デュラララチャット(仮)なりきり募集掲示板

なりきりの募集を行うための掲示板です。雑談はなり雑でお願いします。

  • 【創作/募集中】うつせみ祓魔興信所

    管理人
    No.2096974
    [編集/削除]

    アラ、お客さん? いらっしゃい。ようこそ、うつせみ興信所へ。さぁさ、遠慮しないでそこにお座りなさいな。……ひとつ、話をしましょう。

    __古今東西。科学では決して証明証明できない存在、“アヤカシ”が存在してきた。この科学が発展した現代にも、アヤカシは未だに潜んでいる。彼らは「言い伝えられること」で生を繋ぎ、その名を残すべく、時に我々生者へと牙を剥く。

    勿論、その全部が全部悪者ってワケじゃあないけれど、悪さをするアヤカシは懲らしめる必要があるの。そこで我々「霊媒師」の出番ってコト。どう、格好良いでしょう?

    でも、慢性的な問題があるの。ほら、聞こえないかしら?

    「また浮気調査?? アヤカシはどうしたのよ~!」

    「あの猫畜生、僕の腕に傷を付けやがったんだ……許せない、三代呪ってやる……ッ」

    「恐ろしい……幽霊より悪魔より、来月の光熱費が恐ろしくて堪らない……」

    ふふっ、酷い有様でしょう。そりゃそうよね。アナタ、風邪を引いたらまず医者に行くでしょう? 「憑き物かもしれないからお祓いを呼ぼう」なぁんて、一度でも考えたことあるかしら? 無いわよね。

    当然じゃない、これだけ科学の発展した世の中よ。「霊媒師」なんて胡散臭いにも程があるっていうのに、名も知れてない弱小霊媒師に仕事が来るわけ無いのよ。興信所を名乗らないと依頼も来ないけど、興信所を名乗ったらお望みの依頼は中々来ない、ってトコかしら。

    で、アナタは? 彼氏の浮気調査? それとも迷子の飼い猫チャン探し?

    ふふ、ほんの冗談よ。勿体ぶってごめんなさい。アナタが可愛いからつい。ええ、判るわよ。アナタの目が全部教えてくれてるじゃあないの。さしずめ、“この子”が見えてるのでしょう? ……御名答のようね。ささ、今度はアナタのことを話してくださる?

    ……っとその前に、改めさせて頂くわね。ようこそ、『うつせみ祓魔興信所』へ。

    ******

    【用語】
    ●妖「アヤカシ」
    古今東西に存在する「科学で証明できない怪現象」の総称。古くは妖怪や幽霊、更にはインターネットが普及してから現れるようになった都市伝説までが包括される。全てが全て悪事を働くものではないが、人間に対し悪事を働くものに関しては霊媒師の仕事の対象となる。
    アヤカシがアヤカシとして存在し続けるには「語り継がれる」必要があり、そうでなければいずれ消滅してしまう。とりわけ、怨念などの負から生まれたアヤカシは負を主張することでしか己を誇示出来ないため、人間の精神を蝕んでは悪さを行うアヤカシも存在する。
    逆に、負から生まれていないが故に、人間に友好的なアヤカシも存在する。とりわけ、霊媒師のバディのような働きをするアヤカシは後述する「識神」と呼ばれる。

    ●視人「シビト / シニン」
    「しびと」、あるいは「しにん」。お好きな方でどうぞ。
    俗に言う霊感を持ち、アヤカシを感知できる人間。一般的な人間にも「なんとなく嫌な予感がする」程度の霊感は備わっているが、視人はアヤカシをアヤカシとして観測することが可能である。但しその度合いは人それぞれで、「ぼんやりと見えなくもない」から「輪郭までくっきりと視認できる」まで様々。
    但しアヤカシを視ることが出来るということは、つまり“アヤカシにも視られる”ということ。心が弱いと悪しきアヤカシに精神を蝕まれ、後述する「憑依者」になり果ててしまう。

    ●霊力「レイリョク」
    アヤカシによってもたらされる、科学に裏付けされない異能力。主に二種類が存在する。
    一つが識神によってもたらされるもの。霊感のある人間が識神を得ることで霊力が引き出され、行使できるようになる。詳細な内容は個人によって様々で、個々の性質に合致し安定している。
    もうひとつが、アヤカシに蝕まれることによってもたらされるもの。但し、識神に引き出された力は自身の性質などから成る力であるのに対し、アヤカシに蝕まれた者(憑依者)の用いるそれはアヤカシの力に依存しているため、必ずしも自身に性質が一致するとは限らない。強力であればあるほど身体への負荷も大きく、やや不安定である。

    ●うつせみ祓魔興信所「-フツマコウシンジョ」
    東京都は「飾野(かざりの)市」に事務所を構える興信所。表向きな名は「うつせみ興信所」であり、一般的なソレを装っている。が、実態はアヤカシに纏わる依頼“も”引き受けている特異な興信所である。
    元は平成初期に仕事がなく途方に暮れた弱小霊媒師の集まりだったが、見かねたある霊媒師が代表となり当興信所が設立された。この代表者というのが当時から名があった霊媒師「椿姫 女苑 / ツバキ ジョオン」であり、現在も責任者、つまり所長の座に席を置いている。が、多忙なのか、もしくは他の理由か、彼女が事務所に顔を出すことは滅多にない。
    職員は基本的に霊媒師によって構成されている。だが今のご時世、アヤカシがらみの仕事だけで生計を立てることは難しいらしい。一般的な興信所に舞い込む依頼に差異がないものを多く請け負っているのが現状である。副業霊媒師も珍しくない。
    ちなみに事務所だが、中心部を外れた場所に位置する、コンクリート打ちっぱなしのやや古めかしい雑居ビルである。水光熱費は基本的に滞納寸前、本当に払えなくなった時だけ所長が毎度どうにかしているらしい。取り立て人が来たことは今のところない。が、督促状は何枚か。

    ●霊媒師「レイバイシ」
    アヤカシの討伐、およびアヤカシに関係する問題の解決を生業とする者達。祓魔師とも。彼らは強い霊感を有し、それでいてアヤカシに対抗できるだけの精神力を持ち合わせている。
    彼らは「識神」を相棒とすることで霊感より来たる異能力である「霊力」を行使できるようになる。この霊力と、後述する「祓具」を用いアヤカシに対抗する。アヤカシへの干渉方法は人それぞれで、対話によって浄化を試みる者から物理で殴って解決しようとする者まで多種多様。
    ※留意点として、憑依者に対する彼らの仕事はあくまでも「憑依者に憑いたアヤカシを祓い浄化させること」であり「憑依者を殲滅すること」でないことを把握しておいてください。ロスト可とはしていますが、殺人は法で裁かれます。よって、ロスト(逮捕エンド)が可能です。

    ●憑依者「ヒョウイシャ」
    アヤカシの中でもとりわけ悪行を働く者に精神を蝕まれた者達の名称。彼らは元より視人であるため霊感を有し、更にアヤカシに憑かれている影響により霊力を用いることができる。
    当人としての意識も辛うじて残っているため、普段は一般社会に紛れつつも、隙を見ては悪事を行う。この悪事は前述の通りアヤカシがアヤカシとして存在し続けるための本能的な行為である。内容は元のアヤカシに依存し、その根底にはおおよその場合「名を知らしめる」という目的がある。霊媒師はこの行動を阻害する存在であるため、ほとんど本能的に敵対心を抱くことになるだろう。
    精神力の弱いものほどアヤカシに憑かれやすいが、逆に言えば例え憑依されようとも確かな克己心さえあれば少なくとも自我を保つことはできる。
    憑依者は負のエネルギーのようなものを纏っているらしく、直感的に別の憑依者を感知することができる。さしずめ「憑依者同士は惹かれ合う」といったところ。
    なお、アヤカシを祓うことが出来れば、その時点で憑依者は単なる視人に戻ることが出来る。
    ※アヤカシを祓う行為は、ロストと同様に双方の同意の元で行ってください。

    ●識神「シキガミ」
    動物を象った小さなアヤカシのうち、特定の霊媒師とバディを組み、使いやあるいは相棒となったそれを識神と呼ぶ。霊媒師は識神の力を借りることで霊力を引き出し、アヤカシにより直接的に干渉することができるようになる。動物霊や精霊の一種と推測されるそれらは一般人には見えないが、視者であれば視認や接触が可能。
    識神を得る方法は様々で、餌付けに釣られるものから畏まった儀式を要求するものまで多種多様。勝手に懐かれることもあれば、逆に人間から媚びへつらわなければならないこともあり得る。霊媒師と識神の付き合いに関しても、方や相棒や友人感覚であったり、方や尻に敷かれていたりと様々。
    意思疎通の方法は個体差があり、念やテレパシーに頼るものから、人間の言語を喋るものまで。種によっては鳴き声を発するものも。但しこれらは全て視人にしか認識出来ない。
    大きさにさほど個体差がなく、元が大きなものであっても基本的には小動物ほどのサイズに統一される。また、霊体であるためか浮遊することもできる。

    ●祓具「フツグ」
    霊媒師がアヤカシに立ち向かう際に用いるアイテム。個人の力や性質に合わせ、御札からアクセサリーまで様々な形態が取られる。但しあくまでも霊媒師が霊力の質をより高めるために用いるアイテムであるため、一般人がこれ単体で何かできるわけではない。
    刀や銃などの形態を取っているものもあるが、銃刀法があるため、模造刀やガスガンなどの法に「ギリギリ」抵触しないものが多い。
    だが最近は主に「職質が面倒くさい」「法を考慮すると運搬が億劫」という理由から、そういった形態を取っているものを好んで使う者は少ない。過去に適当に取り扱ったが故に軽犯罪法に課せられ、罰金を食らったものもいるため、そういった形態の祓具を用いるのは「常識がない」というのが一般的。
    ※模造でない刀や銃は普通に捕まります。

    ******

    【注意事項】以下の事項が理解・同意出来ない方は参加をご遠慮下さい。
    ・当なりきりは現代日本を舞台に和要素を組み込んだなりきりです。日常、シリアス、戦闘etc.ご自由に交流をお楽しみ下さい。
    ・デュラチャの基本的なルールを遵守した上で、思いやりとマナー、ネットリテラシーを忘れないようにお願いします。
    ・2枠以上のロルを推奨します。確定、五月雨などのロル、および一方的な無双行為ははお控え下さい。
    ・お部屋建ては自由です。タイトルは「【掲示板制】うつせみ祓魔興信所」、ノック有り、画像オフでお願いします。
    また、お部屋建ての際にはパスワードを設定して下さい。内容は雑談掲示板の「No.2103118」の投稿の一番下に掲載しますので、そちらを参照して下さい。(2021/12/2追記)
    ・PCの負傷・ロストは可能です。然し、苦手な方もいらっしゃいますので、過度な猟奇的描写、望まない戦闘やキャラロスト、あるいはそれに纏わる設定の過度な押し付けはご遠慮下さい。キャラロスを行う場合はロストする方、される方の両者の合意の元、設定のすり合わせを済ませた上で行ってください。
    ・恋愛は許可しますが、苦手な方に押し付けないようお願いします。本体会話の際にもご配慮を願います。またR-18行為は規約に則り禁止とします。
    ・本体同士の喧嘩はご法度です。最悪の場合は参加権を剥奪致します。
    ・当なりきりはオリジナルです。版権キャラの転用、および他PCを版権キャラに喩える等の行為はお控え下さい。
    ・過度な設定の後出しは認めません。設定を伏せて提出する場合、および設定の追記・改定は必ず主に相談し、尚且つ認可できなくとも押し通さないことをお願いしたいです。万が一、許可の降りていない設定によって何らかの損害が発生した場合は、該当者の参加権を即座に停止し、なりきり内での損失は全て無かったものとします。こちらは後出しによるチート、および世界観の崩壊を防ぐためです。
    ・画像を添付する際は出典を明記して下さい。なお、picrewには記載不要のメーカーも存在しますが、混乱を防ぐためにそのようなメーカーを使用した際にも必ず出典を記載して下さい。意図して無断転載を行った場合、後から画像を取り下げたとしても参加を拒否します。
    また、出典の書き方が指定されているものも存在します。作者様の提示した注意文を熟読し、必ずそれに従ってください。
    ・書き込み、設定投下の際には必ずパスワードを設定して下さい。また、万一のパスワードの紛失に備え、運営様への削除依頼が出来るよう、メールアドレスのご用意をお願いします。
    ・当なりきりは完全予約制です。「興信所職員」「憑依者」「一般人」を明記した上で予約を行って下さい。また、HNはくさかんむりを部首とする漢字一字に統一して下さい。期間は5日間とし、延長は随時ご報告下さい。
    また、投稿が承認された際には予約の投稿の削除をお願いします。
    ・度重なるようですが、モラルに欠ける行動は控え、思いやりとマナー、ネットリテラシーを忘れないようにお願いします。もしそのような行動が見られると判断しましたら、管理人からお声掛けをする可能性も御座います。
    ・その他、気になることがあれば些細なことでも構いませんので、随時管理人までお声がけ下さい。可能な範疇で応対します。
    ・万一荒らしが発生した場合は管理人で応対します。参加者の皆様は反応を示さないようにお願いします。

    ※以上の文章を引用する行為を当なりきりは許可しておりません。(2021年10月30日追記)

    ******

    ・雑談掲示板URL
    http://nari2-bbs.drrrkari.com/#/topics/52303

    上記リンク先のNo.2103118の投稿が今まで頂いた質問とその回答の纏めとなっております。ご活用ください。(2021/11/26追記)

    ・創作掲示板URL
    http://nari2-bbs.drrrkari.com/#/topics/52351

    上記掲示板の詳細は雑談掲示板に記載しております。ご一読下さい。

    ******

    掲示板の整理のため、古い投稿への「予約の承認」「設定の承認および訂正点の指摘」「質問への回答」および「連絡事項」などを削除しました。ご理解のほど宜しくお願いします。(最終更新日:2021/12/05)

  • 管理人
    No.2096976
    [編集/削除]

    【マップ / 飾野市】
    飾野(かざりの)市は本なりきりの舞台となる架空都市である。東京都は23区の外れ、八王子や町田の付近に存在する。
    23区程ではないが東京であるため、ある程度の交通整備はなされ都心への公共交通ルートには困らない。
    市立の博物館、図書館などの公共施設も充実している。ここでは施設の一部を紹介する。

    ・時計台「とけいだい」
    飾野中央駅の正面出口に聳える振り子付きの大きな時計台。
    市の待ち合わせスポットといえば専らここである。

    ・飾野市立図書館「かざりのしりつとしょかん」
    市の中心部に位置する公立図書館。館内は広く蔵書も豊富であるため、勉学に励む学生にはぴったりの場所である。
    だが、何故かオカルトめいた蔵書が多いような気も。

    ・かざりの歴史資料館「ーれきししりょうかん」
    市営博物館。煉瓦造りの外観がレトロモダンな雰囲気を演出する。
    附属カフェである「Déco」は、市民のみならず市外からも人を寄せる憩いの場となっている。

    ・飾ノ宮学園大学「かざりのみやがくえんだいがく」
    私立の総合大学。文理共に多種多様な学部学科が存在し、市外から通う学生も少なくないため専用のバスが出ている。
    10月の学園祭の時期には学生のみならず地域全体で賑わいを見せる。また、近隣に学生寮「華加」が存在する。

    ・飾野神社「かざりのじんじゃ」
    開発の進んだ市のうちで、数少ない緑の残る辺境の地に建てられている簡素な神社。
    飾野は嘗て養蚕で栄えたことから蚕を神様とみなしていた歴史があり、養蚕業から連想して豊穣の神を祀っている。

    ・旧絹織邸「きゅうきぬおりてい」
    嘗ては飾野の地を治めていた旧家のお屋敷。財政難によって土地からは撤退し、結果として屋敷だけが今なお残されている。
    外観こそ立派であるが、一目で廃屋と解るに容易いくらいには廃れている。豪奢な鉄柵門は固く閉ざされたままで、人が出入りしている様子は無い。
    歴史保存の意を込めて残されているということになっているが、「取り壊そうとすると良くないことが起こるから壊せないでいる」という噂がまことしやかに囁かれている。

    ・純喫茶「シド」
    街に古くから存在し、知る人ぞ知る隠れ家的名店。
    シルバーヘアに銀縁のメガネ、清潔なエプロンが良く似合う老紳士がマスターを勤めている。

    ・ベーカリー「むーとん。」
    ここ数年のうちに開店した駅前のパン屋さん。眠る羊の大きな看板が目印。
    動物モチーフのかわいいパンで有名であり、学生や若い女性にに大人気。
    一番人気は「夢見る羊さんのさくさくメロンパン」

    ・アクアリウム「ジュエラ」
    市のやや郊外に位置する小規模なアクアリウム。
    様々な種類のクラゲを取り揃え展示した幻想的なエリア「クラゲ館」は写真映えすることから近年SNSを通じ有名になりつつある。

    ・ライブハウス「& Lights (アンド ライツ) 」
    最大収容人数40人と箱としてはかなり小規模なライブハウス。
    雑居ビルが立ち並ぶ路地の裏に、隠れるようにひっそりと構えられた階段を降った先に存在する。
    夜はここで夢を追う若者たちによるライブが行われている。

    ※絡みをよりスムーズに行うために用意したものであるため、ここ以外の場所、および市外で絡んでも構いません。
     また、マップに追加したい場所があれば専用の雑談掲示板に書き込み下さい。許可できるものは随時追加していきます。

    ******

    【設定テンプレート】
    ●霊媒師
    「SVを2~3つ」「」

    【名前】和洋中問いません。

    【仮名】名前の読み仮名を。

    【年齢】15~あり得る範囲で。中学生は不可。高校生・大学生でも構いませんが、その場合は保護も兼ねて雇われている非正規職員(アルバイト)となります。
    なお、非正規職員の人数が多くなる場合は予告無しに締め切る場合があります。ご了承ください。

    【性別】中性、無性別は不可。それ以外であればなるべく許可します。

    【容姿】過度な美化、現代日本にそぐわない容姿はご遠慮下さい。
    画像を添付する際は出典を明示した上で、画像参照で済ませることなく記入をお願いします。

    【性格】極端に絡みづらいものはお控え下さい。

    【識神】識神となる動物霊の種族と、その特性や性格などをご記入下さい。サイズ感は前述の通りそこまで大きくなく、大きな動物はそれくらいのサイズにまで縮小されるとお考え下さい。
    種の被りはある程度可能ですが、性格性質もろとも被るような事態にはならないようにお願いします。

    【霊力】保有する霊力の詳細をご記入下さい。チート、世界観にそぐわないもの、他キャラとの被りはお控え下さい。

    【祓具】詳細は上の解説をご参照下さい。また、あくまでも現代日本です。銃刀法に則ってお選び下さい。

    【備考】キャラの詳細をご自由に。

    【関係】関係の募集があればこちらに記入してください。出来上がった関係のメモにお使い頂いても構いません。

    ●憑依者
    「SVを2~3つ」「」

    【名前】和洋中問いません。

    【仮名】名前の読み仮名を。

    【年齢】あり得る範囲で。

    【性別】中性、無性別は不可。それ以外であればなるべく許可します。

    【アヤカシ】何のアヤカシに蝕まれているかを記入してください。妖怪から都市伝説、幽霊まで御自由に。

    【霊力】保有する霊力の詳細をご記入下さい。アヤカシに関連するものでお願いします。
    チート、世界観にそぐわないもの、他キャラとの被りはお控え下さい。

    【容姿】過度な美化、現代日本にそぐわない容姿はご遠慮下さい。
    画像を添付する際は出典を明示した上で、画像参照で済ませることなく記入をお願いします。

    【性格】極端に絡みづらいものはお控え下さい。

    【備考】キャラの詳細をご自由に。

    【関係】関係の募集があればこちらに記入してください。出来上がった関係のメモにお使い頂いても構いません。

    ●一般人(※なりきりの都合上霊感持ちということでお願いします)
    「SVを2~3つ」「」

    【名前】和洋中問いません。

    【仮名】名前の読み仮名を。

    【年齢】あり得る範囲で。

    【性別】中性、無性別は不可。それ以外であればなるべく許可します。

    【容姿】過度な美化、現代日本にそぐわない容姿はご遠慮下さい。
    画像を添付する際は出典を明示した上で、画像参照で済ませることなく記入をお願いします。

    【性格】極端に絡みづらいものはお控え下さい。

    【備考】キャラの詳細をご自由に。

    【関係】関係の募集があればこちらに記入してください。出来上がった関係のメモにお使い頂いても構いません。

    ******

    【名簿】
    ○興信所職員
    ・所長(NPC):椿姫 女苑 / No.2096980
    ・紺野 円   / コンノ マドカ    / No.2096985 @管理人
    ・衛崎 伎永  / エサキ サエ     / No.2100230 @艾 様
    ・火嗣 響樹  / カツグ ヒビキ    / No.2103449 @蘢 様
    ・我天 英雄  / カテン ヒロ     / No.2104145 @英 様
    ・葦原 冷璃  / アシハラ レイリ   / No.2105109 @葦 様
    ・加々地 誠弥 / カガチ セイヤ    / No.2113333 @薩 様
    ・一条 瑠衣  / イチジョウ ルイ   / No.2114204 @藤 様
    ・御影 栞   / ミカゲ シオリ    / No.2124137 @萊 様
    ・真宮 颯夏  / シングウ リツカ   / No.2142461 @藜 様
    ・菌様予約(12月5日17:36まで)

    ○憑依者
    ・八重 恋昏  / ヤエ コガレ     / No.2104509 @葎 様
    ・髙蔵 澄叡  / タカクラ スミアキ  / No.2103050 @萩 様
    ・向 鳩    / ムカイ ピジョン   / No.2138847 @草 様
    ・深淵 奈落  / シンエン ナラク   / No.2145343 @蒼 様
    ・國原 緋沙子 / クニハラ ヒサコ   / No.2148486 @虀 様
    ・盾紬 正義  / タテツムギ マサヨシ / No.2150506 @蘭 様
    ・戌亥 薫   / イヌイ カオル    / No.2155224 @菟 様
    ・燐葉 瑠璃  / リンヨウ ルリ    / No.2153790 @葬 様
    ・茨様予約(12月6日22:29まで)
    ・薺様予約(12月7日4:45まで)

    ○一般人
    ・楳図 鬼灯  / ウメズ ホオズキ   @䕊 様 (仮許可)
    ・租神 琴葉  / ソガミ コトハ    / No.2117297 @芒 様
    ・矢代 琳   / ヤシロ リン     / No.2155126 @芳 様

  • 管理人
    No.2096980
    [編集/削除]

    ※こちらはNPCです。かなり特異な設定となっていますので、設定を書く際の参考にはなさらないようにお願いします。

    【名前】椿姫 女苑

    【仮名】ツバキ ジョオン

    【年齢】恐らく4〜50代とされるが、詳しくは不明。

    【性別】女性

    【容姿】金のモノクルがトレードマーク。艶やかな濡羽色を腰までたくわえた流麗なロングへア。それを丁寧に結い上げる。剃刀のように鋭い目元と、老いを知らぬ美貌には真っ赤な口紅が良く似合う。

    画像:nise様「夢で逢ったヒトメーカー」にて作成

    【性格】凛として強か。揺るがぬ精神力と圧倒的なカリスマを誇るうつくしき人。興信所にあまり顔を出さない人間であるため真偽は定かではないが、職員のおおよその印象はこんなところだろう。

    【霊力】不明

    【識神】赤目の白蛇と目されている。

    【祓具】不明

    【備考】メディア露出こそ少ないものの、その実力は界隈において5本の指に入るとも謳われる腕利きの霊媒師。故に多忙であるため事務所に顔を出すことは滅多にない。よって彼女が創設者かつ所長であることは余り知られておらず、職員の中にもその事実を知らないものは居るかもしれない。
    なお、椿姫女苑は霊媒師としての名らしい。本名は別にあるものの、我々が知る由はない。

    【関係】無し

  • 管理人
    No.2096985
    [編集/削除]

    「そ、円って書いて『まどか』って読むの。変な名前っしょ? ま、嫌いじゃないんだけどね」
    「エ、奢ってくれるんスか! あざます喜んで!」

    【名前】紺野 円

    【カナ】コンノ マドカ

    【年齢】20歳

    【性別】男性

    【容姿】
    つんつんと外に跳ねがちな黒髪に段を付けながらも短く切りそろえ、前髪は視界を遮らないように軽く流している。キリとした眉に吊った瞳がもたらす鋭い印象を、鼻頭を中心に見られる雀斑のあどけなさで中和している。肌は健康的な色を保ち、日光の元では琥珀を嵌め込んだような澄んだ輝きを見せる茶の瞳が印象的。
    背丈は177cmと若干高め。程よく筋肉を蓄えながらもすらりとした肉体は華の男子大学生らしさを演出する。
    衣服はラフなものがほとんどで、フードやあるいは大きなポケットのあるものを積極的に選んでいる。また、白+黒+鮮やかな有彩色の組み合わせを好んでいるようだ。足元はいつでも走り出せるようスニーカーが常。両耳朶にピアスを開け、手指にリングを嵌めている。
    画像:のよい様「呪い系男子めーかー」にて作成

    【性格】
    明朗闊達で爽やかな好青年。人懐っこく世渡り上手。あらゆることに積極的で、こと社交性に長ける。感情表現は非常に豊かで、花開くように喜び、夜が更けるように悲しむ。
    ルックスも相俟ってしばしばチャラいと揶揄されがちだが、決して無遠慮に他人の領域を踏み荒らすことをしない良識をも持ち合わせる。何者に対しても敬意を持ち、とりわけ女性と子供に優しい紳士的な一面も。
    軽薄そうな雰囲気とは裏腹に周囲に流されない確かな芯が存在し、悪しと思うものに対しても怯まずにNoと発言できる。
    思慮深くあろうという心はあれど、若さ故の無鉄砲さはどうしても抜けきらないらしい。落ち着きがないという程ではないものの、考えるよりも先に体が動くことは少なくない。

    【霊力】
    針を生成し、それらを操る力。一本一本は裁縫針ほどの大きさしかなく少々火力に欠ける。しかしその代わりにコストも低いため、大量に操作することでカバーしている。またこれを利用して結界を張るなどの応用も可能。可動域は自身を中心におおよそ半径10mほど。
    この針は精神、ないし心を刺して浄化させるためのものであるため、身体に刺さり、かつ痛みは与えられるもののそれによる負傷や流血などの直接的な損傷を与えることはない。

    【識神】
    おおよそ両手に収まるくらいのサイズのはりねずみ。女の子。柔らかなシナモン色をした針を持ち、淡いピンク色の鼻とくりくりとした黒い瞳が愛らしさを演出する。名前は針の色から取って「なも」としている。
    落ち着きこそあるものの恥ずかしがり屋で臆病者。紺野には懐いているものの、他の職員に対しては未だ怯えた表情を見せる。狭い空間を好んでいるのか、しばしば紺野の衣服に潜り込んでいる。

    【祓具】
    指に嵌められたシルバーのリング。右手の中指、左手の親指、人差し指の合計3つ。

    【備考】
    普段は文系の学部に通っている大学生であり、興信所にはアルバイトとして勤めているバイト霊媒師。奨学金を受給せず、かつ毎月滞りなく仕送りが貰える程度には裕福な家庭に育っているため、明け透けに言うなれば霊媒師業は小遣い稼ぎ。
    但し態度が悪い訳ではなく、アヤカシとの関連性の有無に関わらずあらゆる依頼に対して真摯である。
    過去に憑依者が起こした事件に巻き込まれたことがあり、その際に今の識神と出会う。事件解決に貢献したことをきっかけに興信所への誘いの声が掛かり、バイトとして働き始めることになった。

    【関係】
    募集中:備考にある「彼を興信所へと誘いかけた人物」

  • No.2097111
    [編集/削除]

    一般人での参加を予約させて頂きたいです。

  • No.2097467
    [編集/削除]

    憑依者で予約お願いします

  • No.2097521
    [編集/削除]

    一般人での予約希望です。
    可能であれば、純喫茶「シド」のマスターで参加したいのですが宜しいのでしょうか

  • No.2097945
    [編集/削除]

    大変失礼致しました
    改めて興信所職員にて参加希望です。

  • No.2098185
    [編集/削除]

    憑依者にて参加希望です。

  • No.2098709
    [編集/削除]

    憑依者で予約お願いします。

  • No.2099931
    [編集/削除]

    憑依者で参加希望です。

    それと憑依者についての質問があるのですが、

    ・もし也中で憑依者に憑いているアヤカシが払われた場合、それ以降そのPCは一般人扱いとなるのでしょうか?
    ・克己心さえあれば少なくとも自我は保てると表記されていますが、完全にアヤカシに憑かれ憑依者の人格がほぼ、または出てこない事はあるのでしょうか?
    それとは逆に、憑依者の自我が強くほぼ悪行を働かない人もいるのでしょうか?

  • No.2100230
    [編集/削除]

    ●霊媒師
    「別に強がってないから。大学に友達いなくても大丈夫ですから。なんなら1人の方が楽ですし…はっ倒すぞ」
    「なんかタコが騒がしい、近くにアヤカシがいるのかもな。」

    【名前】
    衛崎伎永

    【仮名】
    エサキサエ

    【年齢】
    20歳

    【性別】
    男性

    【容姿】
    金髪×パッツン前髪と独特なヘアスタイルに、色白で中性的な顔立ちの青年。身長172cmの痩せ型。ワイシャツ・チノパン・スニーカーと特に目立った格好はしていない。
    後述の霊力のこともあって、普段から汚れが目立たないよう暗い色味の服装をしている事が多い。
    (画像: Picrew【推し男子高校生メーカー】様にて作成)

    【性格】
    基本的に冷静な性格。目つきが悪く無愛想に捉えられがちだが、困っている人がいれば助けるし、社交性がないわけでもない。初対面や目上の人には敬語も使い、普通の学生と変わらないだろう。
    ただ一般人とズレてる点があるとすれば、悪行に走る憑依者は女でも子どもでもお構い無しに手を出せる点。側から見れば卑劣漢と言われそうだが祓われない方が不幸だと本人の中で割り切っている。
    なんやかんやうつせみ祓魔興信所のみんなが大好き。

    【識神】
    赤茶色でソフトボールくらいの大きさのメンダコみたいな何か。たまにテレパシー的なもので話しかけてくるが基本的には無口で、水中浮遊するかのように頭の近くでふわふわしている事がほとんど。オスかメスかもわからず、衛崎はそのまま「タコ」と読んでいる。当人よりも良いコミュニケーションが取れる人もいるらしい。

    【霊力】
    煤のようなものを生成し操る力。
    片手に祓具の手拭いを纏わせ筒状にし、息を吹く事でタコが天敵へ墨を吐くように煤煙を発生させることができる。これはアヤカシや憑依者にとって毒ではないが、なんとなく嫌な感じはするらしい。基本的に火力が低くサポート的な能力であり、煤と同じような性質のため風に弱い。
    応用として煤を圧縮し硬化し手裏剣のように操作したり、祓具の手拭いに煤を纏わせて硬化させたりして鈍器代わりにする事も可能(南極で濡れタオル振り回すと凍るあの感じに近い)。その日の調子によって硬さは変わるとの事。

    【祓具】
    古い手拭い。30cm×95cmのサイズで普段は丁寧に折りたたんで持ち歩いている。

    【備考】
    飾ノ宮学園大学の学生。都内出身で高校2年の頃からうつせみ祓魔興信所にアルバイトとして雇われており、若くても依頼を真面目にきっちりこなしている。
    大学入学早々、依頼のため都外へ派遣され数日帰ってこなかった。大学の新歓やオリエンテーションに一切参加できず、現在進行形で友達が作れていない悲しい学生。そのため霊媒師の仕事に熱中できる環境が整ってしまっている。

    【関係】
    今のところなし。
    お誘いありましたら〜

  • Unknown
    No.2100323
    [編集/削除]

    こんばんは、振興所職員で予約お願いします

  • No.2100816
    [編集/削除]

    興信所職員で参加希望です

  • No.2101234
    [編集/削除]

    こんばんは、一般人で参加予約お願いします

  • 質問
    No.2101489
    [編集/削除]

    憑依者が行う悪事とは具体的にどの様な事ですか?

    祓具は一般で売られてるもので大丈夫ですか?特別に霊力が込められた物を買わないといけない…みたいな感じだったりしますかね。

  • No.2102108
    [編集/削除]

    憑依者で予約お願いします

  • No.2102470
    [編集/削除]

    申し訳在りません、予約期限を1日伸ばして頂けますでしょうか

  • No.2102749
    [編集/削除]

    憑依者で予約を宜しいでしょうか。

  • No.2103050
    [編集/削除]

    宜しくお願い致します。

    ●憑依者

    「好きなものは酒、煙草、パチンコ。あと女。」
    「死にたい?そうか、葬儀までやってやるから安心して死ね。」

    「あ"、ァ"、寄越せ、寄越せ、お前の音色を、我々に……ッ!!」

    【名前】髙蔵 澄叡

    【仮名】たかくら すみあき

    【年齢】31歳

    【性別】男性

    【アヤカシ】耳なし芳一より 平家の怨霊
    古来より伝わる怪談話として有名な耳なし芳一に登場する武士の怨霊。
    大層美しい音を鳴らす琵琶法師、盲目の芳一の両耳を引きちぎった者。
    壇ノ浦の戦いにより滅ぼされた平家が一人である。

    アヤカシは語り継がれる事で生き続ける。
    このアヤカシは、壇ノ浦の戦いという歴史的事件と、
    耳なし芳一という、日本人であれば一度は聞いた事があるような怪談によって、
    今の今まで消滅せずにいる。
    彼は安徳天皇や平家の同胞が今も尚、鎮魂のための美しい音色を欲しているとし、
    あの芳一に勝るとも劣らない音楽家を探し続けていた。

    【霊力】肉体を引き千切る力。単純な身体能力強化では決してない。
    対象の肉体を掴み、その手を引く事で、その部位の堅固さを一切無視して引き千切る事が可能という、
    怪談がこのアヤカシに寄越した呪いの力。
    無機物は基本的に対象とはならないが、衣服や装備、装飾品は体の一部として認識される。

    非常に強力な力だが、防ぐことは案外容易い。
    アヤカシの力は強くとも、澄叡の肉体そのものは普通の人間であるため、
    物理的捕縛には弱い。
    更に、美しい音色を聞かせ続ければ、近づいて来るだけで襲われない。
    ただし、音が止めばまた狙われる。
    最後に、芳一のように体中にお経を書くこと。

    【容姿】身長176cm、体重57kgと、やや細身な体格。
    普段着は、そのスレンダーなシルエットが浮彫りになるようなサイズ感のシングルスーツ。
    顔だちだが、輪郭が少々こけ気味で、目元にも皺が薄らと刻まれているため不健康な印象を抱かせがち。
    目事態は大きいものの、不機嫌そうに釣った眉と三白眼が凶悪そうな面構えを作る。
    肩につく程の長さをした髪は真っ赤に染められているが、傷んでいる様子はない。
    女性などが見れば、髪には気を遣っている事がすぐ分かるだろう。
    そんな長髪を垂れ下げ、前髪はセンターで分け、歩きたばこなどしていた日には完全にゴロツキの風貌。
    これでも元僧侶であるため、その道を歩んでいた時は坊主頭。

    【性格】欲望に忠実で、金で買える類の快楽を我慢する事はない。
    法に触れるような危険な物には手を出していないが、それも自制心の残りカスのようなもの。
    と言うのも、この性分は憑依者となる前からのもので、
    それを知る者は「少なくともあいつは前からクズ」と語る。
    根に善心がない訳ではない、というか、元僧侶なのだし常識も良識も持ち合わせてはいる。
    そのため、案外話の通じる人間だったりする。
    だがしかし、基本的には金遣いの荒いクズ。
    反面、仕事に関しては真摯的だったようだ。
    憑依者になった今では、アヤカシの抑止への慎重さにその姿勢を覗かせる。

    【備考】実の所、元僧侶であり、元霊媒師。
    禁欲への嫌気などから戒律を破り、破門され破戒僧へ。
    20代も半ばに差し掛かる頃、件の怨霊の霊媒を祓いに行った所、
    己の未熟さ故に、当時の識神だった九官鳥を失っている。
    今はその怨霊に憑依されているものの、
    霊力が元々高い澄叡の素養で、平時は何とかアヤカシを抑え続けている。
    ただし眠る時だけは、意識も沈んでいくため、
    耳なし芳一が如く体中にお経をかき込んで、操られる事を防いでいる。
    ただし、このアヤカシが欲している「美しい音」を聞いてしまった場合、
    アヤカシの自我が澄叡を凌駕する恐れがある。
    そのため、普段からイヤホンで大音量の音楽を聞いたり、耳栓をしていたりする。
    現在の職業はせどり師であり、寂れた古本屋を営んでいる。
    なのにどうしてスーツ姿かと問われると、何時美人と遭遇しても良いように、との事である。

    【関係】
    「うつせみ祓魔興信所」
    アヤカシについての事情を全て報告しているため、
    興信所は近辺の霊媒師全員に、髙蔵澄叡とそのアヤカシへの対策術などを伝えている、
    万が一の時は、「俺を殺してでも止めろ」と念を押しており、
    霊媒師兼専属弁護士にも、その時は正当防衛が成立するようにと便宜を図っている。

  • No.2103103
    [編集/削除]

    質問なのですが、霊媒師とバディを解消した識神が別の霊媒師とバディを組んだ場合、与えられる霊力の内容は同じようなものになるのでしょうか? それとも個々人によって霊力の内容も変化するのでしょうか。

    もう一つ、識神とのバディの解消は、唐突にというか、瞬時に行えるようなものなのでしょうか。

  • No.2103361
    [編集/削除]

    @管理人様

    設定受理ありがとうございます。
    顧問弁護士の件ですが、ご用意頂けるのなら是非お願いします。

  • No.2103449
    [編集/削除]

    ●霊媒師

    「あぁ、その依頼、私が引き受けよう。」

    「……何、才能の有無にかかわることなく、努力は常に必要だろう。私の場合、目指す場所が高すぎて非効率を許すほどの余裕が無いだけだ。」

    【名前】 火嗣 響樹

    【仮名】 カツグ ヒビキ

    【年齢】 26

    【性別】男性

    【容姿】 薄く赤い髪はほどほどに長く、特に後ろ髪は一纏めにして縛れるほどに長い。前髪も習うようにして少し長く、目に掛からぬよう左右に分けられている。
    顔は右目の周囲についた火傷の跡が特徴的ではあるが、眉間に寄った皺、光を通さぬような黒の双眸と、不機嫌そうに歪んだ唇から与える印象は良い物とは言えないだろう。
    身長は177㎝程度。ある程度鍛えられた体の上から黒のシャツと焦げ茶のコートを羽織っており、下はジーンズパンツをベルトで止めている。
    画像:ぶんてふ様 「お兄さんキャラデザ練りメーカー」より

    【性格】 冷静で冷徹で、機械的であろうとし続ける物のどうやっても人間らしい感情に任せた行動や、非効率的な行動を、人としての情を捨てられない酷く人間らしい性格。
    非効率を自己に許さず、生き急ぐ、或いは死に急ぐように仕事や、或いは人生そのものを行っている。
    感情を排して、排そうとして仕事に臨むのだが、最後の最後で自分の中に在る人の情を捨てられずに誰かを救おうと必死になる。
    一般人を巻き込むのを極度に嫌い、例えば街中で祓える状況にあったとしても、それに周囲の人間を巻き込む危険性があるのならば別の策を考えるほど。
    アヤカシに関わっていようがいまいが、とりあえず仕事は愚痴を吐きつつ真面目にこなす。行き過ぎているだけで、根はかなり真面目。

    【識神】 「天ノ大神」
    全長で言えば15㎝程度の狼または犬。綺麗な白色の毛並みをしていて、背中の部分のみ赤い円を描くように、毛が赤くなっている。
    子犬のようにじゃれつき、興味を持った物に突撃していくような子供っぽさがその根底にある。
    コミュニケーション能力が高く人の言葉を介し、また視人であればその言葉を大雑把にでも読み取ることが可能だろう。
    普段は火嗣の肩に乗っている。

    【霊力】 炎の具現的な発生、その操作が力の基軸。
    基本的には祓具に炎を纏わせ、物理的接触を介してアヤカシに対して攻撃を与えるため発生する炎に熱量は備わっている物の、攻撃した憑依者に火傷を負わせるようなことは余程の火力を出さない限りは不可能。ただし祓具による直接攻撃に関しては、肉体にもある程度のダメージが入ることもある。
    鎧じみて体に炎を纏うことも可能なのだが、耐アヤカシ的な防御力の増加というよりかは祓具を持たぬ手や足などで攻撃を可能にするために纏っている節があるものの、防御力も実際に増加する。

    体に纏うべき炎を変形させることで、炎で形作った全長1m弱ほどの狼を生み出すことができる。基本的に識神に操作を任せることで、一人きりでも連携することが出来るようになる。
    ただし自身の視界内から数mでも離れると炎を維持できなくなるので、基本的には先行させて牽制や妨害等を行わせることが多い。

    【祓具】 全ての刃が潰されている血のように赤い七支刀、或いはその模造刀。
    実家の蔵にあったものを、自分の兄が引っ張り出してきたもので、元は兄が使っていたものを引き継いで使っている。
    昔昔のその昔に祭具、或いは呪具として扱っていたものであるそうなのだが、祖父が言うにはそれには刃が在った、とのことなので恐らくその模造品であると推測している。
    尚持ち歩くには大きく、度々職質を受けることもあったため、基本的に持ち運びには縦長のスーツケースを用いる。

     皮の手袋
    此方も家の倉庫から引っ張り出したものだが、模造刀が使えない状況下での戦闘が予想される場合や、普段から持ち歩くために使っている物で、祓具としての質は七支刀に比べて大幅に下がる。
    一応祓具として機能するため、霊力の増強にはなるが微々たるものであり、扱える霊力も炎を手袋に纏うこと程度しかできない。

    【備考】 元々興信所役員になるつもりはなく、普通の社会人として働くつもりだったのだが、高校3年生の時に興信所の役員であった兄が祓具と識神を残して失踪。
    兄の足取りを追うために、兄とバディを組んでいた識神とバディを組み、霊媒師となることを決意した。
    興信所役員としてアヤカシを祓っているのは金を稼ぐという面ももちろんあるのだが、兄の情報を得るには一番適しているのがこの職であるからと判断したため。
    兄の情報を得るために、多くの仕事を抱えることが偶にあり、そういった際はまるで機械か何かのように目の前の仕事を処理していくこととなる。
    年齢こそまだ若い物の、こういった事情からアヤカシに対する見聞が広い。より効果的な処置や処理ができるように、暇があれば飾野市立図書館に立ち寄って、オカルト等に関連する書籍を読み漁っている。

    一人称は私、二人称は貴方。敬語を使って喋ることが多いが、キレたり余裕がなくなってきたりすると口調が荒っぽく成ったり、お前とか貴様とか言い出し始める。

    【関係】 お誘い等ありましたら。

  • No.2103673
    [編集/削除]

    こんにちは。興信所職員での予約をさせていただきたいのですが、宜しいでしょうか。

  • No.2104015
    [編集/削除]

    興信所職員で予約お願い致します!

  • No.2104145
    [編集/削除]

    「俺は、最強のヒーローだ!」

    「誰かを助けたいと思うことに、俺は躊躇いも迷いもない!」

    「ヒーロー見参!この拳で、性根を叩き直してやる!」

    【名前】我天 英雄

    【仮名】かてん ひろ

    【年齢】20

    【性別】男

    【容姿】紅蓮の髪はくせっ毛のあるショートヘア、髪より多少薄まった同色の瞳。まだ幼さの残る顔つきで、紅のジャケットと黒のニッカポッカがトレードマーク。
    (尚画像は顔と身体つきだけを参照)
    身長は172cmで細身なのもあり、小柄なイメージを持たれるが意外とガッチリした体格。左目の下にホクロがあり、首筋に出来た火傷のような損傷は霊力の代償でついたもの、顔面のバッテン傷はまだ治りかけで生々しい。
    (画像/Picrew様 ガラの悪い男メーカー)

    【性格】言葉にも行動にも嘘はなく、己に厳しく他人に優しい心の持ち主で、おまけにバカがつくほどの正直者。人を、植物を、動物を、この世の全てに慈しみ、自己犠牲の精神を誰よりも体現する人情に厚い姿は、誰からも好かれ誰でも好きになれる才能とも呼べる英雄の気概ゆえ。度の過ぎた熱血漢であり根性論で物を語るも、それを突き通せる志と力を持つ

    【識神】鬣が焔を模した獅子で、大きさは10cm位。鳴き声は「がうがう!」名前は「レオンハルト」で、愛称としてレオと呼んでいる。眠っている時だけ鬣が消え、猫のように見えるため間違われることもしばしば

    【霊力】《救世主(アヴェンジャー)》
    「変身」の掛け声がトリガー
    霊力を全身に纏い、ヒーローコスチュームを思わせる装いとなる。赤を基調とした配色で目立つのが特徴。並外れた身体強化と再生力向上の他、声援を受ける事でその者から微量に霊力を貰い受け、その者の霊力の片鱗を行使できるようになるというヒーローらしい力。
    変身していられる時間は10分間(10ロル)
    それを過ぎれば身体を徐々に蝕まれ、現在首筋にある火傷が広がっていき、全身の7割以上を侵されれば危険、完全に広がれば死に至る。
    喉を潰されていたり声が出ずトリガーの「変身」を発声できなければ発動不可。
    霊力に固有の名があるのは、本人が勝手に名前をつけただけ。

    【祓具】丈110cmの白マント

    【備考】霊力の都合上、そして性格上、最前線で身を削り盾にも矛にもなる勇ましい人間で、顔にできたバッテン傷も身内を庇って憑依者につけられた。当時は未熟だった故に取り逃し、現在も捜索中だがそれでも護れたのだから後悔はない、寧ろ満足感すら感じると述べる変わり者。己の限界を知らず、仮に限界だと感じてもそれを乗り越え進化せんとする強い精神を認められ興信所職員となる。何故ヒーローに憧れるかというと、別段ヒーローに憧れている訳では無いと答える。「誰かを笑って助けられる人間」の総称が"ヒーロー"だっただけで、そうゆう人間に憧れており、それ以外にやりたい事がなかっただけらしい。

    【関係】
    ・備考にある彼に護られた同期か後輩(一名)
    ・彼の顔にバッテン傷をつけた憑依者(一名)

  • No.2104509
    [編集/削除]

    「全ての物事の根本には、背反する二つの原理と要素がある。私はただ、双方のバランスを保ちたいだけ」

    「どれだけ綺麗ごとを並べても、結局は気持ち良く人を殴りたいだけ。そうでしょ?」

    「悪感情でも、この世に色濃く影を落とす程の思いだから。誰かが、汲み取ってあげないと」

    【名前】八重 恋昏

    【仮名】やえ こがれ

    【年齢】21歳

    【性別】女性

    【アヤカシ】
    『騒霊/ポルターガイスト』
    物体の移動、騒音、発火、発光などの現象が独りでに、尚且つ繰り返し発生する現象、心霊現象の一種。
    視人以外に感知されないアヤカシの「悪戯」が、一つのアヤカシとしてのカタチを得たものだが、
    その起こり故に意識や感情は希薄、人格と呼べるようなものは持たず、生命への悪意を行動方針として動く。
    ある種の病原体、あるいはシステムめいたアヤカシであり、危険度は憑依者によって大幅に変動する。

    【霊力】
    自身の肉体を動かすイメージを通して、物体に干渉することのできる不可視かつ異形の「手」を操作する霊力。
    視人は「手」を視認可能、大まかな外見は「長さの不揃いな七本の指と、野獣のように鋭利な爪を備える、干からびた手」
    本数、大きさや長さに上限は存在しないものの、自身の肉体と同程度の精密動作を可能とする最大数は二本。
    その掌で何かに触れ、あるいは包み込むような形を取ることで、騒音や発火、発光などの現象を起こすことが可能。
    これらの動作の精密度や発揮する力、起こる現象の規模などは、思い浮かべるイメージの強度に応じて変動する。
    重いモノを持ち上げる、人を引き摺るといった力を必要とする動作や、針の穴に糸を通すような精密性を必要とする動作、
    そして騒音や発火、発光といった「超常現象」の発現に関しては、極めて高度な精神的集中を必要とし、
    足を止めて腕を組む、というような静止状態で「手」の操作に意識を傾ける必要があり、操作中の本体は無防備になる。

    【容姿】
    174cm/51kg
    真綿のように柔くふわふわとした黒髪、毛先まで十分に手入れが行き届き、一本一束が雨に濡れたような瑞々しさを帯びる。
    長さは背を蔽うほど、裏をくすんたブルーに染め、普段は結わずに流しているが、運動時には低めの位置で一つに纏めることも。
    髪色と同じ黒をした切れ長の瞳は、普段から物憂い気に細められており、表情の乏しい相貌に僅かな翳を落としている。
    恵まれた上背に痩せぎすの肢体をした長身痩躯、背筋を伸ばすと殊更に細く見え、友人からは「枯れ木のよう」と揶揄される。
    立ち姿は楚々ともしていなければ嬌としているわけでもなく、研ぎ澄ました刃物のような独特の鋭さと凛々しさを帯びる。
    服装は派手な色見や柄のものを避け、中性的な印象を与えるようなものを好む、アクセサリーは程々に身につける、眼鏡は伊達。
    (画像はPicrewの「うちゅうあめーば」を使用させて頂きました。)

    【性格】
    冷淡で理知的、十分に思慮分別を弁えて振る舞い、誰に対しても分け隔てなく接する、道徳と倫理を備えた常識的な人物。
    何事にも慌てず、狼狽えず、淡々と言葉を口にする為、表情の乏しさと共に冷淡な印象を与えることも多いが、
    決して四角四面な人物ではなく、年相応の趣味と思考を持ち、他人を慮り、案じることのできる優しさを持ち合わせている。
    こうした面に、アヤカシの悪意が歪な形で共存しており、霊媒師を「アヤカシを脅かす悪しきもの」として認識している。

    【備考】
    服飾系の専門学校に通う専門学校生、両親は既に他界しており、複数のバイトを掛け持ちして学費を捻出している。
    憑依されたのは五年ほど前、憑依しているアヤカシの性質も相まって、表立って悪事を働くことはないものの、
    アヤカシを祓おうとする霊媒師の活動を阻害することもあり、性質としては悪人ではないものの、善人とも言い難い。

    【関係】
    なし

  • No.2104544
    [編集/削除]

    霊媒師を予約させてください。

  • No.2104846
    [編集/削除]

    毎度誠に申し訳ありません、キャラの微調整にミスが有りましたので10/31 22時まで予約期間を延長して頂けると幸いです

  • No.2105109
    [編集/削除]

    不備があれば何なりと。

    「や、こんにちは、お嬢さん。俺、葦原冷璃っていうの。何か困り事?俺で良ければお手伝いするよ」
    「あー、ヤダヤダ。まぁた言い争ってるよ。女の子は可愛いから好きだけど、こうやって言い争ってるのは可愛くないよなぁ。ねー、純冷」
    「ストレートフラッシュ、俺の勝ち。わぁ、凄いよ純冷。大金だねぇ」

    【名前】葦原 冷璃

    【仮名】あしはら れいり

    【年齢】25

    【性別】男性

    【容姿】紅碧に染め上げられた髪が特徴的な、世間一般で顔が良いとされる青年。前髪で覆われた右眼は以前純冷に引っ掻かれたらしく、縦一線の傷がある。笑顔も爽やかで人当たりが良い好青年ではあるが、極度の寒がりであり基本的に厚着。
    普段身に付けているボディバッグには、煙草と財布等の必需品以外に、純冷用のお菓子も入っている。
    [画像:Picrew 動物使い より]

    【性格】容姿通りの一般的な爽やか好青年。
    …などでは無く、あちこちで女を取っかえ引っ変えする女遊びの激しいヒモである。見目の良い女性を見掛ければ誰彼構わず声を掛けるし口説きに掛かるし、既に冷璃の彼女だと名乗る女性は両手両足でも数え切れない程に居る。冷璃自身は“俺は誰も本命なんて言ってないよ”と完全に弄んでいる状況であり、よく彼女同士が鉢合わせて修羅場になっている。
    冷璃はただ可愛いものが好きなだけであり、それ等を傍に置いておきたいだけ。然し置いて愛でるだけで満足なので、多くの彼女達への修羅場の仲裁なんてしない上、そうなれば自分だけこっそり抜け出して別の通りすがりの女性に声を掛けに行くし、彼女から貰ったお小遣いで別の彼女へのプレゼントを買ったりする。
    シンプルにクズ、女の敵。
    だが初対面で何も知らない相手には、ただの優しく気遣いの出来る好青年にしか見えないのが厄介な所。

    【識神】通常より少し小さなカワウソ。紫という奇怪な色をしているが、冷璃は気に入っている様子で、自身の名の一部を分け与えて“純冷(スミレ)”と呼び愛でている。一応人間の言葉を介すが、基本冷璃以外とはまともに会話しようとはせず、カワウソらしい鳴き声のみである。普段は冷璃の肩や首元に巻き付くのが定位置。
    人間に例えると18歳の女の子であり、冷璃の事は“浮気性の旦那”という認識らしい。なので、冷璃に近付く女性には見える見えないに関わらずよく威嚇をしている。
    「レーリに近付くんじゃないわヨ!この泥棒猫!」

    【霊力】霧、煙等の空気中に広範囲に渡って広がり易いものを媒体に幻影、幻聴等を齎すもの。自身に施す分には媒体無しでも可能だが、他人や空間へ影響を及ぼす際は直接触れている間のみ可能となる。
    幻惑の精度は非常に高く、触覚や味覚、痛覚までも騙し得るが、所詮は幻。基本的に一般人を遠ざける為の結界的役割と、足止め程度しか期待出来ない。
    これを自身に施す場合、少しばかり強力な暗示が可能となる。(例:一時的な痛覚の無視、相手からの精神干渉等の上書き 等)

    【祓具】煙草(常に二箱は持ち歩いている)

    【備考】クズではあるが、その一言に尽きるという訳でも無い。それなりに良い大学を卒業しているので教養もあるし、態々霊媒師でなくとも就ける職はある。が、どうやら女や可愛いものとは別に怪異自体に興味があるらしく、時折何やらノートに書いていたり。でもちゃんと働くのは時間の無駄だからと働かない。冷璃個人の財布はそれはもう冬風の如く寂しいものだが、ヒモとして数居る彼女達からお小遣いを得ている上、朝昼晩のご飯については彼女達の家で食べるか、弁当を持たされているので困ってはいない。
    酒は好きだが煙草はそうでも無いらしく、代わりにギャンブルは好き。特にポーカーは得意らしく、よく彼女のお金を使っては数倍にして帰って来たり、来なかったり。

    【関係】無し。誘われれば承ります。

  • 見学@華
    No.2105885
    [編集/削除]

    設定投下したのですがリアルの諸事情で参加を辞退させていただきます…。本当にすみません…!!!
    いつ戻ってこられるか分からず主様や参加者様に迷惑をかけてしまうと思うので、参加見送りではなく辞退でお願いいたします…(><)

    昨夜は手取り足取り教えて頂いてありがとうございました。このなりの発展を祈っております*_ _)

  • No.2106308
    [編集/削除]

    @管理人さんこんばんは。設定の期日を11月2日の火曜日に伸ばして頂きたいのですが大丈夫でしょうか?

  • No.2106521
    [編集/削除]

    一般人にて、参加を予約させて頂きたいです。

  • No.2106835
    [編集/削除]

    予約していた者です、何度も設定が消し飛んで仕舞い遅れて仕舞いました、申し訳ありません。不備が有れば御指摘の程、宜しく御願い申し上げます。

    _______

    「 ……いらっしゃい、君を待っていたよ 」

    「 ふふ、暇なら私と謎々でもするかい 」

    【名前】
    楳図 鬼灯

    【仮名】
    ウメズ ホオズキ

    【年齢】
    非公開

    【性別】
    男性

    【容姿】
    (東雲れいぢ様 「お兄さんも作れるおじさんメーカー」より作成)

    -容姿-
    艶やを失った総銀髪の髪を葡萄香グリースに依りミディアムスタイル×ウェットにセットを施す。物柔らな目元に、バランスの良いきっちりとしたアイラインを持つ。繊細乍も微曲線の八の字に整えられた眉。淡く透き通る月白色の瞳は何処か虚ろ気で有る。鋭い八重歯が生えて居るのが特徴だ。無造作に生えた髭は剃らず、短く切り揃えて居る。変哲の無い健康的な薄肌色の肌を持ち、血筋柄筋肉質で有り程好く鍛え上げた逞しい体躯を持つ。又180cmと稍高身長。切り揃え磨かれた清潔な爪が自慢の様だ。

    -服装-
    モダンホワイトのTシャツを愛用して居り、グレーのワンサイズオーバージーンズとメタリックブラックのベルト、無地の白いスニーカーと付け合わせる。
    プライベートで有れば普段から通気性の良い軽質の黒色のタンクトップに、清潔に保たれた濃い目ストライプ柄ホワイトのドゥエボットーニカラーのシャツを着用、品格と風格を主張するダークネイビーのダブルベストを使用する。霧の日に限り青のホリゾンタルワイドカラーのYシャツと単黒のダブルベストに代える。シチュエーションを重視し黒と白の斑点模様をしたアスコットタイ、若しくはシンプルに無機質な黒の着飾らぬループタイを使い分ける。仄暗い色のスタイルに統一感を出す様な、色彩を薄めたオーダーメイドのブラックタイプアルスターコートで落ち着いた印象を与える。黒色のワンタックスラックスを愛用しており、着古したクラシックダークブラウンのレザーベルトと合わせる事で依り上質な雰囲気を高める。比較的汚れ難いグレートーンのロングソックスに、遊び心と気品差を備えたワントーンブラックのビジネスモンクストラップを必ずと履く。外出の際は黒のフェドラハットにブラックレザーグローブを使用する。オードトワレの類が気に入りか、エンジャルハートを常に身に振り撒いている。

    【性格】
    平和至上主義を掲げ懇切丁寧な所作を交わし、愛餐を想わす人当たりの良さを印象付ける。然し、煙霧の如く空空漠漠とした人格は二股膏薬とし常に朧気な様相、ミステリアスな雰囲気を醸し出す。又、サイコロジックに精通した思考が故に感情の内部構成が異常な迄に希薄と化、他者や己の不幸や絶望、失敗に加え喜びや感動、幸せに生じる快い感情が欠落して居る。唯、心理に基づいて対話する人間に尤も適切な主人格を形成し対応する為、正式な″楳図鬼灯″たる人格は定まって居ない。そんな虚無に等しい男だが、争いや喧嘩_血が流れる行為を酷く嫌う思念は何処か狂気に等しい物を思わす。…まぁ、何が在ろうと温厚な老紳士を気取る事を止めやしない。

    __男が己の過去を語る度に内容が変容し、一貫性の無い物へ遂げて仕舞うのは″更なる主義が故″…だとか。

    【備考】
    飾野市に古くから存在し知る人ぞ知る隠れ家的名店、喫茶店「シド」のマスターを熟す男。八王子の近距離に位置する飾野市の末端側、様々な建造物が佇む何処か懐かしい雰囲気を纏う少し古ぼけた路上側に店を構えて、常に切れ掛の街灯を目印にして居る。不定期開店で在り、早朝7時から15時の第一部及び19時から22時の第二部構成で営業する稍変わった特徴を持つ。モダンなホワイト&ダークブランに塗装された素朴な内装に、黒統一のヴィンテージのテーブルにレザーソファー、緋色のシャンデリアと仄暗いトーンで揃えた拘りを感じるインテリアに、ベーシックカンターとセットのベージュレザーバーチェアと異色な組み合わせ。観葉植物が多く飾って有り、店主と同じ名の″鬼灯″が壁を這う様に咲き乱れる。
    喫茶店「シド」の情報は殆んど出回らず、食べログやレビューも一切提示されて居ない。更には看板や開店標識も出して居ない事から、″気紛れで迷い混んだ客人″だけが辿り着けると言った妙な店で有る。常連客の大半は珈琲好きな為か様々な珈琲を取り扱い、更にはシドオリジナルの珈琲を提供を行って居る事も特徴の一つだと言う。

    常連客曰く、霧が立ち込める日、土砂降りの日、曇りの日に開店して居る事が多いそう。

    そんな喫茶店を運営する楳図鬼灯ことこの男、実に謎に包まれた人物で有る。生い立ちや出身地、身内…男のプライベート処か過去すら明かされて居らず、内約を知る人物も存在し無い。本人の口からは「混血」で有る事、「変わった物が見える」と言う事、そして「直接触れられる」と言う事だけで、此の内容も信憑性が薄い。

    ペットで有るシナモンカラーのオカメインコ「トラオム」を常日頃から連れ歩いて居り、逃げる事無く鬼灯の肩に居座る。

    _____

    __「私の事が知りたいって顔してるね、私みたいな老人に興味を持つなんて…物好きだねぇ、 でも君が知る必要はないよ」_____
    _

    【関係】

  • 管理人
    No.2106940
    [編集/削除]

    @䕊 様
    設定を確認致しました。お部屋でも申し上げましたが、指摘は後日纏めて行います。それまでは仮許可とさせて頂きます。御了承下さい。

  • No.2112218
    [編集/削除]

    霊媒師で参加希望です。

  • No.2113333
    [編集/削除]

    予約受付有難う御座います、設定が出来ましたので投下致します。

    「…お、なぁんか用かい?」「待て待てそんな怒るなよぉ、少し驚かしただけじゃん……」
    「あ〜ぁ、なんか面白いことないかねぇ」

    【名前】加々地 誠弥

    【仮名】カガチ セイヤ

    【年齢】46

    【性別】男

    【容姿】背丈は179cm。
    明るめの茶髪、少し血色の悪い暗めの肌、細めの体躯。左目の下と右の口角には黒子が一つずつ。服装は主に首元が緩い服装を好み、上着はオーバーサイズ、下は細身の真っ黒ジーンズと同色の革靴。
    首からは黒い革紐に通したシルバーの指輪が二つ下がっている。

    (使用メーカー:我流男青年/Hshbr様)

    【性格】これでもかと言う程フワッとした自由人。一緒に歩いていたと思って振り返ったら別方向に行こうとしている程度には自由人。普段は悪戯好きであり面白い事好きであり。基本的にお巫山戯担当だが、それでも真面目な時は真面目。

    【識神】
    通称:茶トラのカエデさん。
    (恐らく)オスの猫又で、体格は普通の成猫よりも小さく少々目つきが悪いが偶に自由過ぎる加々地の歩の先を正したりする等良い奴ではある。
    目撃情報によると加々地のスマホ限定だが一応扱えるとか。

    【霊力】
    猫特有の身体能力をほぼそのまま加々地自身に付与する力。但し茶トラ柄の猫耳としっぽが生える。一般人には見えないもののアヤカシが見える人には見えてしまうので本人は少し気に食わない(恥しい)様子。

    【祓具】
    黒革ハーフグローブ。
    霊力を込めれば指先から半透明の青白い爪がまさに肉球を押した時の猫の手の様ににゅっと生えてくる。
    人に害を与えることはなく、アヤカシのみに効くもの。

    【備考】
    甘味と猫と自由を愛するおじさん。
    手先はそれほど器用では無いのか、時々細かいものを見かけては少し感心した様な顔をしている事が多々。料理も余り得意ではないが猫のご飯だけは上手い。確実にカエデさんのご機嫌取り。
    首から下げている指輪には自分と嫁の名前がそれぞれ彫られている。
    何があったか聞いたとしても「昔事故でねぇ」等ぼかされたり躱されたり。
    ちなみに茶トラのカエデさんの名前は加々地が考えたのだそう。

    【関係】
    何でも募集中。

  • No.2114204
    [編集/削除]

    設定が完成しましたので、確認の程宜しくお願い致します。

    「私にやれって?嫌よ。何でって面倒くさいんだも~ん。」
    「眠い...てか仕事行きたくねぇぇぇえ。二日酔いで気持ち悪いし、バイト先の店長はきもいし。あぁ、早く高収入のイケメンと結婚してぇ。」
    「そんな心配そうにしないでよ。この最強美少女、瑠衣ちゃんに任せなさ~い。」

    【名前】一条 瑠衣

    【仮名】いちじょう るい

    【年齢】23

    【性別】女性

    【容姿】身長163cm。背中まで伸びた黒髪は少し痛んでいて、触覚には赤いメッシュが入っている。青色の瞳と白い肌が特徴的。服装はいつも黒の手袋に黒のスウェットのような素材感のものを好んで着ている。靴は黒のロングブーツで、両耳にはリング状のピアスをいくつも刺している。 美少女を自称しており、実際世間一般的には美形の部類かもしれないが、服装や気だるそうな表情など全体的に見れば残念な人といった印象を受けるだろう。
    [画像:Picrew きゅーとなアンティークメーカー(旧都なぎ様) より]

    【性格】基本無気力でだらしなく、用事が無いときは部屋に引きこもっている。定期的に煙草を吸わないとイライラするほどのヘビースモーカーで酒癖が悪い。面食いで特にホストっぽい見た目の男性が好き。相手がイケメンだったら基本何でも許すし、ちょっとおだてればすぐ調子に乗る。要するにチョロい。所謂バンギャでもあり、そこらへんの界隈の女性同士のいざこざにはよく巻き込まれては低レベルな言い争いをしている。偽善的な行動を嫌っており、一見薄情なようにも見えるが、本当に困っている人がいればその人のために無茶でもやってのける。度々ダメ人間、人間のクズなどと憎まれ口を叩かれながらもなんだかんだ人を寄せつける何かがある。

    【識神】「白夜」という名前の雄の白狐。瑠衣が幼いころから一緒に生活してきて、彼女の面倒をみてきた言わば親のような存在。苦労人だが気さくで頼れる兄貴のような性格。

    【霊力】狐火と呼ばれる青白い炎のようなものを操る。操るといっても何もしなければ自由に飛び回ることも可能である。霊的な力で浄化などができる他、纏った対象を空中浮遊させるなどの使い方がある。人間が纏えば多少身体能力が上がるようだが、瑠衣の場合は元から(あくまで人間になしえる範囲だが)抜群の運動神経を持っているためどのぐらい効果があるかいまいち分かりにくい。熱さなどは全くなく、触れてもひんやりとした嫌な感じがする以外には人体に全く影響がない。暗いときには懐中電灯代わりにしているとか。

    【祓具】大幣。狐火を操るのに使用する。本来の用途ではないが、敵を叩くのにも有効らしい。

    【備考】基本女性言葉で話すが時々荒っぽくなる。どちらにしてもやる気のなさそうな話し方なのには変わりはない。ご先祖様は名の知れた祓い手だったらしいが、幼いころからすでに両親が他界していた為、家族のことについてはよくわかっていない。仕事は様々なバイトと掛け持ちしていて、時折奇妙なバイトをやっていたりいなかったり。

    【関係】
    お誘いなどありましたら。

  • No.2114306
    [編集/削除]

    十分に確認できておらず申し訳ありません。編集致しましたので再度確認よろしくお願い致します。

  • No.2117297
    [編集/削除]

    (設定投下します。不備などあれば指摘お願いします

    「あーあ、またあそこに居るよ。・・・人に危害加えないと良いけど。」

    「この力は好きじゃ無い。・・・でも、この力があって出会えた人も居るし、悪い事ばかりでは無いのかもね。」

    「・・・面倒事の気配を察知。逃げるが勝ち。」

    【名前】租神 琴葉

    【仮名】ソガミ コトハ

    【年齢】18

    【性別】女性

    【容姿】身長169㎝で全体的に痩せており、色白で陶器の様な肌を持つ。薄い浅黄色で奥二重の瞳をしており、やや釣り目。
    柔らかいくせっ毛の黒髪のショートボブ。見せる機会が無いが、犬歯が鋭い。
    服装は常にラフな格好が多く、大抵は適当な服の上にパーカーを羽織り、ショートパンツかジーンズにスニーカーを履いている。
    (キャラメーカー 「ちり子式 ふわ髪女の子メーカー」を使用させて頂きました https://picrew.me/image_maker/1333071

    【性格】いつも気怠そうな様子でぼーっとしている様に見えるが、意外と周囲を観察していたりする。突然思い付きで突飛な行動をしたりするが、自分にとって面倒な事からはとことん逃げようとする。素っ気無い態度が多く、自分の本音をそのまま話す事や、独特な表現などから、人から距離を置かれがちだが、意図的にそうしている部分もある。ただ、付き合いを重ねていくと、元来の優しい部分や意外と表情がころころと変わる様を見る事も出来る。親しくなった相手にはツンデレと言われがち。

    【備考】視人としての能力が高く、アヤカシの姿がはっきり知覚できる事や、他者の抱える感情や、その当人が他者から向けられている負の感情も視えてしまう。また、アヤカシや怪異に魅入られやすい体質をしており、アヤカシ関連の事件によく巻き込まれている。しかし、それに他者を巻き込んだりすることを望まず、意図的に人と距離を取ろうとしたり、咄嗟の際には他人を優先するなど、他人思いの優しい一面も持っている。魅入られやすい、という割に実際に憑かれた事は、不思議と一度も無かったりする。

    自分が出来ない事は無理にやらない、無謀な行動を取る事も無い。後者に関しては、彼女の主観である為に、周囲から見れば無謀である事も多々あるが。両親は既に他界しており、祖母と二人暮らしをしている。現在は通信制の高校に通いつつ、暇さえあれば散歩に出たりしている。が、最近はちょくちょく人と出かけたりする様にもなった。バイクと車の免許を持っている。

    両親について
    彼女の両親は、彼女が5歳の頃に亡くなっている。二人で出かけた際に、車ごと海に沈み、死体だけが今も見つかっていない。
    だからか、彼女は時折海に行く。両親の墓へは行こうとはしない。本人曰く「あそこに両親は居ない。今でも海の底に居る、だから海に行くんだよ。」との事。
    海へ行くと自分を呼ぶ声が聞こえるらしいが、本人以外には聞こえない為それが何なのかは謎である。

    【関係】お誘いなどあれば喜んで

  • 名無し
    No.2121863
    [編集/削除]

    質問
    憑依者の行う悪事とはどこまで許されるのか、犯罪行為などに該当する様な設定は禁止なのか

  • No.2123807
    [編集/削除]

    興信所職員にて参加希望です。

  • No.2124137
    [編集/削除]

    設定投下失礼します、不備等御座いましたら御指摘ください。
    ──────
    「ボクは御影栞。凄い陰気そうな苗字だよね、ボクもそう思ってる。」
    「なんか皆蛙の事苦手だよね…。ボク的には可愛いと思うんだけど…。」
    「ボクの霊力ってちょっと使い方を間違えると危ない気がする…。」

    【名前】御影 栞

    【仮名】ミカゲ シオリ

    【年齢】20歳

    【性別】女性

    【容姿】画像参照。目に掛かるくらいまで伸びた前髪にあまり整えられていない暗い藍色の長髪。水色の眠たげな瞳。白く不健康そうな肌に目の下には目立つ隈等暗い印象を与える容姿。それに加え服装も控えめなものを選び暗い色合いが多い為益々その印象は増すだろうか。趣味なのか首元にはチョーカーをしている。腕にはそれと別に銀のブレスレットが嵌められている。身長は157cm。
    (画像:Feminine Character Creator 様より)

    【性格】一人称は「ボク」、所謂ボクっ子女子。二人称は「キミ」「○○クン」「○○チャン」「○○サン」 等。話す言葉には嘘も多く含まれるが彼女にとってはそれは自然な様。恐らく癖。見た目的には大分根暗な印象だが話してみれば案外普通だったり、寧ろはっちゃけている時もある。考え事や独り言が多く時々一人で百面相している事も。意思は案外強い様。

    【識神】蛙の姿をした識神。種類は恐らく見た目からしてアカメアマガエル。性別はオス。大きく紅い瞳はとても可愛らしい。名前は紅い瞳から取って「コウ」と名ずけている。人懐っこい性格なので懐いて来る。御影も元はと言えば懐かれただけの様。とても懐いた相手のことは舐めたりするが唾液塗れになるので舐められることは余りオススメしない。

    【霊力】効果範囲は自身を中心に半径4m程で、その範囲内にある特定の物質1つを毒によって溶解させるという能力。基本的には自身で毒を操るが、識神を操ることで毒を吐かせることも可。物体が溶けた際、その物体が溶ける途中段階で崩れたりする可能性もあるので余り狭い場所だと自身や周りが怪我をする危険性を伴う。その辺りの考慮も必要な為扱いが中々難しい。溶けた物はその後物質が液状化した状態で残る。

    【祓具】 銀のブレスレット。

    【備考】飾ノ宮学園大学の文系の学部に在校中の大学生。家が元々は霊媒師の家系だった様だが、親の確りとした律儀なやり方が苦手だったのか、今は上京すると理由をつけ親元を離れ一人暮らしをしている。うつせみ祓魔興信所には偶々見つけ、霊媒師の集まりなら丁度いいのではと考え、今はアルバイト中。甘いものがとても好物な様で、よく飴を持ち歩いており、舐めている。目の下の隈に関しては元々不眠症らしく余り眠れない時の方が多い様で隈ができてしまうのだとか。その為普段から睡眠薬を持ち歩いてはいる様。

    【関係】
    今の所無し、お誘い有れば。

  • 名無し
    No.2130360
    [編集/削除]

    支援

  • 支援
    No.2132314
    [編集/削除]

    支援

  • 名無し
    No.2137002
    [編集/削除]

    支援

  • No.2137323
    [編集/削除]

    一般人で参加希望です

  • 参加希望の質問
    No.2137974
    [編集/削除]

    なりきり上での交流を得て、キャラクターの性格や思考などが変わる
    キャラクターを動かしていて解釈やイメージが変わった場合の追記や修正を行う事
    一般人のキャラクターが憑依者になる事

    これらが可能かどうか質問させて頂きます

  • No.2138000
    [編集/削除]

    すみませんやはり憑依者で参加します。

  • No.2138847
    [編集/削除]

    不備が御座いましたらご報告下さい。
    11/21すみません直しました

    ●憑依者

    「おや麗しき生足をお持ちの淑女様、お初にお目にかかります。ワタクシ名を向鳩と申します。ええ、鳩と書いてピジョンです。以後お見知り置きを」

    「脛毛をお剃りになられてから出直しなさい!」

    「薄暗い部屋隅の埃も彼彼女の僻み妬み嫉みも愛しき友の我欲にまみれた虚言も、…見ないようにしていたのはワタクシで御座いますが、こうもしかと見せられてしまっては存外……くッ苦しいものですね」

    【名前】向 鳩

    【仮名】ムカイ ピジョン

    【年齢】32歳

    【性別】男

    【アヤカシ】目目連
    元は荒れた屋敷の障子に憑く目のアヤカシ。
    向鳩が幼少の頃の目目連はまだ霊力も弱く時折障子から向鳩を見つめてくるだけの無害なアヤカシだった。
    向鳩が成人を迎える頃にはもう何処にも見つけることはなく自然と消えていったのだと思っていた。
    だがある日を境に目目連は再び現れ、向鳩にとり憑いた。

    【霊力】部屋の壁や床や家具に目目連が現れ不定期に向鳩の意思とは関係なく向鳩の視覚と目目連の視覚が共有される。
    (昼)
    家具の隙間や薄暗い部屋の隅にしか現れず多くて二つしか目目連は現れない。
    (夜)
    多少明かりがついていても人気が少なければ何処にでも現れる。目目連の数は最大で300を越えていた。
    『注意』
    目目連の痛覚は向鳩の両目と共有されており、目目連への過度な攻撃は目目連を祓った後の向鳩の失明に繋がる恐れがあり
    「現在の向鳩の様態」
    視力に問題は無いが黒目(虹彩、瞳孔)にあたる部分の消失
    目目連による視覚情報の強制共有により睡眠不足及び3D酔いに似た症状の頭痛

    【容姿】身長155cm
    童顔でそばかすのある男性
    ほとんどを着物で過ごすが時折スウェットとジーパンで出歩いてることがある。
    目目連のせいで黒目が消えてしまい、怖がられないように目を伏せていたらいつの間にか糸目になっていた。
    (メーカー:烏丸ヨウイチ様より「makeyo1」を使用)

    【性格】年齢、立場、種族等関係なく全てのものに敬語を使い恭しく振る舞う優男。しかし我欲に忠実で男女関係なく美しい脚に目がない。最近は美脚のSM嬢にハイヒールでドロップキックをいれてほしいと宣っている。

    【備考】老舗旅館「豆鳩」の九代目若旦那。
    三味線を幼少の頃から嗜んでいる。
    お酒も煙草もほどほどになら

    【関係】旅館の常連様

  • 管理人【運営方針の報告】
    No.2140998
    [編集/削除]

    【参加者の皆様へ】

    平素はご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
    誠に勝手ながら、11月下旬~翌年1月の間は多忙によりお部屋立て・部屋の管理が難しい日が続くと推測されます。よって、当面の運営方針を以下の通りに定めさせて頂きます。

    ・お部屋立ては基本的に参加者の皆様にお任せします。なお、その際のルールはスレッドトップの注意事項に則るようお願いします。
    但し、手空きの日があれば管理人がお部屋立てを行う可能性があることを留意してください。

    ・掲示板の運営は引き続き管理人が行います。「管理権を譲渡する」「副管理人を立てる」などは致しません。

    ・質問がある場合は、この掲示板か雑談掲示板に書き込んで下さい。空いた時間に順次対応します。
    また、もし見学者様が質問に来られた際は、参加者の皆様は回答せず、掲示板に質問内容を書き込むよう促して頂けると幸いです。

    ・もしお部屋で問題があった場合、その他少しでも気になる点が御座いましたら、必ず雑談掲示板にてご連絡下さい。

    参加者の方にはご迷惑をお掛けすることになり、誠に申し訳御座いません。引き続き当なりきりをお楽しみ下さい。

    管理人

  • No.2142461
    [編集/削除]

    設定が組めたので投下します。何かあればご報告お願いします。

    ・霊媒師

    「怪我...?どれどれ、私にみせてみて。」
    「...もう少し...あと5分だけ...あと5分だけ寝かせてぇ...」

    【名前 】真宮 颯夏

    【仮名】シングウ リツカ

    【年齢】23

    【性別】女

    【容姿】
    身長は170cmと少し高め。少し目を細めているせいか常に微笑を浮かべているように見える表情と、儚げな雰囲気が特徴的。
    リボンで結んだ滑らかなポニーテールの茶髪。黒の少し大きめでサイズの合ってないボートネックに灰色のデニムを愛用していて、いくつかストックがある模様。
    (画像はキャラメーカー『観測者式メーカー』を使用させて頂きました。) https://picrew.me/image_maker/75534

    【性格】
    温厚かつ穏やかな性格。基本的には誰に対しても優しく接するが、悪行は見て見ぬふりをする事が出来ず。危険を顧みず制止に入ろうとする事が多々あり、よくトラブルに巻き込まれる、と言うよりかは巻き込まれに行くことが多い。
    何かしていないと落ち着かないのか、はたまた室内が嫌いなのかよく散歩していて、気付いたらどこかに行っていたりする。そのせいか街の人とは何かと面識がある。

    【識神】
    雪のように真っ白な兎の識神。
    男の子。大きさは両手に乗るくらい。
    心を許した相手以外には警戒心が強く、毛1本も触らせようとさせない。食べ物をあげたら大抵懐く。
    普段は颯夏の肩に乗って寝てることが多い。意思疎通はあまりしないが確かな絆で結ばれてる。噂によれば喋る、との事。
    通称:しろまる

    【霊力】
    自分と識神周辺のアヤカシ、霊力の反応を見る力。
    索敵や捜索などの面で効果的な、いわゆるサポート向き。霊力を狭い範囲に集中させる事でより正確にアヤカシ、霊力の反応を感知する事も。霊力を用いた攻撃ならその方向や距離を察知できる。その反面、脳への負担が大きく行使しすぎると激しい頭痛などに見舞われる事も。有効範囲は大体4〜6m

    【祓具】
    髪を結んでいる赤いリボン
    大切なものなのか常に身に付けている。

    【備考】
    普段は霊媒師を務めているがそれと同時に職務に支障が出ない程度にいくつか副業もしている。
    医療を少し齧った事があり、その経験からちょっとした応急処置、治療ならする事が出来る。
    ストレスを発散するのが大の苦手でよく体調不良を起こす。少し前は血痰を吐いたりしていた事も。現在では通院等のお陰もあり、かなり落ち着いてきている模様。
    また、寝起きが少しばかり悪く朝はグズグズしている事も。
    好きな物は甘い物。

    【関係】
    誘われれば

  • しえん
    No.2144740
    [編集/削除]

    支援

  • No.2144788
    [編集/削除]

    憑依者で参加希望です。

  • No.2145343
    [編集/削除]

    「難しいな、人生って。君は夢を叶えた?」

    「望む時に望む死を願ったって良いじゃないか。どうして俺はそれさえも叶わないのだろうか」

    「これは俺じゃなくてこの……兎に角俺じゃない誰かがこうしたんだ。俺はただ…」

    【名前】深淵 奈落

    【仮名】しんえん ならく

    【年齢】20

    【性別】男

    【アヤカシ】影鰐 鮫に似た姿の妖怪。
    波一つない凪ぎの日に船を出す者の前に姿を現わし、海面に映った船乗りの影を飲み込む。これに影を飲まれた者は死んでしまうと言われている。
     とある地方に旅行へ出掛けた際に、自死を図り海に飛び込むも影鰐に取り込まれ、影鰐に乗っ取られる形となった。

    【霊力】喰らった影を元に影を操り影に潜む霊力。
    影を喰らうとは、物によって生まれた影や陰を体内に取り込む事。影を生み出す事は出来ずあくまでその場にある影を利用するに留まる。
    影を喰らう手段は、対象の影に触れる事。
     無機物の影を喰らった場合:喰らった影の対象になりすます、又はその影になりすまし操る。。対象物は影が喰らわれた時点で消滅ないし破壊。ただし、アヤカシの匙加減では必ずしも対象物が崩壊する訳ではない。
     有機物の影を喰らった場合:喰らった影の対象になりすます、またはその影になりすまし操る。影を喰らわれた対象物はソレが霊力を宿していない限りは消滅ないし破壊される。ただし、アヤカシの匙加減によっては、対象の人格に負の感情を植え込む程度に留まる事も。
     
    霊力の代償として、常に空腹感に襲われている。
    喰らえど満たされぬ腹に怒りと焦りを覚えたまま生きていく。
     無論、デメリットとしては影が無くば単なる屍。

    【容姿】黒髪、黒目、生気の欠けた塩顔、色素の薄めな肌、紫じみた唇。
    177cm程の背丈。服装は、寒色のシャツに青のデニムジャケットを羽織り、黒のチノパンと白のスニーカー。

    【性格】特記する事項は無い程のモブオブモブ。何をするにも努力せども、必ず得る結果は8割止まり。どちらかと言えば陰気臭くねちっこい性分であり、対人は酷く不器用である。
     しかし、死への拘りが強く衝動的に自死を図ろうと唐突に行動に出る事は注意しておきたい。
    趣味は、ネットサーフィン、音楽。

    【備考】飾ノ宮学園大学を2年で中退し、専門学校へ通いながらライブハウス「& Lights (アンド ライツ) 」でアルバイトをして生計を立てる。ピアノとデジタル音楽を嗜んでいる事から、友人の伝でアルバイトとして入社。しかし日々の就職難や中退した事からの身内のプレッシャーから肩身の狭い暮らしをしている。
     大学中退理由にも起因しており、進路を理工学部からデジタル音楽へと変更し夢を追い掛ける等と儚い希望を抱いた為に自信を奈落へと突き落とした。自死を図り影鰐に乗っ取られた時に一部の記憶を失い、名前は後から付けたもの。
     影鰐とは意識が分離した状態であり、常に影鰐に監視されている状態。不思議と奈落を死なせまいとしているようにも思え、また死の衝動が訪れた場合は即座に意識を奪い、影鰐としての人格になりかわる。

    【関係】悩み事を打ち明ける関係の友人(性別立場問わず)
    お誘いあれば

  • 主様へ
    No.2146330
    [編集/削除]

    参加者なんですが、スレがごちゃごちゃしててよく分からず設定も探しずらいので
    鍵つけて参加者の設定を投下&質問で答えた事をまとめたスレを作っては如何でしょうか

  • 管理人【連絡事項】
    No.2146487
    [編集/削除]

    @主様へ
    拝見しました。ご意見ありがとうございます。
    まず初めに、今までご不便をお掛けしてしまい誠に申し訳御座いませんでした。

    提案に関しまして、申し訳無いのですが、当方が独断で皆様の設定を転載するのは気が引けます。
    また、これ以上新規のスレッドを作成すると、ホームを圧迫し他のスレッドの迷惑になってしまうかもしれません。
    代替案を考えましたので下に掲示します。

    ・管理人による、予約の承諾、期限切れの報告、設定の承認のみの返答を削除する。
    ・質疑応答は既にある雑談掲示板の場所に移し、こちらからの返答は削除する。
    また雑談掲示板に質疑応答の纏めがあることをスレッドトップに明記する。
    ・名簿に各設定の投稿ナンバーを明記し、ページ内検索機能で検索し易くする。
    ・予約や設定の追記などの諸連絡を削除するよう喚起する。

    只今より以上の対応を行います。提案者様のご希望に添えず申し訳御座いません。

    【参加者の皆様へ】
    予約および設定の追記など、伝達の終わった諸連絡を削除して頂けると幸いです。お手を煩わせてしまい申し訳ございません。

  • No.2148486
    [編集/削除]

    ●憑依者
    「あら、何処かでお会いしたのかしら?気の所為だと思うの、ごめんなさいね…(穏やかに微笑み)」

    「何故少数派が抹殺されなければならないのかしら、私達が多数派なら貴方達が排除される側なのにね」

    「何故私の前に立ちはだかるのかしら…希望の消失と苦悩や怨み、そこから生まれる感情はとても美しいのよ?」

    【名前】國原 緋沙子

    【仮名】くにはら ひさこ

    【年齢】36

    【性別】女性

    【アヤカシ】「玉藻前」
    室町時代前期以前から居る九尾狐のアヤカシ、陰陽師安倍泰成(現在で言う霊媒師)に正体を見破られて討伐されてからは、殺生石という石に姿変えていた
    長い年月の間に霊力を蓄え、60年程前からアヤカシとして視人に憑依し災いを齎して来た。九尾故に強大でそして膨大な霊力を持つ玉藻前だが、憑依者の肉体と精神がそれに耐えれない事が殆どである。例え耐えれたとしても憑依者が視人に戻った時にはもぬけの殻の様に人格を蝕まれて居る。
    また、玉藻前には人格があるらしいが、滅多な事がない限り憑依者の人格を奪ってまで出てこない。

    【霊力】
    〈怨力〉
    己の復讐心等の負の感情を発現させる霊力、闇の様に黒く濃ゆい質量を持つ靄の様な物を発現させて変幻自在に形を変え扱う。黒靄自体は硬化させれば鉄のように固く、柔化させればクッション様に柔らかく、また気体のように空中に漂わせるせることも可能。
    纏って強固な鎧にする事も、刀を模倣し具現化する事も出来る為、近接戦闘の際は黒い日本刀等を創造し戦いに臨む。またこの黒靄の発現量は限られており、同時に大量に発現させることは不可能
    黒靄を操れる有効範囲は自身を中心とした半径5m程度となっていて、遠距離への攻撃は圧縮し放つ等をしなければ攻撃不可能、放つとしても彼女自身から遠くなればなる程に、威力は弱まる。
    一見弱点が無い様に見えるが、使用中に右目が赤く微に発光しており、その際右目は見えておらず死角となる。使用後、時折使用中に酷使する度合いにもよるが刺すような痛みの頭痛に襲われ、使用後右目は数時間程見えないままである。

    【容姿】艶のある黒髪は肩上で切っており前髪を真ん中で分けている、黒く澄んだ双眼は何処か淋しげで何処か優しさを含んでいる印象を与えるだろう。端正な顔立ちで基本的に微笑み、人良さそうな暖かみのある表情を浮かべる。大人の女性という言葉通り何処か気品のある雰囲気を漂わせている。
    服装は大学講師だった名残か、シャツに黒のタイトスカートとシンプル。左耳に亡くなった旦那から貰ったイヤリングを付けている。
    戦闘時や悪事を行う際は、黒靄により黒い着物を具現化させ纏う。また、顔には女面の能面を付ける。
    (画像/なんとかメーカー様より)
     
    【性格】年齢相応のお淑やかさと気品のある口調、そして言葉には暖かみが何処かにある。冗談を言われれば微笑み、困っている人が居るなら手を差し伸べる。これらは元来生まれ持った彼女の性質とも言える。然しその反面アヤカシに取り憑かれて以降、内面的には他者の不幸や絶望、苦しみ死に藻掻く姿に喜びと幸福、寧ろ美しさすら感じてしまう残虐さと冷酷さを持っている。又、それを普段表に出さず気品のある優しい人であるのが厄介な所、過去に束縛され時折思い出す事も有り取り乱す事も多々ある。纏めれば悲しく悲惨な過去に束縛され、狂気的復讐心によって生き続ける未亡人

    【備考】この女性に憑く『玉藻前』は元々彼女の前に幾人かに取り憑いていて、悪事を働いていた。然し強大な霊力行使に耐えきれない者が多く、取り憑かれた者の多くが精神崩壊もしくは死に至っている。そんな妖が彼女に取り憑いた経緯は下記の通りである。
    «取り憑かれた経緯»
    4年半前まで彼女は元々、旦那と幼い息子の3人で平和に平穏に日々を送っていた。
    そんな他愛もない日々が過ぎていく中、ある雨の日に旦那が子供を迎えに向かって帰る途中事故にあって2人とも死亡してしまう
    原因はバイクが後ろから追い越し、バイクがスリップしたのを避けた事が原因によるものだった…旦那と息子の2人を失ったのに対しバイクの運転手は軽傷、バイク運転手が罰せられる筈だった。然し、バイクの運転手が大手企業財閥の御曹司だった事で、事件はただの不慮の事故として片付けられる事になる。
    旦那と息子を失い、途方に暮れ、生きる希望を失いいっその事死んで仕舞おうかと思っていた矢先、『玉藻前』が彼女の目の前に現れる。元々視人だった彼女は、精神的にも病んで弱っていた為に瞬時に取り憑かれる事となる。取り憑かれて以降直ぐに勤めていた飾ノ宮学園大学も辞めて、悪事を働くことを理不尽な世の中の報復として活動する事としている。彼女の復讐心による報復(悪事)により「語り継ぎ」の保証がされた『玉藻前』は人格を面と己のその強大な霊力を彼女に譲る事となった。強力な霊力に耐えれているのは彼女自身の狂気的な復讐心による精神力の賜物と言えるだろう。以降、自らの世の中への報復を邪魔する者全てを敵とみなす様になった。
    «現在»
    相変わらず悪事に手を染めて、警察側からも追われているが、悪事の際は黒靄で具現化した黒い着物を纏い顔は女面の能面で隠している為、警察では中々足取りが掴めていない様子。彼女自身は、3人で住んでいた家に未だ住んでおり再婚もして居ない。趣味は読書、またはピアノを弾いたりしている。また、小〜中学時代に剣道を、高校時代に弓道をしていたらしく文武両道の言葉が似合う。好きな食べ物は、饅頭と珈琲。

    【関係】お誘い有れば

  • 質問
    No.2150219
    [編集/削除]

    回答後に消去します。
    創作版のパスワードはどうやって入手するのですか?

  • No.2150452
    [編集/削除]

    憑依者で予約お願いします。

  • No.2150492
    [編集/削除]

    憑依者で参加希望です。

  • No.2150506
    [編集/削除]

    管理人様のご裁可がまだですが、設定は完成したので載せておきます。

    「私立探偵盾紬正義だ。よろしく頼む。」「依頼料はいらない。人を助けるのは当然こと。」「俺の前で…悪を為したなッ!」

    【名前】盾紬 正義

    【仮名】たてつむぎ まさよし

    【年齢】28

    【性別】男性

    【アヤカシ】火車
    悪行を積み重ねた末に死んだ者の亡骸を奪い去る、とされている日本の妖怪。

    【霊力】
    炎を纏った日本刀を二振り召喚する。この召喚された日本刀に斬られたモノに炎は燃え移り、通常の炎として振舞う。消火は比較的容易で、斬られたモノが多量の水分を含んでいた場合はそもそも燃え移らない。この日本刀を召喚している間は、ずっと体が内側から焼かれる様な激痛が走り続ける。。

    【容姿】
    漆黒に染まった濡羽色の髪。古来より髪には神が宿るとされており、男ながらに非常に長く髪の毛先が腰まで届く程。眉毛も睫毛も緋色に染まったその風貌、とてもではないが一般人とは思えない。キリリと前を見据える眼光は強く、瞳の色もまた黒く、しかし奥には輝かんばかりの意志の光が溢れている。軟弱とは程遠い厳しい顔立ちの青年。身長は高く体格は良く、肩幅も広い。戦い争う為には打って付けの肉体。
    紺色のスリーピーススーツと灰色のシャツを着た、常にフォーマルな装いをしている紳士。このスーツの上に赤茶色のロングコートを着ている。頭の上にはスーツと同じ色のチロリアンハットが載っている。

    【性格】
    その性格は一言で言えてしまう。曰く、公明正大。公平で私心無く悪を滅し、正しさの中心を真直ぐに堂々と征く。弱きを助け悪を挫く姿は、一般的に尊敬に値する性格である。しかし、彼は正義、正しさの為ならば如何なる犠牲をも積み上げる事を厭わない、苛烈な一面も持っている。。輝かん明日の為に、悪に泣く誰かの為に、漢は今日も奔り続ける。なお、憑依者ではあるが脅威的な精神力により、元来の性格を失っていない。

    【備考】
    私立探偵とは名ばかりの何でも屋を営んでいる。依頼料も低く生活は割とカツカツらしい。平和で安穏とした日本をこよなく愛しており、アヤカシさえ憑依しなければ自衛隊に入隊していただろう。陰に日向に人々の生活を守る為、奔り回っている。

    現代日本では殺人は重い罪に問われる為、悪人への制裁は基本的にステゴロによって行われる。通報によって駆け付けた警察はその場に散乱する、被害者の悪事の証拠と焼き焦げた現場に常に困惑している様だ。人目を避けての犯行であり、被害者自身が後ろ暗い犯罪を犯していた事もあり監視カメラも届かない範囲であった為、同様の事件が複数発生しているにも関わらず犯人、つまり盾紬正義に辿り着く証拠は得られていない。また前述した焼き焦げた現場には証拠品の悉くが焼失しており、これによって更に捜査を難しくしている。被害者自身の捜査もある為、容疑者捜索は多忙に達している。

    火車との相性が元来の性格もあって非常に良く、出会って即合体レベルで憑依された。当然ながら火車は主導権を握ろうとしたのだが、確固たる意志と断固たる信念を以て撥ね退ける。しかし、非常に良い相性が逆に災いを齎し、法の範囲にて正義を為そうとしていたが、より苛烈に、そしてより目立つ様に、法の範囲外にて悪に対する制裁を行う様になる。自分自身では歪んでいる、精神が蝕まれている自覚は無いが、正義の為に法を犯し自ら悪になる己の所業は過去の盾袖からして、言語道断であり本末転倒な事である。自らの意識は残している。意志と精神もまた盾袖正義のモノである。しかし、確かな歪が生じたのは事実の様だ。

    【関係】特になし

  • 管理人
    No.2150545
    [編集/削除]

    @質問 様
    当なりきりの雑談掲示板をよくお読みになられてください。

  • 管理人
    No.2153365
    [編集/削除]

    @菌 様
    予約を受け付けました。5日以内の設定の投下をお願いいたします。
    質問があれば都度ご連絡下さい。

  • No.2153790
    [編集/削除]

    ●憑依者

    「マナーを守って楽しく映画を見よう!お前らみたいな蛮族には到底無理だと思うけど」
    「上映中に騒いだら夜中に黒い男が来てパキスタンの地下牢獄に繋がれちまうんだぜ?」
    「私は恨んでいます。全てを。」

    【名前】燐葉 瑠璃

    【仮名】リンヨウ ルリ

    【年齢】19歳

    【性別】女

    【アヤカシ】
    「ジャンヌ・ダルク」
    15世紀に魔女として火刑に処された現代での英雄の幽霊。神の声を聞き、戦火へと身を投じた英雄とはジャンヌの居た国からの評価ではあるが、敵国からすれば女の身でありながら男装をして戦う魔女。悲惨な運命を辿った非業の少女であった。燃やされた体のうち、心臓だけは焼け残った事からこの心臓は心聖とされる。
    しかし一説には、同一性乖離障害、つまり二重人格であったとされる説もあり、神の声とはジャンヌの別人格であった可能性がある。とある記録によると、捕らえられたジャンヌは牢屋の中に一人でいるにも関わらず誰かと話しているようだったとか。

    【霊力】
    《投石》
    何かを誰かに囁かれた気がするが、誰からなのか何処から聴こえたのかもわからない声がして物が浮き、飛ぶ。
    今ままでの最大重量はトラクター。範囲は感情により多少距離が変わる、今までの最大距離は15m。
    トリガーは己の恐怖や苛立ちと思われ、ジャンヌが火刑に処される処刑台への道で石を投げられた事の仕返しだと、知らない声は言っていた気がする。
    たいていは制御不能。
    コントロールはあまり出来ないがたまにお情け程度で思うように動く時もある。

    【容姿】
    画像はPicrewの「きみをみている」より。
    身長165cm、スタイルはスレンダーで手足の長いまな板胸。服装はたいてい七分丈の黒いパーカーに足のラインが出るジーンズ、足は裸足に黒いサンダル。
    髪にはこだわりがある為に艶のある短い黒髪、前髪は真ん中分け。フランス人の父譲りで目はツリ目で明るい青色をしている。体には未だに癒えきらない火傷が多くグロテスクな傷を見せるまいと包帯を巻いている。

    【性格】ほんのりとイカレているが基本明るく、気だるげなところもあるとて常識的。午後の紅茶を午前中に飲んで小さく悪いことしちゃったと思うような人並みの倫理観。映画が好きで特にディズニーとジブリを好む。

    【備考】12才の瑠璃がフランス人の父の実家、フランスのドンレミに住んでいた頃、家が全焼する火事でほぼ全身に火傷を負い、息絶えるすんでのところで消防士に助けられた時から何かが憑いていた。それが何なのか分からずただ知らないうちに物が飛び回っていたが、親には伝わらず自身がやったのだろうと精神病を疑われるも否定し続け、13才の時に母の母国、日本へ渡ってからも続くそれに嫌気がさし16才で別居し逃げるように飾野市へ単身で引越し今に至る。徘徊中の記憶はあったり無かったりとしていることから、取り憑いてるジャンヌと人格が入れ替わるように憑依されているのだろうと予測される。
    《ジャンヌの人格面》
    ジャンヌの人格はジャンヌの意思で表に出る事がある。しかしジャンヌ自体が二重人格故に、凶暴で横柄な人格と穏やかな英雄然とした人格のふたつが存在し、凶暴な人格は攻撃的で名乗りをすぐ上げるアヤカシの性質らしさを持ち、穏やかな人格を圧迫し出現を阻害している。主に出てくるのは凶暴な人格だが、記憶を瑠璃は共有していない為にその自覚は無くただジャンヌ・ダルクである事程度しか知らず、ジャンヌは凶暴だと認識している。

    【関係】そのうち関係がたくさんでけたら嬉しいです。

  • No.2154866
    [編集/削除]

    一般人で予約お願い致します

  • 管理人
    No.2155002
    [編集/削除]

    @葬 様
    設定を確認致しました。再度記載しておきます。

    ・ジャンヌダルクの人格について、お時間があるときにお部屋にてご説明を願います。

    @芳 様
    予約を受け付けました。5日以内の設定の投下をお願いいたします。
    質問があれば都度ご連絡下さい。

    【参加者の皆様へ】
    次回の部屋建てから、お部屋にパスワードを付けるようお願いします。パスワードは雑談掲示板の「No.2103118」の投稿の一番下に掲載しますので、そちらを参照して下さい。

  • No.2155126
    [編集/削除]

    設定投下です。
    不備などがあればご指摘のほど宜しくお願い致します。

    「あはッ、そんな堅苦しく呼ばなくていいよ?琳(リン)ちゃんって呼んで?そっちの方がカワイーから」

    「アレ?アナタと〜〜っても素敵な顔してるねェ♡そんなに血が滲んだ素敵な眼球で見詰められたら好きになッちゃいそぉだヨ♡」

    「生きてる人間を殺して自分の好みにカスタムしたいなんて思ってないよ、考えたコトはあるけどネ?」

    【名前】矢代 琳

    【仮名】ヤシロ リン

    【年齢】17歳

    【性別】女

    【容姿】淡い薄紫の髪色で内側と外側で長さが異なった髪型をしている。更に左右には鬼の角のように結ったお団子が揃っているが本人曰く、ただ単に普通のお団子を結おうとするといつも尖ってしまうらしい。前髪は綺麗な一直線のぱっつん。休日でも私服を着る事はなく、常に制服で活動している。衣服に対して最低限の意識しかない模様。スカート丈は腿辺りに、最近流行りのルーズソックスとスクールカースト高めな着こなし方をしている。身長は155cm。体重は45kg。左耳には十字架のピアスを一つ開けている。身の回りの物は親の影響か、将又自身の趣味か気味の悪いアイテムが多い。
    画像:picrew メッチャ飲む人様「なるほどねメーカー」より

    【性格】天真爛漫で無邪気であり、この年齢にしては自身の思いに忠実な所など子どもっぽい面が多い。要するに自己中心的な面が目立つ。興奮すると手が付けられない程に頭のネジがぶっ飛んでいるが普段は会話できるほど普通。だが他人の気持ちを察するのが疎い為、思っている事をそのまま口にしてしまう。その後の罪悪感もないという厄介な性格の持ち主。気に入った人には呪縛霊かと思うほどしつこく引っ付き回す。ストーカーと言われてもおかしくないだろう。

    【備考】学校には通ってはいるものの視人としての能力であったり、自身の性癖の事もあり周りから避けられ浮いている。本人は人に興味があまり無いが故にあまり気にしていない模様。否、気にしていないというよりも慣れたと言った方が的確かもしれない。元々霊媒師の両親を持っているからか霊力が強く、他人には視えない者が視えたりなど“学校”というものに通い始めてからはずっと周りから一寸距離を置かれていた。だがまァ幽霊が見えるだけなら良かっただろうが彼女の嫌われている理由はもっと他にあり、それは死体愛好者な所だ。視えるものの形は様々で綺麗な人間の状態の霊もいれば、残虐な死のままの霊も多くいる。幼い頃からその姿を見てきたからか四肢が爛れていたり、頭部が欠けていたりなど見るに耐えない姿をした者にしか恋愛感情を抱けない。

    【関係】自身の性癖を理解してくれる幼馴染。もし他にも誘われたら検討予定。

  • 管理人
    No.2155142
    [編集/削除]

    @芳 様
    設定を確認致しました。現段階で問題は見られませんので受理させて頂きます。当なりきりをお楽しみ下さい。

  • No.2155224
    [編集/削除]

    不備などありましたらご指摘の程お願いします。

    「え、ぅえぇ...わたしはぁ?後ろで見てるだけで、いいって言うかぁッ...傍観者でいいですぅぅ…」「えっ、えへッへへ、?ずびまぜん“ッふへ...(口角が引き攣り気味な笑み)」「あっ、これ...クセになってやばぃかもぉ...ッ」

    【名前】戌亥 薫
    【仮名】いぬい かおる

    【年齢】22

    【性別】女

    【アヤカシ】犬神
    西日本に伝わる犬霊の憑き物の一種。強力な呪詛の力、怪力を持ち、取り憑いた相手をその力で祟り殺すと言われている。取り憑かれると、噛み跡や性格が凶暴になったり、人を狂わせる。そのため犬神は、式神として使役されることも多く、犬神の中には人の服を纏い人語を話すものもあるそうな。

    【霊力】獣化
    文字通り獣になる力。また、霊力が強くなると言われる時間帯、満月の時など、本人の意思関わらず、発現しやすい。(獣化してしまっても意思の疎通は可能。)その際、一部発現する場合、完全となってしまう場合確率は、半々くらいである。
    驚異的な身体能力、怪力をもつ。獣化した際に受けた傷は回復するが、人に戻った際に全て返ってくる。また、人に戻ると全身筋肉痛で数日まともに動けなってしまう

    【容姿】幸薄い顔をしている。日に焼けていない青白い肌。細く長い指には無数の絆創膏。長い睫毛の下に茶色の瞳が不安そうに開かれ目の下には隈をこしらえている。唇は乾燥で端が切れている。不健康な生活を送っているためか高い身長の割に、肉体は薄く女性らしい凹凸は少ない。柔らかそうな茶髪が襟首までに整え、犬の耳の様に横髪は外側にはね垂れている。ワイシャツにベスト。赤いループタイを身につけている。黒のジャケット、同じ生地の膝上パンツにロングブーツを履くなど年齢相応にファッションを楽しんでいるようだ。(画像は自身で描いたものです。)

    【性格】悪い事は悪いんだなぁ、と感じる。しかし、してはいけないとは思わないし、心には響いていない。けれど、周りに合わせないいけないという恐怖心からか一般人のフリをしている。鈍臭く昔から愚図よ愚図よと言われ育ち、つい、へらへらと笑いながらつい謝ってしまう。自身の好きな物(可愛らしいもの、古代の遺物、歴史)に対しオタクのような早口になる1面も。最近では、加虐に対して自身の中で人間の苦痛に歪む表情を見ることに喜びを感じてしまっている。
    【備考】
    飾ノ宮学園大学の生徒であり、考古学を学ぶ真面目な模範的生徒だ。取り憑かれるきっかけとなったのは、訳あって没落してしまった有名な資産家の日本家屋の遺品整理に教授と参加していた際、庭の手入れで犬神となった獣骨を発掘してしまったこと。封印がしっかりとされておらず、そのまま取り憑かれてしまった。
    犬神は取り憑いた相手を祟り殺すと言われているが、元々寄せ付けやすい体質な事や、波長が合いアヤカシにとって快適な環境な為、すぐに殺されずに済んでいるようだ。

    アヤカシは不定期に生物を襲う。被害にあっているのは、小動物から人間まで。小動物等は、大半が食い殺されているが人間は、殺すまでに至らない。
    その代わりに、一生残ってしまう傷をつける。命まで取らないのは、世に自身の存在を伝える人間がいなくなってしまうと困るため。被害者に残された傷跡は鋭い四本爪の引っ掻き傷で、人間の犯行とは思えないほどの残虐さや被害者の証言も人間ではないが、獣でもない。等で犯人像が全く解らないことから未解決の事件となっている。被害者の証言相俟って巷では「犬の化け物が市に住み着いている」と噂され始めている。薫自身憑依されてから得た力を失いたくない為、死にたくは無い為。アヤカシに手を貸している。

    両親は生まれた時より行方知れず。母方の祖母の家で育ってきたおばあちゃん子である。
    好物はおばあちゃんのつくるおはぎ。苦手は、辛いもの。

    【関係】良き学友。竹馬の友

  • No.2155230
    [編集/削除]

    憑依者で参加希望

  • 管理人
    No.2155312
    [編集/削除]

    @茨 様
    予約を受け付けました。5日以内の設定の投下をお願いいたします。
    質問があれば都度ご連絡下さい。

  • No.2155607
    [編集/削除]

    @主様
    大変申し訳ございません。修正致しました。確認のほどよろしくお願いいたします。

  • No.2155653
    [編集/削除]

    憑依者で参加希望します。

  • 管理人
    No.2156119
    [編集/削除]

    @菟 様
    設定を確認致しました。現段階で問題は見られませんので受理させて頂きます。当なりきりをお楽しみ下さい。

    @薺 様
    予約を受け付けました。5日以内の設定の投下をお願いいたします。
    質問があれば都度ご連絡下さい。

  • 管理人
    No.2159541
    [編集/削除]

    @菌 様
    期限が切れましたので予約を破棄します。
    もし参加なさりたい場合には再度その旨をお申し付け下さい。

  • No.2161543
    [編集/削除]

    不備等あればご指摘ください管理人さん。

    憑依者
    「私は……猫屋敷无名(ねこやしきなな)と言います、普通の女子高校生ですよ。(普通らしい女の子の笑みを浮かべて言う」

    「……寂しいなんて、言っても駄目なんだ、あの人達は何もしてくれない……」

    「お前らは俺の養分となってりゃぁいいんだよ!(障り猫が誰かを襲おうとする」

    【名前】 猫屋敷 无名

    【仮名】ねこやしき なな

    【年齢】17

    【性別】女の子

    【アヤカシ】障り猫
    ストレスが限界に達した時、二重人格のような形で現れる尾のない猫の怪異。
    その目的はストレスの解消であり、ストレス原因の排除もしくは、気がすむま暴れ続ける事である。本質は弱い怪異であるが宿主のストレスの質によって強さが変化する。

    【霊力】エナジードレイン
    相手に触れることによって生気や霊力を奪い取り、宿主のストレスを解消させていく。
    その際に身体強化等が宿主に施されており、爪が伸びたり、牙が鋭くなったり、猫の目のように夜目がきいたり、常人離れした動きや力が発揮出来るようになる。

    【容姿】身長156cm、華奢な体付きで着やせする性質。顔立ちは整っている方であり、夜を彷彿とさせる夜闇の様な蒼い瞳に太腿まである髪をひとつの三つ編みに纏め、前髪の一部は白くなっている。服装は大抵学校の黒地のセーラー服で首元には灰色のチョーカー、髪飾りに若草色のリボンを身につけ、白いニーソにローファーと普通らしい格好をしているが、私服はサイズのあっていないメンズ物のお古を着ている。
    (但し、障り猫が憑依している場合は髪は白髪に染まり前髪の一部は黒くなり、白い毛の猫耳が生えて、ニーソとチョーカーは変わらず下着の上からサイズのあっていない大きな黒地のジャージを着用している)
    (画像使用メーカー:灰は不味い様)

    【性格】誰にでも他人に対して優しく品行方正の様な優等生をしているようだが、素の性格は優柔不断でネガティブで落胆しやすく感情表現がわかりやすく寂しがり屋な性格をしている。
    自分の意見よりも他人の意見を優先しがち。
    (障り猫が憑依している時は素の性格と打って変わってお気楽で楽観的に乱暴な口調で喋る)

    【備考】元孤児で祖父と呼ぶべき人物に引き取られ、家族と呼べる人達には関心を持たれず寂しく虚しい毎日を誤魔化して過ごしていた、ある日尾のない白い猫の死体を発見し、埋葬せねばと、静かな場所に埋め、その後何事もなく過ごしているもふつふつと溜まっていくストレスに障り猫が応え、家族と呼べる者から少しづつ生気を奪っていき、ついには他人から生気や霊力を奪い始めてしまった、障り猫が活動している時は夢心地のように障り猫の行動を見ることしか出来ないが、呼び掛けや強い衝撃などで人格を戻せる事が出来る。
    一人称は「僕」や「私」、障り猫が憑依している時は「俺」、二人称は「〜〜さん」
    可愛い物や甘い物が大好きでいるが、家族と呼べる人達を恐れて、女の子らしい事がなかなか出来ないでいる。

    【関係】自分の手をひいて助けてくれる人(性別問わず)

  • 管理人
    No.2161771
    [編集/削除]

    @茨様
    期限が切れましたので予約を破棄します。
    もし参加なさりたい場合には再度その旨をお申し付け下さい。

    @薺様
    設定を確認致しました。残念ながら現段階では受理出来ません。以下の点に留意し、設定の再編を行って下さい。

    ・軽く調べたところ「障り猫」は西l尾l維l新氏のオリジナルの怪異のようですので許可出来ません。
    また、他の設定も同氏の作品の登場人物に酷似している部分が多く許可出来ません。
    ・「触れた相手の正気や霊力を奪う」は発動条件の容易さと強力さの釣り合いが取れていないため許可出来ません。
    特に、「霊力を奪う」に関しましては、キャラクター性に大きな損失を与えるものであるため許可出来ません。
    ・「猫の身体能力の付与」は他の参加者様と被るため許可出来ません。
    ・当なりきりにおけるアヤカシの目的は「語り継がれること」であるため、アヤカシの特性を記述する際には混乱を招かぬよう「目的は~」ではなく「性質は~」と記すようにしてください。

    設定に関する質疑応答は都度受け付けております。併せてご活用下さい。

  • No.2162111
    [編集/削除]

    @管理人さん
    すみません、障り猫やっぱり駄目ですよね( ̄▽ ̄;)注意していただきありがとうございます。
    上から3項目は全て無しにして他のものに変更させていただきます。
    質問なのですが、妖で妖刀等は大丈夫でしょうか?オリジナルの様なものはOKですか?

    変更し、OKが出た際には質問などの投稿は削除します。

※記事を編集・削除するためのパスワード