デュラララチャット(仮)なりきり募集掲示板

なりきりの募集を行うための掲示板です。雑談はなり雑でお願いします。

  • 弱肉強食の華屋敷【魔法.学園.オリ成り】

    管理者
    No.1537882
    [編集/削除]

    誰とも知らぬ女の、甲高い悲鳴が丑三つ時の夜闇に響いた。

    「魔法よ、"クウハク"よ」と。

    何も知らない少女は逃げた。

    愛に満ち溢れた平和の硝子は突如として弾丸に砕かれ。

    わけもわからず“クウハク”などと呼ばれる、罪もない少女。

    逃げた。
    逃げた。
    逃げた。

    それはこの足が折れるまで。

    「私は悪しき者ですか?」

    「私は何か、罪を犯しましたか?」

    「_お教えください。この私に、愚かな__に。」

    「私は神に裁かれるべきであり、滅亡せねばならず、存在してはならない物ですか?」

    息も切れ切れ、最早残り二歩程度の背後に迫る「殺せ」の声。

    嗚呼、終わりだ。終わるんだ。

    目を伏せた刹那、黒いローブと華の香り。

    それは笑って、あるいは嗤って、少女に告げる。

    『悪だからと神に裁かれる道理はない。』

    『ようこそ、華ノ鴉学院へ。』

    ________________________________

    さてさて、安全な場所に逃げたところで。
    やあ、こんばんは。"クウハク"と呼ばれていたのは君かな?
    ああ、安心してくれていい。私は君の敵ではない。いいや、「私達」と言うべきだろうか?
    いずれにせよ、君はもう追われることはない。足も痛かろう?さあ、こちらへ。君には沢山の事を教えなければならない。

    【”クウハク”】
    "クウハク"。君はそう呼ばれ、恐れられていたね?それは数十年前の事件に由来する。ただの人間が、後天的に力を得た。未だ原因は解明されないがね。通称「魔法」と呼ばれる類の物だが、その「魔法」は、放っておくには少々危険すぎた。触れた人間全ての記憶を抹消する「魔法」。名も知れぬ人間はその魔法の性質から"クウハク"と呼ばれるようになり、いつしか意味が転じて魔法を扱える人間のことを指すようになったというわけだ。そして初代"クウハク"は、今もどこかで生きている。
    ……何ともまあ傍迷惑な話だが、それは置いておくとして。"クウハク"には先天的な物から後天的な物まであるし、扱える魔法だって様々だ。だけれど一貫して、最初は使いこなせない。知らないうちに魔法を使ってしまって、「記憶を消される」と勘違いした一般人に迫害されるというわけだ。確かに記憶に関わるものだってあろうが、それは数多くいる"クウハク"の中でもごく僅か。にもかかわらず、僕達は迫害を受ける。そうして命が危うく、尚学生である"クウハク"達の為に、「華ノ鴉学院」は設立された。

    【華ノ鴉学院_ハナノカラスガクイン】
    "クウハク"達のためだけに作られ、主に魔法の制御を教える学校だ。洋風の4階建ての校舎に男女別の寮がついている。学院の敷地を取り囲むように不可視の壁があるが、まあそれはどうでもいいんだ。教室については後で教えてあげられるから、先に校則を伝えとかなきゃ。知りませんでした、じゃ済まないからね。

    〈校則〉

    _目上の者は必ず敬いなさい。ただし、”下剋上”ならびに”月夜のお茶会”については無効とする。

    _校舎、校庭以外で不必要に魔法を使用してはなりません。外での怪我の治癒等は人目につかない場所でしなさい。

    _男子寮女子禁制、女子寮男子禁制。

    _尚、以上を破った者は生徒会執行部より重い罰を受ける。

    破ったらお仕置き部屋に放り込まれて一対一で罰を受けるんだってさ……怖いねえ。さて、話は戻るけど。文字通り"クウハク"しかいないから、存分に君の力を見せてくれていい。ただ、君よりも上級者の"クウハク"が山ほどいるから、君の安全のためにも喧嘩は売らないようにね。それじゃあ、いくつかある制度について教えよう。

    【制度】
    〈危険度〉
    まず、D、C、B、A、S、SSの六つの階級がある。これは魔法の危険度を現す階級で、危険であればあるほどSSに近くなる。勿論SSに近付けば近付くほど制御は難しくなるし指導も厳しいから覚悟してね。他者を治療する魔法なんかはもれなくDランクだが、代償を伴う場合はそうとは限らないそうだ。間違ってもこれは魔法のランクじゃあない。

    〈制御率〉
    生徒は赤、橙、黄、緑、青の五色の中から一色、目に見える位置に装飾品や刺繍を入れなければならない。ああ、好きな色じゃないよ?もし好きな色なら私は青がいい。これは魔法の制御の度合いで、制御ができていなければできていないほど赤に近づき、制御ができていればできているほど青に近づく。やっぱりこれは基本的に学年が上になるほど青に近くなるかな、一年で青の装飾品なんて指折りだ。ちなみに、基本的には危険度に反比例しているよ。危険度が高ければ制御率は低下し、危険度が低ければ制御率は上昇する傾向にある。ただ例外だっているんだよ?そう、たとえば私のような。

    〈級位制〉
    魔法の扱い方、危険度に応じての制御率、知識……これら全てを合わせた階級も存在する。すれ違うときなんかに相手や自分の階級をわかりやすくするために作られた大雑把なものだ。下から五級、四級、三級、二級、一級。これらは分かりやすく胸につけるバッジで示されるが、大雑把とはいえ恐らくこの学院内ではこの階級が最優先されるだろう。五級は蓮華、四級は鈴蘭、三級は彼岸花、二級は薔薇、一級は牡丹一華をあしらったバッジで表される。僕はただの弱っちい生徒だが、どうも五級付近には生徒会や階級制度に対する怨念が渦巻いている気がしてならないよ。

    【下剋上】
    そんな五級たちでも、すぐさま階級を上げることのできる方法があるのはご存知かな?最近の生徒会が打ち立てた、「下剋上」という文化だ。一対一で魔法の種類問わず勝負を行い、階級が下の者が勝利すれば上の者と階級を交換でき、階級が上の者が勝利すれば下の者の処罰の決定権と敗けた下の者を所有物として扱える権限を与えられる。ギャンブルでしかないが、もしも君が下に配置され、尚頂点とまともにやり合えるほどの実力があるというのならば受けてみるといい。私にはどうしても生徒会が五級達に喧嘩を売っているようにしか見えないけど。

    【生徒会執行部】
    私の個人的見解で随分と悪そうな印象を持たせてしまった生徒会だが、その実態は生徒を代表する選ばれた者たちだ。生徒会長一名、生徒会副会長二名、書記一名、会計一名から成る小組織。独裁的な者から民主的な者までてんでばらばらではあるが、どうあれ下の者から反感を買っていることに変わりはない。尊敬と同時に畏怖の対象でもある組織だ。なにせ彼らはその権力で階級を上下させることができるのだからね。そしてそれほどの権力を持つ理由は、彼ら自身の階級にある。全員が青のブレスレット、かつ牡丹一華のバッジをつけているそうでね。流石成績にこだわるだけあってどれだけ性格がひねくれていても許されるのだよ。まあ、まぎれもないエリート集団だからこその半ば絶対的王権なのだろう。

    【教師】
    その名の通り、”クウハク”達に魔法の制御を教える教師だよ。ああ、無論華ノ鴉学院は”クウハク”だけの学校だから、彼らも皆”クウハク”さ。だからここの卒業生が多いんだ。たまに元々教師で最近になって”クウハク”化して、制御が出来るようにしてここに来たって言う先生もいる。数が数だけあって中々転勤したりもしないし、だからと言って新しい先生もあまり来ない。ちなみに先生たちが教えるのは「制御」だけじゃないよ?普通の高校のように、当たり前に各教科を教える先生がいる。ただ無論その彼らも”クウハク”だし、級位制による階級制度がないとはいえ、もし位をつけるとするならば全員一級に匹敵する実力者たち。仮に君が授業中に暴走しても、基本どの先生もそれを抑え込める力はあるようだね。

    【月夜のお茶会】
    お話はうってかわってお祭りごと。月の半ばと終わりに開催される「月夜のお茶会」。花の咲く庭で行われるこのお茶会は、己の身分を隠さなければならない。仮面を付けて、黒いローブを羽織って、バッジは外し、ブレスレットも外す。一級でも五級でも、この時だけはみんな平等……という、階級制度を悉く覆すお茶会だ。魔法の使用に制限はかかっていないから、暴れるも戯れるも君次第というわけさ。仮に何かが壊れたとしても、責任は僕が負うから君は何も気にしなくていい。ただ静かに紅茶を飲みながらお話をしてもいいんだ。君が外で迫害されていたときの話をしても。誰も君を知らない。素性の詮索は禁じられているから、好きなことをしてくれ。
    何にも縛られず、ただ、ただ、ありのままのキミをここで。蓮華、鈴蘭、彼岸花、薔薇、牡丹一華。すべての花が咲く……あるいは返り咲くこの庭は、だれも、何も、制限しない。

    【属性】
    少し話は戻って魔法に戻るが、君には属性と言うものがあることを教えなければならなかったね。そう、属性。魔法には10の属性があり、うち6つは2つの三竦みとなっている。すべての属性において扱える魔法は二種類となり、同じ属性でなければならない縛りが課されている。優位性を発揮するもの、劣位性を発揮するもの……それぞれあるが、まずはすべての属性、焔、雫、翼、闇、光、霊、毒、治、空、呪。それぞれ解説をしていこうか。

    《焔》
    焔。紛れもなく、あの燃え盛る焔。焔を操る魔法から焔で何かを形成する魔法、焔自体を造る魔法は焔に該当し、危険度はBからSに相当する。これは雫に優位に、翼と間に劣位となる属性だ。

    《雫》
    雫。時にヒトに救いの手を、時にヒトに悪魔の手を差し出す気分屋な彼ら。水、氷、雪といった水に関わる物を操る魔法は雫に該当し、危険度はDからAに相当する。これは翼に優位に、焔と間に劣位となる属性だ。

    《翼》
    翼。ヒトが手を伸ばし、尚届かなかった境地。風を巻き起こす魔法、天候を自在に操る魔法は翼に該当し、危険度はCからAに相当する。これは焔に優位に、雫と間に劣位となる属性だ。

    《闇》
    闇。ヒトが怯え崇め、そしてヒトと、光とともに長い時間を歩んできたモノ。闇に溶けたり、闇を纏ったりとレパートリーは広いが、そのような魔法は闇に該当し、危険度はAからSSに相当する。これは光と間に優位に、霊に劣位となる属性だ。

    《光》
    光。今もこうして気付かぬうちに辺りを照らしている、もっともありふれたモノ。光を放ったり、光自体を操ったりと闇と同じくレパートリーは広い。このような魔法は光に該当し、危険度はCからSに相当する。これは霊と間に優位に、闇に劣位となる属性だ。

    《霊》
    霊。おぞましいながらも、神でもあり。すべてすべてを任された、ひとつの概念。憑依させるものから召喚術までさまざまだが、そういった魔法はすべて霊に該当し、危険度はBからSSに相当する。これは闇と間に優位に、光に劣位となる属性だ。

    《毒》
    毒。ヒトを殺め、また救う。刃物であって薬である、対を持つモノ。己を毒へ変化させる魔法、毒を蔓延させる魔法などは毒に該当し、危険度はAからSSに相当する。これは毒が全ての属性に有利になると同時に、全ての属性が毒に有利となる。

    《治》
    治癒。概念は移り変わりこそすれ、これはいつだってヒトの優しさから育まれる。他者を治癒するもの、己を治癒するもの、代償を払って蘇生するもの……物体であれ生物であれ歴史であれ、「なおす」魔法は治に該当し、危険度はDのみとなる。しかし代償を孕む場合、極稀にだがSSが見られる。これは焔、雫、翼、闇、光、霊にわずかな劣位性を発揮させ、呪に非常に強い劣位性を発揮する属性だ。

    《間》
    間。意識しても尚認識できない、現在のヒトには早すぎる何か。距離を操るものや時間に関係する魔法、空間に直接関与する魔法は間に該当し、危険度はDからAに相当する。これは焔、雫、翼に優位に、闇、光、霊に劣位となる属性だ。

    《呪》
    呪。治と対を為す、ヒトの憎悪で育まれるモノ。以上のすべてに該当できず、「のけもの」となってしまった魔法が呪に該当し、危険度はDからSSに相当する。これは炎、雫、翼、闇、光、霊に僅かな劣位性を発揮する代償として、治に非常に強い優位性を発揮する。

    さて、魔法についての説明はこれくらいにして。君がこの学院で生活するに当たって指折りに重要な校舎についてを教えなければならないよね。

    【校舎】
    繰り返して説明することになるが、うちの校舎は洋風の四階建てだ。敷地の周りには、他者に「何となく近付きたくない」と思わせる不可視の壁が張られている。そんなわけで、一階から説明しよう。

    《一階》

    〈玄関〉
    西側には学年混合の男子用玄関、東側には学年混合の女子玄関がある。男子が東側に行ったり、女子が西側に行ったりするとあらぬ誤解を招くから気をつけて。

    〈一年教室〉
    SS組、S組、A組、B組、C組、D組のある教室だ。お察しの通り危険度に準じて教室が作られている。ただし、休憩であればどの教室に行っても構わない。

    〈渡り廊下〉
    西側に男子寮へ続く渡り廊下が一本、東側に女子寮へ続く渡り廊下が一本、南に講堂へ続く渡り廊下が一本の計三本だ。因みに生徒会が校則違反として罰すことのできる境界はこの渡り廊下となる。その手前までなら不審がられるが赦される範囲なんだよ。

    《二階》

    〈二年教室〉
    一年同様、SS組、S組、A組、B組、C組、D組のある教室だ。お察しの通り危険度に準じて教室が作られている。ただし、休憩であればどの教室に行っても構わない。

    〈食堂〉
    男女学年混合の食堂がある。バイキング形式の日替わり給食だね、私もちょっと混ぜてほしい。先輩後輩関係なく一緒に食べることが出来るそうな。

    《三階》

    〈三年教室〉
    一二年同様、SS組、S組、A組、B組、C組、D組のある教室だ。お察しの通り危険度に準じて教室が作られている。ただし、休憩であればどの教室に行っても構わない。

    〈職員室〉
    全職員の休憩場所だったり会議場所だったり。授業に出てさえいなければ彼らはここにいるから、分からない所を聞きに行ったり提出物だったりはこちらへ。

    〈保健室〉
    みんな大好き保健室。ベッドがいくつかと医療設備が整っている、夏は涼しく冬は暖かい至高の場所だね。

    〈図書館〉
    みんな大好き図書館。普通の学校の二倍はある様々な種類の本と、課題でも何でもできる静かな教室だよ。

    《四階》

    〈お仕置き部屋〉
    生徒会と罪を犯した者のみ入室を許されている部屋。扉から重厚で重苦しくて、だが中に入った生徒には口封じがされる。出てきた者すべてが青ざめるような中を知りたいなら、校則を破るしかない。

    〈その他授業関係の教室〉
    理科室や美術室や音楽室、その他諸々特定の授業専用の教室は四階に詰め込まれている。一年はちょっと大変だけど、頑張ってね。

    《別施設》

    〈寮〉
    西側に男子寮、東側に女子寮。渡り廊下から続く男女完全別の寮で、こちらは南北に伸びる二階建てのものとなる。一階に一、二年、二階に三年。寝室や浴場などがあるよ。

    〈講堂〉
    集会を行う他、体育館としての役割もある。昼に遊んでもいいが、朝や夜には封鎖されている。

    〈プール〉
    講堂から更に続く渡り廊下の先にあるプールだ。夏限定で解放され、ナイトプールなどといった企画もあるのだとか。

    〈グラウンド〉
    他の学校よりは少々広めなグラウンド。下剋上はここで行われるが、休憩時間は下剋上を中止して解放されるから飛び出して遊ぶもよしだよ。

    〈庭〉
    月夜のお茶会の行われる、あの5つの花が咲く庭。蓮華、鈴蘭、彼岸花、薔薇、牡丹一華。僕はふらふらしているけれど、一番よくここにいるから、用があるなら来るといい。

    【制服】
    そうそう、これも伝えとかなきゃね。やはり学校たるもの、制服は基本あるだろう?後で入学届と一緒に二着ずつほど届けさせておくから、校舎ではそれに着替えてね。男子は学ラン、女子はセーラー服といった極々普通の制服だが、それぞれ左胸にポケットがついていてね。その左胸のポケットに階級を示すバッジをつけるんだ。そういえば、女子が学ランを着たり、男子がセーラー服を着てもいいそうだよ?

    【?????】
    〈0級〉
    この学院に4名のみ存在する、一級の更に上。バッジの花は不明。一年に1名、二年に1名、三年に2名。

    〈Unknown〉
    この学?に4名のみ存在??、幻の属性。焔、雫?翼、闇、光、霊に優???り?毒、治、間?呪に劣位とな?属性?一?に??、?年に???三?に????????????????

    ____________________________

  • 管理者
    No.1537886
    [編集/削除]

    【注意事項/必ずお読みください。】
    ・デュラチャの規約は厳守とします。
    ・こちらのなりきりは恋愛、シリアス、日常、戦闘をメインとした完全創作の学園物となります。
    ・R15まででしたら別部屋を作ることを前提として可能とします。
    ・キャラロスは不可とします。
    ・荒らし行為、迷惑行為厳禁。
    ・参加許可が出てから2週間以上浮上されなかった場合参加取り消しとさせて頂きます。
    ・参加予約から4日以内に設定を投下されなかった場合予約取り消しとさせて頂きます。
    ・生徒の予約の際は「属性」「階級」「危険度」「学年」を記載して頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
    ・教師の予約の際は「属性」「危険度」「担当教科」を記載しては頂きますよう宜しくお願い申し上げます。(New!/わかりづらく 申し訳御座いません。)
    ・階級、属性に偏りが生じた場合、一時的に締め切らせて頂く場合がございます。
    ・部屋建ては主に別館にて副管理者が行いますが、副管理者の浮上時間よりも早く浮上できる方がおられましたらそちらで部屋を建てて頂いて構いません。
    ・生徒会執行部、Unknown、0級に関しましては人数制限がございますので、一週間以上浮上されなかった場合参加取り消しとさせて頂きます。
    ・月夜のお茶会は毎月「15日」と「30日(31日)」に開催しますが、期間限定イベントでどちらかが別イベントに変わる場合もございます。
    ・また、正体不明と言う規則に則り、月夜のお茶会を開催している間は部屋建ての連絡も「???」と言う名にて連絡して頂きますよう宜しくお願い致します。
    ・加えて、「???」「***」「___」といった氏名を隠す形で入室してください。背後会話での詮索も不可とします。
    ・ロルは1から3枠を目安とします。
    ・キャラクター同士の喧嘩等は大いに構いませんが、背後の問題につながった場合 別部屋を建てるか内緒での解決をお願い致します。
    ・同様に、浮気、三角関係といった恋愛における問題も構いませんが、背後の問題につながった場合 別部屋を建てるか内緒での解決をお願い致します。
    ・こちらの掲示板は管理者並びに副管理者にて運営致します。管理者が皆様の設定の拝見・確認、副管理者が主な部屋建てを担います。参加者名簿は二人で更新を分担しますので、把握のほど宜しくお願い致します。
    ・ここまで読まれたことの証明に、ハンドルネームは漢字一文字にてお願い致します。それ以外のハンドルネームは一切受け付けません。
    ・質問等ございましたら何なりと。

    ・最後に、楽しい学院生活を!

    【入学届】

    <氏名>和名、洋名どちらでも。既存の名詞のみの名前でなければふりがなを振っていただきますよう宜しくお願い致します。
    <性別>男女のどちらかですが、オカマ、オナベ、不明も可とします。
    <学年>1から3年となります。
    <危険度>SSからDまで。属性によって範囲が定まっておりますので、そちらを踏まえた上で記入頂きますよう宜しくお願い致します。
    <制御率>~の刺繍、~の装飾品と言う形、もしくは赤から青までの色のみを記入してください。
    <階級>基本1級から5級までとなります。
    <性格>誰にも口を聞かない等絡みにくい設定はおやめください。
    <容姿>No.1、誰もが振り向く美男美女等設定はおやめください。画像添付を可としますが、必ず作成メーカーもしくは作成者の記入を宜しくお願い致します。
    <属性>基本の10の属性から。例外としてUnknownがありますが、こちらは人数指定がございます。
    <魔法>基本の10の属性であれば最大2つ、Unknownに限り最大3つとなります。
    <劣位性>劣位となる属性に対し発揮するデメリットとなります。
    <優位性>優位となる属性に対し発揮するメリットとなります。
    <武器>ございましたら。下剋上の際はこちらを用いて戦闘して頂きます。
    <募集>ございましたら。ただし恋人の募集はなしとさせて頂きます。
    <備考>余談、過去、趣味趣向等。

    【教師用】

    <氏名>和名、洋名どちらでも。既存の名詞のみの名前でなければふりがなを振っていただきますよう宜しくお願い致します。
    <性別>男女のどちらかですが、オカマ、オナベ、不明も可とします。
    <担当>魔法の制御を教えるものから数学などといった平凡な物まで。魔法の制御を教える場合はどの属性の魔法の制御を教えるかの記入もお願い致します。
    <年齢>22歳以上。
    <性格>誰にも口を聞かない等絡みにくい設定はおやめください。
    <容姿>No.1、誰もが振り向く美男美女等設定はおやめください。画像添付を可としますが、必ず作成メーカーもしくは作成者の記入を宜しくお願い致します。
    <属性>基本の10の属性から。例外としてUnknownがありますが、こちらは人数指定がございます。
    <魔法>基本の10の属性であれば最大2つ、Unknownに限り最大3つとなります。
    <劣位性>劣位となる属性に対し発揮するデメリットとなります。
    <優位性>優位となる属性に対し発揮するメリットとなります。
    <武器>ございましたら。
    <募集>ございましたら。ただし恋人の募集はなしとさせて頂きます。
    <備考>余談、過去、趣味趣向等。

    【入学届】

    <氏名>
    <性別>
    <学年>
    <危険度>
    <制御率>
    <階級>
    <性格>
    <容姿>
    <属性>
    <魔法>
    <劣位性>
    <優位性>
    <武器>
    <募集>
    <備考>

    【教師用】

    <氏名>
    <性別>
    <担当>
    <年齢>
    <性格>
    <容姿>
    <属性>
    <魔法>
    <劣位性>
    <優位性>
    <武器>
    <募集>
    <備考>

  • 管理者
    No.1537889
    [編集/削除]

    【参加者名簿】

    〈予約者一覧〉
    ・鯨様@1/2まで
    ・鳥様@1/7まで

    例___魔法使い/一年*赤_焔属性@焔
    学年、制御率、属性の順で優先されます。

    〈生徒一覧〉

    《一級》
    ・Reaper・break/三年*青_闇属性@副管理者
    ・Papillon・Blue/二年*橙_Unknown@羸様

    《二級》
    ・野々江 愛梨/二年*赤_霊属性@海様

    《三級》
    ・虹雲 光子/二年*黄_雫属性@睦様

    《四級》
    ・秘純 幽/一年*赤_呪属性@忍様
    ・サニー・マーガレット/三年*橙_毒属性@田様

    《五級》
    ・電ノ浦・ジョーカー・基竄/一年*青_間属性@電様
    ・黒羽 深夜/一年*赤_呪属性@鹿様
    ・ソフィア・セルパンテス/一年*緑_治属性@祭様

    《零級》
    ・アイリス・エレメンティア/二年*青_雫属性@麗様
    ・氏方 惚楚/一年*赤_霊属性@謨様

    《__》
    ・Entrance_Unknown@管理者

    例_魔法遣い/公民*雫属性@雫
    担当、属性の順で優先されます。

    〈教員一覧〉
    ・William・G・Victoria/学園長.数学代理.間属性魔法制御*間属性@獅様
    ・マァト・ミラー/保健体育*治属性@写様

    〈生徒会執行部〉

    《生徒会長》

    《生徒会副会長》
    ・Reaper・break/三年*青_闇属性@副管理者

    《生徒会副会長》
    ・野々江 愛梨/二年*赤_霊属性@海様

    《書記》

    《会計》

  • 管理者
    No.1537890
    [編集/削除]

    管理の主体を担います、管理者と申します。皆様にとって「楽しい学院生活」となりますよう努力致しますので、どうか温かい眼差しで見守って頂けると幸いです。
    以下、私の使用するキャラクターとなります。どうぞ参考までに。

    <はは、いや何。なんとなあくだとも、気分が乗ったからさ。私は少々、気分屋な節があるのでね。>

    <僕?どうだろう。とてもじゃないが、違和感を覚えてしまったんだよ。君……いいや、黙っておこう。僕とて特別枠な訳じゃあないんだ。>

    <ちょっと、うん。思うところではあったね。……怒りとでも、悲しみとでも形容すればいいのかな?君はこれ、何か分かる?>

    <氏名>Entrance

    <性別>???
    <学年>???
    <危険度>???
    <制御率>???
    <階級>???

    <性格>不明である。黒い羽織に身を包んで、にっこりと愛想の良さそうな笑みを浮かべた仮面をつけて。ただ誰とも知らぬ貴方に救いの手を差し伸べ、そして尚正体を明かさない。生徒として溶け込んでいるという分には不自然だが、どうもそれの纏う飄々とした、あるいはふんわりとした雰囲気がそれを忘れさせてしまう。どんな冗談でも変わらず笑って見せ、どんな悲劇を聞いたとて静かに哀れむだけである。最も貴方と親密で、最も貴方と距離のある何か。それこそが彼であり、彼女であって、それに他ならない。不明。疑問を投げ掛けても曖昧な返事とともに流されてしまい、そしてそれを感じさせない。へらへらしていて分からなくて、何も定まっている物がない。貴方を手の上で弄ぶような口取りで、おちゃらけて助ける。毒を吐きながら笑いながら、さらりと手助けをしたり悪戯をしたりして帰ってゆく、不明である。何を考えているのかも、何を基準として行動しているのかも。何となくと言う割には不自然過ぎるが、考えがあると言うには合致しない。なんとも曖昧で不思議で、それこそ手を伸ばしてみたくなるような……そんな、わけのわからないものだ。きっと貴方が手を伸ばしたとて、届くような境地にいるモノではないのだから。
    彼女は何も感じていない。何かあったのか元々なのか、魔法の影響なのかはわからないが、もしも貴方が彼の心を読めるというのなら、ただ目を瞑った時に見えるような限りない虚無を感じる事だろう。色はわからず、だけれど何かが渦巻いていて、しかしそれが何かはわからない。何も、何も感じない。たとえ貴方が目の前で卑劣な拷問を受けていたとしても、「『同じモノ』だから」などという訳の分からない理由で助けて、そしてきっと笑ってみせるだろう。所詮人の真似事である「感情」を作り上げ、それを顔に出してみる。
    「笑う」。それは彼にとって、彼女にとって、「幸せ」でも「愉快」でもなく、ただ頬の筋肉の運動に過ぎない。
    これらの真実を以て、「Entrance」の属性は決定した_?不明、Unknown。即ち、森羅万象の終着点である。

    <容姿>仄かに桃色に色付いたきめ細やかな肌に覆われた身体、性別を感じさせない胴から伸びる細い四肢。女性らしいと言えばそれらしい身体でこそあるが、何であれ不明の名を冠す彼にとって性別についての他者の推察など蟻に這われるも同然である。肩甲骨を覆い隠す程まで伸ばされた毛髪は燃ゆる燭台の焔の彩、緩い三つ編みの束をふたつ作り紫の紐で束ねている。右の房には金色の紐が絡められているが、これが何たるかは不明。また、目を引く色を宿す頭部に被せられるは様々な花で作られた華冠であり、無論他の華に紛れ込んで蓮華、鈴蘭、彼岸花、薔薇、牡丹一華が混ざっているという。筋の通った鼻、赤らみを帯びたふっくらとした頬、細い顎。そして何より常に弧を描く唇と微妙な色合いの細まった瞳はどこか不気味でさえある。ただ簡単に形容するのであれば金色なる硝子球を嵌め込んだ双眸だが、金色には収まりきらぬ彩りが伺えよう。左目は未来を、右目は過去を視る故か、左右で僅かな色味の差あり。
    肌触りのよい象牙色の生地に縦に皺が入っており、同色の袖はゆったりと余裕を持っている。左袖には蓮華の、右袖には牡丹一華の刺繍が入れられており、それと同時に金が散りばめられている。コルセットにも似た胴のラインを強調する高貴の紫、連結する同色の艶を帯びたスカートの裾にもまた金色を用いて花の刺繍が施されている。全体的に華をモチーフとしたデザイン。
    _友人作。

    <属性>Unknown

    <魔法>
    『     (?????)』
    過去と未来を見通す目。第一の魔法たるそれは、「     」と名付けられた。
    もしも歴史を足跡と定めるならば、過去は振り返って尚現存する足跡であり、未来は時の流れによって薄れた誰かの足跡である。薄れたそれをもう一度色濃くつけるように踏みしめ、そうして時は流れゆく。ヒトの歴史は繰り返すと言われるからこそ、その薄れた足跡が如何なる物か推察する_飽くまでそれは、何も持たない「ヒト」なるものの所業に過ぎない。では、不明の具現たる彼ではどうか?_それは、足跡を直視することができる。直接干渉せず、振り返った先にあるそれであれ薄れたそれであれ、第三者として視ることを可能とする。その左目は未来を、その右目は過去を。視ることによって歴史も未来も変わらないのは利点ではあるが、絶望の未来も直接改変が出来ないという欠点も孕んでいるという。

    『?????(     )』
    視えぬ物を視る目。第二の魔法たるそれは、「?????」と名付けられた。
    ヒトの心、空間、時間、闇。概念や光の問題によって視えぬもの。そのような冠の下存在するすべては、彼女の視線を受けている。ただ見えずともそこに「在る」のみで視認を可能とし、元来見えるはずのない物は文字か映像という形でそれの目に映る。また、それが視えるのは他者の目に映らない物だけではない。壁の裏に潜む貴方も奥の部屋にいる彼も、それが意図さえすれば視えてしまう。何者であれ何物であれ、彼の前に隠し事は不可能である。同時に、任意により他者に視せることも可能とする。

    『UNKNOWN (_____)』
    目に見えぬが在るものを具現化する目。第三の魔法たるそれは、「UNKNOWN 」と名付けられた。
    属性が魔法そのものへ昇華した魔法。過去と未来の目を両方用いて行われるこの第三魔法は、ヒトの触れられぬ境地、時間や空間、空気、心理と言ったものを具現化する。「目に見えない」ことを条件として強制的にそれらを物体とするため、第二の魔法も相俟って尚強力な物となっている。例えば何もない更地であるとて、大気を具現化することにより武器の生成が可能。具現化した物は可視化も出来、可視化するか否かは彼女の意思に委ねられている。加えて石の剣と鋼の剣の硬度が異なるように、生成した物体の性質は原料に左右される。実際の使用例として、人の負の感情から作り上げた不可視の壁が学院の敷地を取り囲むように張られているため、第三者からすれば学院内は「何となく近付きたくない所」という認識。そのように、一例として時から生成した物では、攻撃が接触した場合に限り 触れた部位の老朽化などといった二段階の攻撃をなす。

    尚、これらすべての魔法は反動を生む。してその反動とは、「魔法を用いる度ヒトでなくなりゆく」と言うもの。彼に感情がないのはこれらの影響であり、壁を張り続けている今でさえ彼は、内側からじわりじわりとヒトでなくなりつつある。

    <劣位性>毒、間、治、呪に発揮するもの。彼らに魔法を用いる際は第一の魔法にラグが発生し、本来と違った視え方をすることがままあり、それ故普段見せることのない飄々とした態度の剥がれた惨めな姿を晒すことがごくまれにあるのだとか。

    <優位性>焔、雫、翼、闇、光、霊に発揮するもの。彼らに魔法を用いる際は反動を緩和し、ヒトとしての形を保つ時間が長くなる。敵意を向けた場合にのみ発揮する優位性として「生成した原料による第二波の攻撃を倍化する」と言うものもあるが、まず交戦すらしない以上ただの無駄と言えよう。

    <武器>状況に応じ作成。
    <募集>彼女の「感情のあった頃」を知る者。

    <備考>元々自分に感情があったことを忘れているのか元々無かったのか、感情の一つも知らない。怒りも悲しみもないからいつも微笑んでいて、喜んだことも楽しんだこともないから真似して微笑んでいる。ただ何となく笑っている姿は人に良く見られるから、などという理由で。微笑まずとも良くつけている仮面は愛らしいにっこり笑顔が描かれており、物腰柔らかそうな印象を与えることだろう。また、お得意の第一の魔法で見つけた外の"クウハク"を迎えに行く際は必ずこれらの服の上に黒いローブを羽織り仮面をつける。貴方が感じた華の匂いは彼がよく庭にいると同時に華冠をつけているのが原因であろう。
    生徒を自称する割には制服なぞ着ず、おまけに男子寮にも女子寮にも行き来しあろうことか鍵を作って誰の部屋にでも侵入し、三年であろうが一年であろうが気軽に話しかける所校則を破りに破りまくっている。本当に生徒なのか?と聞かれても「そりゃあ生徒だとも」としか返さないこともありあらぬ噂が尾ひれをつけて広がったり尾ひれが千切れたりして更に真実が曖昧になっている。

  • 副管理
    No.1537897
    [編集/削除]

    副管理、主に部屋建てを担当させて頂きます蝦です。どうぞよろしくお願いします。

    「儂も混ぜてくれ、面白そうな事は良いことでも悪いことでも何でも好きぞい。」

    「ばあ!吃驚したかえ?くっくっく、面白い顔じゃのう。そこまでの反応は久しぶりじゃ。此処は反応が薄い奴が多いからのう………どうしたものか。」

    「此れでも儂は生徒会の者なんじゃ、ルールを破った者には罰を与えんとなあ。くっくっく、どうしようかのう。」

    <氏名>Reaper・break 《リィーパー・ブレイク》

    <性別>女性

    <学年>三学年

    <危険度>A

    <制御率>青

    <階級>一級

    <性格>フラフラと何処かに行ってある時は気紛れで誰かを助け、又ある時は自ら事件を起こす。行動の指針は其が『楽しい事』であることと言う形容し易いようなし易く無いような性格の生物である。誰にでも臆せず寧ろ楽しそうに話しかけ楽しそうに帰っていく。楽しそうな笑みを浮かべて楽しそうに戦う。基本的に喜怒哀楽が顔に出やすいが怒っても直ぐに楽しそうに戻るため、感情を長引かせるタイプでは無いようだ。初対面の者にはこの古風と言うか癖のある口調で驚かれる事があるが何せ違和感が余り無いので少し話せば慣れてしまって気にも止めなくなる事だろう。
    生徒会副会長と言う位置に着いてはいるが階級や成績には余り興味がなく階級が下だからと言って差別することは無い。また、下克上のシステムはいろんな人と沢山戦えるからと言う理由で良いと思っており、此が理由で生徒会副会長と言う席に付いていると言っても過言ではない。ちなみに下克上は結構受ける危機感がないタイプである。今のところ全戦全勝記録更新中で何時でも挑戦は受け付けているとの事。

    <容姿>通った鼻筋に緩く弧を描く口と眉、漆黒の髪と真紅の瞳を持つ女性。腰までの長さの艶のある髪を頭の高い位置で一つに結んでおり、風に揺れる髪は彼女の魔法の様に何処までも黒く終わりがないように見える。瞳の方は血を凝縮したかの様に真っ赤でその瞳で見つめられたものはどんな強者でも凄んでしまう事だろう。顔付近にはシンプルなデザインのアクセサリーが多く、何れも色は黒。身に付けている制服はセーラー服では無く学ラン。上半身は白いYシャツに学ランを肩に掛けるようにして羽織り、学ランの胸ポケットには青い刺繍が施され、牡丹一華のバッジが着いている。下半身はベルトは白い太めのリボンで後ろで蝶々結びに、ズボンはリメイクしてあり裾にベルトと同じ白いリボンを結んでいる。靴は赤いハイヒールで高さは5㎝程度。女子としては高めの身長も相まって目線は男子たちと同じくらいである。
    (Picrewの「쏘세디야채볶음」様で作らせて頂きました。)

    <属性>闇

    <魔法>
    『Shadow』
    あらゆる影に入ることが出来る魔法。例えば床でも壁でも天井でもカップが置かれたテーブルの上でも天井から吊るされた不安定なシャンデリアでも何処でも、影が発生していれば何処にだって潜ることが出来る。影に潜っている際の彼女は何処までも広がる真っ暗で虚無な空間を海の中を泳ぐようにして移動することが出来る。影が繋がってさえいれば何処までだって行けるのだ。只、残念なことに、夜の闇は彼女の魔法が使える影ではない。しかし、現代では夜になると街灯やランプ等の灯りが付き影が出来るため彼女の独壇場となる。対人戦闘をする際、彼女の此の魔法は特に有利となるだろう。何故ならその相手には影があるのだから。この魔法はドッキリを仕掛けるのにぴったりで彼女は此を重宝している。たまに気付く者もいるが、そう言う者には気分を変えた挨拶のノリでドッキリを仕掛けているそうだ。

    『Float』
    単純に空を飛ぶ魔法。翼を生やしたり風を発生させる訳ではないが只地面から浮き、其のまま自由に移動することが出来る。たった其だけである。此方は種も仕掛けも何にも無く、ドッキリには使えないためあんまり利用していないらしい。

    <劣位性>霊の者に対しては他の者と比べ『Shadow』に気付かれることが他の属性の者より多い。と言うかほぼ100%気付かれる。等の本人は気付かれても別に戦闘に支障はきたさない為平気だと思っているようだが。

    <優位性>光、間の者に対しては霊の者とは真逆に『Shadow』に気付かれにくい。気付いてほしくて自らアクションを起こしでもしない限り、ほとんど気付かれる事はない。まあ、例外もいるらしいが。

    <武器>影に仕舞い、自由に出し入れすることが出来る大振りの鎌。黒一色で彼女の身長の1.5倍の長さがあり刃渡りは身長と同じ程。其を背負って貴女を見つめる彼女は死神の様に見えるだろう。

    <募集>誘われれば。

    <備考>生徒会副会長。
    彼女は先天的な魔法を持った《クウハク》である。元々は『Float』しか魔法は使えなく暇潰し程度にしか思っていなかったがある日突然、影に潜れるようになった。其だけで今まで力を知っていた奴等の態度が変わり危険視されるようになった。其でも彼女は嬉しそうにしていた。何故かって、そりゃあ此方の方が楽しいと思ったから。たった其丈だ。

    加筆修正する場合が御座います。ご了承下さい。

  • No.1537959
    [編集/削除]

    作り込まれた世界観に惹かれました。
    属性は毒、階級は不要と思われますがレベルは1級、危険SS、教師(担当教科は生物)で参加希望です。

  • 管理者
    No.1537968
    [編集/削除]

    @鯨様

    早い内からの参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月2日までの設定投下 宜しくお願い致します。鯨様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1538104
    [編集/削除]

    属性は間、階級は5級、危険A、1年生(生徒)で参加希望です。

    (失礼しました

  • 匿名
    No.1538113
    [編集/削除]

    注意事項読まないやつ多すぎん?

  • 管理者
    No.1538125
    [編集/削除]

    @電様

    注意事項等、よくよくお読みになってから参加希望下さいませ。
    それでは、1月2日までの設定投下 宜しくお願い致します。電様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • ジョーカー@電
    No.1538319
    [編集/削除]

    「へへっ、お前さんも上級生の扱いには気を付けなよ」

    「さぁあ!楽しみましょう!体の機関が停止するまでずっと!」

    <氏名>電ノ浦・ジョーカー・基竄
       でんのうら・じょーかー・きざん
    <性別>男
    <学年>1学年
    <危険度>A
    <制御率>青の装飾品(イヤリング)
    <階級>5級
    <性格>普通に話す場合と、ゲームのセリフのようなかんじで話す2つのパターンがある。普通に話すときは、感情の起伏は激しくなく、口が悪くもないが、敬語を使うことがない。普通の人のように話す。もし、怒っていたり悲しかったとしても、顔の表情一つも変えることのないほどのポーカーフェイスの持ち主。後者の場合は、話し方は回りくどいが、敬語を使い、決して悪い奴でもない。といっても、「ゲーム」と「自由」は人生において最も大切な要素としている。ゲームに熱中し過ぎる癖がある。両方とも、性格としては優しい方ではあるが、常に笑みを浮かべていたり、表情が変わらないため、感情を読み取ることが難しい。
    <容姿>身長 178cm/体重66kg。下半身は筋肉質のわりに、上半身は対してない。目は青色で、髪は黒の短髪。目から涙のように垂れ、全身を縛られてるように彫られた青色のライン。制服の上に青色で白のフードがついたパーカーを登校、下校時には着ている。両耳に青色のイヤリング。
    <属性>間
    <魔法>「Chaos」 
     体が触れた物の形状やを変化させる。元々持っていた性質が変わらないが、形状は自由に変化させることができる。また、性質というのは、成分という概念を除いて考える。例えば、石を紙へと変えた場合、ペラペラで簡単に折ることができないが、いざハサミで切ろうとしたら固くて切れない。何か回る物を鉄棒に変えた場合、簡単には折ることはできず、常にぐるぐる回っている。このように、形状に伴って成分もそれと同化するが、本来もつ性質は変わることがない。そんな意味の分からない、理解することができないということから、Chaosと名付けられた

    「データ化」
     体に触れた物、または変化された物に触れた場合。その物をデータ化する。データ化といっても、自分以外は見えず、ただ空気上に詳細が書かれている。そこから、そのデータ化された物の一生を辿ったり、何か変化させることができる。例えば、ある一人の人間をデータ化した場合、そいつの過去と現在の詳細を知ることができる。そして、脳内で追加でプログラミングをした場合、この場合はResetというコマンドを文末に追加し、実行した場合、対象の記憶は全て消え去る。筒状の物をデータ化して、Gunというコマンドを適当な場所にプログラミングし、実行した場合、空気弾を放つ、まるで銃のような筒のようになる。彼がデータ化した物は、24時間だけ彼と同じ青いラインが全身に発生する。プログラミングするときは、その場で制止して、脳に集中してなくてはいけないため、どこか攻撃されない場所で、なおかつ直径1km圏内で行う必要がある。また、コマンドを実行してから持続する時間はラインが消え去る時間と同じである。
    <劣位性>Chaosにおいての形状変化が、変化前と変化後の大きさが比例していなくてはならない。また、成分も変化前と同じものになる。データ化の場合、セキュリティ対策やファイアウォールを突破してからプログラミングしなくてはならず、時間が余計にかかる。また、距離も10m圏内と短くなり、コマンド継続時間も2.4時間となる。
    <優位性>Chaosにおいて、性質も変化させることができ、変化した物体の大きさを変えることなく複製することができる。データ化の場合、距離が10kmとなり、データ化して240時間となる。
    <武器>大鎌
    <募集>特にありません
    <備考>ある高校の電気科の1年生だった。彼のクウハクが発生するまでは、電気関連に対してはとても熱心で、成績もクラストップだった。また、部活でも一年生でありながら走攻守で活躍し、一年生でありながらクリーンナップに入るほどの実力者。人生勝ち組だと誰もが思っていただろう。しかし、ある試合の決勝戦。放られた球が頭へと直撃し病院へと搬送された。命に別状はなかったが、そこから言動がおかしくなり、ゲームのセリフのように話したり、支離滅裂なことを言ったりするようになる。そして、10日目。水を飲みながらサイダーを飲みたいと思っていたら、いきなり、口の中が炭酸がなくなったサイダーのような味がした。それから、100日目。完全に自分がクウハクだということを理解した。その瞬間は、お金が欲しいと思っているときに、肩に止まった虫が一万札へと変換した。その光景をクラスメイト全員が見てしまい、全員が怖がったり罵声を浴びせさせられた。彼の理性は徐々に崩壊への一途を辿っていく。それを彼は理解していた。皆の関係も失い、己も失う。そんな辛い現実に対して高笑いしながら涙を流していた。冷めた皆の視線のように、絶望したときのように深く沈んでいく海の底のように青い涙が全身へと広がっていった。そして彼は気づいた。理性は保られていた。と、同時に手に握りしめていた一万円札の横にデータが写されていた。否、浮いていた。本能的に理解したのだろう。一万円札を細長い紐に変え、クラスメイト全員に触れるように操作し、全員の記憶へと侵入し、自分に対するデータを全て削除した。後に彼は転校という形で入学してきたが、実際は、このデータも改竄されているかもしれない。否、彼の辛い記憶は彼自信によって改竄されているかもしれない

  • No.1538568
    [編集/削除]

    質問です。
    教師にて参加を希望している者ですが、この学園の校長としての参加は可能でしょうか?

    危険度B 属性 間

  • 管理者
    No.1538653
    [編集/削除]

    @獅様

    ご質問ありがとうございます。可能ですが、年齢もそれなりに合わせて頂けると幸いです。
    予約承りました。それでは、希望する「属性」「危険度」をNo.1538568へご記入下さいませ。

  • ジョーカー@電
    No.1538752
    [編集/削除]

    @管理者
    はい。すみません。名前違いましたもんね

  • 管理者
    No.1539048
    [編集/削除]

    @ジョーカー@電様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。 参加を許可致します。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。どうか貴方が喰われませぬようお祈り申し上げます。

  • 管理者
    No.1539366
    [編集/削除]

    @獅様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。教え子なる身として、尊敬と共に歓迎させて頂きます。

  • No.1539386
    [編集/削除]

    属性は治、保健体育の先生、危険度はDで予約したいです

  • 管理者
    No.1539410
    [編集/削除]

    @写様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月3日までの設定投下 宜しくお願い致します。写様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1539577
    [編集/削除]

    「治」「五級」「D」「1年」で参加希望です

  • 管理者
    No.1539587
    [編集/削除]

    @祭様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月3日までの設定投下 宜しくお願い致します。祭様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1539613
    [編集/削除]

    <氏名>マァト・ミラー
    <性別>女
    <担当>保健体育
    <年齢>25歳
    <性格>優しく微笑みながら話しかけたり治療したりする何処かふわふわしているような感じ、マイペースで自分勝手なところがあったりする
    <容姿>画像参照(遊び屋さんちゃんより作成)
    身長は165cm 、細身、黒髪でロングヘアー(長さは胸下らへんくらいの長さ)目の色は赤、両腕には包帯を巻いている、服装は白のカッターシャツに黒の長ズボン、その上に白衣を着ている、黒の靴下に黒のスニーカー
    <属性>治
    <魔法>「写真手術」(自分のカメラ及びカメラ機能があるもので対象を撮り発動可能、現状の状態及びレントゲン等の写真を複数具現化(自身しか触れれない)して見ることができたり、過去の健康体の画像があればそれを手に取り対象にその写真を当て治癒することができる、その逆も可能である)
       「写真世界観」(撮った人物、風景の時間を停止させることができるが停止できる時間は1ロル間だけであり、魔法は停止できない)
    <劣位性>停止出来ず動き、魔法発動時の少しスローになるが魔法が少し威力がます
    <優位性>停止できる時間が倍になり魔法の威力が弱まる
    <武器>リボルバー(ゴム弾)、メス
    <募集>特になし、誘われたりしたら
    <備考>レッグポーチにカメラや簡易治療道具を入れてる物が二つ、リボルバーの位置は秘密(もしもとられても弾は入れてない) 好きな物はコーヒー、嫌いなものは甘ったるいもの 趣味は撮ること、掃除をすること
    (他にも思い付いたりしたら書きます(備考))

  • 管理者
    No.1539622
    [編集/削除]

    @写様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。教え子なる身として、尊敬と共に歓迎させて頂きます。

  • No.1539631
    [編集/削除]

    「霊」「0級」「危険度S」「1年」 での参加希望です。

  • 管理者
    No.1539636
    [編集/削除]

    @謨様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1/3までの設定投下 宜しくお願い致します。謨様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1541241
    [編集/削除]

    「Unknown」 「1級」「2年」「危険度S」にて希望します。

  • No.1541245
    [編集/削除]

    雫、2年、危険度A、0級で参加希望です

  • 管理者
    No.1541252
    [編集/削除]

    @羸様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月4日までの設定投下 宜しくお願い致します。羸様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • 管理者
    No.1541255
    [編集/削除]

    @麗様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月4日までの設定投下 宜しくお願い致します。麗様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1541281
    [編集/削除]

    @管理者
    訂正しました
    確認お願いします

  • No.1541321
    [編集/削除]

    @管理者様

    解説有難う御座います。
    改めて訂正致しました。

  • 鹿
    No.1541881
    [編集/削除]

    大変申し訳ありません。
    ちゃんと最後まで読みました。
    呪、1年、危険度SS、5級
    どうかこれで参加希望お願いいたします。

  • 管理者
    No.1541885
    [編集/削除]

    @鹿様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月4日までの設定投下 宜しくお願い致します。鹿様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1542006
    [編集/削除]

    部屋主様、大変恐縮なのですが何時ごろお部屋を建てられるご予定かお聞きしてもいいでしょうか。
    設定を投稿したい心持ちではあるのですが、おおよその目処だけでもお教えくださればただ設定を投稿しただけで流れてしまうのではないかという不安が拭えるので嬉しいです。

  • 管理者
    No.1542031
    [編集/削除]

    @匿様

    ご質問ありがとうございます。
    部屋建てに関しましては、記載はしておりませんが 設定を投下された参加者様の合計人数が7人以上となることを前提としています。年末年始の忙しさ含める私情で来られない方も数名おられるかとは思いますが ロルが回せる程度には賑わった状態で部屋を建てたいと言う私の考えからです。尚部屋建て等の連絡を行う雑談掲示板の方も、第一回の部屋建てと同時に建てたいと考えております。

    匿様並びに他参加者様、予約者様より、部屋建てに関して何かご要望があれば 一管理者として可能な限り尽力致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さいませ。

  • 鹿
    No.1543086
    [編集/削除]

    「友達との思い出?、あーあれな思い出って書いて"トラウマ"って読むパターンのやつな」

    「言わなくても伝わるなんて傲慢なんだよ、自分の気持ちはちゃんと口に出さなければ相手には伝わらない」

    「みんなの恨み、嫉みなんかが見境なく、全て俺の中に入ってくるからそんなもんを溜め込んでたらこんなひねくれた性格にもなるだろ?」

    <氏名>黒羽 深夜(くろばね しんや)

    <性別>男

    <学年>1年生

    <危険度>SS

    <制御率>赤い指輪を嵌めている。

    <階級>5級

    <性格>いろいろな経験をしてひねくれているせいか、考え方が独特で、すぐひねくれた自己解釈をする癖がある。
    自分に自信もなく素直になるのが恥ずかしいと思っている。
    自分に対しても他の人に対しても理不尽な行為には黙っておらず、怒り相手を必要以上に懲らしめようとする。

    妹がいたためか実は面倒見がいい。

    <容姿>どこでも立ち絵メーカー 龍の角様
    175cm 66キロ

    <属性>呪属性 (呪いの負のエネルギーを受け付けやすい)

    <魔法>「呪詛流し」
    掴んだ相手の体に呪詛を流し込み体全身を呪い殺す。(呪い殺された部位は本来の機能を失うが、手を離れると少しずつ機能は戻っていく)

    「呪・解放(暴走)」
    体の中に溜まりに溜まった人からの怨念などが渦巻きキャパオーバーした時に呪いが溢れかえってしまい自分の体が呪いに侵され意識を持っていかれる。
    呪いは他人の様々な想いが込められているので、多重人格のようになってしまい自分を見失ってしまうため暴走する。

    <劣位性> 炎、雫、翼、闇、光、霊に対して
    他人からの呪いを普通の人より受け付けてしまうのと比例して、与えられるダメージも多い。

    <優位性>治の者に対しては呪いを流し込んだ時、他より呪いの効果が抜群

    <武器>なし

    <募集>特になし

    <備考>趣味:人間観察(特に妬み、嫉み.恨みを抱えているような人間がすぐにわかる)
    昔から人と仲良くなろうとするたびに、不幸なことが起きてうまくいかず、今まで上手いこと友達とかを作ることに成功したことがなかった。
    そんなことが続いたせいで、自分の中の性格が歪みひねくれた性格になってしまった。

    魔法は生まれつき備わっていたようで高校になるまでその存在に気づかなかったが、急に誰かの恨言みたいのが頻繁に聞こえるたびに心の中にどす黒い何かが溜まっていく気がした。その感覚が好きで中学では見事なまでの厨二病になっていたが、高校なり冷静になると「これおかしい」となりその時点ではすでに心に沢山の腐った想いが募り俺自信も目の下にクマもでき、心も荒んでいった。時々呪いに心を支配されて暴れることもあったため、次第に家族から腫れ物のように扱われるようになった、俺がおかしくなった原因が「クウハク」と呼ばれるものだそれを知ってしまった。両親はもはや俺を自分の子とは思わず、「バケモノ」という認識に変わっていた。
    しかし、そんな中でも妹(小学校低学年)は俺のことを最後まで怖がらずに好きでいてくれた、俺は中学の時からシスコンと呼ばれるほどに歳の離れた小さな妹を溺愛してきた、妹もそんな俺に対して好きでいてくれたしかし、両親はバケモノに妹を近づけさせるわけにはいかないそう思うだろうと想い、妹とは会わずに別れたのだった。

  • 管理者
    No.1543099
    [編集/削除]

    @鹿様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。 参加を許可致します。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。どうか貴方が喰われませぬようお祈り申し上げます。

  • 鹿
    No.1543141
    [編集/削除]

    @管理者
    ありがとうございます!!
    よろしくお願いいたします。

  • No.1543732
    [編集/削除]

    雫、3級、危険度B、2年で参加希望致します。

  • 管理者
    No.1543779
    [編集/削除]

    @睦様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月5日までの設定投下 宜しくお願い致します。睦様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1543940
    [編集/削除]

    「私は3級です…嘘とかじゃ…ないですよ……?」

    「◯◯ちゃん…!私と、どこか遊びに行かない……?」

    <氏名>アイリス・エレメンティア
    <性別>女
    <学年>2年
    <危険度>A
    <制御率>青色の指輪
    <階級>0級
    <性格>見た目通り、子供っぽく基本的にはのほほんとして、マイペースな性格、時々、ミステリアスな喋り方をする、それが本当の自分
    周りには嘘の自分、偽りの自分ばかりを演じている。
    本当の自分はあまり見せることは無い

    <容姿>身長は154センチとやや低め
    日常的にクマの人形を持ち歩いていて、離すことなどほとんどないほど大切なもの
    (もっとももいろね式美少女メーカー様)

    <属性>雫
    <魔法>見せたいと思った人に幻を見せることが出来る
    その人の過去、嫌な思い出など見せたいものを見させることが出来る
    その詳しい内容は自分でも分からない、完全ランダムだが、多少は操作出来る
    発動には水が周りにあることが条件
    嫌なことや、偽の障害物、等多少は操作出来る

    もうひとつの魔法は氷を足元に生やすこと
    発動には自身の血が必要なため、あまり使うことは無い

    <劣位性>間に劣位なため、魔法が効きにくいのと、水と血の必要な量が増える
    <優位性>翼に優位なため、幻の内容も自分の思うままに変えることができる

    <武器>クマの中に果物ナイフを隠し持っている
    <募集>0級だと言うとこを唯一知っている友達
    <備考>0級だと言うことを周りには隠しているが、1人の友達にのみ知っている
    授業中などは見せてないが、休憩などではバッチを偽っている
    自身の魔法もあまり人には話していない

    何かあればご指摘お願いします

  • 管理者
    No.1544047
    [編集/削除]

    @麗様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。零なる貴女が、下剋上にてその座を奪われませぬようお祈り申し上げます。

  • No.1544069
    [編集/削除]

    〈毒〉〈4級〉〈危険度S〉「3年」で参加希望です。

  • No.1544072
    [編集/削除]

    @管理者
    はい、すみません!
    予測変換間違ってました…

  • 管理者
    No.1544152
    [編集/削除]

    @田様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月5日までの設定投下 宜しくお願い致します。田様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • 管理者@部屋建てについて
    No.1544190
    [編集/削除]

    @皆様

    参加者様の合計人数が七人を突破致しました。まずは予約者様含める皆様、誠にありがとうございます。
    No.1542031にて予告した通り、本日より部屋建てを行います。時刻は本日22時より、場所はハンドルネームが漢字一字の方であれば把握済みと思われます。
    雑談掲示板は部屋建てと同時に建設致します。参加許可の下りた方はそちらにも御顔出し下さいませ。
    以上、管理者より 部屋建てについての連絡でした。

  • No.1544214
    [編集/削除]

    @管理者
    なるほど、了解しました
    青色に変えさせてもらいます

  • No.1544216
    [編集/削除]

    <氏名> 虹雲 光子 (のちぐも こうこ)
    <性別> 女
    <学年> 2年
    <危険度> B
    <制御率> 黄色のイヤリング
    <階級> 3級

    <性格> マイペースでいつも気だるげにしている、ダウナーな雰囲気を纏った少女。身の回りの生活環境に非常に無頓着、面倒臭がりも相まってかなりずぼら。そのため抜けているところがありどうも締まらない性格をしている。また少々人見知りで、初対面の人とはあまり目を合わせる事が出来ない上ずぼらな性格も見せようとしないが、仲良くなれば次第に抜けているところが露出してくるだろう。あまり大声で笑ったりはせず腑抜けた笑顔でへらへらと笑うことが多いが、普段は憂鬱そうな表情を浮かべている。戦闘にはあまり良い印象は持っておらず戦いのいろはも分からないため、下剋上には無縁だと思っており自ら戦闘をしたりはしない。そのため階級制度も自分には関係無いと思っていて、だからといって上の階級に不躾な態度を取ったりはしないが階級制度なんてない方が良い、と考えている。

    <容姿> 身長160cm、体重はそれに比べ平均より少々重め。明るい紫の瞳を持つ垂れ目はいつも伏し目がちで、憂鬱そうに空を見ている。スモーキーピンクの髪はふわふわとした天然パーマで、前髪は重いが後ろは少し狩り上げておりベリーショート。学園から配布されたセーラー服に自前の大きいリボンを結び着飾っており、その上から1サイズ大きいカーディガンを緩く羽織っていて 左利きなので、カーディガンの左腕は物を掴みやすいよう捲っている。黒いショートパンツにベルトを締めガーターベルトで白のハイソックスを繋いでいるが、右足のベルトは外れており靴下も左足に比べずり落ちてしまっている。どうやら右足のベルトは壊れているようで、買い替えるのが面倒くさくそのままにしているらしい。靴は2cmのヒールが入った茶色のローファーで、傷が目立つ。
    画像は自作

    <属性> 雫

    <魔法> 主に水が主体の混合物の状態変化。液体を個体や気体、またその逆も指先に触れると起こす事ができ、発動した場合少しではあるが温度変化も起こる。普段は水を氷にして飲み物に入れたり、冷めた風呂を温めたり等日常的に使用している。しかし使い方によっては人を死に至らせる可能性もあるので使用する用途には気を付けないといけない。自律神経が乱れていると自分の意図していないうちに暴発してしまったりいつの間にか凍らせてしまったりする。

    <劣位性> 焔と間の者が自分と触れ合えるぐらいの距離に居ると、魔法の発動を完全に遂行することができない。

    <優位性> 翼の者に、魔法発動時の温度変化が伝わりやすい。

    <武器> 護身用の果物ナイフを常備しているが、手入れを怠っているため殺傷能力は殆ど無い。

    <募集>世話焼きな友達

    <備考> 口調は上の学年に対しては不完全な敬語、自分の学年以下に対してはタメ口で話す。普段勉強以外に何をやっているのかといえば、大体は食堂や庭にいる。趣味は食事で食堂では気が済むまで食べ、庭では暇潰しに散歩。友達がたくさん出来るような性格では無いので、基本ひとりでぶらぶらしている。
    後天性の«クウハク»で、普通の学校とは違うこの学園に放り込まれ階級制度の厳しい学園生活を強いられていることについて不服に思っているらしく、こんな力無ければよかったのに、と自分の魔法を少しながら恨んでいる。上の階級の人間に理不尽に見下されることが嫌で嫌でしょうがないが、自分になす術はないため半ば諦め気味だ。そのため階級制度が無視される月夜のお茶会を毎回楽しみにしている。
    学習面では、地頭は良いが努力を怠りがちなのでいまいち伸び悩んでいる。文系が苦手。

    「腰抜け?どうとでも言いなよ、あんな人たちに挑めるわけないじゃん」

    「あ、あたしの部屋はだめだよ…全然片付いてないし、恥ずかしいから」

    「こんなチカラ、無い方が良いに決まってる。めんどくさいだけだもん」

  • AIRA
    No.1544512
    [編集/削除]

    生徒会副会長で参加希望なのですが生徒会で危険度Dで実力を隠してるみたいな設定はアリなのでしょうか?

  • 管理者
    No.1544589
    [編集/削除]

    @睦様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。お暇でしたら 彼のテリトリーなる庭へいらして下さい。歓迎致します。

  • No.1544624
    [編集/削除]

    申し訳ありません、見落としていました。危険度Dの生徒会副会長参加希望よろしいでしょうか?

  • No.1545423
    [編集/削除]

    えっと、質問なのですが予約出来ないと言われたのですが、どうゆう事でしょうか?

  • 管理者
    No.1545450
    [編集/削除]

    @海様

    今一度、当掲示板の設定等を一から御読み直し下さいませ。

  • No.1545459
    [編集/削除]

    【入学届】

    <氏名>氏方 惚楚/うじかた とぼそ
    <性別>不明
    <学年>一年
    <危険度>S
    <制御率>赤のファランジリング
    <階級>0級
    <性格>
    エゴイスティックな悲劇趣味。他人を他人とも思わない代わり全てのものを憂いながら過ごしているが、所詮は自己本位な陶酔のための餌にしているに過ぎない。世界にいるにおいては常に何者かを不幸にしなければならないと考え、他人の不幸のために己をなげうつことを厭わないが、他人の幸せを浴びることを何より嫌う。いついつこの生活が悲劇的になるか、それだけを考え夢見ている。
    <容姿> 月色の瞳は夜色の髪にゆるく覆われてその形の判別がつきにくいものの、時折覗く様から見て取るなら垂れ目がちであることを知れる。手を入れたことはないのだという主張も通りそうなほど伸び床までつきかけた髪の毛先は色素が抜けた灰銀色。病的なまでに細く瘦せぎす、魅力にはおよそ欠けているが施している化粧はどこかしら惹きつけられるものもいるかもしれない独特なそれ。身長は低いほう。尤も素直に制服を着こなしているためちぐはぐな印象を与えるかもしれないが。引きつったような笑みをいつも浮かべ、高価だと誰にでもわかる香水を系統に関係なく着用している。
    Picrew「イルコ式中性キャラメーカー」様より。

    <属性>霊
    <魔法>つぎき/植物の種のような形をしていて、自身でも「実」と呼んでいるものを何かへ差し込むことによって霊的植物を其処へ顕現させる。大きさは大凡廊下一帯が埋まるほどで、直前に己が願ったことを、周囲の犠牲と引き換えに行っていく。犠牲はランダムに選ばれ、時に己自身の体であることも。犠牲に選ばれたものがなんであれ膨れができ、触れれば裂けて例えそんな内容でないものからであっても木の根のようなものが溢れる。それが溢れた後の物質は薄っぺらい皮を残すのみで、誰の目にもその変質は明らかである。発動と同時に自分自身も気絶し、「嫌な夢」を見る。

    この『実』をいつ本人が握るか自分自身にも判別がつかず、また願うことも性格上大抵は生活に支障の出ることであるために危険度は高い。
    本来はこのような魔法ではないらしいことを示唆されている。
    ×××/詳細不明。
    <劣位性>光属性のものが近くにいる状態では種を何処かへ押し付けてもそれが沈んでいくことがなく、植えられない。ただし押し付けたもの自体の性質は変質し、溢れ出た根は己の体を覆い尽くす。回復には時間がかかる。
    <優位性>闇属性・間属性のものが近くにいる状態で種を持つと植物が「同じ空間だ」と己の認識する全てを覆い、尚も存在を広げようとする。種を何処かへ植えると繁殖とも呼べるその動きはなくなるものの願ったことの実現に向けて植物がうねることは変わらず、また即座に気絶するのではなく若干(1,2ロル程度)タイムラグが生まれるようになる。
    <武器>自分に合うものを探している途中。今は針。
    <募集>己の妄想を暇つぶしに聞く知人
    <備考>好きな食べ物はラーメン。食べるとすぐ体調が悪くなり吐き戻しそうにはなるが、懲りずに食堂で頼む。「くうはく」という能力者に対しての名前を気に入っている。中身を空っぽにする自分の能力から、遠いところにない名前なので。

  • No.1545464
    [編集/削除]

    見返しましたが違和感のあるところが無いのですが、ご迷惑をおかけしますが説明してもらっても大丈夫でしょうか?(馬鹿ですいません…)

  • No.1546063
    [編集/削除]

    本当に申し訳ありませんでした…匿名様のおかげで要約気付きました…ので一度のせた設定を消させて頂きます…<霊属性><階級2級><危険度SS><学年2学年>の生徒会副会長で参加希望良いでしょうか?

  • chaos
    No.1546222
    [編集/削除]

    誠に素晴らしいスレとお見受けしました。参加希望させていただきます。
    「呪」「1級」「SS」「3年」「生徒会長」

  • 管理者
    No.1546360
    [編集/削除]

    @謨様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。零なる貴女が、下剋上にてその座を奪われませぬようお祈り申し上げます。

  • 管理者
    No.1546369
    [編集/削除]

    @海様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月6日までの設定投下 宜しくお願い致します。海様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • 管理者
    No.1546370
    [編集/削除]

    @chaos様

    申し訳ありませんが、予約を受け付けることは出来ません。

  • No.1546675
    [編集/削除]

    「…ごめんなさい。怒っている訳じゃないの。本当は嬉しいのですよ?」

    「えっと、何だっけ。確か貴方の名前は……?」

    「僕?俺?……あぁ、そっか。説明してなかったや。」

    <氏名>papillon bleu(パピヨン・ブルー)

    <性別>男(女の外見)

    <学年>2年

    <危険度>S

    <制御率>橙

    <階級>1級

    <性格>つかみどころがなく飄々としている。表情も殆ど変わらず感情表現が少ないため思考が読みにくい。表情筋が死んでいる。
       敵と判断すると容赦なく切り捨てるような機械的な性格。
        しかし人間らしい人格も残されており何をするにも「自分は自分」と割り切って行動するので、
    周囲の意見に流されることはほとんどない。
       自信家で自分の考えを活かそうとする強い意志の持ち主。
       やみくもに自己主張せず、確実にものごとを貫くので、たとえ一人だけ皆と違うことをしてたとしても堂々としていて、
       周囲を納得させるだけの説得力には自信アリ。
       感情表現がきわめて豊か。ちょっとしたことでもオーバーなうえ、思ったことはすぐに口にだしてしまう。
        よそ者に邪魔されることを嫌い、ひとりでも身の安全を守ることができるようにと
        テリトリー意識が強い。自分の気分で行動を変え、とってもマイペースで甘えたいときには甘えるし、
        のんびりしたいときには敵対心を露わにする。
       エネルギー補給と称して相当な大食い。観察眼が鋭い。

    <容姿>白髪を蝶型の髪留めで飾り、深紅の瞳。青を基調としたブレザーにオオルリアゲハ柄のスカート。
       白タイツに、袖にフリルの付いた白いワイシャツ。赤いネクタイにアネモネのネクタイピン。画像参照。(自作)
       168㎝。

    <属性>Unknown

    <魔法>【α】想像した物を創造し、呼び出し使役する召喚能力。事象以外なら呼び出すことが出来る。
       【β】体内に蓄積したエネルギーを電気に変換し放出する能力。
          身体を電気に変えて電気以外にもネット回線に入りこんだりも出来る。
       【Ω】「少年は????」まだ、誰にも解らない。

    <劣位性>毒、治、間、呪を持つ者の体には効果が半減する、ないし効果発動まで少々時間が掛かる。

    <優位性>焔、雫、翼、闇、光、霊には効果が倍、ないし効果発動までの時間が一瞬。

    <武器>召喚物、そこらへんにある物

    <募集>心の内を打ち明けてくれる方(どなたでも)
       お誘いあれば是非!

    <備考>クウハクとして先天性の魔力を持つ。生まれつき記憶力に障害があり自分の名前や生い立ちを覚えていない。もとは少年としての人格、姿だったが訳あって少女の体になっている。
       幼いころから親元を離れ、師匠、という存在の元に奉公し現在の名前を授けてもらい名乗っている。体と性別が異なる理由と深く関わっている。
       表情が殆ど変わらないが感情は豊かである、だが無表情のせいで変に勘違いされやすい。
       お嬢様(御坊っちゃま)で、運動・学業能力は優れているが、記憶障害のせいで不便な生活を送っている。
    月夜の日だけ男性の体に戻れる。
       

  • 管理者
    No.1546745
    [編集/削除]

    @羸様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。貴女も不明と云うならば 善い噺が出来そうです。

  • 管理者
    No.1546905
    [編集/削除]

    @鯨様

    予約期限を過ぎられました。延長、キャンセル、どちらを選ぶにしても 何らかの一報は下さいませ。

  • No.1547052
    [編集/削除]

    三年生、2級の危険度A、霊属性で参加希望です。

  • 管理者
    No.1547089
    [編集/削除]

    @鳥様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月7日までの設定投下 宜しくお願い致します。鳥様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • No.1547139
    [編集/削除]

    設定載せます!!

    <名前>野々江 愛梨(ののえ あいり)

    <性別>女

    <学年>2年

    <危険度>SS(自分ではBと言っている)

    <制御率>赤のバッチ

    <階級>2級

    <性格>顔は明るそうだが口癖がダルいの偏屈屋で授業中はずっとでろーんとして寝ている。関西弁で喋るがビジネス関西弁でたまぁに素が出る。ドッキリを仕掛けるのが好きで話したことある無い関係なく誰にでもドッキリをしようとする。人の生死には興味がなく命に関わるドッキリを月夜のお茶会でしようとしたりする。頭がかなり良く機転が効き色んな事でその頭の良さを生かす事が出来る。危険度はBと言っているが能力の本当の力を隠している。

    <容姿>身長165cm、体重52kg。青色の短めの髪にベレー帽を着用していて少しタレ目の白い目、左目の真下にほくろがある。鼻にはそばかすがある。服装は軍服のような服に肩から腰まで斜めにベルトを巻いていて袖に赤いバッチをつけている首にはネックレスをしていてイヤフォンを高確率で首にかけているか耳にはめている(イラストはダウナー女子の作り方様で作らせて頂きました、ありがとうございます)

    <属性>霊

    <魔法>「ゴーストキネス」 物に自分が作り出した魂を憑依させ動かす事が出来る。動かせる数は最大で5つ(砂のような極小の物は5kgまで動かせる)で動かした物の視点も見れる
    「ブレインリブート」 彼女が隠している能力。魂を指定した相手に最大1時間寄生させる事が出来た場合発動する能力。寄生させた相手は寄生中に黒の点々が身体中に浮かび上がり1時間中自分のトラウマや悲しい過去、世界中の人のトラウマを相手に見せる事が出来る(一時間中は攻撃をしてもダメージは無いし死なないし傷もすぐに直る)それに耐えられなかった相手は2分間動かなくする事が出来る(2分間は攻撃してもダメージはあるが死なないし2分経ったら傷もダメージも直る)

    <劣位性>光属性にはブレインリブートの時間が1時間から30分になり耐えられなくなってもデメリットが無くなる

    <優位性>闇と間の相手には耐えられなくなった場合2分ではなく5分動かなくなり、動くようになってもダメージはある

    <武器>ゴーストキネスで動かせる物、ダーツの矢

    <募集>唯一生きて欲しいと思える友人

    <備考>生徒会執行部副会長、だらしなくもう一人の副会長よりも少し扱いが雑である。過去に妹をブレインリブートで脅かした事がきっかけで妹を精神崩壊させているがなにも思っていない。趣味は盗撮とゲーム

    「おっ、あんた見ない顔やなぁ、どうや!鮭飲まんか?……騙されたなドッキリやって!!これシャンメリーやアルコール入ってない!フ、ハハ…あんさん反応おもろいなぁ」

    「私はBや安心しぃや、危害を及ぼすのはドッキリする時だけやから安全しぃや……君にやらないとは言ってへんけど」

    「ハハ、可哀想になぁ、こんな奴に挑むなんてなぁ、Bだから勝てるかもて思てたかもしれへんけど私は戦略で生きててなぁ、色んなもん隠すんやわ、素性も、能力も、まぁ頑張って耐えてくれへんと面白くないから耐えてくれよ…?」

  • No.1547387
    [編集/削除]

    「呪」「4級」「危険度B」「1年」での参加希望です。

  • No.1548136
    [編集/削除]

    「私はソフィア・セルパンテスと申しますこの学園で皆様と出会えて嬉しい限りです」

    「あの人ポイ捨てしてる…注意しに行かないと…!あの!そこの方!えっと…その…えっと…ポイ捨ては駄目だと思います…!あ…いや…ごめんなさい…」

    「下剋上ですか…争いはどうしても好む事が出来ません…ですが…どうしても必要な争いなのですか…」

    <氏名> ソフィア・セルパンテス
    <性別> 女
    <学年> 1年
    <危険度> D
    <制御率> 緑
    <階級> 五級
    <性格> 大人しい性格をしており強く言われるとどうしても言い返せずうじうじとしてしまう、そんな大人しい性格なのだがそんな大人しい彼女の足を引っ張るのが彼女自身の正義感である。ハッキリ物事を言えないそんな性格をしているのにどうしても悪い行いはやめさせると言う事を考えてしまう結局相手に強く言われてしまうと何も言い返せなくなり謝ってしまう 喧嘩などをするのも注意するのも苦手であり次第に慣れていくのだが初対面でグイグイと迫ってくる人が少し怖い 礼儀正しく上品であり裁縫をしたり女の子らしい性格をしている
    <容姿> 身長は170cm程であり薄いピンク色の髪の毛をしている 目はピンク色であり髪はポニーテールにしている 植物女子メーカー様使用
    <属性> 治
    <魔法> 【平和の花】
    祈りを捧げるといつの間にか彼女に手に花が出てくる その花を物に1本置くとその物と会話をする事が出来る 生物には使う事が出来ず上に花を1本置ける物しか発動する事が出来ない
    【優しき天使の子守唄】
    自分の周囲1mから風が起こり桜の花弁が彼女の周りを舞い始める その桜の花弁は柔らかい普通の桜とまったく同じ見た目をしているが鋭く人に傷を与えられるが威力はあまり強くは無い 風を利用して大ジャンプをしたりなども可能
    <劣位性> 桜の威力が下がり風も弱まる
    <優位性> 桜の威力が上がり風も強くなる
    <武器> 斧
    <募集>
    <備考>彼女は悪い行いを正そうとするが彼女は弱い その事については自分が一番理解出来ている。彼女は自分が男の子だったらこんな弱さも無いのだろうなと言う考えをしているようだ 気が弱く年下にも敬語を使ってしまう時がある 彼女の母親と父親は息子が欲しかったそうだが女の子として産まれてしまった彼女の事をあまり良く思ってはいない 父と母が彼女に怒鳴って彼女を叱る度彼女の心はどんどん内へと隠れて行きます そんな彼女の事を一番良く考えていてくれたのはおじいちゃんだったが彼女が10歳の時に他界してしまった おじいちゃんは真面目で自分の人生にレールに敷いてくる父と母と違いおじいちゃんは物腰が柔らかく優しい人であったが正義感が強く悪い行いや誰かが困っていると自分を投げ捨ててでも人の為に生きる人だった自分の道は自分で決めさせてくれるそんな人だった 今でもおじいちゃんの生き方を見て過ごしている

  • 副管理
    No.1548969
    [編集/削除]

    @海様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。同じ副会長同士、仲良うしてくれると嬉しいのう。

  • 副管理
    No.1548970
    [編集/削除]

    @忍様

    参加希望、ありがとうございます。
    それでは、1月7日までの設定投下 宜しくお願い致します。忍様の素敵な設定を心待ちにしております。

  • 副管理
    No.1549070
    [編集/削除]

    @祭様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    只、少し疑問に思ったのですが<劣位性>と<優位性>に書かれている【木】とは何のことでしょうか。又、会話する魔法で何故威力に差が出るのでしょうか。

  • No.1549234
    [編集/削除]

    <氏名>秘純 幽 -ヒスミ カスカ-
    <性別>女
    <学年>1年
    <危険度>B
    <制御率>赤
    <階級>4級
    <性格>大雑把。人を疑う事を知らず、自分を制する事も知らず、気持ちの赴くままに振る舞い、痛い目をみて、我に返り、また暴走する。自分がこうだと思ったことを疑わず、また人がこうだと言ったことを疑わない。自分が気に食わない物を許せず、壊し、排除する事を厭わない。基本的には天真爛漫、純粋無垢な振る舞いをするが、何事にも一直線が過ぎるよう。
    <容姿>白く、細く、長い髪。強烈に作り物めいた顔。夜をうつした様な瞳は暗く、仄かに青みがかって、硝子玉か何かと見まごいそうな。体格はこの上なく華奢、肌は人形のようになめらかで、人間味が薄い。黒系統、フリルのボリューム感が特徴的な服を好んで着る。大きな獣の耳は、見た目だけで耳としての機能は無いようだ。(イラストは自作のものです。)
    <属性>呪
    <魔法>
    「 にえ 」
    代償を支払い、他者を害するモノ。
    自分が支払うのであれば、自分のものであれば代償はなんでもいい。代償が大きければ大きい程、強く他者を害し、縛り、呪う事が出来る。
    「 うた 」
    他者の破壊欲求、誰かを憎む感情、敵対心等の向かう先を誘導する。尚、誘導のしやすさ等は相手の意志の強さ次第なよう。
    <劣位性>
    炎、雫、翼、闇、光、霊に対して、「にえ」はより多く、より大きな代償を必要とし、「うた」の誘導性が著しく下がる。また、幽本人への破壊欲求、敵対性等が強くなる場合がある。
    <優位性>
    治に対して、「にえ」は殆どノーリスクで強い呪を発揮し、「うた」の誘導性が大きく上がる。また、幽本人に対して敵対的になりづらい場合がある。
    <武器>名無しの、かなり大振りの刀。
    <募集>特に無し。
    <備考>暴走し、爆走し、制御するということを知らぬ少女。後天的な'クウハク'。感情が、欲望が赴くままに振る舞い、魔法の力に突然目覚め、力も心も制御を失ったままで他者を呪い、その時に人としての姿を失った。少女はその時から少女のまま、人間離れした獣と人形の掛け合わせのような姿のままである。

    何か不備等あれば教えてくださいまし。

  • No.1549840
    [編集/削除]

    @副管理
    あああああ間違えて計画段階の奴持ってきてしまったすみません修正するのでお待ち下さい!

  • No.1550130
    [編集/削除]

    設定を一部改変致しました。
    一応、男子の枠として把握して頂ければと。

  • 副管理
    No.1551149
    [編集/削除]

    @忍様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。真っ直ぐなお主が真っ直ぐなまま、この学院で生きていける事を祈るぞ。

  • 副管理
    No.1551154
    [編集/削除]

    @祭様

    把握致しました。予約期限の延長をさせて頂きます。

  • 鹿
    No.1552528
    [編集/削除]

    上げ

  • No.1553556
    [編集/削除]

    修正しましたので確認お願い致しますお手数かけてしまい本当に申し訳ございません

  • No.1553738
    [編集/削除]

    すいません…今日中に設定投下できなさそうなので延長さしてもらってもいいでしょうか?

  • 副管理
    No.1553844
    [編集/削除]

    @祭様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。どうかお主が喰われぬように祈っておるぞ。

  • 副管理
    No.1553848
    [編集/削除]

    @田様

    把握致しました。期間の延長をさせて頂きます。

  • 鹿
    No.1556925
    [編集/削除]

    あげ

  • No.1559321
    [編集/削除]

    <氏名>サニー・マーガレット
    <性別›オネエ
    <学年>3学生
    <危険度>S
    <制御率>橙
    <階級>四級
    <性格>自分の知らない事や珍しい事、面白い事などに興味を持ち、積極的に知ろうとする。
    怒こったり泣いたり笑ったり、感情が表に出てしまうことが多い。
    いつもオネエ口調で喋り、気に入った人物には嫌がられてもしつこく喋りかける。

    <容姿>身長172cm体重54kgと薄紫の髪色で釣り目をしている服は外にいる時はキッチリシャツを着ているが私服は露出度が高めの物が多く 寝る時は裸で寝るらしい(お隣さんメーカー
    <属性>毒
    <魔法>Fake smile(愛想笑い)
    感情は人間にとって一番の蜜であり毒である
    サニーは感情が高まった時に毒を噴射する。その噴射の仕方は感情の時によって大きく違う
    喜びは体全身から硫化水素を噴射させる。効果は脳神経に直接作用して意識障害、呼吸麻痺を引き起こす(効果が出る時間は3ロル〜5ロル)

    怒りは呼吸困難を引き起す毒粉を周りに撒き散らす

    恐怖する感情はその恐怖したものから己の身を守るために体の汗を毒に変えることができる。この毒を粘り強く、傷口に入ると患部がズキズキと痛む

    「Poisonous rain」
    サニーが悲しみの感情を抱いた時に発動してしまう
    サニーの周りに紫の雲が出現し。
    酸の雨を流す、どれだけ降るかは彼の悲しみの度合いで変わる

    <劣位性>他の魔法の影響が大きくなる
    <優位性>毒がまわりやすくなる
    <武器>自分の爪に塗り込んだ毒。爪は長く伸ばしていてひっかきやすくしている。この毒は自分の汗を毒に変化させたもの
    <募集>チームセンチピードのメンバー(ソフィア・セルパンテス@祭)
    (2人まで)
    <備考>愛と美を心に抱き生きている オネエと言うだけで人に距離を置かれている事を少し気にしている 感情をしっかりと表に出す人間らしい部分が大きく目立つだろうか 面倒見も良い為 相談事は聞いてくれる 悲しい時は一緒に泣き 怒っている時は一緒に怒り 嬉しい時は誰よりもときびり笑う オカマだから人と距離を置かれる事を気にしているからこそ自分と真正面から向き合ってくれる人が大好きであり誰よりも寄り添ってあげたいと言う気持ちでいる センチピードと言うチームのリーダーをしている そのチームで何か計画している訳でも無ければ学校公認な訳でもない自主的に勝手に作り上げチームと名乗っている

  • 副管理
    No.1560404
    [編集/削除]

    @田様

    素敵な設定、拝見させて頂きました。
    ようこそ、見た目ばかりの花園へ。此処で三年生きて来た生徒は少ないようでな、歓迎するぞ。

  • 副管理
    No.1560407
    [編集/削除]

    @鳥様

    予約期限を過ぎられました。延長、キャンセル、どちらを選ぶにしても 何らかの一報は下さいませ。

  • No.1561544
    [編集/削除]

    @田 様!
    サニー・マーガレット様の募集である
    センチピードのメンバーに入れて欲しいです!

  • No.1561669
    [編集/削除]

    おーけーですよ!@祭

  • 鹿
    No.1565148
    [編集/削除]

    あげ

  • 鹿
    No.1567636
    [編集/削除]

    あげ

※記事を編集・削除するためのパスワード