デュラララチャット(仮)なりきり募集掲示板

なりきりの募集を行うための掲示板です。雑談はなり雑でお願いします。

  • 今宵、平闇京にて(妖怪オリ也/妖怪迷い人募集中)

    へべれけ主
    No.1544593
    [編集/削除]

    しんねん、あけましておめでとうございます。
    おおくのかたがぶじ、としをこせたようですが…かわいそうに、あなたはこえられなかったのですね。
    たまにいるのです。おしょうがつ、おぼん、おひがん…あのよとこのよのさかいがあいまいになるころ、うっかりころがりおちてしまうにんげんが、あなたのようにいるのです。
    かえりみちは、やはりわかりませんか……ざんねんですが、わたしではあなたをもとのばしょへかえしてあげることはできません。
    だからといってずっとここにいては、おそかれはやかれたましいまでもがしんでしまう……しかたない、あそこへおつれするとしましょう。
    あそこもこことさしてかわりませんが、こんなまっくらなところよりはましでしょうよ……それに、うんがよければかえれるかもしれません。あなたとおなじきょうぐうのにんげんもいますから、さびしくもないでしょう。

    さあ、あのあおいひのたまについていってください。そしてたどりついたそのさきでは、どうかおげんきで。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    【注意事項】
    ・デュラチャの利用規約を遵守。
    ・妖怪と人間の日常・恋愛・戦闘・ホラー・グロなどなど。恋愛は3L(NL/BL/GL)自由、無理矢理とかは絶対にダメ。
    ・基本的に死にません!首が取れたり臓器が溢れたりしても死にはしないけど痛みはある。イベントなどで希望者のみロスト可。
    ・確定ロル、五月雨ロルに注意してもらえればロルの長さはあまり縛りません。
    ・一部の妖怪の被りを禁止してますので、詳しくは下記をご覧下さい。
    ・チートは禁止です。強い能力には範囲を限定したり発動に条件付けたりデメリットつけてください。
    ・予約した人は3日以内にお願いします。
    ・管理人が忘れっぽい若干ダメな人なので、皆様も積極的に部屋立てしてくださいね。
    ・以上の注意事項と以下の文章に目を通したらば、その証としてハンドルネームの最後に「.」を付けて下さい。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     妖怪にとっての死は現世の器の損失 故に魂は死せず

     だが妖怪は魂のみでは現世に留まれぬ 故に在るべき場所へ還るのだ

     魂のみが集う場所 『へいあんきょう』へ

     …平安京?あー違う違う、そっちやな…んんっごほん!

     此処は『平闇京』 日は昇らず仮初めの月が我らを照らす

     古今東西の魑魅魍魎 悪鬼羅刹蔓延る魔の都なり

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    【『平闇京のすゝめ』、いわゆる世界観説明】

    〈妖怪について〉
    ...妖力なる独自のエネルギーを持ち、妖術を操る闇の住人。斬られた~寿命を迎えた~などの理由で死ぬと、器から魂がにゅるんと抜け出るのは人と一緒。そしてそのまま現世を徘徊すると、短くなった蝋燭の火が消えるようにみるみる弱体化して、最終的にはふっと消えてしまう。別の器に入ったとしても器側の摩耗が激しく、すぐ壊れてしまう。なので大抵の魂は消滅してしまう前に、妖怪の安住の地とされる平闇京にやってくるのだ。

    〈平闇京について〉
    ...あの世と此の世の境的なところに存在する都。世界と呼べるほど広大でも無く、異空間と呼ぶほど狭くも無い。この都は何時から在るのか?自然にできたのか?どっかの誰かが作ったのか?真実は都に住む誰も知らない。
    此処に太陽は無く、空の月も誰かが作った精巧な偽物。お化け提灯が通りを照らし、宙には青い火の玉に布や烏天狗が飛んでいる。火事と喧嘩は江戸の華なんて言葉があったが、此処でもあちこちで妖怪がどんちゃん騒ぎ、喧嘩が始まれば妖怪や建物が氷漬けになったり炎上したり…毎日良くも悪くも賑やかだ。たまに人間の魂が迷い込んで来ることもあるが、元の場所に帰ったという話は聞いた事が無い。

    〈平闇京三大妖怪とは?〉
    ...平闇京で島を取り合っている「白面金毛九尾の狐」「酒呑童子」「大嶽丸」のこと。三大というのは強さの意ではなく、良くも悪くも目立っている有名妖怪という意味。
    それぞれが自分の組を率いて二百年以上も争っているが、争いの原因がなんだったかはもう誰も覚えてない。
    建物が妖術で崩壊、巻き添えを食った重傷者は星の数…組よりも周りの被害が甚大なので、十年に一度の周期で休戦期間を設けている。けれどいざこざは絶えず起こるもので、休戦中でも大なり小なり喧嘩はする。暇潰しに暴れ回る妖怪なんて此処には五万と居るので、本当に組同士の仲が悪いかは当人のみぞ知る。

    〈「白面金毛九尾の狐」について〉
    ...かつて玉藻の前とも呼ばれていた狐。平闇京の最西で温泉宿を営み、大繁盛している。
    ・一人募集。
    ・九尾は「白面金毛九尾の狐」のみとさせてもらうので被り禁止、九尾以外の狐の妖怪ならOKです。
    ・希望者は組の名前を考えてください。
    ・右腕や幹部、構成員の募集が出来ます。

    〈「酒呑童子」について〉
    ...【嵩天大江嶽一家(しゅてんおおえやまいっか)】の大親分。かつて大江山にて多くの鬼を率いた鬼。平闇京の最東に組が住まう大屋敷がある。
    ・「酒呑童子」は被り禁止ですが、他の鬼は特に制限しません。
    【嵩天大江嶽一家】
    人妖問わず、彼の生き様や志、ともあれ何かに惚れ込んだ者が所属する。頭領を親とし、その他を子供としてそこに上下関係はなく強いて言うなら彼を「親父(おやじ)」や「叔父貴(おじき)」と慕う程度。頭領と同じくモノ好きな者は兄弟関係を築いている。

    〈「大嶽丸」について〉
    ...【鈴鹿組】頭領、且つ小料理屋亭主。かつて鈴鹿山にて猛威を振るっていた鬼神。平闇京の最北に組が住まう立派な城郭がある。
    ・「大嶽丸」は被り禁止ですが、酒呑童子と同じく他の鬼は特に制限しません。
    【鈴鹿組】
    組に沢山貢献したら給与アップのチャンスかも!?有給、ボーナス、更に頭領お手製の食事まで!高待遇のアットホームな職場です!人間あやかし問いません!
    (上下関係には非常に厳しいです)

    〈「ぬらりひょん」について〉
    ...新勢力【著莪】を率いて、三大勢力の争いに新たな風を吹き込むのではないかと巷で話題になっている期待の新星。神出鬼没で決まった住まいがあるかも不明。
    ・「ぬらりひょん」は被り禁止です。
    【著莪】
    組名の由来は花の“著莪”。陽の当らぬ場所で懸命に花を咲かせる其の姿に自身の組を重ねた。「去る者追わず来る者拒まず」の精神の元、人間妖怪何でも御座れで上下関係及び規則は緩い。然し大した柵が無いからこそ、自身の意思で組に残り続けてくれる仲間には心から感謝し深い愛情を注ぐ。遊び心なのか親しみを込めてなのか仲間には渾名を付ける。

    〈組ついて〉
    ...入りたい組に入るか、フリーでも問題無し。なんなら自分で組を作ってもいいですよ。頭領を務める妖怪は「組の名前・幹部の有無・その他概要」を考えてください。
    また、頭領が決定していない何れかの組の幹部等を希望される方は「幹部候補」として予約が可能です。

    〈迷い人について〉
    ...所謂神隠しに遭った人間。気付いたら現裏門(観光がいどぶっく参照)の前に立っていて、自分がどこの誰で、ついさっきまで何をしていたかまでは分かっている。しかしどうやって来たのか、どうしてここにいるのかを共通して覚えていない。それぞれが迷い込む前の時間はバラバラで、なんなら時代すら違うこともある。
    やってきた人間は関所(観光がいどぶっく参照)から最低限の保障を受けることができます。平闇京についての説明はもちろん、住む長屋を紹介してくれるし、希望すれば就職先も探してくれる。ただし命の安全や生活費は保障してくれません。
    平闇京で何年過ごしても老いることはないが、死にはする。怪我も病気もする、髪も伸びる、お腹も空く。そして平闇京に長く居ると、段々妖怪へ変化してしまう者が少なからずいる。妖術を扱えるようになるのが分かりやすい変化の予兆。変化の早さには個人差があり、一か月程で変わる人間や10年掛かる人間もいる。精神が不安定な者は変化しやすいらしい。また妖怪の血肉などを口にすると変化が早まるのではという噂があり、試したがっている妖怪がいるらしいが関所は禁止している。
    ・現在は七人募集。定員に達したら追加募集していきます。
    ・一部を除いて、平闇京に長く居る人間なら妖術の使用が可能です。完全な妖怪化はイベントを待機してほしいですね。

    〈「空亡」について〉
    関所に収められている古い資料によれば、かつてこの平闇京に居た妖怪らしい。らしいというのが、いつからいて、いつから居なくなったのかを誰も知らないから。噂に出る事すら無い、もはや忘れ去られた存在。
    ・「空亡」での参加は受け付けません。

    〈「楽さん」について〉
    ...管理人のPC、ゲームでお約束のお助けキャラ(のつもり)。平闇京にはかなり昔から暮らしているらしく、大抵の妖怪は会ったことはなくとも、彼の名前くらいは知っているかも。平闇京についても詳しいのだが、年がら年中酔っ払ってて役に立つかは不明。
    管理人の本性隠したい願望で名前は明言はしませんけど、被ると非常に気まずいのでこれだけは言っておきます…本性は著名の古い蛇妖怪です。絶対バレますね。

    【観光がいどぶっく】

    『平闇京』
    平安京によく似た碁盤の目のような街並みで、木造瓦屋根が大体を占める。京全体は50m余りの高い石垣に囲まれている。石垣の向こう側は濃い霧に阻まれて底も見えず、過去に2回調査隊が組まれて降りていったのだが…誰も帰ってこなかった。誤って落ちていった者も同様に、落ちたが最後帰ってくることは無い
    平闇京は数百年前までは小さな街だった。それが妖怪が増える度、年を跨ぐ度に石垣が独りでに動いて規模を少しずつ広げ、今のように広大な平闇京になったとか。今も石垣は動いていると調査結果が出ている。

    『現裏御所/うつりごしょ』
    平闇京の中央、塀で囲われた始まりの場所。
    平闇京の入り口「現裏門/うつりもん」という、見上げればひっくり返るほど巨大な木造の鳥居がある。妖怪も人もこの門からやってくる。基本的には一方通行で、滅多なことがないと外へは行けない、出れない、帰れない。
    御所内には現裏門を監視し、現世の妖怪から送られてくる食料等の物資を検品したり、新しく来た妖怪の生前の行いを調べたり、移住登録の管理をする「関所/せきしょ」。荒事を納めたり大事故が発生した場合に駆り出される「御用番/ごようばん」という詰所が置かれ、これらを纏めて現裏御所という。
    関所は役場、御用番は交番のようなものだと思ってほしい。
    御用番は一番隊から四番隊に分かれており、それら四つの隊を纏める総隊長がいる。そしてその総隊長の形式上の上司であり、関所の代表が現裏御所所長と呼ばれる妖怪。
    ・現裏御所所長を一人募集。
    ・御用番総隊長、一番隊から四番隊の隊長を一人ずつ募集。
    ・一番隊から四番隊の隊士を募集。

    『十字通り/じゅうじどおり』
    現裏御所から四方に伸びる大通り、上から見ると名前の通り十字になっている。
    北が「タモン」、東が「ジコク」、南が「ゾウチョウ」、西が「コウモク」と呼ばれる。
    通りに面して並んでいる建物の殆どが店屋。店の傾向や店舗は下記を参照。
    ・店を開きたい方はご自由に、開店した時は下記に追加します。漏れがあれば申告してください。

    「コウモク通り」
    和食洋食中華様々な飲食店、賭場に美男美女揃いの店などが密集した娯楽通り。通りの先には煌びやかな温泉宿がある。
    ・銭湯「極楽湯」(武内麻璃)

    「タモン通り」
    武器屋、修理師、怪しい素材を売る店など武器を扱う者ご用達の店が多い。通りの先には派手な城郭がある。
    ・小料理屋『すずか』(大嶽丸)

    「ジコク通り」
    医院や薬局、資料図書館などの施設が多いからか。他と比べると落ち着いた雰囲気の通り。通りの先には立派な大屋敷がある。
    ・診療所(樹)

    「ゾウチョウ通り」
    八百屋、魚屋、雑貨店などが密集している。つい最近になって家電量販店も出たものの、一昔前の古い製品ばかりで最新機器は滅多に見つからない。

    『裏路地』
    大通りは宙に浮いた提灯や青色の火の玉がふよふよ浮かんでいるので非常に明るいが、一歩でも裏路地に入れば明かりはぐんと減って薄暗い。裏路地にあるのは穴場の居酒屋に卑しい奴のたまり場や変な店、大通り以上にごちゃごちゃしている。建物が倒壊して道や店の位置がよく変わり、地図は使い物にならず迷いやすい。

    『住宅街』
    平闇京の南側は長屋や民家が密集した住宅地で、妖怪たちの住居が並んでいる。木造の建物ばかりだが、一件だけ当世風のアパートがある。内装も限りなく当世に近い。

    スレ管理人:へべれけ主

  • へべれけ主
    No.1544603
    [編集/削除]

    【移住願書】

    名前:漢字表記のみ
    読み:
    種名:妖怪の名前、ハーフやオリジナルも可、オリジナルさんは色々詳しく書いて欲しいです。人間は人間です。
    性別:オナベ、オカマ、両性、不明でも自由!
    年齢:不明も可
    性格:最低限の意思疎通が叶うのであればぶっ飛んでても可
    容姿:詳しく書いてくれたらありがたいです
    武器:必要な分だけ
    妖術:能力ですね、最大で四つくらい。人間は現段階では最大で二つくらいです。
    役職:どんな仕事をしているのか。一応言いますと、妖怪なので学校はありません。
    所属:どこの組に属するか、御所に勤める妖怪でも組に入れます。未所属でも後から入るでも自由です。組の頭領から許可がでれば人間でも組に入れます。
    募集:
    備考:
    SV:二つか三つ

    【組テンプレート】
    三大勢力、あるいは新しく組を作りたいという頭領の人用。下記の項目は必ず書いてください。副長、幹部、構成員、本拠地、経歴、その他ご自由にどうぞ。
    頭領:
    組名:
    詳細:
    募集:

    【参加者一覧】
    〈各勢力〉

    「組名:__」
    頭領・白面金毛九尾の狐>>

    (幹部候補)
    天狐・葛籠 巫都>>壱縷.様

    「嵩天大江嶽一家」
    頭領・酒呑童子:大江頼光山伏>>単品.様
    四頭/残り3名
    熊童子・大江 泰慶>>水素.様



    頭補佐/2名

    組員/無制限

    「鈴鹿組」
    頭領・大嶽丸:大嶽丸>>来.様
    三明
    大通連/1名

    小通連/1名

    組員/無制限

    「著莪」
    頭領・ぬらりひょん:螢>>憐.様
    右腕/1名…首領の補佐役兼相談相手

    腹心/2名…身内の監視・統率


    身内/無制限

    〈現裏御所〉
    現裏御所所長:鍾馗・津柄 連雀>>椿.様
    御用番総隊長:
    一番隊隊長:
    隊員:
    二番隊隊長:
    隊員:
    三番隊隊長:
    隊員:
    四番隊隊長:
    隊員:

    〈フリー又は中立〉
    蟒蛇・楽>>へべれけ主
    狐・樹>>適正.様
    鞍馬山僧正坊・天禰 幽戯>>能野の目.様

    〈迷い人〉
    残り4名
    ・武内 麻璃
    ・有栖川 王冠姫
    ・城戸 臨

    【参加者募集一覧】
    ・楽...彼と同じくらい昔から平闇京に居て、彼の生前を知る顔馴染みの妖怪(一人/性別不問)
       泊まるところが無い時に転がり込む、彼が初めて出会った迷い人の家(一人/性別不問)
    ・大江 頼光山伏...嵩天大江嶽一家に所属する息子(娘)達
    ・大嶽丸...小料理屋の常連さん
    ・螢...自身の性分に呆れつつ傍を離れず支えて続けてくれる幼馴染(右腕)
       一度敗北した因縁の相手
        →大江 頼光山伏
    ・樹...無茶をしては診療所へ駆け込み、ほぼ常連となっている妖怪
    ・天禰 幽戯...何処かの組織へとスカウトしてくれる方(誰でも可)
          お宿の常連さんか従業員さん(誰でも可)
    ・津柄 連雀...かつて大喧嘩を起こした腐れ縁の妖怪
           →大江 頼光山伏
    ・大江 泰慶...彼が唯一普通の人として憧れを抱いている人間(男性の方で。)
           同じ所属で、四頭の相棒
    ・武内 麻璃...良く来てくれる常連さん(何方でも)
           →楽
    ・有栖川 王冠姫... 何かと面倒みてくれる方。(性別問わず。)
    ・城戸 臨...だらしない城戸の面倒を見てくださっている方(一人、性別や種族は不問です)

  • へべれけ主
    No.1544626
    [編集/削除]

    名前:楽
    読み:たの
    種名:蜈ォ蟯仙、ァ陋__今は蟒蛇
    性別:男
    年齢:不明(見た目は30代後半

    性格:関西弁(似非)をベースに色々な方言が混ざった面白可笑しい変な口調をする、一人称はぼく。大の酒好きで、いつも酒瓶や瓢箪を片手に持ってふらついているダメ妖怪。笑い上戸で泣き上戸、いつも人の不幸を肴に大笑いしているが、相手の行いがどんな物でも否定せず又肯定もしない。「好きなようにやったらええんよ」とは自称放任主義の本人の言葉。人間がお酒と同じ位大好きで、孫子の様に猫可愛がりしている。

    容姿:緑色の髪が混じった白髪、腰くらい迄あり赤い紐で束ねている。整えれば美しいだろうに、毛先は枝分かれし放題なボサボサ頭。鬼灯の様に赤い瞳を持ち、瞳孔が蛇の様に縦長。目は細く吊り上がっているが、酔いで顔の筋肉が緩みきっているのでキツい印象は無い。肌の色は白く、酒で赤らんだ顔が余計に赤く見えるほど。項や手首、体の節々に鱗を模した緑色の紋様がある。首に蛻弱?繧峨l縺溷セ後?縺」縺、縺代◆繧医≧縺ェ荳?譛ャ遲九?蛯キ霍があるが、包帯で覆われ先ず見る機会は無い。蒼色の着物に、銀糸で渦潮の刺繍が施された白い羽織を肩に掛け、下にはステテコもはいている。195㎝とかなりの高身長で、更に下駄をはくと200㎝近くなる。

    武器:無

    妖術:
    【妖力吸うで~】
    __縺九▽縺ヲ闕芽侭蜑」繧貞ーセ縺ォ邏阪a縺ヲ縺?◆蜈ォ蟯仙、ァ陋?◆繧句スシ縺ッ縲?怺蜑」繝サ闕芽侭蜑」縺ョ髷倥→縺励※縺ョ蠖ケ蜑イ繧よ棡縺溘@縺ヲ縺?◆縲ゅ◎縺ョ蜑」縺悟、ア繧上l縺滉サ翫?∝スシ縺ョ霄ォ縺ッ髴雁殴縺ォ莉」繧上k螯門鴨繧定イッ阡オ縺吶k縺溘a縺ョ迚ケ螟ァ繧ソ繝ウ繧ッ縺ィ縺ェ縺」縺ヲ縺?k縲
    妖力を貯蔵する特大タンクの様な器官が内にあり、このタンクが一杯じゃないと「なんかやる気でぇへ~ん」らしい。主に酒精から妖力を常に吸収している。他の妖怪から吸い取る事もあるが、手か口で接触する必要がある。妖術に因って作られた炎であれば、それを形成している妖力を分解して吸い取ることも出来る。精神干渉系の妖術は術者本体に触れる必要がある。
    他人に妖力を譲渡する事も出来なくは無いが、手で触れるだけでは非常に効率が悪い。口で触れる方が妖力を流し易く__もっと言うなら、口吸いでもすればより効率が良い。譲渡する妖力に比例して力を失い、衰弱し、血を吐き死に至る可能性もあってあまり多用はしない。

    【毒吐くで~】
    毒を含んだ煙や液体を口から吐き出しこれを操る。手足が痺れる程度の毒から、穴という穴から血を噴き出してのたうち回る猛毒まで種類は様々。但し毒が強ければ強いほど、大好きな酒の味が台無しになってしまうという理由で猛毒なんて頼まれても吐かない。術の副作用で大抵の毒物は無効化するのだが、アルコールだけはよく効く。たまにゲ■と一緒に毒も吐く時があるので要注意。

    【   】
    第三の妖術、現時点では詳細不明。

    役職:無職

    所属:無

    募集:彼と同じくらい昔から平闇京に居て、彼の生前を知る顔馴染みの妖怪(一人/性別不問)
    泊まるところが無い時に転がり込む、彼が初めて出会った迷い人の家(一人/性別不問)
    あと行きつけの居酒屋があったらいいな~くらいですかね、お誘いは大歓迎です。

    備考:平闇京に千年以上住んでいる古株の妖怪。年がら年中飲んでばかりいる酔っ払い、そして住所不定の半ホームレス。知名度ばかりが高い雑魚お助けキャラとは彼の事だ。
    生前を語る事が滅多に無い事もあって、彼の生前を知る者は限られている。関所にある彼の資料もかなり古く、痛んでいるので解読できない部分が多い。「楽」という名前は平闇京に来てから使い出した名前。

    SV:「お~キミ見ん顔やなー!え、ぼく?ぼくぅは蟒蛇っちゅうよーかい、楽さんって呼んで~?」
    「ほんっとに、三大さん方はもっと仲よぉできんのかいな…う゛~!だのざん悲じゅうで涙が…!」
    「そんな頭硬うせんこうに、もっと楽にしたらええ、好きにしたらええ。なんもかんも、楽しんだもん勝ちやで?」

  • 来.
    No.1544681
    [編集/削除]

    スレ復活おめでとうございます、大好きな企画だったので嬉しいです!
    大嶽丸での予約は可能でしょうか?

  • へべれけ主
    No.1544765
    [編集/削除]

    >>来.様
    そう言って頂けて此方も嬉しいです。
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • 雀.
    No.1545040
    [編集/削除]

    復活おめでとうございます!当方出戻りな物でロルなど拙いかも知れませんがどうぞ宜しくお願い致します。
    現裏御所、一番隊隊長、妖怪は七歩蛇での予約宜しいでしょうか。

  • 質問者
    No.1545058
    [編集/削除]

    参加を希望している者なのですが、服装などはやはり和装の方が良いのでしょうか?
    世界観的には和装っぽいな、と思ったのですが飲食は和洋折衷揃っている様なので疑問に思いまして!
    前スレを知りませんが良スレ応援しています!!!

  • へべれけ主
    No.1545162
    [編集/削除]

    >>雀.様
    へべれけもほぼ出戻りなのでお気になさらず!
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

    >>質問者様
    現代から送られてくる物資の中に洋装などの衣類も入っています。流行りの物は少ないかもしれませんが、洋服でも大丈夫です。

  • 憐.
    No.1545430
    [編集/削除]

    復活おめでとうございます!
    前スレ不参加ですが、宜しければぬらりひょんで予約宜しいでしょうか。

  • へべれけ主
    No.1545453
    [編集/削除]

    >>憐.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • 単品.
    No.1545795
    [編集/削除]

    酒呑童子にて予約お願いします
    そこで質問なのですが、名前は酒呑童子固定にした方が都合いいですかね?

  • へべれけ主
    No.1546094
    [編集/削除]

    >>単品.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。
    名前については他の名前を名乗っても問題無いです。通称は酒天童子で本名は別にある、名は酒天童子だが平闇京では別の名を名乗るなど、単品様のお好きなように。

  • 単品.
    No.1546309
    [編集/削除]

    名前:大江 頼光山伏

    読み:おおえ よりみつやまふし

    種名:酒呑童子

    性別:男

    年齢:歳を数えるという習慣もなく、何年生きたかを誇りにするほど器は小さくないと語る。故に不明

    性格:大胆不敵な豪傑、自負心の塊のような男、というより闘争に関する才能が有り余る実力がそんな性格にしてしまっている。自身の強さに絶対の自信を持っていた為に己を死の淵まで追いやった人間を愛してやまない。そのためか信念を何よりも重んじ、人は信念があるからこそ強く成長できる信じる、それはもう宗教レベルまでに。若き日より己より強い者にしか闘いを挑まず、その全てで勝利を収め強くなってきた漢。彼の信念とは即ち"誰よりも何よりも強くあること"ただそれだけである。

    容姿:身長182cm。黒から白へと変わりかけた中途半端な髪色、長髪ゆえ後頭部で結っており逞しい顎髭を蓄え鋭い眼光を放つ。右目に切り傷、体重は生まれ持った体質か桁外れの数値を叩きだしており、並外れた筋肉量のせいで常に上裸で行動している。一応濃い緑の和装を纏ってはいるが、上だけを脱ぎ麻縄を腰あたりに太帯程の幅をとるよう何重にも巻き付けられている。下駄も脱げにくいように鼻緒が足首を縛り付ける。両肩から肩甲骨にかけて任侠者のような双龍の刺青が施されている。角の一つすらない彼の人間のような姿は本来の姿ではない。
    (イラストメーカーPicrew様より作成)

    武器:己の五体

    妖術
    【酒業】(さかなり)
    彼と盃を交わした者の妖術を一時的(3〜5ロル分)に借りる事が出来る妖術。彼が妖力を込め造った8寸の盃朱天金を用い、またまた彼の妖力の込められた神変奇特酒と名付けられた酒をお互いが飲み干す事が条件。盃を受け取る前に相手から力を貸すと宣言して貰わねばならない、当然同意の上で。盃を受ける相手側も彼の妖力を分け与えられる。

    【天上不知】(てんじょうしらず)
    ただでさえ化け物じみた身体機能その全てを更に底上げする妖術。出力の調整も可能で、彼は敵対した対象の力量に比例し合わせてしまう癖がある。圧倒的なパワー、スピード、ディフェンスを誇り他の追随を許さない。この妖術を使用している間は精神干渉系の能力や幻覚、毒物の影響を受けにくくなる。

    【童嵬爛馬】(どうがいらんま)
    一条天皇の時代、姫君や若者を神隠しに遭わせた妖術。この妖術を使った上で他者の影を踏む事によりその者の存在感を完全に消し去る事が可能。存在感を消すだけだが、彼を除き他の一切から認識されず声も届かないため連携が不可能となる、どころかお互いの位置すら把握出来ないだろう。人混みで使用すれば影を踏まれた者は道行く人に平気な顔してぶつかられるだろう、何故ならそこには誰もいないと思われているから。

    【子守刎尽】(こもりはねづき】
    子(仲間)を守り首を刎ねられ命尽きかけた彼が、家族を護りきれなかったという懺悔から生み出した妖術。人間に敗れた、ならば次は負けぬようその武器を、業を自らが振るえばいい。一度身に受けた武具その全てを彼は掌に創り出す事が出来る、そういった妖術である。

    余談だがこの四つの妖術の頭文字を順に読むと自身の名前となる。

    役職:嵩天大江嶽一家 大親分(頭領)
    (しゅてんおおえやまいっか)

    所属:嵩天大江嶽一家

    募集:嵩天大江嶽一家に所属する息子(娘)達

    備考:自身の名の由来は、「大江山」と己を倒した人間「頼光」が「山伏」を装って現れたことから。ただ酒呑童子と呼ばれるのも、己を恐れた人間や敬愛する家族(部下)に付けられた名なので嫌な訳では無い。実際そう呼ばれる方が多い。
    現在は嵩天大江嶽一家の大親分としてその存在を広めている。先述した通り人間をこよなく愛している為、家族というものに対する憧れもあり一家を創始。今まで仲間想いという性格もあったがそれも更に増し、今では一家の者を息子(娘)と呼んで大層大切に親バカしている。他の二大妖怪の組織と比べても団結力と個の実力が強く、数百年間その面々は変わっていない。
    人間好きの彼らしく、嵩天大江嶽一家の「嵩」という字には人間としての大きさ、威厳などの意味がある。人として天下を闊歩し新しい大江山の者として生きると、意味を込められた。

    SV:「洒落臭ぇ真似はもうやめだ、こっからぁ…漢らしく拳骨(こぶし)で殴り合うことに今ッ!決定(きめ)たぁ!!!」

    「凱旋する!蹂躙する!旋回して再び制覇する!積み上げられた猛者(つわもの)共の屍の山が己の強さと知れ!!」

    【組テンプレート】
    頭領:大江 頼光山伏

    組名:嵩天大江嶽一家

    詳細:人妖問わず、頭領である彼の生き様や志、ともあれ何かに惚れ込んだ者が所属する。頭領を親とし、その他を子供としてそこに上下関係はなく強いて言うなら彼を「親父(おやじ)」や「叔父貴(おじき)」と慕う程度。頭領と同じくモノ好きな者は兄弟関係を築いている。

    募集
    四頭(よんがしら)/残り3名募集
    ・水素様/予約


    頭補佐(かしらほさ)/2名募集

    組員/無制限

  • へべれけ主
    No.1546613
    [編集/削除]

    >>単品.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

    それに伴い、酒呑童子改め大江頼光山伏率いる〈嵩天大江嶽一家〉の本格募集を開始します。

  • 来.
    No.1546981
    [編集/削除]

    不備等有ればご指摘をお願い致します!

    名前:大嶽丸
    読み:オオタケマル
    種名:鬼神
    性別:男性...?
    年齢:そんなもの一々数える程暇ではないわ。と本人談。
    性格:横柄かつ乱暴、悪知恵が働く極悪人。鬼神魔王と謳われ、日本最強の悪鬼としてその名を轟かせたのは昔の話。現在は非常に面倒見が良く穏やか...ではあるものの、妙に短気な部分と手癖の悪さは変わらない。割と惚れっぽい所があり顔の良い人物には弱い。新しいものと料理が好き。口調等はその日の性別によって変わる。
    容姿:艶のある黒髪を膝に届く位にまで伸ばし、前髪は眉の上で切り揃えた所謂姫カット。切れ長の赤い瞳は瞳孔が猫の様に縦長。眦と唇は真っ赤な紅が塗られ、其の唇からは長く鋭い牙が見て取れる。額からは二本の太いツノ。首にはぐるりと斬られた際の傷跡が残っており、赤い糸で乱雑に縫われている。一見キツい印象ではあるが、穏やかに浮かべられた笑みがその印象を打ち消すだろう。身長は185cm程。
    赤い襦袢に黒の振袖、田村の草子の物語が刺繍された豪奢な金の帯をだらり帯の結びで着付けている。白い足袋に赤い鼻緒の黒塗りの草履。が、この服装は動き難い為普段は赤襦袢に黒の留袖、女性物の赤帯が常。また、自身の性別や着こなしはその日の気分で変わる様子。
    (姿絵/生きてる様より,人間の男性擬態時の姿)
    武器:『顕明連』
    天竺にあり難を逃れた太刀。螺鈿細工と金細工が美しい逸品。
    妖術:【森羅万象】
    暴風雨を起こし、火の雨や氷の槍を降らせる妖術。であるのだが、一度討伐されてからは自分の意思で大規模な操作は出来なくなった様子。辛うじて手のひらサイズの小さな雨雲を起こして植木の水やりをしたり、炎を灯して煙管に火をつける程度をするのが精一杯だという。自分の意思では大規模な操作が出来ないものの、一度彼の逆鱗に触れると忽ち黒雲が立ち込め雷雨が吹き荒ぶ。
    【厭離穢土】
    自由に飛行する能力。かつては天を自由に駆け回っていたものの、現在は続けて30分程度浮かび上がれば良い方。
    【諸行無常】
    自分の姿年齢、性別、種族を自由に変える妖術。ある時は見目麗しい童子に、ある時は艶やかな女性に。人間に化ける事も可能。老人の姿には頑なになりたがらない。
    【唯我独尊】
    ???????(詳細不明)
    役職:【鈴鹿組】頭領、小料理屋亭主
    所属:鈴鹿組
    募集:小料理屋の常連さん
    備考:長年平闇京で生きているうちに料理の楽しさを知り、タモン通りの片隅に小さくも上品な佇まいの小料理屋『すずか』を最近開店した。家庭料理風の日本食と何処から手に入れたのやら世界各地の酒が楽しめる。新しいもの好きの彼らしく、時々変わった何処かの国の郷土料理が出てくる事も。小料理屋と謳ってはいるものの実質居酒屋である。その小料理屋で使われている二本の包丁には秘密があるらしいが...?
    頼れる姉御肌ではあるものの、組の者には滅法厳しい。統率を乱す者には容赦無く罰を下すもがその分組に貢献した者には褒賞を多く与えるという。
    SV:「我は大嶽丸。嘗ては悪鬼と恐れられ、大軍を相手にして破れたが...其れは昔の話よ。今は単なる老害に過ぎぬ。」
    「我の性別か?フフ、長年生きて居る内にそんなものどうでも良くなってしまってな。まァ、嘗ては男であった。」
    「今日はかれぇと言う料理を作ってみたのよ。どうかしら、貴方の口に合うと良いのだけれど。」

    頭領:大嶽丸
    組名:鈴鹿組
    詳細:組に沢山貢献したら給与アップのチャンスかも!?有給、ボーナス、更に頭領お手製の食事まで!高待遇のアットホームな職場です!人間あやかし問いません!
    (上下関係には非常に厳しいです)
    募集:
    三明(さんみょう)...嘗て所有していた剣の名を冠した幹部
    大通連

    小通連

    組員
    ・(無制限)

  • 水素.
    No.1547026
    [編集/削除]

    嵩天大江嶽一家、四頭で参加希望願います。
    共に、単品様の募集に参加さてて頂きたく思います。どうか御検討を。

  • へべれけ主
    No.1547379
    [編集/削除]

    >>来.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

    それに伴い、大嶽丸率いる〈鈴鹿組〉の本格募集を開始します。

    >>水素.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • 錦.
    No.1548289
    [編集/削除]

    嵩天大江嶽一家、頭補佐で参加希望です。

  • へべれけ主
    No.1548409
    [編集/削除]

    >>壱縷様
    すみませんが、スレをもう一度よく確認してから希望してください。

    >>錦.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • 名無し
    No.1548475
    [編集/削除]

    ・以上の注意事項と以下の文章に目を通したらば、その証としてハンドルネームの最後に「.」を付けて下さい。
    これだけど、予約どうこう以前に注意事項読めよ。

  • 壱縷
    No.1548491
    [編集/削除]

    @名無し様
    成程、御丁寧に御教示してくださりありがとうございます

    理解致しましたので、先程の投稿は削除させていただきました(こちらも後程、あるいは後日に削除致します)

  • へべれけ主
    No.1548520
    [編集/削除]

    >>壱縷様
    自分で気付いてもらえたらと、あえてどこを確認するか言わなかったへべれけです。すみません。
    予約内容にはどこも不備はなく、名無し様が態々仰って下さったように注意事項の項目のみを確認し、また参加希望を出してもらえたら予約承ります。
    気付いていただけたなら、後からでも内容を読んでいただけるなら嬉しいですし、大歓迎ですので。

  • 壱縷.
    No.1548538
    [編集/削除]

    @へべれけ主
    いえいえ、主様が謝る事ではありません
    読んでいたにも関わらず、自分が見落としていたという事実には変わりがありませんので
    悪い事(?)をしたのはこちらです

    御優しい主様の御言葉に甘えて、改めて白面金毛九尾の狐の組の幹部候補の御予約をしてもよろしいでしょうか?

  • へべれけ主
    No.1548627
    [編集/削除]

    >>壱縷.様
    はい喜んでー!
    改めて参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • へべれけ主
    No.1552066
    [編集/削除]

    >>雀.様
    >>憐.様
    予約の締め切りが本日となっております。
    日付が変わるまでに設定をお願いします。

    あと2名分の設定が投稿されたら部屋をたてる予定です。

  • 能野の目.
    No.1552126
    [編集/削除]

    土蜘蛛で予約したいです。

  • 適正.
    No.1552286
    [編集/削除]

    フリーの狐で参加希望です!

  • 憐.
    No.1552462
    [編集/削除]

    名前:螢
    読み:ケイ

    種名:ぬらりひょん
    性別:男
    年齢:二十代前半

    性格:自由奔放で掴み処の無い言動の数々、気分次第で会合に遅刻する事も日常茶飯事であるが、自身の掲げる信念だけは確乎不抜として曲げない───そんな二面性を備えた人物。何那相手であろうと怖気付く事無く発言し、何那敵を前にしても決して怯まない等恐れ知らずで大胆な印象がある。但し組頭とは云え未だ二十歳其処其処、成熟し切っていない精神が時折乱れる事も。

    容姿:特徴的な淡い灰緑色の短髪は耳後ろの長さで揃え、前髪は目元に掛かり控えめな印象を与えている。長い睫毛の翳が落ちた深緑の瞳は切れ長で眼付きは然程良くないが、口端に浮かべる笑みの御陰か近寄り難さを感じさせる事は少ないだろう。衣服に関しては質素で動き易いものを選ぶのに対し、爪は長く伸ばし衣服に合わせ律義に彩りを添えている。背丈は179㎝で何方かといえば細身。
    (画像 Picrewの「おにいさんメーカー」様よりお借りしました)

    武器:未定

    妖術:
    【香煙】
    自身の身体を線香の煙の如く変化させる妖術。此の妖術を使えば、敵から接触も攻撃も自身を貫通するのみで衝撃は一切無くなり、全てを遮る事が出来る。然し線香のように妖術が使える時間には限りが有り、又火を消すような突風や水の攻撃を受ければ一瞬にして元の身体に戻って仕舞う。

    【揺蕩】
    自身の重力を無くす妖術。水面に揺れる落ち葉の如く漂う様に、地に足を付ける事無く自身の意の儘に動く事が出来る。 
       
    【??】
     (未定)

    役職:“著莪(シャガ)” 頭領
    所属:著莪

    募集:自身の性分に呆れつつ傍を離れず支えて続けてくれる幼馴染(右腕)
       一度敗北した因縁の相手⇒大江 頼光山伏@単品.様

    備考:著莪結成のきっかけは、幼馴染(現右腕)の何気無い一言にあった。過ぎ去った日の他愛も無い会話、将来に想いを馳せ何の野望も無いと落胆する自身を前に、“お前は国中の注目を集めるような何か新しい事をしでかしそうな気がする”と幼馴染は笑ったのだ。多感な時期の自身は其の一言に運命的な何かを感じて仕舞った。思い立てば深くは考えず実行する質で、その日の内に人の寄り付かぬ廃寺を無断で占領し“著莪”の札を掲げたのは幼馴染さえも驚かせた。そして、自身を奮い立たせた幼馴染を、半ば無理矢理引き入れるようにして自身の右腕の座に据えた。(追記有り)
    三大妖怪の次に語られるようになる迄そう長い時間は掛からなかったが、決して楽な路では無かった。自身に最も傷を残した出来事を挙げるなら、組を背負って一対一の手合わせを挑んだ相手に大敗北を喫した事であろう。今となっては其の経験も今に至る迄の一つの踏み台に過ぎないと首肯出来るが、当時は自身にとって初めての挫折であった。幼馴染や仲間の支えもあり建て直す事は出来たものの、今も尚其の相手を倒す事が自身の目標の一つとなっている。

    SV:「『逃げるが勝ち』って諺聞いた事あるだろ。俺達はまだまだ駆け出しだ、強敵相手じゃ歯が立たない。死ぬ気で戦うくらいなら死ぬ気で逃げろ。命さえありゃ此の先何でも出来る。」

    「自分は最強だと慢心する奴らが、俺達新参者に足元掬われた時の面を想像してみろ。…はは、傑作だろ?俺はそれが見たいんだ。」

    【組】
    頭領:螢

    組名:著莪
    詳細:組名の由来は花の“著莪”。陽の当らぬ場所で懸命に花を咲かせる其の姿に自身の組を重ねた。「去る者追わず来る者拒まず」の精神の元、人間妖怪何でも御座れで上下関係及び規則は緩い。然し大した柵が無いからこそ、自身の意思で組に残り続けてくれる仲間には心から感謝し深い愛情を注ぐ。遊び心なのか親しみを込めてなのか仲間には渾名を付ける。

    募集:
    右腕(1名)…首領の補佐役兼相談相手

    腹心(2名)…身内の監視・統率


    身内(無制限) 

    追記変更等間違い無く有るとは思いますが、遅くなって仕舞ったので一先ず投稿させて頂きます。
    不備等有れば御指摘の方お願い致します!  

  • 単品.
    No.1552594
    [編集/削除]

    憐.様の「一度敗北した因縁の相手」の募集、是非やらせていただきたいです

  • へべれけ主
    No.1553496
    [編集/削除]

    >>能野の目.様
    >>適正.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

    >>憐.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

    それに伴い、ぬらりひょん改め螢率いる〈著莪〉の本格募集を開始します。

  • 適正.
    No.1554204
    [編集/削除]

    名前:樹

    読み:いつき

    種名:狐

    性別:男

    年齢:不明(25程度と思って頂ければ。)

    性格:長く平闇京に棲み着いたお陰か、妖狐のイメージとは反して気立ても器量も良い。妖術面でも性格面でもサポート役に回る事が多く、職務にも忠実であることが伺える。本人も其れ位が丁度良い様子。如才無く親しみ易い……が、妖怪の性分か悪戯心が湧きちょっかいをかける事も。其の口調や癖も、慣れてしまえば気遣いが伝わるだろう。

    容姿:吊り気味の柳眉、髪は磨ったあとの墨の様に黒く、瞳はひっそりと煌く出雲石の様に碧色。特徴的な耳と尾は常に整えているので触り心地は良いと自負している。医療に携わる者として耳飾り等の装飾は控えているものの、休憩中に煙管を持つ姿は何度か見掛けられる。黒をベースとした着物をきっちり身に纏っているため、遠目で見れば黒の面積が多い。(暗闇からぬっと出てくる事もある。)
    (絵姿、無気力男子メーカー様より。)

    武器:名も無い打刀。もうひとつ、嘗て共に駆け抜けた刀の在処は彼のみぞ知る。

    妖術:
    〈透徹〉
    骨や筋肉、箱の中身等を透視し認識出来る妖術。基本視点は実際の目の高さで見えるが、妖術である為視覚は一切使われていない。骨が折れている、家の外でこの人が歩いている…などの単純な状況は判るものの、具体的な病状やその人の心は全く読めないとのこと。

    〈返咲〉
    対象(5人まで)の傷を大幅に回復させ、尚且つ強化させる妖術。春が訪れたかの様に、桜の花弁が乱舞する。余程の事がない限り使用しない。自分は対象外な上に当然妖力も持って行かれ、本人は其の後暫く行動出来なくなる。

    役職:ジコク通りにて診療所を営んでいる。個人で戦地医療等を行う事があり、何方かと言えば戦闘帰りの妖怪専門。

    所属:無

    募集:無茶をしては診療所へ駆け込み、ほぼ常連となっている妖怪

    備考:数百年前は頻繁に戦場へ出向いていたが、今は呼び出しや大規模な戦いで"医者"という名目で出向く事のみ。其れから腕が落ちる事は無いものの、戦火へ飛び込む目的が違う為基本的に刀は抜かない。食も酒も人並みに嗜み、比較的静かな暮らしをしている妖怪。

    SV:「妖怪にだってこう云う場所は必要だ。身体に自信があンのは結構だが、面倒くせェ事になる前には来いよ。」
    「…驚いた、診察履歴が御前で埋まる日もそう遠くないなァこりゃ。……さて、今日はどういった御用件で?」
    _

    確認お願い致します。不備などあれば御指摘頂ければ!

  • 憐.
    No.1554749
    [編集/削除]

    @単品.様

    募集参加有難う御座います!嬉しいです、是非お願いします。

  • 名無し
    No.1554767
    [編集/削除]

    @壱縷.
    @能野の目.の方が先に出てんのに、糸系の能力被ってね?
    パクリか?

  • へべれけ主
    No.1554811
    [編集/削除]

    >>適正.様
    >>能野の目.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

    >>壱縷.様
    設定ありがとうございます。
    妖術「綾取」に関して、能野の目.様の糸は「蜘蛛らしく自前で発生させた糸」で壱縷.様の糸は「事前に用意した糸(又は紐)」というへべれけの解釈で間違いが無ければ、問題は無いと判断致しました。
    こちらが修正をお願いしたいのは他二つの妖術。「分岐ー逆巻刻、順巻刻、止刻ー」はチャットにおいてかなり扱いが難しくデリケートな時間操作系ですので、時間に相応するロル数や効果範囲などより詳しい説明をお願いします。
    「肆効」については、数字が変わると何故術が変わるのかの説明が無いのと、「一つの妖術でできる事が多すぎるな」と感じた為、より詳しい説明を加筆するのと術を一つか二つに絞っていただけますか?

    >>名無し様
    それを判断するのはスレ主であるへべれけです。
    親切心からの行動であったとしても、喧嘩に発展する可能性がある発言はあまりして欲しくないです。
    後ほど削除をお願いします。

  • 壱縷.
    No.1554846
    [編集/削除]

    @名無し様
    以前自分が考えたキャラが持っていた能力を改変したもので、能力をパクったつもりはありません
    ですが、御指摘してくださりありがとうございます

    @能野の目.様
    能力が被っていたとは露知らず…もし、不快な思いをされた場合は申し訳ありません

    @へべれけ主様
    能力「綾取」は事前に持っている紐や糸、場合によっては持っている布を解体して出来た糸の使用のつもりです
    2点の能力に関しての訂正・加筆の件了承致しました
    それに当たり、能力の一部変更及び他の項目調整に伴い、一度設定を貼ったとはいえ期限を過ぎてしまうかもしれません

  • へべれけ主
    No.1554855
    [編集/削除]

    >>参加者及び予約者、参加検討中の方へ

    本日から20時頃、部屋建てを行います。
    注意事項にも書いてある通り、へべれけは非常に忘れっぽいアッパラパーです。もしかしたら時間通りに建てられない事もあるでしょうし建てないこともあります。その時は参加者であれば誰でも部屋建ては自由です。よろしくお願いします!
    部屋名は「今宵、平闇京にて(掲示板也)」です。よろしくお願いします!(二回目)

  • 能能の目.
    No.1554915
    [編集/削除]

    @へべれけ主
    参加者許可、有難う御座います。
    スレを見返しまして少々ややこしいかなと思ったのもあり、妖怪を天狗に変更したく思います。

    設定の方は今一度作成します。

  • 水素.
    No.1555005
    [編集/削除]

    すみません、設定投下が少しばかり遅れそうです。2日ほど伸ばして下さるようお願い致します。

  • 壱縷.
    No.1555020
    [編集/削除]

    一度投稿した設定は消して、改めて投稿させていただきます

    名前:葛籠 巫都

    読み: ツヅラ ミコト

    種名:天狐

    性別:本人曰く、男だったと思う

    年齢:1000年以上は生きてたはず

    性格:気紛れで、その時のしたい事をしている事が多いゆえに飽き性で、すぐに飽きてしまうなんて事が多々有り。どこか掴み所がないと思われるかもしれない。それでいて、達観しているような言動もあったりなかったり…

    容姿:身体付きは細身で中性的な顔立ちをしており、一見すると女性にも見えなくはない、白色に近い灰色の肩程の長さの髪、糸目だが、開眼すると灰色の瞳が見え、常に微笑んでいるような表情をしている。服装は青色の紬の上に黒の中羽織、帯に刀二振りを帯刀し、足元は黒色の足袋と草履。狐の耳と尾(一尾)は出ているのもの本気になると四尾になる。

    武器:太さが様々な糸、刀二振

    妖術:
    「綾取」
    所持している糸(緊急事態などは自らの着物の一部を破り解体した糸)を妖力でどこまでも伸ばして索敵に使ったり、相手を縛ったり操ったり、 糸の強度すらも変える事ができる。だが、糸の太さや強度に比例して伸ばせる糸の長さは短くなる。太めで、刀などの刃物で切るには時間を要する糸は最大で2m程、索敵用の細く切れやすい糸は果てがないに近いが、ざっくりと1つの通り半分くらいは張り巡らせる事ができる程度

    「分岐ー逆巻刻、順巻刻、止刻ー」
    簡単に言えば時間の巻き戻し、早送り、停止させる。巻き戻しと早送りはの対象は自身、味方、敵、対象物…とどれでも可能であるが、停止だけは対象の指定はできず自身を除く全体に影響する。どれも数秒から最大で30秒が限界である
    範囲:最大で直径にして5mが限界
    時間:能力発動後のロルを出してから、やり取りをしている方のロルと自身を含めて1ロルずつ。ロルの内容によっては、発動のロルとやり取りしている方のロルで終わる場合もある(「能力発動内容のロル」→「相手のロル」→「自分のロル」)

    「夢幻の舞」
    元は誰かの為に会得したもの。今では誰のためだったか忘れてしまったけれど…相手が望むもの、憎く思うものなどの幻を見せる事ができる
    また、幻の内容は自分で変えることも出来る事から相手がいなくても使える
    一時の時間稼ぎ、不要な争い、忘れていたものを思い出させる為と用途は様々であるが、主には披露する散楽や舞の演出として使っていることが多い

    役職:芸能人(備考にて説明)、情報収集役

    所属:白面金毛九尾の狐の組

    募集:
    ・暇な時や仕事をした後など、共に酒の飲む関係、所謂飲み友(彼を何だかんだでからかってくれると尚良し)
    ・イタズラとやら教えてくれる方
    2つ一緒でも可です(イタズラを教えてくれる飲み友)

    備考:
    ・元は善狐だった為かあまり悪さ、イタズラをするという事を知らないがゆえに、白面金毛九尾が何をするのか、どのように考えているのか気になってその者の元にいる。その中で今は出来ることが情報収集や索敵といったサポート役

    ・普段は、子供相手ならば人形を使った散楽(本来とは違いますが、今回は操り人形などを用いて人形劇をしていると思ってもらえれば幸いです)や、どこかの宿の客を相手に舞を披露している、いつかの時代で言えば芸能人。化粧をすれば化ける

    ・綾取は昔暇つぶしでしていたあやとりを応用して妖術にしてしまったもので、索敵の際は微細な感覚でもわかるらしい

    SV:
    「僕の妖術を見たい?残念ながら、これといって面白ものはないよ。なんせ、気まぐれにした事が、良い物だったから、さ?」

    「ほうほう、これがイタズラ…。イタズラとは面白い」

    備考には、書かなかったのですが…四尾に関しては軽く天狐の事を調べた際に尾の数は4つ(江戸時代ではあるけれど)と書いてあった為です。四尾は消してくれとあれば、その内容のみ消します また、後に追加・変更があるかもしれません

  • 能野の目.
    No.1555174
    [編集/削除]

    名前:天禰 幽戯
    読み:あまね ゆうぎ
    種名: 大天狗/鞍馬山僧正坊
    性別:両性(主に女性の姿)
    年齢:???
    性格:気が優しく根が温厚なせいで逆に憶病。猜疑心や警戒心が強く観察眼が鋭い。家事や炊事、裁縫等手先が器用で
       真面目な怪力。あの大天狗たる傲慢さと非道さは何処かへ消え去った、らしい。慎ましく生きることがモットー。
       とはいえ、やはり戦闘場面では当時の勘を頼りに猛威を振るう。

    容姿:灰掛かったシルク糸のように艶やかな長髪を腰当たりで一つに束ねている。紅く鮮血色の双ぼうの目じりを朱色に染めている。
       青や紺を基調とした比較的地味な着物を淡緑の帯で締めている。下は低めのぽっくり。一見人と全く区別がつかない。
       時折漆黒の体長を超える羽を背中に生やしている。
       (履物を含め170㎝。含めないと165cm。)

    武器:羽団扇と怪力

    妖術:【風千寿】風を生み出し生み出し自在に操る。

       【子鴉天狗/鴉兵】子分であるを鴉天狗させ従える。町中の至る鴉や彼女が嘗て配下にしていた鴉天狗を呼び出す。
               ただし、鴉天狗は一定時間経過すると帰還する為再度召喚の命を下さねばならない。

       【変動体】身体の大きさ・姿を自由に変える。巨大な体で建物を破壊するのもよし、小さな体で隙間に入るのもよし。
            生物の姿のみ。

    役職:お宿<桃源郷>の女将。妖怪・人間共に利用できる。宿泊以外にも宴会場や食事処としても場所を提供している。
       迷い人への案内も行う。

    所属:未所属

    募集:何処かの組織へとスカウトしてくれる方(誰でも可)
       お宿の常連さんか従業員さん(誰でも可)
       お誘いあれば。

    備考:現在は人間らしく、迷い人に寄り添う形で生きる事にしている。
       名前も人間みたく改名し本名(鞍馬山僧正坊)は隠している。
       彼女の作る店の賄は非常に旨いと好評で食べると心がほわほわすると言われている。
       勿論、妖怪ともに温厚な関係を築いていきたいと考えており争いは好まないが、お宿を守る為ならば命を張る。

    SV:「いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいまし桃源郷へ。どうぞごゆるりとお寛ぎくださいませ~」

      「あ、あの頃の暴挙は深く反省しているの。だから改心して慎ましく生きようと思って。
       なのでそれを邪魔するというのなら容赦は致しません。」

    追記する可能性も御座います。

  • へべれけ主
    No.1555206
    [編集/削除]

    >>参加者及び予約者、参加検討中の方へ

    有言実行してしまったへべれけです。
    遅れましたが部屋建てです。それと雑談掲示板に専用スレも建てました。参加者は顔出しをお願いします。

  • へべれけ主
    No.1555247
    [編集/削除]

    >>水素.様
    予約の延長承りました。
    設定お待ちしています。

    >>壱縷.様
    設定の修正、再投稿ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

    >>能野の目.様
    変更を確認しました。
    不備はございません。改めて参加許可致します。

  • 椿.
    No.1555869
    [編集/削除]

    現裏御所所長の枠、予約させて頂きたいです。

  • へべれけ主
    No.1555874
    [編集/削除]

    >>椿.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • 椿.
    No.1556069
    [編集/削除]

    予約していた者です。確認お願いします。

    「嗚呼、駄目だ全く…厄介事はどうにも好かん。暫く、お待ちなせェ__取って喰うのは、儂の領分なんでなァ」

    名前:津柄 連雀

    読み:つがら れんじゃく

    種名:鍾馗(しょうき)

    古来より、病や厄は病鬼と呼ばれ、鬼が其れを引き起こすと考えられてきた。鍾馗は病鬼を喰い、其れによって生きる妖の類で在る。鬼食(おにはみ)、厄食鬼(やくじきおに)とも呼ばれる。

    性別:男

    年齢:見た目は40程度の壮年の男性。

    性格:義理堅く、諍いを嫌い、不器用な男。
    かつて人間であった為に、その性格は酷く人間臭い。然し、妖であるが故にその性分はやや荒くなっている。例えるならば、侮蔑や諍いと言った荒事に対して彼は烈火の如く怒りを表す。彼は荒事を嫌うが、彼にとって最も得意であるのも荒事である。つまりは、彼は諭すのではなく叩き伏せてから説くタイプで有る。

    好む物は煙管と瓦版、そして写経。苦手とするのは細かな手作業など。

    容姿:身の丈六尺と二寸ばかり(約189cm)、筋肉質な体躯故にやや細身に見える。短い黒髪であり、前髪を緩く後ろへ撫で付けている。切れ長で冷えた金泥の瞳を持ち、眉間の皺と相まって人相が悪い。

    黒の着物に灰色の袴、そして黒の羽織、草履やらを纏う。腰には剣を佩く。

    武器:<直刀 環首刀>
    鮫皮と螺鈿によって装飾された柄の先に刀環と呼ばれる金の輪が施された両刃の剣。長さ1m程、鍛えた鋼によって刃は濡れた様に鋭い。鞘は元々無かったが、職人に宛がって貰い特注で黒漆螺鈿細工を施した鞘を作った。

    妖術:<病鬼一断>
    己の持つ病魔や災いを断つ力に由来する物。これは己、或いは触れた人間に掛かる瘴気・妖術・病気等を祓う術で在る。津柄は之を最も得意とするが故に、剣にこれを纏わせ斬り払う事で相手に掛けられた術・病魔を解除する事が出来る。

    <月影>
    自ら去りし故郷なれど、映る月は変わる事無く。映る影、その呼吸や脈の動きから相手の次の一手を読む術。一手先を読み、其れに対処し得る様に身体能力が底上げされる。発動後は元に戻る。

    <不忘の忠義>
    己が例え、妖に成ろうとも。忠義だけは、忘れる事は無く。此方は常時発動する術であり、都程の範囲内の瘴気や妖力の流動が分かる物。この術により、都の妖怪の変化や諍いを察知し御所の人間を派遣する等が出来る。

    役職:現裏御所所長
    所属:現裏御所

    募集:かつて大喧嘩を起こした腐れ縁の妖怪→大江 頼光山伏
    かつて未だ御所の隊長であった時分に、騒ぎを起こした妖が居た。未だ若かった己は頭に血が登り、気がつけば最初よりも街はひでェ有様に成っていた。アレからか、其奴との付き合いは。

    備考:鍾馗は元は大陸に居た唐の国の人間で在る。かつては西方を収める武将として登用された鍾馗は皇帝に尽くしてよく働いたが、冤罪を掛けられ死罪を与えられる。何て事は無い、ただ邪魔であったからという顔無き誰ぞかの恨みによる物。

    鍾馗は怒り狂い、罪を訴えた役人を全て斬り殺した。どうせ逃れられぬなら、真に罪を背負って死んでやろう、と___。

    全てを終え、自らも死のうと前皇帝の墓所に赴いた折、皇帝より剣を下賜される。それはかつて前皇帝が携えていた宝刀であった。

    "鍾馗よ、殺してはならぬ。偽ってはならぬ。憎んではならぬ。私はお前のような忠臣を持ち、誇りに思う。故に、踏みとどまってくれ。再び、私の為に尽くしておくれ"

    皇帝は鍾馗の行いを__あろう事か、許して見せた。鍾馗は己の行いを悔い、再び忠臣として最後まで国に尽くした。何時しかその体は滅びを忘れ、人の生から遠ざかって行ったが、其れも鍾馗は受け入れた。この身は不要とされるまで、捧げ続けよう、と。
    __ 忠国書「鍾馗伝」より

    時は移ろい、数百の時が過ぎた。平安の世に、外つ國より現れた男が一人。あろう事か数里の海を渡り、供も無しに降り立った其の男こそが、職務を終えた鬼食いその者。名を津柄 連雀と変えて、最早誰に使うでもない魂を異境にて遊ばせる。その面は忠臣としての面影を僅かに残した、影のある妖の物。

    「__若い内は良かったさ。嗚呼、だがもう既に終わった話だ。二度と儂は皇帝の御座す大陸に戻りはしねェよ、戻れば__忠義に背く事になっちまうからな」

    SV:「儂の腹が空いてる方が、都は幸せって訳だが……生憎そうもいかねェ。諍いに邪気、あやかしに終わらねェ夜…ッハ、此方の世のが随分荒れて居やがる。」

    「お初にお目に掛かりやす、生まれは唐、流れ流れて日出処に着きやした。名は津柄 連雀、この月しか登らねェ都を騒がす妖共を__斬って捨てるがお役目の、ただの生き汚ねェ妖さ。」

    「悪いが手先は器用じゃねェんだ、文字を書くのは得意なんだがよ。…あ?何でか、だと?昔は役人だったのさ、こんなナリしてるがよ。」

  • 適正.
    No.1556083
    [編集/削除]

    僭越ながら只今お部屋を閉めさせて頂きました…!皆様良い夢を。

  • へべれけ主
    No.1557005
    [編集/削除]

    >>椿.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

  • 椿.
    No.1557813
    [編集/削除]

    お部屋を閉めました。皆様お休みなさい。

  • 水素.
    No.1558440
    [編集/削除]

    設定が出来上がりました、どうぞお目通しください。不備があればなんなりと。

    名前:大江 泰慶

    読み:おおえ たいけい

    種名:熊童子

    性別:男

    年齢:見た目は十代後半

    性格:意思が弱く、引っ込み思案。それは幼い時からそうであり、臆病でもあった彼はいつも泣いていた。よく言えば大人しい。喜怒哀楽があまり無く、どちらかというと哀が強い。だが優しさは組一で部下は大切にしている。大の人見知り、そしてコミュニケーションが苦手。なのでよく、初対面の人にならたとえ年が100歳下であろうと必ず敬語を使い、少し距離を置き壁を作っている。それ故か、人付き合いが上手で信頼され、部下からの好感度も高い。だが実際のところ本人は繊細で、責任感が強い。みんなからの信頼や、尊敬の意がプレッシャーに感じてしまうらしく大きくなった今でさえ泣いてしまうことも。して、自身を自虐しがち。それは普通という言葉に執着しているからであった。

    容姿:176cmと平均的な身長で、細身。筋肉もあまりついておらず、かと言って脂肪もあまりついていない。一言で表すと不健康そのものだ。親譲りの灰色の髪に、生まれつき染まっている青のメッシュ。頭からは小さな角が二本生えており、本人は何故か恥ずかしく感じているようで。赤のピアスは宝物、幼い時に買ってもらった物。タレ眉に吊り上がった猫目。そしてその瞳は白い肌にあまりに合わない赤色をしていた。ふんわりとした髪型はくせ毛でセットはしたことがないという。普段着は袴、着物は外出用。懐には短刀が忍ばせてある。

    武器:短筒

    妖術:≪水肢体≫生まれつき持った性質で、水を自由自在に操ることができ生み出すこともできる。生み出す際は、自身の体に蓄積されている水分を使うため脱水症状になることも。自身の水分を使わずとも、自然の水や、井戸の水を操ることも可能。

       〈水砲弾〉
       短筒に水の弾を入れ、発射する。込める妖力によって威力は異なる。

       〈水壁〉
       名の通り水の壁を発生させる。最長で横10m、高さ20mまで作ることが可能。

       〈癒しの水〉
       中傷程度なら何でも治せる水の球を作り、回復させることができる。だが、傷の程度によって消費する水分の量が激しい。

       〈水鬼〉
       鬼の姿を模した水の鎧を身に纏う。耐久力は普通の鎧と比べると劣っているが、水のためある程度の衝撃や、火の中をくぐることができる。

    役職:嵩天大江嶽一家、四頭/看護師

    所属:嵩天大江嶽一家

    募集:・彼が唯一普通の人として憧れを抱いている人間(酷く付き纏いますご注意を。男性の方で。)
       ・同じ所属で、四頭の相棒
       ・双子の兄弟(出来れば鬼、という種族、彼とは正反対の性格でお願いしたいです。)

    備考:戦いはあまり好みではないのだが、四頭なんて肩書がついているものだからその実力は一流。いつもは組員たち怪我の治療役に回っている。頭領のことは、お父様と呼び慕っており憧れの存在でもある。が、あの人は凄い人だけれど、普通ではないから…と少し否定している部分も。水を操る体として生まれてきて、彼はあまり気に入っておらず本人が言うには何の能力も持っていない人間に生まれてきたかったと、それが口癖に。普通ということになぜか執着して拘っており、あまり不埒なことは好んでいない。それは最近では他人に対しても思ってしまっている。目立ちたがりでも無いため、変に褒めたり驚いたりなどのリアクションをとると泣くか逃げる。双子の兄弟に対しては羨ましい、という感情を抱いておりそれは正反対故か彼には普通に見えていた。自分は普通から離れており、可笑しいのだと思い込んでいるため、赤い瞳も、角も、この力も全て彼は嫌っているのだ。つまり、彼は普通に依存しているに等しい。

    SV:「普通じゃないなんてありえないですよ、普通じゃなかったらどう生きていけばいいんですか。一生人様に恥を晒して生きろと?それなら死んだ方がましです。」
       「だ、大丈夫ですか?このままじゃ普通じゃない…今すぐに僕が普通に治してあげますからね。」

  • へべれけ主
    No.1558805
    [編集/削除]

    >>水素.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

  • No.1562171
    [編集/削除]

    参加希望です

    名前:夜月 奏
    読み:よつき かなで
    種名:茨木童子
    性別:女
    年齢:不明 見た目10代

    性格:相手に対して性格がころころと変わり、いつも彼女の表情は笑顔な事が多い。自分の情報は一切出さずミステリアスな所がありいつも孤独がいいと言っている。だが本心は寂しがり屋であり、恨み深い。精神が不安定となった時子供っぽくなる。

    容姿:身長は145cm。腰あたりまで伸ばした黄色い髪に、黄色い瞳。頬には赤い模様がある。首には刃物で斬られた様な跡があり、服の下にも傷跡や痣などがある。蝶模様の入った赤と黒の着物に黒い草履を履いている。外出時や店をしている時は黒い羽織りで全身を隠し、鬼の面を被っている。彼女が本気を出した時のみ2つの角が出てきて、血の色に染まったような赤い瞳に変わる。

    武器:【蝕化刀】
    掠っただけでも、身体に傷をつける切れ味がある小刀。花の模様が刻まれている。

    妖術
    【化魂刀】
    毒や眠気や炎などを様々な現状を纏わせそれを使う事が出来る。毒や眠気ならどんな体制がついたものでも死にはしなくても必ず効き、炎などならそれで小刀を通して燃やしたりすることができる。ただ彼女の持っている小刀ではなくては出来なく、他の物では出来ない。
    【従獣】
    実在する動物を召喚し、操ったり会話をする事が出来る。ただ1度に操れる動物は3体までで、召喚した度に彼女の体内から血を失う為一日で召喚出来るのは最大5体まででそれ以上出せば命にも関わり、確実に彼女本人の意識はなくなる。
    【癒我】
    自分自身の負った怪我などを瞬時に治すことが出来る。ただ自分自身にしか使えず、使う度に身体が麻痺していき動きづらくなる。
    【自壊】
    この妖術が発動した時彼女の身体能力は一気に強くなり、彼女が握った物(岩など)も木っ端微塵に砕け脚はまるで瞬間移動したかのような速さで動くことが出来る。(3ターン)
    この時彼女は自我を失い、能力がきれたと同時に意識を失う。
    1度も発動されたことはなく、彼女も知らない。
    役職:表 月夜薬屋 裏何でも屋(備考にて)
    所属:無所属

    募集:彼女が恨みを持つ者で、彼女に構ってきて組へと勧誘する者

    備考:彼女は生まれてすぐ家族に捨てられひとりぼっちとなりその後殺し屋のグループに拾われ、ろくに食事をもらえず、虐待などをされながらみ殺しの仕方などを学び、殺し屋をしていた。一見おかしい所しかないが、彼女には常識などなくこれが当たり前だと思っていた。だがある時グループは組との戦闘となり彼女は全く力及ばず負け散り散りとなった。起きた時組の者(募集の方)に治療をされていたが、彼女にとっては負けてはいても恨みのある相手で、その者を刃物で切りつけて行方をくらませ今はタモン通りの裏通りの人気のない所でひっそりと夜限定で薬(毒薬から痛み止めまで色々)を売りつつ、裏では依頼を受け情報を渡したり殺しをしたりしている。

    SV:「こんな人気のない所に来るなんて珍しい…大体なんでもあるから所望する薬言ってみ」
    「我はもうどこにも属しはしないし、お前はなんで我が恨みを持っているのをわかっているはずなのに誘ってくるのじゃ…意味がわからぬ」

  • へべれけ主
    No.1562412
    [編集/削除]

    >>鴉様
    すみませんが、スレをもう一度よく確認してから希望してください。

  • 狸.
    No.1563146
    [編集/削除]

    @へべれけ主様
    すみません、迷い人で予約希望なのですが、質問がありまして、服装って和服が宜しいでしょうか?それとも、現代からやってきた場合は現代風の服装にしておくべきなのかをお聞きしたいです。ご返答、お願い致します。

  • へべれけ主
    No.1563173
    [編集/削除]

    >>狸.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。
    服装については特に縛りはありません。現代から送られてくる物資の中に現代の衣類も入っていますから、洋服でも大丈夫です。

  • へべれけ主
    No.1567902
    [編集/削除]

    あげます。

  • きらちゃん.
    No.1567977
    [編集/削除]

    参加希望です!迷い人で予約します(*´・ω・`)ノ
    ごめんなさい( ;∀;)ちゃんと読んで無かったです(・・;)これでいいんでしょうか…(?_?)

  • へべれけ主
    No.1567986
    [編集/削除]

    >>きらちゃん.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • 狸.
    No.1568237
    [編集/削除]

    設定が出来ました。
    どうぞ、お目通しください。
    不備があればなんなりとお申し付け下さい。

    名前:武内 麻璃
    読み:たけうち まり
    種名:人間
    性別:女
    年齢:23

    性格:あまり女性らしくないやんちゃさが目立つが、平等に誰にでも優しいお人好しな所もある。一人称は私、アタシ。時折、子供っぽい、好きな物や可愛いものや綺麗なものを見るとすごくテンションが高くなる。勢いで全てをどうにかしようとする雑な所もあるが神経が図太く、打たれ強い。
    容姿:身長は162cm、黒髪でさらさらであり毛は細め、肌は色白く、後ろ髪は赤い紐で団子で結んでいて、眉はやや吊り下がっていて瞳は明るめの茶色。服装は金魚が泳いでいる様子が描かれている黒の着物に上衣は紺色の物を羽織っている。
    (姿:観測者式メーカー様より。)
    武器:木の鞘に収められている小刀
    妖術:今後追記していきます。
    役職:コウモク通りの銭湯「極楽湯」を営んでいる。ここの温泉の効能は切り傷、火傷、痛風、高血圧、貧血、筋肉痛、関節痛に効くという評判。おまけにお肌にも良いんだとか。
    所属:未所属

    募集:良く来てくれる常連さん(何方でも)
    楽様、参加して下さり有難うございます!
    備考:平闇京に来るまで平々凡々な日常を過ごしていた普通の女性だった。平闇京に来る前は普通に帰宅途中にふと気がつくとここにやって来ていた。平闇京歴は4年と2ヶ月である。2年程前から銭湯をするようなり、今ではそこそこ人がやって来るようになっている。好物はみたらし団子。
    SV:「いやぁ〜驚くことばっかりだったねぇー最初の頃は。妖怪にも驚いたし、妖怪同士の喧嘩で妖怪も建物が氷漬けとかほんとぉ凄まじい事になってたの見たからねぇ。まぁ、優しい方の方が多いからアタシ、一応生き延びられているけども…まぁ、あっちにいた時よりも今の方がスリリングで楽しいと思えてしまうけどねケケッ!」
    「おーい、そこの方〜?暇ならうちの風呂に入っていかない?うちん処はねぇー!切り傷、火傷、痛風、糖尿病、高血圧、貧血、筋肉痛、関節痛に良く効くんだよ、これが!まぁ、暇で金持っている時にでも来てくれや、気長に待っとるからね〜。」

  • へべれけ主
    No.1568252
    [編集/削除]

    >>狸.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

  • きらちゃん.
    No.1568275
    [編集/削除]

    名前:有栖川 王冠姫

    読み: ありすがわ てぃあら

    種名:人間

    性別:女性

    年齢:17歳

    性格:明るい、とにかくポジティブ。人懐っこくて誰とでも仲良くなりたい。(話せば彼女の中ではもう友達)好奇心旺盛でお喋りとオシャレが大好き。ただ、お喋りが好きすぎて周りが見えなくなり空気が読めないこともある。やると決めたら妥協はしない。

    容姿:茶髪でおんまゆのアシメ、ツインテールで茶色の目。黒のチョーカーに、学校指定の制服(長袖セーラー服)の上に指定の青のカーディガン。スカートは襟と同様の黒で膝より少し上。白のソックスに焦げ茶色のローファー。(画像参照。キャラメーカーピクルー、ももいろね様より。)
    身長は158㎝、体重は内緒( *´艸)

    武器:特に無し。

    妖術:特に無し。

    役職:(元)学生。現在無職。

    所属:末所属

    募集: 何かと面倒みてくれる方。(性別問わず。)

    備考: まだ平闇京に来たばかりでなんと無くでしか自分のおかれた状況を把握して無い。来て一週間は珍しく落ち込みはしたが今現在は元通りに。平闇京歴一ヶ月。

    SV:『てぃあらは、有栖川王冠姫って言うの!気軽にてぃあらって呼んで(*>∀<*)あ!ありすでも良いよ(´・ω・`)?』

    『てぃあらは皆からはキラキラネームってよく言われてたけど、パパとママから貰った初めてのプレゼントだからてぃあらはてぃあらで嬉しいのヽ(*´^`)ノ』

    不備等有りましたらなんなりと!

  • へべれけ主
    No.1568301
    [編集/削除]

    >>きらちゃん.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

  • きらちゃん.
    No.1571857
    [編集/削除]

    上げます(ノ゜ー゜)ノ

  • 我喰蠱蟲
    No.1572022
    [編集/削除]

    白面金毛九尾の狐で予約希望なのですが可能ですか?

  • へべれけ主
    No.1572548
    [編集/削除]

    >>我喰蠱蟲様
    すみませんが、スレをもう一度よく確認してから希望してください。

  • 飛鳥.
    No.1572987
    [編集/削除]

    初めまして。迷い人での予約をさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

  • へべれけ主
    No.1573107
    [編集/削除]

    >>飛鳥.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

  • 飛鳥.
    No.1573126
    [編集/削除]

    設定を投稿させていただきます。不備等ございましたらご指摘ください。

    名前:城戸 臨
    読み:きど のぞむ
    種名:人間
    性別:男
    年齢:32歳

    性格:穏やかでマイペース、基本的にのんびりとしていてだらしない。振る舞いは軽薄で何かと人を振り回しがち。また時間にルーズで度々人を怒らせている。「性格が悪い」ことを自称しており、その通りわざと人を怒らせるような言動をしたり、困らせようとからかったりすることもしばしば。
    怒ると何かと手が出がち。やたらと喧嘩に強いがあまり役立つことはなさそう。

    容姿:少し癖のある短い黒髪、黒い瞳と切れ長の目。白シャツの上に黒いジャケットを羽織り、黒のジーンズ、黒の革靴を履いている。丸いレンズのサングラス着用。身長182センチ、やや細身だがそれなりに筋肉はある。(画像はPicrew「男メーカー」yokstone様より)

    武器:なし
    妖術:後に追記致します
    役職:無職
    所属:なし
    募集:だらしない城戸の面倒を見てくださっている方(一人、性別や種族は不問です)
    備考:平闇京に来て5年ほど。妖怪に変化することを特に何とも思っておらず、ある日突然妖術が使えるようになった時も「すごいねぇ」とだけ呟いていた。
    SV:「いやぁごめんね、俺ったら性格悪いからさ、ほら、女の子よく泣かせちゃうのよ。」
    「今なんて言った?……うんうん。それは良くないねぇ、お兄さんに一発殴らせてくれる?」

  • へべれけ主
    No.1573333
    [編集/削除]

    >>飛鳥.様
    設定ありがとうございます。
    不備はございません。よって参加許可致します。
    ようこそ平闇京へ。

  • キャット.
    No.1574016
    [編集/削除]

    「白面金毛九尾の狐」で予約していいですか?

  • へべれけ主
    No.1574029
    [編集/削除]

    >>キャット.様
    参加希望ありがとうございます。予約承りました。
    三日以内の投稿をお願いします。

※記事を編集・削除するためのパスワード