が多々ありますが、ご了承を御願い致します。

  • ぬか床
    No.1525581
    [編集/削除]

    最近お部屋いけてなくて申し訳ないっす。。
    年末年始近づいてしばらくしたら仕事の方も落ち着くので行けると思います~。

    【名前】ヴェルド=ノーマ

    【性別】男

    【学年/クラス】2-B

    【寮】オクタヴィネル寮

    【部活】バスケ部

    【ユニーク魔法】過去へ(イレイス・パスト)
    対象を数秒前にいた場所へ戻すことが出来る(最高で20秒戻すことが出来る)。次また使う場合は10秒待たなければならないため続けて使うことは出来ない。使いすぎると相手の時間さえ戻してしまい記憶はそのままだが対象の見た目、年齢が幼くなってしまう。暴走しすぎると、対象がこの世に無かったことになってしまう(魔法が解ければ戻ってくる)。
    主に取引相手が逃げようとした時に使用。

    【性格】オクタヴィネル寮では珍しい優しく、おおらかな性格。常にニコニコと笑っている。そのため後輩に懐かれやすい。モストロラウンジではその愛想の良さで受付を担当している。仕事は普通にこなしてくれる。

    【容姿】画像参照。身長203cmと2m越え。バスケ部のため、筋肉もあり腹筋もバキバキに割れている。髪色は水色の緑の瞳。左耳にはピアスをバチバチにつけている。制服はきっちり着こなす。(アウトロメーカー様より)

    【3L】NL、BL

    【備考】元はジンベイザメの人魚。元の姿に戻ると今より20cm+される。サメと言うと恐れられる印象があるがジンベイザメは基本大人しい性格なので海の中でも信頼されている方だった。入学当初は190cm。
    料理が趣味で受付係だがよく新メニューの提案などを良く出しておりたまに厨房に立つことも。
    モストロラウンジでは受付担当をしているが、たまにクレーマーが来るためその時の対応は恐ろしいとかなんとか。
    人付き合いは得意な方で社交的。今はモストロラウンジで後輩達のお世話係(仕事内容を教えたり指導したり)的なのをやらせてもらってる。
    身長は高いが本人はコンプレックスに思ってるらしい。

    【募集】親友

    【SV】「俺、ヴェルド=ノーマ。ジンベイザメの人魚なんだぜ。新入生か?分からないことがあったらいつでも頼ってくれよ。(笑みを浮かべながら自己紹介をする彼、新しい後輩が出来たことに喜びまた笑みをこぼす)」

    「背が高すぎる…?わ、悪ぃ。けど一応コンプレックスなんだ触れたくなる気持ちもわかるけどちょっと控えて欲しいな。(唐突に自身のコンプレックスをいわれ驚くも、笑顔を絶やさず優しく相手に教えてあげて)」

  • 椿芽
    No.1525598
    [編集/削除]

    【名前】ベルフェル・エレキガレッシュ

    【性別】女

    【学年/クラス】2年A組

    【寮】スカラビア寮

    【部活】バスケットボール部

    【ユニーク魔法】「魔眼(イビルアイ)」
    自分の魔力を宿した宝石を加工し義眼にした物を複数使用した魔眼達、付け替えや条件などが有り、1日に7回しか使えない。右眼に義眼を入れて使用する。使用後は義眼の方から血涙が流れるのと軽度の疲労感または酔いの症状などが出る。
    所持している宝石の魔眼と条件↓
    「千里眼」タンザナイト:半径5km圏内の物体を特定したり隠れているものを見つけたり出来る。条件は両目を閉じ、魔眼に魔力をこめる事。
    「石化」スピネル:目が合った人、若しくは特定の人だけを数秒だけ動きを停止させることが出来る。条件は両目で相手を捉えていて、尚且つ、相手と目があっていること。
    「感情視」エメラルド:相手の思考回路、感情が読み取れる。条件は魔眼に魔力をこめる事。
    「未来視」シトリン:相手の未来を断片的に一部分だけ見ることが出来る。条件は相手に触れている事。
    「過去視」ダイヤモンド:相手の過去が断片的に映像が見えてくる。条件は相手に触れている事。

    【性格】彼女を表すならば気まぐれな猫である。自由気ままに、客観的に、お気楽に、お調子者に、真面目に、怠惰に、悲観的に、感情に従うように生きている。
    友達思いではあるが、ユニーク魔法で見えてしまうものがあるため、向き合えずに逃げてしまうこともあるが向き合う努力はする。嘘をつかれるのは嫌っている。殺される事も。

    【容姿】熱砂の国では珍しく色素の薄い容姿で、右眼は空洞になっており、そこに宝石の義眼が入っていて、黒い眼帯で隠している。身長は160cmのバランスのとれた華奢な体型でいる。
    制服はぶかぶかな黒いパーカーに着崩したブラウスとベストに緩くリボン結びにしたネクタイを着て、腰にはターバンを巻き、太もも位の丈のプリッツスカートにスパッツを履き、白と臙脂と黒を基調にしたハイテクスニーカーを履いている。首には十字架のついた黒いチョーカーを付けている。
    寮服はジャミルと同じパーカーだが色を白にしてへそ出しパーカーにして、ズボンを短パンにしている(動きやすいから)。
    (Picrewの妙子式おんなのこ様から)

    【3L】NL、GL。

    【備考】カリムとジャミルとは昔馴染みで、宝石商の裕福な家庭で長女でいる為交流は元からあった。カリムとは似たような境遇でいたがある誘拐事件で右眼を失い、その際にユニーク魔法を習得した。右眼はたまに痛むのでアズールに目薬を作って貰ってる(対価は宝石)
    得意教科は古代呪文語と占星術。特技は体術、ダンス。
    好きな物、フルーツバターケーキ。嫌いな物、特にない。
    同じ寮生のヴァラバルを止める時に容赦なく体術の技を決めたり、ユニーク魔法を使用したりする。
    一人称「僕」「私」「ベルフェ」等、二人称は、相手の名前または渾名だったりする。
    最近家の書物で魔術の方面をよく調べたりしているので多少知識が身についた。

    【募集】(急募)自分に遠慮ない従者。

    【SV】
    「僕はベルフェル·エレキガレッシュ名前長いからベルフェとかベルとか、まぁ、ご自由に呼んでー(ニコニコと笑いながら言い」
    「わはー、バル(ヴァラバルの渾名)は、相変わらずだなー、相変わらず手のかかるやつだー。(準備運動しながらヴァラバルの元に向かう」
    「今日も今日とて学校は、面白いなぁ。(ユニーク魔法「魔眼」の千里眼を使用してつぶやく」

  • 田畑
    No.1525615
    [編集/削除]

    1人目のオリキャラです。2スレおめでとうございます。

    【名前】Allen・grade(アレン・グレード)

    【性別】男性

    【学年/クラス】2年B組

    【寮】オクタヴィネル寮

    【部活】陸上部

    【ユニーク魔法】姿を消して《disappear》(ディサピア)
    周りから認識をされなくなる魔法。要は自分の存在感を下げるものなので相手に触れたりすれば魔法は切れる。
    ごく稀にユニーク魔法が暴走し体の一部が見えなくなったり酷い時は解除の条件である行為をしても無駄でその場に居ても認識されず日にちが経つにつれ自身と他者の思い出や存在すらも消えてしまう。(自分でも自分が誰か分からなくなったり長年の付き合いである人にも"アレン"という存在がなくなり始めたりする)
    暴走が収まれば消えた思い出等も戻る。

    【性格】制服などは校則のものを着ておらずワイシャツの上からパーカーを羽織っている。がモストロラウンジ等接客等の服はキッチリと着こなす。めんどくさい事が嫌いだが任された事はちゃんとやる為責任感はちゃんとある。たまにぼーっとしており目を離せば何処かに消えている事が多々ある。恋愛に関しては疎いようである。

    【容姿】髪の一部がオレンジで外に行く時などは三つ編みにしている。身長は189cmと高く陸上部の割には色白、寧ろ周りの人達よりも肌は白いだろう。部活の影響もあり腹筋はまぁまぁ割れている。ピアスを沢山しており(左耳)、身長が高く威圧感があるため取り立ての際は結構脅し等に役立つ。顔つきはどちらかと言うと綺麗系でどこか不思議な雰囲気と妖美な雰囲気を漂わせている。《おにいさんメーカー 様より》

    【3L】NL.BL

    【備考】動く事が得意で陸上部では好成績を残している。歌を歌うのが何より好きな様でたまに歌っている。ショートスリーパーの様で睡眠時間が短い。本人は常に眠そうで眠くても寝れないらしい。その為睡眠薬を使って寝ているらしいが先ほどの様にショートスリーパーなのですぐに起きてしまう。取り立ての際などは言葉でなんとかするものの切れてしまえば手が出てしまう。お洒落とかには興味ない様で部屋着は変なTシャツばかりを着ている。なので周りに結構センスを伺われる。本来の姿はリュウグウノツカイ である。幼い頃に幼馴染であるヘーゼルを守る為に体を鮫に食われたり自切を繰り返し2m(人間で言う身長)ほどあった身長は今では189となっている。ぼーっとしていたりよく寝れなくショートスリーパーと言っているのはその頃の後遺症である。
    人魚の姿の元の大きさは4mほどあったが今では2m。人間の姿だと189cmである。
    普段は何もしてないけどプライベート空間になると眼鏡を付けている。
    主食が栄養バランス食品で普段から寝れていないため顔色が悪くそんな生活ばかりしている為貧血は勿論よく倒れたり周りの人からも止めるよう言われていたりしている。
    やれば出来るが部活にのみ本気でその他はどうでも良いようで常に平均を取り続けている。一度やった事は覚えるが根が優しい為、周りを気遣い出来ないふりを演じたりしている。元はRSAの生徒だった。

    【募集】お誘いあれば

    【SV】「どうも、初めましてかな?俺の名前はアレン。まぁ気軽にアレンって呼んでよ(なんて言い笑みを浮かべているが仲の良い人からしたら分かるだろう。彼の笑みは完全なる作り笑いである。その笑みを浮かべている理由はただ一つ。目の前にいる相手の事を疑い信用をしていないからである。」

    「…………あ。ごめん今気付いた。俺に何か用?(そう言葉にすればいつものようにぼーっとしていたようで何度目かの相手の呼びかけに意識を戻せば声のする方に顔を向ける。そして相手の顔を見れば軽く微笑み掛ける姿はまさに妖美だろう。」

  • 田畑
    No.1525618
    [編集/削除]

    2人目のオリキャラです。

    【名前】エルシャド・ロレンチニ

    【性別】男性

    【学年/クラス】2年C組

    【寮】ディアソムニア寮

    【部活】バスケ部

    【ユニーク魔法】天国と地獄へようそこ《Welcome to heaven and hell》(ウェルカムトゥヘブンアンドヘル)
    相手に夢、幻覚を見させる魔法。相手が最悪としてる物を見させ絶望の淵に立たせたり相手が一番望む物を見させたりするもの。相手の心強さや最悪なものなどの具合によっては効かないことも多々ある。内容は人によって変わり、大切な人たちからの存在否定や数々の罵倒。思い出したく無い奥底に眠っている残酷で悲惨な過去。まさに地獄と言える物を思い出させたり、幻覚として露わにさせる。しかしその反対に自分の存在を肯定され大切な人達と、亡き者だろうと相手の記憶の中に実現させ相手の望む光景を、言葉を掛けたり見させられたりすることさえ出来る。これこそ天国と言えるだろう。
    使える回数は限られてないものの使えば使うほど自身にもその分の反動として地獄のような幻覚、幻聴が聞こえる。が、一度寝れば0へと戻る。(ただし1日2回で限界を迎える)一回一回の魔法量が多いためブロットは溜まりやすい。(寝ても変わらない)勿論自身に使うことは不可能。

    【性格】基本誰にでも優しく接し喜怒哀楽を使いたい時に使うことができ計算高い性格だが、本来は自分に歯向かうような人間を力の差を見せつけたりねじ伏せたりして黙らせる性格である。その姿はさながら悪魔…いや、化け物と言った方がそれにはぴったりだろう。秘密主義者気味で人の苦痛に歪む顔が好きなど狂ったところが見られるだろう。だがやはり何があってもディアソムニアな為知性や品格はあり一つ一つの動作は心なしか上品だろう。

    【容姿】薄い栗色の様な髪に金色の瞳。肌は白い方で身長は175cm。首に巻かれている包帯は過去にあったある事件での傷を隠しており両耳にはかなりの数のピアスに前髪を一部ヘアピンで止めている。【あかちゃんスターターキット 様より】

    【3L】NL.BL

    【備考】本当の姿はノコギリエイの人魚だがそのことは誰にも言っておらず本人も水辺を極端に避けたり周りにも水は苦手だと言っている。人間薬等の薬は全て自分で作っており表面上は目立つところは無く、成績も悪いよりかはいい方と言えるだろう。魔力もかなり高く思い通りになるまでかなりの時間を費やしたらしい。
    個人的な事情によりオクタヴィネル寮を全体的に嫌っており、嫌いになった原因でもあるヘーゼル・シャムロックを特に目の敵にしている。理由はさまざまあるようだが嫌いになった発端として当の本人が言うには彼女がディアソムニア寮生だった時に仲のいい人達と違う寮にされたと荒れまくり周りのことなど考えず寮はめちゃくちゃにされた挙句幼い頃かなり仲が良かったのにも関わらず久々の再会に覚えていないと酷い言われようをしたとの事らしい。そこから彼女を目の敵にしている。そして自ら自身のことは語らず悲惨で残酷な稚魚時代、子供時代を送ったが本人曰く「悪役に過去なんて必要ない、同情されてはい、終わり。だろ」とのことで過去については話したことはない。巧みに喜怒哀楽を使い分け相手の同情を誘うことが得意らしく常に周りには人がいる。オクタヴィネルの寮生の呼び方は本来の姿の名前呼び。(アズール→タコ、リーチ兄弟→ウツボ)

    【募集】お誘い有れば

    【SV】「俺の名前はエルシャド・ロレンチニ。悪いけど水はダメなんだ。(そう目の前の人物に笑みを浮かべ自己紹介をすれば自身の苦手とする物を公言し苦笑いを浮かべる。そして目の前の人物は気付かないだろう。貴方を見るその目は何かを探るような物だと言うことに。」

    「ねぇ今どんな気持ち?俺に歯向かって威勢よく喧嘩ふっかけて来たのに無様に地面に這いつくばるその心境。教えてよ。(なんて頬を赤く染め目の前で這いつくばるそれに見下ろすように言えばしゃがみ込み満足そうに、興奮するような笑みを浮かべている。あぁ愚かな人間。何故負けるとわかってて喧嘩を吹っかけるのだろう。そんな彼らをねじ伏せる自身もまた、イカれているのだろう。」

    「言っとくけど俺は別にマレウスとかを信仰してるわけじゃない。ただ思い通りの寮にならなかっただけで喚き散らして世界で一番不幸ですってアピールして駄々捏ねて挙げ句の果てに周りに迷惑をかけて謝らないそんなクラゲを匿ってるオクタヴィネルが死ぬほど大っ嫌いなだけだよ。ただそれだけ。分かった?(なんて何故オクタヴィネルを嫌うのかなど愚問なことを聞いてくる目の前の人物にそうベラベラと言葉を並べてやれば分かった?なんて聞いてやろうか。そのクラゲのせいで自分達の寮はめちゃくちゃだったのだ。そんな奴が今呑気に笑ってるだなんて余計虫唾が走る。こんな事を思い出させた彼を一睨みすればすぐに笑みを浮かべ口を開く。)"天国と地獄へようこそ"《ウェルカムトゥヘブンアンドヘル》」

  • 翻車魚
    No.1525631
    [編集/削除]

    管理主の第二キャラの設定です。どうぞご参考程度に。

    【名前】Windy・Tinker (ウィンディ・ティンカー)

    【性別】女

    【学年/クラス】3年D組

    【寮】イグニハイド

    【部活】サイエンス部

    【ユニーク魔法】

    『素敵なことを考えるの(シンクオブワンダフォー)』

     自分が頭のなかで考えたことを自分が実際にできるというユニーク魔法。但し、自分が鮮明に考えることができ、自分が素敵だと思えることしか不可能であり、尚且つその原理を深く考えてしまったら効果はそこで切れてしまう。その為ユニーク魔法を使っている時はいつも以上に楽しそうな様子に見える。

    【性格】授業には毎回しっかりと出る真面目な生徒。幼少期は殆ど家に籠りっきりで過ごしていたため読書や勉強への苦手意識は余り無く、むしろ得意。幼少期のせいか少々世間知らずな所があるが、外に出ることも今までは余り機会がなかっただけで嫌いではない。イグニハイドの寮生らしく、デジタル関連にも強い。平和的な者だけでは無いこの学園でも歳の関係無くどんな生徒にも気軽に話しかけに行く。学園内で大小様々な事件に合った事も一度や二度では無い筈だが、それでも彼女は楽観的に笑って過ごしている。

    彼女は何時でも笑って過ごしている。まるで狂って居るかの様に笑って、笑って、笑って…。

    【容姿】「たょ錬成」様で作らせて頂きました。
    白い肌に宝石のように淡く光るライトサックスブルーの瞳を持った生徒。腰まで延びたブラウンの髪を頭の後ろの辺りで一本の三つ編みに編んでおり、耳にはお気に入りのフックピアスを日替わりで着けている。

    制服は規定道理着こなしているが女子生徒の象徴たるスカートは一般より長めにしておりその下の足も黒いストッキングで隠されているため殆ど肌が見えない。靴は髪とほぼ同色のローファー。
    寮服は男子と同じ上着を羽織り、足首まであるタイトスカートを穿いている。髪は寮服の装飾と同じデザインのリボンで留めている。足は黒いストッキングで覆われているため、制服同様殆ど肌が見えない。靴は男子と同じブーツで靴底がやや厚めになっている。

    【3L】NL、GL可

    【備考】
    嘆きの島出身。家は国内で指折りの名家であり、幼い頃から優秀である事を求められた。その生活の中で彼女がどのようにして生き、どのような事を感じて来たのか。其れはまた別の話。一つ言えるとすれば、普通の女の子として彼女が育ったならこの学園には来ていないだろう。

    彼女のストッキングの中の足は木の義足である。幼少期に患った病の為膝から下の足は切り落とされており、随時ユニーク魔法を使うことによって松葉杖無しの歩行を可能にしている。自室ではユニーク魔法を使わず車椅子や松葉杖で過ごしていることが多いが、日常生活の中で驚いたり疲れたりするとユニーク魔法が切れ急に倒れることがある為ユニーク魔法の調子が悪いときは大事をとって松葉杖を突いた姿で授業に出席している時がある。身長は160㎝だが、義足は違和感が無い様に作っているだけなので、足があった場合の本来の身長とは多少の誤差がある筈だ。

    偶にモストララウンジでホールのバイトをしていたり、ふらふらと校内を散歩していたりと行動力が在る為、知り合いは多い。

    【募集】誘われれば

    【SV】
    「(高い青い空に手を伸ばしながら何時も通りの笑顔で楽しそうに笑い)素敵でしょう、私のユニーク魔法。空を飛ぶことも海に潜ることも無条件で出来るのよ。まあ、こんなことユニーク魔法使ってる時に考えちゃったらいけないんだけど。(そう言えば、伸ばしていた手を胸元に戻し、貴方を見据えて少し悲し気に笑った。ユニーク魔法にルールがあるのは当然のことだ。それだけなら他の生徒達と何ら変わりは無いのだが、その目が映す色はそれ以上の何かを語っていた。)」

    「ガシャッ(大きな音を立て転んだかと思えば其の儘地面に座り込み、先程まで自らの手の中にあった物を探そうか。)あらご免なさい、今動けないの。そこの松葉杖取って貰えない?(周囲を見回していれば自身の松葉杖とその近くに立つ貴方を見つけ、申し訳なさそうにそれを取ってくれるように頼んだ。それが無いと動けなくて、なんて付け加えて。貴方がそれをどうにかする可能性など微塵も考えていないように頼む。この学園には不似合いな生徒である。)」

  • 一閃
    No.1525658
    [編集/削除]

    初めまして!
    ツイステに関してはあまり詳しくはないですが、イグニハイドの2年、男子のオリキャラで参加希望です。

  • 翻車魚
    No.1525674
    [編集/削除]

    @一閃様
    参加希望、有り難う御座います。
    それでは、三日以内の設定投下をお願いします。

  • クラゲ
    No.1525980
    [編集/削除]

    【名前】 ヘーゼル・シャムロック

    【性別】 女

    【学年/クラス】 2-D

    【寮】オクタヴィネル寮

    【部活】 マジカルシフト部

    【ユニーク魔法】 「優しく包み込む/ラッピング・ギフト」
    神経毒を霧状に発生させ相手を包み込む 定期的に毒抜きをしないと体内で毒が周り体調など崩したり周囲を自分の意思関係なく巻き込んでしまう。体に模様が浮かび上がるためわかりやすい。

    【性格】黙っていればクールに見えるが天真爛漫で仲間思い。だがオクタヴィネル寮生 底意地が悪く、相手をからかって楽しんでいる腐っても悪役(ヴィラン)。

    【容姿】(Picrewの「차차 픽크루」でつくったよ!から)
    瞳の色が虹色で角度によって変わる不思議な色。 髪の長さはその日の気分で変わり魔法で長くしたり短くしたりする。 制服はくるぶし丈のパンツスタイルにネクタイはゆるゆるのリボン結び。 キューバンヒールの革靴をはいてる。

    寮服:ロングのタイトスカート(サイドにボタンが8つあり全て外すことが可能 一番下のボタンだけ外してる)に白地に端が金糸の刺繍のスカーフをリボン巻きにしている。(イメージはCA) 原作同様の柄のガーターベルトを着用。 ヒール高靴 中折帽子、ストール、手袋、ジャケットの形は原作と同じ ジャケットだけショート丈 ヒールでも走れるが本気の時は靴を脱ぎ捨て、ボタン全外しで走るためタイツがボロボロになる 180cm(ヒール無し)(ヒール込で190cm)

    【3L】 NL

    【備考】 シンカイウリクラゲの人魚 珊瑚の海の深海育ち。 モストロラウンジではフレアバーテンダーをしている。ジャズソングが得意。得意科目は飛行術。 浮遊感が似ているから好きらしい 燃費の悪い大食い 一口がデカい、陸一年の時 トレー丸ごと持って来て食事することもあったし、何回か口の端が頬まで裂けるほどの大口を開けて周りをどよめかせたりもした。今は大丈夫だが6回に2回の頻度でやらかす 寝起き最悪人魚であり、彼女を起こしに行った寮生の悲鳴がオクタヴィネル寮中に響く事が多々ある。同じ寮のアレン・グレードとは幼馴染。エレメンタリースクール時代に親が消失し、アレン・グレードの家に住んでいる。元ディアソムニア寮生だがオクタヴィネル寮に転寮した。

    【募集】

    【SV】「うるさい。 朝なのはもうわかってんだよ。(地を這うような低い声と共に山になっている布団から伸びた手は、起こしに来た人物の頭をバスケットボールを手で掴むように鷲掴みすれば、のそりと起き上がる。頭から被っていた布団は、ズルズルと下に落ちて中から不機嫌な顔をした彼女は、ギロりと鷲掴みにした人物を見る。)」

    「可哀想に。私たちオクタヴィネルに喧嘩を売るなんて、慈悲の精神でもてなさなくては。(そう言えば、ギュッとたるんでいた手袋を引き上げよう。クスリとあげた口角から覗く尖った歯が照明によってキラリと反射し、浅く被っていた中折帽子を深く被り直せば、彼女の表情が分からなくなってしまうだろう。)」

  • スカビオサ
    No.1525989
    [編集/削除]

    【名前】Eve・Morgan_イヴ・モリガン

    【性別】婦女

    【学年/クラス】3-D

    【寮】ポムフィオーレ

    【部活】無所属

    【ユニーク魔法】『I love the way<私はこの道を進むと決めた>』
    破壊の悪魔が破壊の悪魔たる理由ここにあり。破壊の象徴、破壊の具現。鎖を楔で引き千切り、制限なくありとあらゆる物を破壊する魔法となった。してその鎖とは「感情がある以上躊躇えば躊躇うほど壊せなくなる上、「強い」モノの強さと核の硬度が比例する」と言うものであったが、とうの昔にふっと心を失って感情自体を破壊してしまったそれにとっては過去の事象にすぎない。大きさや距離を問わず、森羅万象に核を与え、その核を強制的に己の手のひらの上へ転移させ握りつぶすことで本体を崩壊させるという至って単純なもの。ただしこれは「握り潰す」ことを条件としており、単に落とした、何かで叩いたなどといった行為で割れはしない。それは概念から歴史まですべてに該当し、原子といった小さな物まで簡単に握りつぶせるサイズの核を与える。破壊する対象の分類によって核の形や大きさは変化するそうだが、なにぶん余り可視状態で披露しないため知られていない。また、この核は他者にとって大抵不可視であるが、彼女の意思により視認させることを可能とする。更に譲渡も可能で、間接的ながら相手に破壊の悪魔の権能を差し出せる。当然核の譲渡の際落としたとて核が割れることはなく、ただ床に転がるのみ。握り潰すことが条件とされているのは、今核を壊した、何らかのものを崩壊させたという知覚を行わせる、イヴによって殺された遙か昔のイヴの必死の抵抗であり感情の灯火である。

    【性格】楽しい。嬉しい。哀しい。辛い。苦しい。痛い。感情を取り戻した、かつて機械であったもの。それはもはや「悪を滅ぼす機械」ではなく、求められていたはずの「完璧」もない。不完全でドジで、お世辞にも完璧とは言えなくなってしまった不良品である。ただしその不良品とは、機械においての呼称であって、決してヒトとなった彼女に対する言葉ではない。機械の枠から外れた彼女は、長い日と努力と決断の末にヒトとなり得た。到底あの領域からは達し得ないであろうこの場所に、彼女は来た。それは何故か、自ら感情を取り戻すことを選んだ。それはもはや破壊においてデメリットを背負うと言っても過言ではなく、破壊の悪魔の権能、創世の神の権能を手放すという事である。そして、悪魔として、神として在るために通常の人間ではとうに過労死してしまうような無茶を続けてきた彼女が人間となるということは、それらの疲労をすべてぶつけられるという事である。人間に戻ることにおいて、メリットなんてひとつもない_彼女が心を取り戻す前にその心にあったのは、ただ「悪を滅ぼす」事だけだった。感情と言える感情は持ち合わせておらず、故にそれを理解する術も持ち合わせていない_そんな機械が、デメリットを背負ってまで感情を取り戻した理由。それはただ一人の、たった一言だけであったと言う。お生憎と、機械であった頃の彼女には逆らうという選択肢が存在しない。本当に悪でなければ、きっと従ってしまうことだろう。……あるいは、あるいは。その言葉に、揺さぶられでもしたのかも知れない。感情のない機械と積極的に関わろうとする物好きなぞそう簡単には見つからないだろう、優しさに飢えでもしていたのだろう。その言葉が随分響きでもしたのか、はたまた逆らう思考すらなかったのか。しかして現にこうして彼女は笑えるようになった。洗いざらい、すべてを捨てて。完璧を、権能を、命令を、鎖を、生き様を、役割を、嗚呼。かつて己のすべてであったものを、放棄して_壊して。それが彼女にとって、良いことであったのかは解らない。

    だけれど機械は、少女は、確かなる一歩を踏み出した。

    【容姿】人間らしく変化した風体。色素の抜けたながらも僅かに赤らみを帯びた健康的な白い肌、対して黒髪の肩甲骨を覆い隠すまでの毛髪は高い位置で結い上げている。光を知った、長い睫毛の額縁に入れられた硝子球は黒から青にかけてのグラデーション。その瞳には大きな光が宿っており、ただそれだけでも以前の彼女とは比にもならない。いっそう赤らみを増した頬、小さく仄かに紅を帯びた唇の端は遂に上がるようになり、緩く弧を描く眉が下がること、その硝子球から雫が零れ落ちることもまたあろう。規定通りに着た制服から伺える華奢な身体は破壊を行う悪魔のそれとも神のそれともつかず、ただありふれた少女らしさが伺える。身体能力はそこそこに秀でており、160cmの身体からは想像もつかぬ動きをすることもしばしば。小柄で華奢で、触れれば脆く崩れてしまいそうでありながらも、その眼からとめどなく溢れる慈悲は、かつての破壊の悪魔、創世の神の面影は無に等しい。また、人間へと完全に戻ったことにより疲労が押し寄せ顔色は良いとは言えない。疲労を紛らわすことも兼ね、過去の事象の添削を行うことにより容姿を変化させていることも。最初の感情がなかった頃に戻れば無論感情はなくなるが、変幻自在のため、意図的に現在の笑顔を見せられる状態に戻ることもできる。
    Picrew.右向きシークレット様

    【3L】NL

    【備考】「正しくありなさい。」「完璧でいなさい。」「皆さんに迷惑をかけないよう、いつも笑顔でいなさい。」「人に優しくありなさい。」「己に厳しくありなさい。」「他人に迷惑をかけてはなりません。」「気品ある振る舞いをしなさい。」「泣いては__ません。」「怒って____せん。」「____せん」「____なさい」「_____」「______」「_______」……
    「人に辛いと感じている姿を見られてはなりません。もしも見られるほどに苦しんでいるのなら、感情を捨てて悪を滅ぼす機械となりなさい。」
    その子は、とても優秀な子でした。顔立ちは整っており、声は華の蕾も綻ぶようで、頭脳明晰、運動も出来、尊敬を怠らず、誰にでも謙遜し、言われたことは必ずこなす、非の打ち所のない子でした。父母に愛され、何より母は人一倍厳しいながらも人一倍愛したと言います。対して父は母ばかり愛していた物の、確かに少女も愛していました。まさに愛情の盥回し、ですがいたいけな少女がそれに気付くはずもありませんでした。無知な少女は「偽りの幸せ」を噛み締め、それを幸せと勘違いしたまま生きる_幸せで不幸な生活を送っていました。しかし少女の元に、それはもう前触れもなく唐突に、「偽りの幸せ」でさえ幸せでなくなるような一報が届いたのです。それは母の口から_憎悪と憤怒と、殺意を剥き出しに。「_貴方の父が罪を犯しました。罪を犯すは悪なり。」_<ああ母よ、我が母よ。どうかお教えください_「悪」とは、一体なんだと言うのです。>
    少女は悪を知りませんでした。それはとても愛されて、飲み込みも早かったものですから、悪とされる前に、悪になる前にそれを阻止したのです。……叱られたことが、なかったのです。無知がままに父を「悪」とし、ただ続けられた言葉に、いつものように従いました。「悪なる父を裁きなさい。貴方の手で、思うがままに。」と。悪が何かもわからない癖に、本当は罪を犯してなぞいないことも知らない癖に、少女は命令に従ったのです。とめどないあの殺意を受けて、我が手で殺すことを決意しました。単なる少女であれば殺すなど手間のかかる難しいことでしょうが、少女にとって、ありとあらゆる物を壊せる少女にとって、それは手を握りしめるほど簡単なものでした。そう_手を握りしめるほどに。かつて愛してくれていた父さえ、愛してくれていたことを知りながらも無慈悲に殺害したのです。それはその命を、核を。核に核を与え、核を壊して核を壊した。さながら寿命を抜き取られたかのような美しい死体がそこにあり、実の親を殺した罪悪感に少女は苛まれ、亀裂がひとつ。母は腐乱臭のひとつもさせないその死体を見るなり、どう言うことか少女を更に溺愛しだしたのです。洋服入れに押し込んで、行方不明だと隣人の家を訪ね回り、己の手は汚さないままに犯罪を行った母。そして少女はなおも律儀に、命令に従いました。「人に辛いと感じている姿を見られてはなりません。もしも見られるほどに苦しんでいるのなら、感情を捨てて悪を滅ぼす機械となりなさい。」命令をし過ぎた母、愛しすぎた母、己の手は黒く染めたくなかった母。そしてその母に育てられた、命令に忠実すぎた少女。よほど相性が悪かったのでしょう、少女は感情を捨てました。そのくせ母は少女にした命令なぞとうの昔に忘れていますから、笑わなくなった少女に違和感のひとつも感じません。……愛してくれなくなったのです。盥回しになっていたのにその一角が崩れよう物ならば愛が回らなくなるのは当然のことです。少女は「悪」を知りました。少女は「偽りの幸せ」であったことを知りました。賢かったのが裏目に出たか、「不幸せ」を現に体験したのです。辛いと、苦しいと嘆き果てた末の末、感情までもを犠牲にして母にまた愛して貰おうとした少女は、このときから既に壊れかけていたのでしょう。はじめ制限として設けられていた「感情のあるうちはデメリットを伴う」と言う鎖さえ知らぬがうちに引きちぎり、未来の破壊の悪魔と同程度のヒトとなりました。見えぬ返り血浴びた少女は、壊れた少女は問うのです。「母上。悪なる者は、如何なる理由であるとて裁かねばなりませんか」と。答えは「無論」の一言限り。浅はかな母は、愛していた娘の手を汚させると、不都合な人間はすべて悪とし殺させればよいと考えていたのです。少女は続けて、「母が子を愛さぬのは 罪ですか」と問います_浅はかな、浅はかな母は、「ええ、勿論。子を愛さぬ親は親でありません。言うまでもな」
    ……ここで言葉は途切れました。何をしたか?それこそ、言うまでもないというものです。母は、我が子の手によって殺されました。それはもう、跡形もなく。血の一滴も、肉片ひとつも残さず、「ここに居た」という事実のみを遺して消え去りました。しかし、両親をどちらも自らの手で殺しておきながら、少女は涙のひとつも流しませんでした。いいえ、流せなかったのです。他人に涙を見せてはならないと制限を課されているから、いくらその制限をした親が死んだとて涙は流せないのです。……ただひとつ。何よりも強く命令されたこと、教えられたこと。「罪を犯すは悪なり。悪は裁かねばならない_。」この教えは、少女の今後と、生き様に鎖を巻きました。ただありふれた少女を悪魔なる神へと変えたのは、紛れもないその母だったのです。少女は今でさえ鎖に縛られながら、壊れかけの、もしくは壊れた心で、悪を滅ぼすことだけを生き甲斐にしているのです。今も忠実に悪を滅ぼさんとしながら、世界をよりよくしながら。他者に言われた命令であるのにも関わらず己の欲望に変えて、「己」が悪を滅ぼしたいと願っていると思い込んで、またも悪を手に掛ける。殺しこそせずとも粛正などといった体で罰を与えるのです。ただ、己からみた悪であったと言うだけで。その悪の基準が「罰するに相当するもの」であったから、その力を振るうのです。罪がいかに重くとも、貴方が誰であろうとも、その機械にはどうでも良いことだから。
    それは悪を滅ぼすための機構_名を、イヴ。人類を愛しすぎたがために人類にとっての悪と化した、強大な悪。強すぎる愛は、ときに悪となりましょう。善なる悪、悪魔なる神がここに一柱。
    すべては貴方が為に、世界がために。
    すべては悪を滅ぼすために。

    【募集】彼女が感情を取り戻すきっかけとなる人。

    【SV】
    「__イヴ。イヴ・モリガン。悪を壊すのが役目です。(ただその宝石は、漆黒から蒼へと移りゆく宝石は貴方を静かに貫くだろう。淡々とした言葉と名乗り、そして役割のみを伝えて、貴方の返事を待つ。親しくなろうとしているのだろう、貴方の名乗りを首を傾けて待っている。無愛想であろうか、無頓着であろうか。いいえ、それはもうその言葉は似合わないのです。ほら、ご覧になって。彼女、笑っているでしょう。)」

    「先程、そこで転んでしまいまして……痛い。でもそれ以上に、痛いと感じられることが、嬉しいのです。(スカートで隠された膝、ちらりちらりとそれは時折滲んだ紅を見せる。大きな怪我でもないようだが、それに彼女は「痛い」と伝えた。転んで血が出てそれが痛い。以前の彼女には、知り得なかったモノである。痛いのに、こんなにも血が滲んでいるのに、彼女はそれを嬉しいと言った。痛い癖に、心から笑っていた。_笑っていた。)」

  • スカビオサ
    No.1528056
    [編集/削除]

    第二キャラとして、ハーツラビュル一年、性別不明のオリキャラとしての参加を希望します。

  • 翻車魚
    No.1528149
    [編集/削除]

    @スカビオサ様
    二キャラ目の参加希望、有難う御座います。
    それでは、三日以内の設定投下をお願いします。

  • スカビオサ
    No.1528156
    [編集/削除]

    【名前】JOKER'ジョーカー

    【性別】男性/女性

    【学年/クラス】1'A

    【寮】ハーツラビュル

    【部活】マジカルシフト部

    【ユニーク魔法】<お返し致します!《Reverse to Reverse》>
    全てを逆転させる魔法。言ってしまえばただそれだけだが、先手必勝の強力な魔法である。封ずも壊すも全ては逆転、彼女に魔法が向けられて、尚且つ彼女が逆転させたならば、それは貴方へと返ってしまう。逆転は魔法に留まらず、重力から性質から森羅万象お手のもの。故に彼は性別がなく、何処かふわふわとした印象を与えるのだ。下へ向く重力は上へと向いて、弱酸性の貴方の肌はアルカリ性に。どれほど逆転させるかも調整できるこの魔法では、倍返し、などといった行為もできてしまうわけで。仮に殴られたとしても痛みはつかの間、その数十倍に及ぶ痛みだってお返しする。返す返すも厄介な魔法。お返しするのは何も感覚だけではない。それこそ魔法、それこそ拳。性別だってぐるり反転、色だって何だって。対を有すものならば何でもかんでもひっくり返してしまうから、一種の危険でさえある。発動条件は指を一度鳴らすこと。また、性格が性格なだけあって寮長によくお灸を据えられているのだが、その度お返ししては何てことなく逃げている。尚、仮に逆転させた状態で魔法を封じられても解除は行われない為ずっと不明とされている実際の性別を暴くことは彼女の口を割る以外には不可能。

    【性格】へらへらと、いつも笑っている。_ような。声色に宿る喜怒哀楽は激しく、些細なことで喜んだり泣いたり。子供のようだと言われれば子供のようなのかもしれないが、度々発する言葉は子供のそれとは似ても似つかない。それこそお得意の逆転である。しかしその表情はと言われれば仮面で隠されてしまっているから、本当に喜んでいるのか泣いているのかと言われるとわからないの一言につきよう。言ってしまえば、彼は不明である。何もかもをぐるぐる入れ替えてしまって、最終的に元あったカタチがわからないのだ。だから飄々としていて掴めなくて、それとなく笑顔をぺたり貼り付けて。胡散臭い?信用ならない?それもそうだろう、彼女は嘘も真実も逆転させてしまえるのだから。ハーツラビュルに属しておきながらまるで規則を守ろうともしないのはその影響か、暫く前まではとても規則に厳しい丁寧な者であったという。それがどうだ、今となってはこうである。お叱りもまともに聞かず、そのたび逃げては、またもや規則を破り破る。強制の場でない限り寮服も制服も着ないし、ハートの女王の法律など以ての外。気分が変わればきっちりとした性格になるのだろうけれど、それが来るのはいつの日か。
    情緒不安定とも形容できるだろうこの者は、己の本来の姿がわからない。はて、規則には従っていたのだったか、何が好みなのだったか。逆転に逆転を重ねて、自分自身を変えすぎて。精々覚えているのは元の性別くらいのもので、逆転させていくついでに本来の名前をも忘れてしまった。逆転、逆転、逆転。そうするうちに目が回って、姿も不明。わからなくなってしまったことだし、何、ちょっと印象が良くなるように笑っておこうと仮面をひとつ被る。だから_ババとされたJokerに、道化師の特別なカードに。切り札たるJOKERは、今日もまた笑顔に沈む。

    【容姿】まず何よりもはっと目を引くのは、その顔面を覆い隠す仮面だろう。とても硬く真っ白なその仮面には愛想のよさげなにっこり笑顔、触れてみれば長時間着けている影響であろう少々低いながらも彼の体温が灯っている。また、仮面を被っているのと元の露出度が低いのとで肌の色はほとんど伺えない。勿論顔面は仮面が覆っているため瞳の色もわからない。唯一まともに分かるのは透き通る軟らかげな金色なる髪色くらいのもので、適当に切った前髪、項を隠すか隠さないかの短い毛髪が見える。対して後ろ髪は二房ほど腰まで伸びた髪があり、それは結んでいたり結んでいなかったり。結ぶ場合は左右非対称なピアスのうち右耳のピアスを用いる。左耳は直径1cm程度の、右耳は直径5cmほどの銀のリング状のピアス。結んでいる場合、銀のリングと金色の毛髪との間にマジカルペンを差し込んでいる。
    勿論服装も規則に則ることはない。ハイネックの黒いインナーの上に白のパーカー。パーカーはサイズが合っておらず、少々下げたファスナーはインナーに覆われた鎖骨の下まで露出させている。ファスナーの摘まみは直径10cm程度の大きい銀のリング。緩い袖は腕捲りに、対照的にぴったりと黒の張り付いた細い腕が腕捲りの続きからは伺えよう。少々皮膚を挟んで黒のショートグローブ、こちらも細い指を主張させている。ハーフパンツから覗く脚は肌色ではなく黒のタイツに覆われており、仮面も相俟って相当に露出度の低い服装。

    【3L】NL

    【備考】仮面は中々外さず、少々強気に頼んだ程度では外さない。それどころか暴力で何とかしようとかナイフで脅すとかしても結局魔法のお陰でへらへらしているためその素顔はわからないままである。それこそ寝込みでも襲えば良いのだろうが、神出鬼没でたまに夜にすら自室にいないことがあるためそれも難しい。同じ寮であるハーツラビュル生にすらもその素顔は見せておらず、それどころかいつ外しているのかも不明。尚、授業態度は悪く提出物も出さなければ規則も守らないながらも点数だけは良い方。また、浮遊・飛行に当たって箒を必要としない、他者への妨害に圧倒的に長けている、サポーターとしても運用可能、等の理由でマジカルシフト部へ入部。言うまでもなくマジフトの際も仮面は外さない。

    【募集】お誘い等あれば。

    【SV】〈私?ああ、ハーツラビュルだよ。あはは、悪いね、私服なもので。(心当たり無いながらも何故かかけられた声、振り返ればそこには見知らぬ貴方。はて、どこの寮の、何年だったか。まるで見当もつかない貴方の質問に応じながら、己の記憶を探ってみる。貴方にはきっとこのへらへらした声のみが伝わっていて、考え事をしているなんて到底思わないだろう。何しろ、考え事をしていたら多少変わるであろう表情も、こうして仮面に隠れてしまっているのだから。)〉

    〈へいへい、それではちょっとお返し致しま~す。(己が寮の長が血相を変えてこちらに向かってくる。ええと、何かしたのだったか。ふと時計を見れば昼食を終えて一五分。ああ、それでか。問答無用でユニーク魔法を振るう彼、詠唱が終わるその寸前に少々お返しを。落ちそうになった仮面がその位置を直し顔を上げれば、更に顔を真っ赤にする貴方。その様子におどけたようにけらけらと笑いながら駆け出せば、身軽にその場を後にした。)〉

  • 翻車魚
    No.1528221
    [編集/削除]

    @スカビオサ様
    素敵な設定有難う御座います。
    不備は見られませんので参加を許可します。

  • 一閃
    No.1528992
    [編集/削除]

    【名前】Blad Phantom [ブラッド・ファントム]

    【性別】男

    【学年/クラス】2-D

    【寮】イグニハイド

    【部活】ボードゲーム部

    【ユニーク魔法】影を生みし喰いし者「Shadow master」:文字どおり影を操り影を生み出す。
            影を食べる事も出来それをエネルギーに変換することも可能。
            しかし、影を生成するには予め一定量の光を浴びておく必要がある為、操る限りには支障はないが生み出すには
            制限が発生する。影を体の表面に張り付けたり影に飲まれることで姿も自由に変わる。

    【性格】一人称「わてし・私・俺様」二人称「おみゃー・君・貴殿・貴方」語尾「にゃ」
        野生児で単独で行動してきた為、よそ者に邪魔されることを嫌い、ひとりでも身の安全を守ることができるようにと
        テリトリー意識が強い。自分の気分で行動を変え、とってもマイペースで甘えたいときには甘えるし、
        のんびりしたいときには敵対心を露わにする。聞き手は両利き。
        何故か「リスペクト、イデア」であり何時も尊敬している。その理由とは・・・。

    【容姿】紫色に銀色のメッシュが入っており猫の耳のようなくせ毛。といいつつ実際は猫耳。
        黄色と黄金の入り混じった切れ長三白眼に薄紫色に染められた唇。
        ピンク色のワイシャツの上に黒のベストを羽織りブーツを履いており全体的にはすっきりとした印象を持つ。
        猫の尻尾がはえていたりいなかったりする。
        体格は良くも悪くも細身だが筋肉質、身長は158㎝~188㎝で変動する。(画像は制服時)

    【3L】NL、BL

    【備考】名前で名乗らず「そこらへんの人」と称する、自称さすらいの何でも屋で行商人。世の通り名では「チェシャ猫」。学校では不定期に売店を開く。
        彼が扱うのは日用品から薬等種類は様々だが決まって怪しげなモノばかりである。
        モノづくりが非常に得意で、いろんながらくた(製作物)を作ってため込んでいる。
        一部の人間からはチェシャ猫の存在自体が影のような存在であると噂されており、
        出くわすと幸福か不幸が訪れるといわれている。
        影を操り商売をうまくちょろまかしているおかげでそこそこの儲かりを見せており、
        路上で大人子供を化かしている姿も目撃される。
        ようは素性はミステリアスというわけだ。
        オンラインゲームにも精通しておりイデアに最新のゲーム情報をお届けしている。
        入学したのは顧客を増やし個人情報を手に入れる為。しかし、その裏にはもっと切実なわけがある。
        ハーツラビュル寮に入るべきだが、イデアのいるイグニハイドに入寮した。ピッキングやハッキングが得意。
        「もっともわてしの事に興味を持ってくれてるって事にゃら、願ったり叶ったりにゃ」

    【募集】喧嘩するほど仲が良いかは不明な友人

    【SV】「イデア様殿の根暗で内気な性格で部屋に引きこもりがちで人との関わりを好まない、というのが何とも素晴らしいにゃ!(話しかけられたわけではないのだが、貴方と目が合うと目を糸のように細め弧月のように口元を歪めて語りだす。しかし、ふと真顔に戻ると、「君はわてしの商品を買う気がないようだからあっちいけにゃ」と勝手ながら追い払うだろう。」

    「俺様は、そこらへんの人。横を向けば居るし、振り向けば存在する。そんな感じかなぁ?(なんとも曖昧な自己紹介。否、此れを自己紹介とは呼ばない。だが、彼はまじめな顔でそう述べたのだった。)」

    至らない点も多々ありますが、よろしくお願いいたします。

  • 翻車魚
    No.1529681
    [編集/削除]

    @一閃様
    素敵な設定有難う御座います。
    不備は見られませんので参加を許可します。

  • お人形
    No.1535180
    [編集/削除]

    んん、参加日時不定期ですが参加宜しいでしょうか

  • お人形
    No.1535188
    [編集/削除]

    オクタヴィネル、男子での参加です

  • 翻車魚
    No.1535391
    [編集/削除]

    @お人形様
    ルールを確りと読んでからの参加希望をお願いします。

  • No.1536274
    [編集/削除]

    夜遅くにすみません、参加希望前に質問です。
    オンボロ寮の場合、人型を保ったゴースト、なんてものもいいのでしょうか

  • 翻車魚
    No.1537468
    [編集/削除]

    @j様
    ご質問有り難う御座います。
    人型を保ったゴースト、面白いと思います。オンボロ寮所属のゴーストの生徒と言うような希望でしたら良いと思います。是非、御参加下さい。

  • j
    No.1537553
    [編集/削除]

    了解しました、参加希望です
    オンボロ寮のゴースト、男子。学年は不詳とさせていただきます。

  • 翻車魚
    No.1537564
    [編集/削除]

    @j様
    参加希望、有り難う御座います。
    それでは、三日以内の設定投下をお願いします。

  • j
    No.1538325
    [編集/削除]

    【名前】Oswald・Laird/オズワルド・レアード

    【性別】男

    【学年/クラス】現在調査中

    【寮】オンボロ寮(仮)

    【部活】現在調査中

    【ユニーク魔法】≪そこに見えるは夢か現実か、ファンタジア!≫
    己の姿や触れたものを好きな姿に変えることができる、だが所詮は幻影で機能はそのまま。
    体力消耗もしくはブロットの堪り具合が大きいため使っても一日に数度。また、この状態となっては触れるのも面倒なためあまり使っていない

    【性格】一人称「僕」 二人称「~~くん、ちゃん」
    根は真面目なものの大事にならない程度の小さな嘘をつくことが多い。自身を覚えてもらうには少し騙した方が手っ取り早い。

    【容姿】画像参照(にこっと!おんなのこメーカー様より)
    膝から下が常にグラデーションをかけて消えている。大分華奢な体つきをしており首元には包帯が巻かれる。
    目は赤紫色、髪色は薄い水色、結った髪は胸下程まで伸びる。制服を身に纏いネクタイはリボン風に、腕章はなくベストも着ていない。瞼は重いものの二重幅はっきりとしており目つきのみはおっとりとした印象になる。右目下に並ぶように黒子はついているのがチャームポイント。丸眼鏡は鼻から滑り落ちることが多く、急に出た時などはよく位置を直している。
    偶に気を緩めていると体は向こうの景色が見えるほどに透ける。

    【3L】NL、BL

    【備考】何時の生徒なのか、何処の出身なのかなどがわからず、名前と身に着けた知識のみが判明しているゴースト。見た目が他のゴーストとは違うのは何か訳があるのだろうか。全てを学園長の手により調査中である。手がかり探しのために様々な学年の座学中心に受けている。食事も何も必要はないものの殆ど趣味で行っている。自身から触ろうとすれば物に触れられるが基本は透けて物も通過していく

    【募集】親友

    【SV】「やあ!僕はオズワルド、オズって呼んでね!…あ、っと、ごめんごめん勢い余っちゃった(唐突に壁から現れては勢いによってズレた眼鏡押上げ位置を直し、目の前の貴方に目線を合わせては張り付けたように典型的な”笑顔”の表情見せ。某寮に関連した歌を「よろしくで握手、」と歌えば手を差し出し、その手は触れるか触れないかは貴方の手を触れたいか触れたくないかに任される)」

  • 翻車魚
    No.1538329
    [編集/削除]

    @j様
    素敵な設定有難う御座います。
    不備は見られませんので参加を許可します。

  • 翻車魚
    No.1546415
    [編集/削除]

    管理主の翻車魚です。浮上させて頂きます。

  • 翻車魚
    No.1550428
    [編集/削除]

    管理主の翻車魚です。浮上させて頂きます。

  • 翻車魚
    No.1555432
    [編集/削除]

    管理主の翻車魚です。浮上させて頂きます。

  • 翻車魚
    No.1566103
    [編集/削除]

    管理主の翻車魚です。浮上させて頂きます。

  • 名無し
    No.1566949
    [編集/削除]

    リリアさんで参加希望です。

  • 翻車魚
    No.1568102
    [編集/削除]

    @名無し様
    ルールを確りと読んでからの参加希望をお願いします。

  • 名無し
    No.1571373
    [編集/削除]

    読みました!!

  • 翻車魚
    No.1571542
    [編集/削除]

    @名無し様
    リリア・ヴァンルージュをされている方は既にいらっしゃいます。御希望は他のキャラでお願いします。また、これは管理上のお願いでルールには書いておりませんが、【名無し】ではなく何かハンネを使って頂けますと助かります。

※記事を編集・削除するためのパスワード