デュラララチャット(仮)なりきり募集掲示板

なりきりの募集を行うための掲示板です。雑談はなり雑でお願いします。

  • 怪異学校(戦闘、日常、恋愛)(募集中!)

    太極拳☆
    No.2914050
    [編集/削除]

    この篠原学園は、時に怪異の蠢く恐怖の学園と化す。この事は噂話として扱われるが、果たして噂だけの話なのか。学園のチャイムは今日も鳴る…。

    皆さんこんにちは。閲覧感謝です。日
    常、戦闘中心の学園ロルです。

    (ルール)
    ちょくちょく顔出しして欲しいです。
    オリキャラのみです。
    部屋建ては自由に行って構いません。部屋名は「怪異学校(掲示板制)」とし、ノックあり画像オフでお願いします。
    荒らしダメ絶対。
    キャラシート提出の期間は約1ヶ月とします。
    恋愛をしたい場合は相手に許可を取ってやってください。

    生徒の雑談、ロル回し板
    http://nari2-bbs.drrrkari.com/#/topics/68834

    怪異の雑談、ロル回し板
    http://nari2-bbs.drrrkari.com/#/topics/68833
    (設定)
    ◯篠原学園
    ・日本にある学園。中等部と高等部に別れ、普通に部活も豊富な学校。学校の位置などから怪異が住み着きやすく、怪異を祓う力を持った生徒が入学する事が多々ある。

    ◯怪異
    ・人の邪念から生まれる怪物。姿形、能力は様々。場所に縛られ一定範囲から動けない束縛型と、自由移動可能な遊歩型がある。

    ◯学園七不思議
    ・学校内でも噂話として語られる7人の怪異。七不思議は全員束縛型で、通常の怪異より強い力を持っている。

    ◯祓い屋の生徒
    ・札や呪具(武器みたいな)を用いて、人に仇なす怪異を祓う事を生業とした者が祓い屋。この学校にはそんな祓い屋の生徒が何人かおり、日夜怪異の情報を探っている。
    ◯能力者
    ・一般家庭の人間だが、怪異を祓う事ができる存在。特殊な能力を持っており、その力は様々。霊感の無い者が殆ど。

    <SV>3つくらい
    <名前>和名オンリーで
    <性別>怪異の場合不明でも可
    <年齢>生徒は学年にそった年齢。怪異は不明でも可
    <役職>生徒の場合は祓い屋or能力者+学年。怪異の場合は七不思議か否か(七不思議は七不思議名も)+束縛型or遊歩型。
    <霊感>あるか否か。怪異は省いてOK
    <容姿>画像参照可。メーカー様の場合はちゃんと使用メーカーをお書きください
    <性格>絡みにくいのはダメです。
    <能力>祓い屋の場合は使う呪具など、能力者と怪異は自分の能力をお書きください
    <備考>設定をいろいろお書きください。怪異は噂話の内容なども。
    <募集>最大3つまで。

    (コピペ用)
    <SV>
    <名前>
    <性別>
    <年齢>
    <役職>
    <霊感>
    <容姿>
    <性格>
    <能力>
    <備考>
    <募集>

    (名簿)
    ◯中等部
    ・一年
    ・二年
    白藤 透(祓い屋)(田原様)
    ・三年
    礼堂 花苗(能力者)(めっ様)
    ◯高等部
    ・一年
    絲切 雪二(祓い屋)(ロウ様)
    雨宮 奏(祓い屋)(桜様)
    ・二年
    晴琉屋 俊明(能力者)(木偶様)
    象牙 愛理(能力者)(鮭茶漬け様)
    寶多 理久(祓い屋)(肇様)
    風間 爽汰(能力者)(水まんじゅう様)
    ・三年

    ◯七不思議(〆)
    ・一番(巫様予約)
    ・二番「忠実な番犬」狼谷拓人(主、太極拳☆)
    ・三番「焦がれて熱情」矢車(三日月様)
    ・四番「保健室の鏡」鏡 双月(植木鉢様)
    ・五番「屋上の地獄ちゃん」万全 叶子(緩術様)
    ・六番「旧校舎の隠れ鬼」煙羅(淡月様)
    ・七番「是等夜行」与眞一夜(もいすちゃー田中様)
    ◯七不思議以外の怪異
    「赤マント」紅暮連(eve様)
    「烏天狗」烏丸 恭(花見酒様)
    「塵塚怪王」芥(まほまほ様)
    「無人の放送室」狂璃(幽鬼様)

  • 太極拳☆
    No.2914074
    [編集/削除]

    主のキャラ設定です。
    <SV>
    「こんにちは。僕は拓人。仲良くしてね。」「君の願い、なーんでも叶えてあげる。何がいい?」「君はね、強欲すぎたんだよ」
    <名前>
    狼谷拓人(かみやたくと)
    <性別>

    <年齢>
    不明
    <役職>
    七不思議二番目「忠実な番犬」。学校の敷地内から出られない束縛型。
    <容姿>
    はりねず男子メーカー様から。尻尾もある。
    <性格>
    大人しく、どこかミステリアス。かまってちゃんな一面もある。ちょびっとサイコパス。
    <能力>
    犬や狼に近い吠え声をあげると、次の日契約をした人間の願いが叶う。衝撃波も飛ばせる。
    <備考>
    「学校の七不思議の1つ、「忠実な番犬」。放課後に飼育小屋に行き、三回回ると、犬の耳の少年に会えるという。少年は出会った者に忠実に従い、その力でどんな願いも叶えてくれるという。ただし、ルールが3つある。それは、暴力的な事を願ってはならない、三個以上願ってはならない、三個願ったら食べ物か飲み物を彼に渡さなければならない、の3つだ。もしどれかを破ってしまうと、願った者は二度と姿を見せなくなるという…。」

    七不思議二番目の少年。本性は3つ首の巨大な犬の姿で、「忠実なケルベロス」とも言われる。上の噂にあったように、出会った人間の願いを叶え、そのお礼に餌をもらって生活する怪異。3つ願い餌を渡せば何もしないが、上記のルールを破ると本性を見せその人間を喰らってしまう。本人は契約破棄の罰だよ、と笑顔で話す。
    七不思議の面子とは仲良くなりたい。会えたら必死に声をかけ話しかける。

    拓人は昔この学園の中等部の生徒で、三匹の犬を飼っていた。ある日、虐められていた拓人は校舎から飛び降り自殺してしまう。すると、三匹の犬が突如校内に現れ、拓人と同じく校舎から飛び降りたという。それから数週間後、この噂が生まれた。
    <募集>
    お誘いあれば。

  • 通りすがり
    No.2914586
    [編集/削除]

    すみません、幾つか質問失礼します。
    ・後参加の方が来たら雑談掲示板は作りますか?
    ・能力者の怪異を祓う能力は個人で作ってよいのでしょうか?
    例:特殊な炎を出して祓う

    これは質問ではないのですが
    七不思議、怪異、高等部、中等部
    で分けて名前書く所作った方が皆様わかりやすいかと…
    pass:1111

  • 太極拳☆
    No.2914641
    [編集/削除]

    雑談掲示板は人がある程度来たら作ろうと思ってます。自分達で能力は考えてもらいたいですかね。名簿も作ろうと思います。ご質問ありがとうございました!

  • 通りすがり
    No.2914691
    [編集/削除]

    了解しました!
    態々有難う御座いますm(_ _)m
    pass:(上記同様です

  • ロウ
    No.2917771
    [編集/削除]

    高等部一年祓い屋で参加希望です
    (漢字の似た方がいらしたので書き方変えておきます)
    楼→ロウ

  • eve
    No.2917822
    [編集/削除]

    遊歩型の怪異で参加希望です。

  • No.2918234
    [編集/削除]

    高等部一年払い屋で参加希望です

  • 太極拳☆
    No.2918601
    [編集/削除]

    @ロウ
    @eve
    @桜
    参加ありがとうございます。2月17日までに設定の投下をお願いします。

  • eve
    No.2919012
    [編集/削除]

    <SV>
    「楽しそうな遊びだねえ。お兄さんにも教えてくれよ!」
    「綺麗なものが好きなんだ。夕暮れ時に落ちる長い影、俯いて萎んでいくツツジの花、不幸に耐える人間の堪えた涙……」
    「俺に会っちまったのも、俺に気に入られたのも、ホントに不運だったな」

    <名前>
    紅暮 連(くれぐれ れん)/赤マント

    <性別>

    <年齢>
    外見年齢20代前半

    <役職>
    遊歩型怪異「赤マント」

    <容姿>
    メーカー:制作者の手癖の男が作れるかもしれない
    185cm、スレンダーな体型だがしっかりと鍛えられていて運動神経は異様に良い。肩に掛かる程度の銀色の長髪で、同じく銀色の瞳は爬虫類のそれのようにぬらぬらと輝いている。夕暮れに怪異として現れる時は、不思議な光を纏う鮮やかな真紅のマントとつば広の帽子を身に着けている。通常時も赤い服を好む。

    <性格>
    普通に話す分には気さくで親切な気のいい若者。敵意を向けられてもあまり響かない。独特の審美眼で他人を見定める癖があり、一度気に入って獲物と定めたものには執着心を隠さず付け狙う。

    <能力>
    自分だけが出入り可能な異空間を使い、瞬間移動や隠密行動ができる。マントで包み込んだ他人を連れ込むことも可能。異空間は基本的には曖昧な光が渦巻くただの空間だが、ある程度の広さ(最大で5m四方程度)の中でなら好きな見た目や調度に変えられる。生き物の一部だけを連れ込んで切断するなどは不可能。
    マントと帽子は念じるだけで一瞬で出したり消したりできるが、自分の身に纏う形に限られる。直接他人に着せたり空中に出すことはできない。

    <備考>
    赤い陽射しに染められた夕暮れの街に現れて、子供を攫うと噂されている怪人。一度狙われるとどこまでも追ってくるが、日が沈んで夜になれば追ってこなくなるとも言われている。長年この街に出没しているが、なかなか捕まえられていない。
    実際は攫う相手は子供に限らない。本人は単に欲しくなったものを手に入れるために行動しているだけという認識で、人間のことは大好きだと思っている。夕暮れ時以外は人さらいを好まず、日中や夜は獲物を物色したり尾行したり人の街の娯楽を楽しんだりしている。財産の出どころは不明だが、気まぐれに遊ぶ程度の余裕はある。
    人の邪念より怪異として生まれ、ずっと怪異として生きている。「紅暮連」は自分で適当に考えた名前であり、必要な時に使う程度。
    NL・BL可。友情・敵対・恋愛などいろいろな関係性歓迎。

    関係性→
    ●七不思議の五番「屋上の地獄ちゃん」万全 叶子
    生前の彼女に目を付け連れ去ったが、ある理由により無傷で解放している。次に再会したときは彼女は怪異となっていた。
    ●七不思議の六番「旧校舎の隠れ鬼」煙羅
    赤マントがかつて追い回していた少女「加納タエ」が、助けを求めて隠れ鬼を実行。儀式に失敗してしまい、ルールに従いあの世に連れていかれた。煙羅自身は加納タエには思い入れも害意も何もないようだが、赤マントはずっと抱き続けている消化不良の執着の裏返しで、煙羅にやたら構いに来る。

    <募集>
    ・旧知の怪異
    ・人を攫う有害な怪異として退治しようとしている人間
    ・その他何でも歓迎

  • 太極拳☆
    No.2919056
    [編集/削除]

    @eve
    設定投下ありがとうございます。問題は見られないので参加許可です。

  • eve
    No.2919116
    [編集/削除]

    @太極拳☆
    ありがとうございます。皆さんの参加を待って活動します。よろしくお願いします!

  • 緩術
    No.2919137
    [編集/削除]

    怪異系好きなので飛びつきました。参加希望失礼致します。
    七不思議、5番目で予約したいのですがよろしいでしょうか?

  • 太極拳☆
    No.2919320
    [編集/削除]

    @緩術
    参加ありがとうございます。私も怪異系好きなんで(o^-')b2月18日までに設定の投下よろしくお願いします。

  • 三日月
    No.2919332
    [編集/削除]

    参加希望です
    七不思議の三番目で希望します

  • 太極拳☆
    No.2919342
    [編集/削除]

    @三日月
    参加ありがとうございます。2月18日までに設定の投下よろしくお願いします。

  • 淡月
    No.2919552
    [編集/削除]

    失礼致します。
    当方なりきり初心者なのですが、参加可能でしょうか?
    もし可能なら、七不思議の六番目を希望したいのですが、よろしいですか?

  • ロウ
    No.2919614
    [編集/削除]

    <SV>
    「初めまして…自分に何かご用でも?」
    「ふふっ、おかしな事を言う方ですね」
    「別に貴方が祓うべき対象では無いだけです」
    <名前> 絲切 雪二(いとぎり ゆきじ)
    <性別> 女
    <年齢> 15 (早生まれ。冬になれば16)
    <役職> 高等部一年 祓い屋
    <霊感> ある
    <容姿>
    トコトコ王国様より。
    髪はインナーカラーが緑です(メーカー様の都合により、上手く表現出来ませんでした…)
    <性格>
    基本、冷静沈着。
    怪異だからと態度を悪くしたり攻撃したりはしない。ただ相手が何にせよ悪行をすれば、最悪攻撃対象内に入る。
    自分がやると決めた事はしっかりやりきる。
    相手に比較され、自身や大事な人が下に見られるのは大嫌い。

    <能力>
    特殊な札(約五種)、専用の拳銃を扱う。
    人間には害はない、特殊な加工を施した拳銃で基本攻撃をする。
    札によって、威力や効果対象を増やす事が可能。
    札は大きく分けて五種類、強度等合わせたらもう少しある。
    札名/効果
    守備札 →一人を対象に怪異からの干渉を受けなくなる。
    拘束札 →発動した場所から一定範囲の怪異、銃からの発動の場合生物も拘束。
    直弾札 →札を超えると、弾速+威力が上がる。
    散弾札 →札を超えると、弾数+威力が上がる。
    切紙 →辺り一帯の呪具、怪異の力を止める。
    が人数や数が多い程、止めれる時間は短くなる。
    更に作るのはかなり難しい為あまり使えない。

    <備考>
    兄が一人おり、祓い屋の才能がある兄を少しうやらましく思ったりする。
    昔は仲の良い怪異がおり、助けて貰った事もある。
    成績は上位10には必ず入る程良い。
    (元々二葉と言う名前になる予定だったが生まれたのが冬の為雪二になった)
    NLのみ可。基本お相手の希望のシチュやります。
    戦闘系も日常系も◎

    <募集>
    兄(呪具、カラー自由)
    お誘いあれば他やります。

  • もいすちゃー田中
    No.2919657
    [編集/削除]

    七不思議 七番目で参加希望

  • 植木屋
    No.2919667
    [編集/削除]

    七不思議の四番目で参加希望したいのですが大丈夫でしょうか?

  • No.2919672
    [編集/削除]

    七不思議一番目で参加希望致します

  • 木偶
    No.2919844
    [編集/削除]

    能力者、高等部二年で参加希望です。
    個人的にキャラ作成にあたってご相談があるのですが、可能でしょうか?

  • 太極拳☆
    No.2919862
    [編集/削除]

    @ロウ
    不平等無さそうなので参加許可です。

    @淡月
    @もいすちゃー田中
    @巫
    @木偶
    参加希望ありがとうございます。皆さん2月18日までに設定の投下お願いします。

    @木偶
    了解です。部屋でご相談する感じでしょうかね。開いてる時間とか教えていただきたいです。

  • 淡月
    No.2919951
    [編集/削除]

    <SV>
    「俺を呼び出すとは酔狂だな…」
    「何が知りたい?勝てば答えてやろう」
    「おい、それは何だ。…スマホ?…からくりの一種か?」

    <名前>
    煙羅(えんら)

    <性別>

    <年齢>
    外見年齢20歳くらい

    <役職>
    七不思議六番目「旧校舎の隠れ鬼」。正体は煙の怪異「煙羅煙羅(えんらえんら)」。旧校舎からは出られない束縛型。

    <容姿>
    メーカーは妖男子メーカー様。
    身長は175cmくらい。
    紅い着流しに黒い羽織。
    煙管を常備している。
    寒がりな為、白い襟巻きと手袋をしている。
    頬の傷は、遥か昔誰かに付けられたもの。

    <性格>
    話し方はやや偉そうだが、性格は比較的穏やか。
    基本的に荒事は好まないが、挑まれれば自衛はする。
    古い怪異な為物知りで、いろいろな事を知っている。
    でも、近代的な物には疎く、特に機械は苦手。速い乗り物も怖い。
    知識欲旺盛で知りたがり。
    興味を持つと熱中しやすい。
    何だかんだ言いながらも他人の世話を焼いたり愚痴を聞いたりと、お人好しな側面がある。

    <能力>
    煙、火を操る。また、自分の身体を煙に変えたりも出来る。火の火力は大きくも小さくも出来、自身が操る火や煙であればつけたり消したりと自在。煙のように突然現れたり、消えたりする。
    七不思議の中ではあまり強くない方。

    <備考>
    『七不思議の六番目「旧校舎の隠れ鬼」。旧校舎の屋上で紙のヒトガタに名前を書き、ヒトガタの上に蝋燭を一本置く。蝋燭に火を灯し「遊びましょう。おいでませ、おいでませ」と目を閉じて唱えると、背後に怪異が現れる。
    現れた怪異と「隠れ鬼」をして勝つと、どんな質問にも答えてもらえる。

    「隠れ鬼」のルールは、三つ。
    一つ目は「旧校舎から出ないこと」。
    二つ目は「灯した蝋燭が消えるまで隠れきること。それまでに見付かったら負けとなる」。
    三つ目は「絶対にルールを守ること。ルールを破った者は強制的に負けとなる」。

    もし、この「隠れ鬼」に負けたら。
    その人はあの世へ連れて行かれてしまう』

    古くからその土地に居た怪異が、ながい時を経て力を持ったモノ。
    本来、「煙羅煙羅(えんらえんら)」自体は人間を脅かすだけの怪異だが、煙羅の場合は存在していた時がながい為力が増していって今に至る。
    呼び出した人間と『勝負』をするのも、質問に答えるのも、煙羅にとっては時間潰しの戯れらしい。

    煙羅を呼び出す人間は稀らしいが、呼び出されるまでは旧校舎を漂っている。

    名字が無く、名前も「煙羅煙羅」から取って「煙羅」なのは、本来の自分の名前が曖昧でそもそもあまり興味がない為、適当に名乗っているかららしい。

    七不思議の五番目の過去を知る怪異でもある。

    七不思議の七番目の正体と、倒す方法を知っているらしいが…。

    <募集>
    当方からは特になしです。
    NL、BL、友情、敵対など、お誘い頂ける方はお気軽に。

  • 太極拳☆
    No.2919966
    [編集/削除]

    @淡月
    不平等無さそうなので参加許可です。

  • 淡月
    No.2919998
    [編集/削除]

    ありがとうございます!
    不出来ではありますが、よろしくお願い致します。

  • 緩術(質問)
    No.2920084
    [編集/削除]

    設定を作るに当たって質問があるのですが、束縛型同士で絡む時など教室や特定の場所に縛られていると絡みにいけないので『学校の敷地内から出られない』でもよろしいでしょうか……?
    質問返答お待ちしております。

  • No.2920085
    [編集/削除]

    <SV>
    「あ〜…。どぉ〜もぉ?」
    「やだ、眠いから明日やる…。」
    「仕事なんでぇ、悪く思わないでねぇ〜?」

    <名前>
    雨宮 奏(あまみや かなで)

    <性別>

    <年齢>
    16

    <役職>
    高等部一年祓い屋 帰宅部

    <霊感>
    普段何もしていない状態では怪異がぼやけて見えたり、人の姿をしたものの周りに靄がかかったり。狐の窓を指で作ればはっきりと見え、正体が分かる。但し、上位怪異等など力の強いものによっては見破りにくいことも。

    <容姿>
    五百式全身メーカー様より。画像には無いがギターケースの様な物を背負っていたりすることも。身長162cm。

    <性格>
    気怠げでゆったりマイペース。怪異は祓うべきものだと理解しているものの、偶に気乗りせずに祓い渋ることも。
    面倒臭いことは好きでは無いので何かに所属したり等はしない様にしているが、仲良くなった人の居る場所は勝手に遊びに来たりする。一応姉なので面倒見は良い。
    基本来るもの拒まず去るもの追わず。

    <能力>
    武器は三味線。普段はギターケースに形が似ている三味線ケースに入れられている。
    奏でる清き音色によって善き者を讃え、悪しき者を祓う。…という力らしいが、今のところ奏でた音の音波で敵を攻撃することしか出来ない。対象が耳を塞ぐと更に弱まるも、塞いでも大きな音を奏でているので微かに攻撃が効く。本当に微かに。自分の周囲全方向を攻撃出来、対象が自分の近くであればある程効きやすい。
    音色を奏でられるものなら何でも良いのだが、和楽器の方が威力が高く、本人の希望により三味線を普段使っている。因みに三味線の種類は中棹。
    3種の調弦を切り替えて攻撃の種類が変わる。調弦には1〜10秒程かかる。
    ↓調弦/詳細↓
    ・本調子/基本的にはこれ。奏でられる音の速さも威力も他の二つの間くらい。
    ・二上あがり/音が高くなる。奏でられる音の速さは軽く早いが、威力は弱くなる。
    ・三下り/音が低くなる。奏でられる音の速さが重く遅いが、他の二つよりかは威力が強くなる。
    (中の人は三味線をやっていないので何か間違っているかもしれませんが、成りなので目を瞑って頂けると幸いです。)

    <備考>
    代々祓い屋をしていた家の…分家の末裔。本家の方が”より悪しき怪異”などの退治で手が回ら無い為篠原学園に入学させられた。尚本人は中学から楽に上がれるなら何処でも良かったのでwin-winだと思っている。”お家の仕事”なので祓い屋として一応働くが、本人は早く終わらせたい、面倒くさいと人に仕事を押し付けようとすることも。
    和楽器は一通り弾けるように叩き込まれているので何でも弾けるが、昔三味線をギターのようでカッコイイと思っていて将来それを使いたいと言ったので、今の武器になった。今は若干その発言を後悔している。
    歳の離れた弟が居る。

    <募集>
    友人(歳の差気にせず、怪異でも)
    その他お誘いが有れば。

  • 太極拳☆
    No.2920114
    [編集/削除]

    @緩術(質問)
    それでOKです。私もそうしてます(笑)
    @桜
    不平等無さそうなので参加許可です。

  • 鮭茶漬け
    No.2920194
    [編集/削除]

    能力者の高等部2年で参加希望したいのですが霊感は低いが怪異の存在は知っている設定のキャラは可能ですか?

  • 太極拳☆
    No.2920197
    [編集/削除]

    @鮭茶漬け
    参加希望ありがとうございます!可能です。2月19日までに設定の投下お願いします。

  • 鮭茶漬け
    No.2920950
    [編集/削除]

    <SV>
    「ほらほら、僕一般人〜頼まれなきゃ殺る気は無いよ〜」
    「見た目が信用出来ない?酷いなぁ裏切り者くらいには信用出来るのに〜」
    「ほらほら!見て見て!この十字架怪異に効きそーでしょー」

    <名前> 象牙 愛理(ぞうげ あいり)

    <性別> 女

    <年齢> 17

    <役職> 高等部2年。能力者

    <霊感>少しある(見えるがほぼボヤけている。声は聞こえる)

    <容姿> 見た目参照(ぽぴメーカー!?様で作らせていただきました)身長は171cmで靴は黒いスニーカーで手のひらには普段は閉じているが両手に目がついてある。

    <性格> マイペースで怠け者、人を驚かせることがすき。喋り早さが少し遅く喋り方はゆったりとした印象を受ける。見た目が怪しくすぐ敵対思想などと疑われるがそのつもりは無い。

    <能力> 彼女が的だと思った者に手のひらの目を開眼させて相手に見せるか自分の目を見えることで発動する能力。手のひらの目を見たもの視界には大きな目が移る。その目は時間によりどんどん増えていく(3ロル分につき増えていく)増えていくにつれて相手は自分の体の重さが上がっていき最終的には相手の視界は彼女の能力で見えている目しか見えず重すぎて立てなくなる。弱点は手のひらの目もしくは彼女自身の目に触れるか傷付けることによって解除される。それと離れすぎると解除される

    <備考> 家族構成は父、母、弟で仲は良好。小さい頃から手のひらに目があり不気味がられる事を危惧に隠していたが篠原学園では隠す事も無く相手を驚かせる時などにも使っている。怪異は昔から声が聞こえていたので存在は認知している。

    <募集> 仲のいい後輩とクラスメイト

  • 太極拳☆
    No.2920989
    [編集/削除]

    @鮭茶漬け
    参加許可です。

  • 鮭茶漬け
    No.2921119
    [編集/削除]

    主様
    ありがとうございます。早速ですが今日部屋立てよろしいでしょうか?

  • 太極拳☆
    No.2921237
    [編集/削除]

    @鮭茶漬け
    構いませんよ。私が部屋建てできる時間も限られてしまうので。

  • 鮭茶漬け
    No.2921254
    [編集/削除]

    主様
    ありがとうございます。では立てさせて頂きます。

  • 花見酒
    No.2921407
    [編集/削除]

    怪異での予約よろしいでしょうか?

  • 鮭茶漬け
    No.2921770
    [編集/削除]

    主様
    弱点を増やしたのですがよろしいでしょうか?

  • 太極拳☆
    No.2921876
    [編集/削除]

    @花見酒
    予約ありがとうございます。2月19日までに設定の投下お願いします。

    @鮭茶漬け
    確認致しました。問題無いですよー。

  • 鮭茶漬け
    No.2922704
    [編集/削除]

    今から部屋立てます〜

  • 鮭茶漬け
    No.2923050
    [編集/削除]

    ごめんなさい…何故か入れなくなったので開けてもらってもよろしいでしょうか?

  • ロウ
    No.2923061
    [編集/削除]

    @鮭茶漬け様
    気付くの遅くてごめんなさい!今空けました!

  • 鮭茶漬け
    No.2923064
    [編集/削除]

    こちらこそすいません…ありがとうございます!

  • 緩術
    No.2923376
    [編集/削除]

    質問返答ありがとうございます。
    設定を投下致しますので、不備などがあれば遠慮なくご指摘お願いいたします。

    <SV>
    「ねぇ〜!此処から飛んじゃおうよ〜
    今なら死後美少女が傍に居てあげちゃう!」
    「祓うの!?こんなに可愛いのに!?」
    「それは忌まわしき給水スポンジ!!!」

    <名前>地獄ちゃん
    万全 叶子(ユルスベ キョウコ)

    <性別>女性

    <年齢>不明(没年17歳)

    <役職>
    七不思議五番目「屋上の地獄ちゃん」
    元人間。自殺で死んだとされる怪異。
    束縛型。学園の敷地内から出られない。

    <容姿>
    黒髪長髪。普段は黒いリボンで二本のツノのようなヘアアレンジをしている。
    丸いタレ目で、桃色の様な紫色の様な不思議な瞳をしている。
    赤いスカーフの黒セーラー制服を着用。
    ロングスカート黒タイツ。脚はあるようだが足首から下が透けていて確認できない。
    身長は推定158cm.
    (Picrew:ツインテールメーカー様を使用させていただきました。)

    <性格>
    底抜けに明るく元気。
    友好的で好奇心旺盛。無邪気でやかましい。
    大人しくしろと言われれば素直にする。
    ライト卑屈で悪気無くエグいことを言う場合がある。
    自分の顔の良さに絶対的な自信がある。
    チャレンジ精神と図太さはピカイチ。
    マイペースで自由気まま。
    適合率は高く、ノリはいい。頭は空っぽで考えるより先に体が動くタイプ。
    穏やかなように見えて執念深く、一度欲しがれば最期まで欲しくなる。
    頭のネジが何本か飛んでいる。

    <能力>
    『インク』
    シンプルかつ単純。身体をインクにする能力。
    水の様に体を分裂したり、インクを弓や刀等に変化させて戦うこともできる。
    元がインクなので殺傷能力はあまりない。精々ちょっと殴りますよ的なノリで使える程度。
    基本は戦いを好まないので拘束や目くらましなどに使用する。
    身体があくまでインクになる為、インクを吸ってしまうスポンジや紙に弱い。
    きちんとした儀式を挟めば、インクで書いた文字を実現することができる。
    自分の願いを実現することはできない上に面倒な形式を挟まないといけないので役には立たない。

    <備考>
    篠原学園七不思議、五番目
    【屋上の地獄ちゃん】
    「〝友達〟と引き換えに〝友達の願い〟を叶えてくれる寂しがり屋の女の子。

    『地獄ちゃん。お友達になりましょう。』

    そう書いた手紙を紙飛行機で飛ばせば、彼女はきっと応えてくれる。
    成功すれば、机に地獄ちゃんのお返事が届く。

    『誰がほしい?』

    同じ紙に『自分をいじめない××ちゃんが欲しい』
    『私のことが好きな××くんが欲しい』等
    作りたい感情と相手を書いて屋上の地獄ちゃんへ渡しに行く。
    そうすれば、〝ほしいあの子〟が手に入る。
    あの子が手に入ったら、自分の髪の毛を植え込んだお人形を屋上から落とせばいい。
    これでお終い。
    しかし、一つでも条件を違えたら……__」
    【用意する物】
    無地の白い便箋と緑のインク。
    【地獄ちゃんとのお約束】
    《1》手紙は必ず白い便箋に緑のインクで書くこと
    《2》お返事には〝あの子〟の名前を書くこと
    《3》お返事を渡しを行く際、地獄ちゃんとは口を利いてはいけないこと
    《4》必ず自分の代わりの人形を用意すること
    《5》2度目は無いこと。

    『約束を破ったら、君をお友達にシちゃうから』

    自称絶世の美少女。ただの自称。
    屋上でふよふよ浮きながら物凄く気さくに自殺を誘ってくる幽霊。
    断ればそれ以上は誘わないし、相手が手紙を使って交渉してこない限り何もしない無害な分類に入る。
    記憶がないからなのかはたまた元からなのか
    「8+77はバナナ!」と自信満々で言うレベルのアホ。
    亡霊ということ以外は普通の愉快な女子高生。
    最近の流行りに敏感で、屋上にやってくる生徒達のスマホを覗き見てはキャッキャ喜んでいる。
    お友達として貰ったぬいぐるみなどを持ち歩いており「コレジャナイ感はあるよね!」と自分でも自覚してしまっている。
    (NLGL対応可能。敵対・友情・恋愛歓迎)

    篠原学園が創立して間もない頃の元生徒。
    生前の記憶はかなり薄いらしい。死因不明。
    未練を抱いて死んだことで怪異化してしまった典型的な例。
    妹がいたことと、自分がここの生徒であったことだけは覚えている。
    元はただ学園を漂っていた無害な霊であったが「自殺は屋上」「寂しがり屋の地獄ちゃん」
    という固定概念と人々の噂で性質が変化してしまった。
    誰よりも友達という存在を欲しており、孤独ということに耐えきれない普通の少女。
    頭のネジが何本か飛んでしまっている。

    『君が欲しい。あの子じゃないよ。
    君のことが欲しいの。わかるでしょう?』
    〝本当は自殺ではない〟

    <募集>怪異の旧友(怪異:性別問わず)
    妹に似ている人間(人間:女性)
    その他お誘いがあれば

  • 植木屋
    No.2923432
    [編集/削除]

    <SV>
    「友人が来るのを待ってるんだ………」
    「そんなに変わりたいのならば君と俺を交換してみる?」
    「戻りたい?無理だね………君は何時までか言わなかった?諦めた方が楽だよ?」
    <名前>
    鏡 双月(かがみ そうげつ)
    <性別>
    男性
    <年齢>
    不明、見た目14歳
    <役職>
    七不思議四番目「保健室の鏡」敷地内のみの束縛型
    <容姿>
    画像参照可。(泥んこ様から)
    身長は低すぎず高すぎず。
    <性格>
    大人しいが表情は豊かで、様々なものに興味を持ち特に流行りのものが好き。だが、ふとした瞬間に大人っぽい姿を見せることも。自分からも話すが聞き手にまわることもしばしばあり、自分の思ったことはちゃんとはっきりと言ってしまう事がある。また、あまり自由に動けないからか束縛を酷く嫌っており自由に過ごせることを好んでいる
    <能力>
    鏡があればそこから情報も聞き取れるし出入りもでき、鏡の中の世界に人や気に入った物をいれることができる。また、ドッペルゲンガーのようにそっくりの人間になることも可能
    <備考>
    『七不思議四番目の「保健室の鏡」は、4時44分に保健室にある鏡の前に立ち「入れ替えっこしよう?」と言うと目の前に鏡の主が現れらしい。もし、現れたら「何時まで入れ替わるか」を言わないと一生入れ替わってしまうという。また、入れ替わってるうちは鏡の世界は異世界に繋がっており行くことができるとも言われている』

    彼についての情報はあまりなく、生前彼のことは全く分からない。
    ただ、刺激と自由を求めていた彼にも唯一友人になってくれた人がいた。だが、とある日に祓い屋のせいで離れ離れにされてしまい、今でも友人を探し続けている。
    そのせいか、祓い屋には苦手で少し警戒をしてしまうようだ。
    今現在、彼についてわかるのはこのぐらいだけである。
    (関係は3L可能。どんな関係でもお誘いがあれば!)
    <募集>
    唯一の友人(怪異か人間)
    友人と離れ離れにさした祓い屋

    設定ができましたので、確認よろしくお願いします(uωu*)

  • 太極拳☆
    No.2923572
    [編集/削除]

    @緩術
    @植木屋
    参加許可です。

    @緩術
    もし良かったら、こっちの拓人を旧友にしてみたいんですが大丈夫でしょうか?

  • 緩術
    No.2923586
    [編集/削除]

    @主様

    ありがとうございます。是非是非お願い致します!

  • 花見酒
    No.2923985
    [編集/削除]

    <SV>「では、授業を始めます 」「これから先はちょっと生徒には見せられないなあ」
    <名前>烏丸 恭(カラスマ キョウ)
    <性別>男
    <年齢>27(見た目年齢)
    <役職>遊歩型怪異「烏天狗」
    <霊感>あり
    <容姿>立ち絵風メーカー(人間時) 妖男子メーカー(妖怪時)
    <性格>物腰柔らかで優しい いい先生
    <能力>扇で竜巻や暴風を起こす。神通力 空を飛ぶ
    <備考>学園の教師 妖を倒せる人間を育てるためにこの学園で指導をしている。 普段は人間の姿だが生徒には手に負えない怪異や事件が起きた際には本来の姿になる。
    <募集>特になし

  • 花見酒
    No.2923986
    [編集/削除]

    妖怪時の姿です

  • めっ
    No.2924012
    [編集/削除]

    中等部三年 能力者として参加規模です。

    それと、もし宜しければ緩術様の募集である妹に似ている人間に参加させて頂きたく思います。キャラ投下後でも構いませんのでお返事頂けると…

  • 太極拳☆
    No.2924319
    [編集/削除]

    @花見酒
    参加許可です。

    @めっ
    参加希望ありがとうございます。2月21日までに設定の投下よろしくお願いします。

    あとお部屋建ていたします。

  • 三日月
    No.2924452
    [編集/削除]

    <SV>
    「なぜこちらが君のいうことを聞かなきゃならないんだい?僕は君の恋愛にしか興味がないんだよ。そのことを忘れないでね?」
    「壮大な愛の物語の果てに待つのは希望か絶望か!ふふっ…そのお手伝いができるというんだからたまらないよね♪」
    「えっ?!恋文ってもう時代遅れなの?え、なにそんな小さいよくわからんので愛を伝えるの?えー……なんかなー…」

    <名前>
    矢車(やぐるま)

    <性別>

    <年齢>
    外見は若め(20代くらい?)
    <役職>
    七不思議の参 「焦がれて熱情」
    正体は文車妖妃とのことだが本来は女の妖怪であるためなぜ男性である彼がそれを自称しているかは不明。校舎・旧校舎から出られない束縛型
    <容姿>
    夢見鳥の蝶メーカー様

    <性格>
    ともかく自由人で自己中心的。助けようと思ったら助けるし助けたくなくなったら勝手に放置するしムカつく場合はとりあえずイタズラするしとかなり適当。真面目な時は真面目らしいが本当のところはどうなのか不明。
    ただし自分の考えを曲げない頑固なところがあり譲れないと思ったらどんなことがあろうとそれは譲らないある意味で「一途」な性格ともいえる。
    恋愛についてはかなりのロマンチシズム
    <能力>

    力を得ることでできることは
    ① 恋心による熱を発生させ身にまとう。
    ② 幻を見せる。それは必ずしも良いものばか  りではない
    ③ ラブレターを使役する(単なる紙だが普通の炎は無効。鳥のように飛んだりまとまって人間のようになったりなど可能)

    あまり戦闘向けではなく撹乱させる方がむしろ得意なタイプ

    <備考>
    彼は別れや失恋という事象によって人の前に現れることが可能となる。特に相手への「執着心」が強ければ強いほど彼はよりその人間から力を得やすい。またラブレターのような想いがこもったものからも力を得ることが可能。

    彼は失恋した相手に本来理想だった世界をみせることができそれにより、より愛の力を倍増させることでその人間を操ることが可能となる。同様にラブレターを書いた人間がわかる場合その人間にも同様の理想の世界を見せることで操ることは可能。

    彼がこのように操る理由は2つで1つは単に力を得ることができることである。そしてもう1つは恋愛の手助けをしたいと切に願っているのである。

    <募集>
    何かお誘いあれば!
    強いてあげると彼の過去を知る妖怪がいると
    少し嬉しいです

  • 太極拳☆
    No.2924457
    [編集/削除]

    @三日月
    参加許可です!

  • No.2924634
    [編集/削除]

    夜分遅くに失礼いたします。
    高等部二年 祓い屋で参加希望です。

  • 太極拳☆
    No.2924653
    [編集/削除]

    @肇
    参加希望ありがとうございます。2月22日までに設定の投下お願いいたします。ちなみに今部屋建てしてるんで気軽に見学に来てみてくださいね♪

  • まほまほ
    No.2924675
    [編集/削除]

    何度か見学させてもらい楽しそうななりきりだったので参加希望です!

    <SV>
    「物にはね魂が宿るの。不思議よね」
    「これってダメだったのかしら…いつの時代からダメなんでしょう…」
    「捨てるなんてひどいわ一緒にいましょうよ。まだ」
    <名前>
    芥 
    <性別>
    不明 外見は女性
    <年齢>
    不明
    <役職>
    遊歩型怪異『塵塚怪王』
    <容姿>
    趣味丸出しメーカー様
    背丈は女性より少し高く、両手には霊力を抑え込む黒い革手袋を装備している

    <性格>
    飄々淡々とはしているが少々ネガティブ思考の持ち主。ここ最近人里へ降りてきた為か常識の部分に欠落があり、真面とはおもえない。しかし狂っているわけではなくこの怪異に置いてはこれが正常。慣れてきたら改善されるかもしれない
    <能力>
    【純潔の右手 不浄の左手】九十九の王、ゴミの女王に由来する能力。素手にて触れた物を操作及び崩壊させる、両方とも自分の体格以上の物は扱えず、崩壊に至っては自分の体格より半分以下の物しか塵に返せず、霊力を持つ者が直接触れている物には一切干渉出来きない。

    <備考>九十九の王様、ゴミの女王様。随分と古くから存在だけはしていたが、人里離れた山で誰にも干渉されず、何物にも触れられてこなかった怪異。しかしなぜか学園の七不思議の噂をどこからか聞きつけ、舞い込んだ異物。元は霊魂のような姿をしていたが拾った雑誌にて目についた格好をしており、この世のどこかに同じような人間がいるらしい
    <募集>
    お誘いがあれば受けさせてくださーい!

  • 太極拳☆
    No.2924683
    [編集/削除]

    @まほまほ
    参加ありがとうございます!参加許可です!まだ部屋はありまっせ~!

  • 水まんじゅう
    No.2924733
    [編集/削除]

    高等部2年で参加希望です…!

    <SV>
    「どうせ話し掛けてくるなら、せめて女の子が良かった…。女の子の怪異のがよっぽどよかった…。」
    「オレは進級すンだよ、邪魔すんじゃねェ!」
    「別にお前が悪霊だろうが怪異だろうが知ったこっちゃねェけどよォ。邪魔するってェンならよォ…オレァばっちり祓うぜェ…!」
    <名前>
    風間 爽汰
    <性別>
    男性
    <年齢>
    18(産まれが特殊で〜とか、人より誕生日が早く来て〜とか。そんな事では無い。留年の結果である。)
    <役職>
    高等部2年。能力者。
    <霊感>
    ある。生まれつきバッチリある。意思疎通ももちろんできるが、話し掛けられてもしつこくなかったり、不意の事でなければ意図的に無視する事が殆ど。怪異が女性の形をしていた場合、なにか喋りたそうに頻りに口をパクパクさせてからやっぱり押し黙る。
    <容姿>
    線は細くてしなやかで。軟弱という言葉は過ぎるが、屈強とは似ても似つかない、良くも悪くも現代っ子な体型をしている。黒縁メガネに不敵な薄らいだ笑み、光を透かしてしまいそうなほど白く、きめ細やかな肌。外見だけを取ればインテリじみた雰囲気を纏っている。髪型は暗い藍色の天然パーマ。身長は177cm。平均よりは少し大柄だが、猫背を極めているので目立つ事はない。(画像は性癖くんメーカー様より)
    <性格>
    見た目通りのインテリで、何事も計算づくでこなすタイプ…と思われがちだが、当人は至ってホントにただのバカ。アッパラパー。頭の中から外まで天然クルクルパー。余裕綽々な微笑みの裏は、いつも能天気な妄想で満たされている。物事の理解の仕方は独特。
    難しい事を考えたくない、絶対に考えたくないだけに、信念や矜恃なんてものはまるで持ち合わせてやしない。あるのは精々、進級に掛ける熱い思いと、ノリと勢い。あとよしんば女子にモテてみたい、キャーキャー言われたいという私利私欲ぐらいのものである。
    <能力>
    怪異よりも怪異じみた、なんて評される化け物フィジカル。それだけが男の能力である。その膂力、脚力は凄まじく、鉄骨の柱を拳で叩き割ったり、3階の教室までひとっ飛びで滑り込んだり。また、それに伴う頑強さもまた常軌を逸しており、どれだけの重症を負っても、一晩寝ただけで次の日には平気で殆ど回復してしまう。
    力押しで事足りる様な場面では活躍するが、頭が悪い為に搦手や策略なんかには滅法弱い。
    怪異を祓う際のスタイルはただの全力平手打ち。
    <備考>
    本人は怪異に振り回されたおかげでこうなった。と語るが、その実はただただ頭が悪くて進級させてもらえなかっただけである。半ば逆恨みや八つ当たりに近い形で怪異を忌み嫌っており、霊的なものとの関わり合いを避けようとする。が、当人の不幸体質が故か、常に怪異を引き寄せてしまう。
    授業とテストは寝る時間、課題は燃やして暖を取るものだと思っている。
    思春期をとっくに過ぎて、成人にさえなったというのになぜだか女性関係の耐性はまるでゼロ。異性に話しかけられると震え上がってキョドり出すのに、男が話し掛けると少し嫌そうな顔で応対する難儀な性格の持ち主である。(妹も居るので、流石に中等部以下の女の子には耐性が有る。頼れるお兄ちゃんヅラをする程度には。)
    <募集>
    お誘いあれば!

  • 太極拳☆
    No.2924742
    [編集/削除]

    @水まんじゅう
    参加許可です!

  • めっ
    No.2925508
    [編集/削除]

    <SV>
    「ごめんね、別に恨みは無いんだ。ただ君達を祓う必要があるだけ、だって私は王子様だからね。」
    「王子様が私の価値なんだよ。王子様でいないと、生きる必要なくなっちゃうんだ…だからね、私を王子様にしてくれる彼女達を護らないと。」

    <名前>礼堂 花苗(レイドウ カナエ)

    <性別>女

    <年齢>14

    <役職>能力者

    <霊感>有るけれど強くも弱くもない。
    通常状態では空間がぼんやりと霞みがかっているように見えるらしい。然し度の合わないコンタクトを使用する事でピントが合いある程度その姿形を捉えられる見たいだ。それ故、片目には常に度の合わないコンタクトレンズを入れている。意思疎通も可能、しかし怪異の話を真に受ける様は余り見られない。

    <容姿>どうみてもかわいいメーカー様
    少しくすんだ黒色の毛を短く切り揃え、所謂ボーイッシュな髪型をしている。口元は柔らかく微笑んで、唇の下に目を引くひとつのほくろ。中途半端な色合いの瞳は光の当たり具合で紫にも桃色にも見えるだろう、しかし少しばかりくすんでいる。右目だけ焦点があっていないことがある、それはきっとコンタクトを入れているせいで視界がぼやけそちらの目を頼っていないからだろう。学生服を着こなして、膝丈のスカートに黒のソックス、見た目は完全に優等生。
    167cmと長身で、制服が無ければ男のようにも見えるかもしれない。

    <性格>
    紳士的で優しく純粋で、なんともお手本のような性格をしている。それが素であるかと言われれば違うのだけれど、でも別に全てが偽りかと問われればまた違う。
    本来の彼女はとても利己的だ。価値や損得を先ず最初に考え、そして一番自身に利が出る事をする。けれど今は、理性がどんな答えを出そうが王子様である為にそれを捩じ伏せ愚かな行動に走っているらしい。人のお手本であるために、皆が思い描く王子様の像を壊さないように。

    <能力>
    彼女は宝石を生み出す。
    名前をロードクロサイト、彼女の目のような色を持つ宝石だ。指をぱちんと鳴らせば所構わず宝石の壁が出現する。またまた鳴らせば武器のよう彼女の手元で刀となろう。
    ただし難点がふたつ程。
    ロードクロサイトは硬度3.5〜4。鉄と同等か以下程度しか無いのだ、少しばかり硬さが心許無いと言う所。そして彼女の生み出したロードクロサイトは数分後に灰のように崩れ去ってしまう(生み出してから3ロル後)

    <備考>
    別名は中等部の王子様。文武両道清廉潔白、その上霊まで祓えるとの噂だ。
    詳しくは口にしないが家族の影響のせいで、何事も価値があるかを先ず思考してしまうようになったらしい。勉強も運動も苦手では無いが一番になれない、自身の生きる価値が分からず戸惑っている時に学園の存在を知り、きっと霊を祓うことこそが己の価値だと入学を決める。が、霊感があまりない彼女とは違いきちんと霊を見て武器を使い祓う専門の子達を見てまた価値を失ったようだ。
    そんな彼女の今の価値は"王子様"
    始まりは簡単で、霊に襲われたひとりの先輩を助けた事から。高い背丈と短い髪、女性にしては低い声色はもとより適性があったのだろう。王子と持て囃され、彼女は困惑しつつも新しい自身の価値に喜んだ。優しく紳士に、そしてか弱い彼女達を守る…あまりいい人生とは言えない。でもそれが価値なのだから、果たすしか無い。

    <募集>
    王子じゃない、価値の無い彼女を肯定してくれる方…怪異でも人間でも、然し彼女から少なからず依存されてしまうのだろう。

    その他誘ってくだされば。NLGLどちらも可能、因縁執着恋仲幼馴染相棒etcお誘いお待ちしてます。

  • No.2925711
    [編集/削除]

    高等部二年 祓い屋で参加希望していた者です。
    かなり…厄介な性格に仕上がってしまったので、修正点等あれば何なりと仰ってください。

    <SV>
    「汚い手で触らないでもらえます?ちょッ、近寄らないでください!」
    「はぁ、だから僕は嫌だと言ったんです…。」
    「…そうやって怪異にばっかりかまっていると、どうせロクな目に逢いませんよ。」

    <名前>寶多 理久 (たからだ りきゅう)

    <性別>男

    <年齢>17

    <役職>祓い屋

    <霊感>霊感あり。幼い頃から自覚がある。

    <容姿>
    [iwose様の「五百式全身メーカー」から拝借]
    身長169cm。 身体が薄く、男子の中ではやや非力な部類。
    柔らかい毛質の、アッシュブラウンの髪。癖っ毛。
    暗がりの空に朱が滲んだ色の瞳。夜明け前を思わせる綺麗なグラデーションがかかっているが、険悪な目付きがそれを隠している。
    暖かい服装を好み、基本的には気崩さない。

    <性格>
    喧騒を嫌い、平穏を心から願うリアリスト且つ、プライドの高い捻くれ者。
    几帳面で生真面目な性格だが、自分の安寧が保たれてさえいれば良い、他者への関心はからっきし…といった具合の冷淡さが窺える。
    口調だけは丁寧風なものでコミュニケーションは取れるが、態度や言動の節々に嫌味ったらしさが滲み出ており、他者との関わり方が絶望的である。
    心の中では相手を認め評価している部分もあるものの、極度の人間不信から意識的に心に隔たりを置くような接し方をするようになった。
    人との交流は閉鎖的な一方で、卑怯なやり方や嘘を嫌い、一度やると決めた物事は逃げずに実行する大胆不敵な側面を持っている。

    <能力>
    武器:祖父から譲り受けた日本刀(腰刀)。
    遥か昔、切腹に使われていたものとされている。出処は不明だが、柄には札が疎らに貼られており、祖父は悪霊退散の刀だと謳い家に飾っていた。

    人、怪異どちらにも干渉可。平常時は何の変哲もないただの刀だが「唱え言」をしてから振ることにより、一時的に神の力を拝領しあらゆる恩恵を授かることができる。
    この状態時に自分を含め人間を刺した場合、瞬間的な痛みは生じるが身体的には無害の刃と化す。
    怪異へ矛先を向ければ、悪しきもの、祓うべき対象として刀に秘めた呪力が闘志を漲らせる。

    ①「御照覧坐せ、祓い給え、荒魂よ」
    と唱え、自身の腹へ突き刺すと
    刀の呪力を高めることができる。刃自体の温度に変化はないが、相手に身体が焼けるような感覚を伴った斬撃を与えることができる。
    (2ロル間 有効)

    ②「御照覧坐せ、清め給え、和魂よ」
    と唱え、対象者の腹を突き刺すと
    その者へかけられた術を解き、植え付けられた恐怖や不安を和らげることができる。念ずる力が強ければ怪異を見たという記憶を消すことも可能。(一番新しい記憶のみ)

    ③「御照覧坐せ、幸え給え、幸魂よ」
    と唱え、対象者の腹を突き刺すと
    その者は負傷した身体を少しだけ癒すことができる。

    ④「御照覧坐せ、守り給え、奇魂よ」
    と唱え、対象者の腹を突き刺すと
    その者は他者からの術や力を一度だけ無力化することができる。

    神の力を一時的に拝領する対価として刀の持ち主である理久の精神力を捧ぐ。自らを切腹をした場合、たとえ唱え言をしていても刺す回数を重ねる度に腹の痛みが増す上、精神力が削られてゆくため何度も唱えることは困難。

    <備考>
    一人称「僕」ですます口調で丁寧には聞こえるが、言葉選びが粗悪。
    潔癖症でパーソナルスペースへの侵害を許さないガードガチガチ男。

    裕福な家庭で両親から教養や暖かい愛情を注がれて真っ直ぐな少年に育っていくはずだった。昔、誰かと電話で話す親の姿を見た。その声や眼差しは自分に注ぐそれとは違い極めて冷然で、時折命令のような言葉が吐き出される。息子の自分に見せる姿とのギャップに恐怖した。家族の枠組みから外れた大人の世界で親はどういう人物なのか、子供ながらに想像してしまった。

    後に両親の職位が経営幹部にあたる人物だと認識するが、ネットで「金や地位のためなら人を蹴落とす」「捨て駒のように使う」などの書き込みを見つけてしまう。裏の顔に失望したが、それ以上に自分が愛した両親が非難轟々であった事実に何よりショックを受けた。両親と懇意にしていたあの人や、あの人の笑顔も、全部嘘だったのか…。
    欲しいものが十分に買い与えられ何不自由のない部屋で一人、虚しさを抱いた。
    この頃から常に他人の顔色を窺う癖がつく。

    十歳の頃、霊的な物が見える事を祖父に話した時、御守りとして腰刀を貰った。1年後に没したが祖父の家の引き出しに呪文が羅列した書物を見つけ、そこで初めて「祓い屋」を知る。朗らかで与太話が好きな祖父だった。祓い屋にまつわる事は一切語らなかったが、祖父は昔やっていたのだろうと悟る。存在を秘して自分に刀を授けたのも、孫が危険な世界へ踏み入れさせないためだとか、あの優しい祖父は考えていたのだろうと。 両親は尊敬しているが、腹の中に鬼を飼い人間によって仮面をすり替える二人と違って、優しく大らかな裏にどっしりと構えた武士を秘めていた祖父がとても格好良く見えた。心底、憧れていた。

    祓い屋としていつかは誰かを守れる武士のような人になりたいと思い、篠原学園へ入学する。

    中等部一年、祓い屋業に慣れてきた頃。人の悪い所ばかり見る癖がついたせいで人付き合いが上手くいかず、友人と呼べる存在も少なかった。そんな時、年相応な姿の怪異と出会う。最初こそ身構えたが、何故か自分の事を知っている様子でとても気が合い、あまつさえ自分の夢を応援し背中を押してくれるらしく、珍しく打ち解けていく。人付き合いは難しくても怪異ならと、徐々に怪異とばかり接するようになるが、触れ合うことには少しずつ抵抗が無くなっていった。ゆくゆくは友人も増え_
    そんな虫の良い話などある訳が無かった。
    三年に上がった頃、守護霊であり一番の友人のような関係を築いていたその怪異は本性を表し、襲いかかった。

    「_あのクソ野郎のガキが絶望する顔を拝めた!やってやった」

    仮面の剥がれた怪異が高笑いをして言葉を放つ頃には、そいつの腹を刺していた。

    祓い屋として一仕事を終え、もう帰ろうと教室へ戻ろうとした時

    「お前、祓い屋のくせに怪異に入れ込みすぎだったんだよ。」

    通り過ぎる友人の、冷徹な軽蔑の目はどこか見覚えがあった。
    夕日差し込む教室で一人、様々な屈辱が駆け巡り腹を抱え、涙を流した。

    何が人を守れる武士だ、と

    間抜けに幻術に騙され、踊らされていた。あの怪異の思う壷だが、心が折れた。こんな時でさえ祖父から受け継いだような気がする「祓い屋」の肩書きだけは捨てられなかったが、暮れていく空を見て夢を諦めるのに丁度良いと思い、高望みせず誰も信じず、自分の平穏を脅かすものを排除するだけの祓い屋として生きていく事を決意した。
    結局、蛙の子は蛙だと自分を笑った。

    この頃から完全に人間不信となり
    人や怪異との深い関わりを拒絶するようになる。

    <募集>
    今の所、こちらからはありません。

    性質上懐柔が難しいキャラクターかとは思いますが、也を経て成長する過程も描きたいと思っているので
    友情、因縁、敵対、恋愛(NL・BL)など大歓迎です。ぜひお気軽に。

  • 緩術
    No.2926041
    [編集/削除]

    僭越ながらお部屋を立てさせて頂きます。
    お暇な方は是非おこしくださいまし。

  • 名無し
    No.2926446
    [編集/削除]

    ななしいは水着コンテスト注意

  • 太極拳☆
    No.2927127
    [編集/削除]

    @めっ
    @肇
    返信遅れました!参加許可です。

  • ロウ
    No.2927515
    [編集/削除]

    部屋建てさせて頂きます。
    お手隙の方是非お越しください。

  • 太極拳☆
    No.2927781
    [編集/削除]

    ある程度人が集まって来たので、生徒、怪異の雑談、ロル回し板を開設させていただきました!鍵はお部屋から内緒モードでお伝えいたします。

  • もいすちゃー田中
    No.2927934
    [編集/削除]

    設定投下です。
    __________

    〈SV〉

    『 貴方は私、私は貴方 』

    『 総てが幻、貴方も…私も、皆平等に空想上の分子、消えては現れる哀れな虚像に、拍手喝采を 』

    『 輝かしい若人の燭が、汚濁の晦冥に抱かれて行く………嗚呼、総ての虞よ___喰らい尽くせ 』

    〈名前〉
    与眞一夜 _ くすがみゆるむん

    〈性別〉
    性別 : 無

    〈年齢〉
    年齢 : 無

    〈役職〉
    七不思議七番目『是等夜行 (ここらでやっこ)』

    怪異系統 : 束縛型
    束縛範囲 : 学校施設全体

    〈容姿〉
    (画像:Altar Sketch - 魔女のテーブル より)

    基本的に学校施設の何処かに存在するテーブルの上に置かれた動物の頭蓋骨が本体とされて居る。唯し、その実態を視認する事は不可能で有り、常に生徒や猫、鴉に変化する幻影で意思疏通を図る。怪異のみ強制的にニコチャンマークで視認される。

    〈性格〉
    蛋白質で無機質的、共感性皆無の只々無情の其。して、冷酷な情緒が常に蔓延る。正しく空っぽで有り、化けた者に委ねるだけの無力な像。其処に一定で確定的な情は存在しない。対話をする者に依って変化するだけが、唯一の救いなのだろう。

    〈能力〉

    【是等夜行 - ここらでやっこ】
    情報がロックされています、パスワードを入力して下さい。

    『霊界の扉』
    情報がロックされています、パスワードを入力して下さい。

    『百鬼夜行』
    情報がロックされています、パスワードを入力して下さい。

    - 出現怪異 -
    情報がロックされています、パスワードを入力して下さい。

    〈備考〉

    _検索結果 Mikipebia 「怪異一覧」_
    【与眞一夜 _ くみがみゆるむん】

    与眞一夜とは、学校七不思議七番目の名称。
    正確には七不思議で有り七不思議では無い謎多き怪奇現象の一つで有り、"群発性同一未怪集団感染"と言う。
    (群発性同一未怪集団感染のmikiはこちら)

    豐也ク県 [是単語は規制されました]学校 及び 遏ウ蟾県 [縺薙?単語は規制されま縺 た]学校で七不思議として噂されて居る都市伝説。豐也ク県 [是単語は規制されました]学校で目撃情報が相次いだ耳隹ソ?コ邵コ霈費ス檎ケァ、荳朱ぅ縺雁燕を参照に与眞夜行

    (?與徒M mik______縺_______

    ___

    インターネットに接続されていません

    _七不思議七番目 儀式手順_
    【オカルトサイト 3ページ目】

    《項目1番》
    霊感の有る3人が6つの七不思議と遭遇、接触する。6つの七不思議を祓う行為も項目1番に該当する。

    《項目2番》
    霊感の有る3人が6つの七不思議と遭遇、接触した後、屋上・PC室・視聴覚室の学校施設計三つの箇所に各々1人が担当し同時に入室する。ただし、19時丁度に行う事。

    《項目3番》
    屋上を担当する者は屋上の扉を閉じ、己の血を床に6滴垂らす。

    《項目4番》
    PC室を担当する者はPC室の明かりを消し、室内に存在するPCを1台以外全てシャットダウンさせる。

    《項目5番》
    視聴覚室を担当する者は室内のカーテンを全て閉め、スクリーンにPC画面を写す。

    《項目6番》
    各々3、4、5の項目を満たした後、各々ニコニコマーク及び鳥居の絵を紙に描き、その上に「ココラデヤッコ」とカタカナで書き記す。

    《最終項目》
    6の項目を満たした後、その紙を破り己の頭上で舞い散らす。

    以上、七不思議七番目と交信する為の儀式手順です。貴方が蜻ェ縺?◆縺?ココ驕斐r逧?ョコ縺励↓縺ァ縺阪∪縺_
    当サイトは責任の一切を負いません、自己責任でやりましょう。

    _とある情報_
    【七不思議 六番目】
    七不思議六番目に位置する"彼"は一夜の過去、素性、その本質を唯一知る者で有り、故に一夜の最大の弱点を理解して居る。

  • 太極拳☆
    No.2928057
    [編集/削除]

    @もいすちゃー田中
    一応参加許可です。学生主は馬鹿なので情報がロック?なんだこれ暗号?みたいになっております(笑)

    昨日絶対寝落ちしましたよね私ぃぃ。すみませんでしたっ!

  • 幽鬼
    No.2928622
    [編集/削除]

    遊歩型怪異にて参加希望ですー。

  • 太極拳☆
    No.2928648
    [編集/削除]

    @幽鬼
    参加希望ありがとうございます!2月24日までに設定の投下よろしくお願いします。

  • 幽鬼
    No.2928662
    [編集/削除]

    <SV>「ワタシは狂璃デス、こんなトコロでナニをされているのデスカ?」
    「ワタシが放送すれば、電波はジャックされ、皆様のお使いの端末等は繋がらなくなるデショウ。」
    「エ、顔がテレビで怖いっテ?…これでドウデショウ?:)」

    <名前>狂璃(クルリ)

    <性別>不明。一応体は女の体つき。

    <年齢>実年齢不明。

    <役職>怪異。遊歩型。[無人の放送室]

    <容姿>画像参照。身長156センチ。頭は古い型のテレビの形をしていて、液晶にはその時々で感情を表すマークが表示されたりする。服装も白黒テレビのように黒、灰色、白の3色で構成された制服らしきもの。靴は履いていない。
    (画像:自作。)

    <性格>機械なので感情もなければ表情もない、かと思いきや身振り手振りでオーバーリアクションをしたり、液晶にニコニコマークを映し出したりと案外コミカルなことをしたがる。

    <能力>電波ジャックが可能。これといった強い能力は無く危険性は低い。

    <備考>[放送室が無人にも関わらず、突然校内放送が始まる。]という噂。言葉を話す、というより音声が聴こえてくる、の方が捉え方としては正しい。テレビのスピーカーから機械的な声が聞こえてくるのだ。

    -独白-
    声が機械音声で、オーバーリアクションを取ったり、液晶にはニコニコマークを映し出すのは生前、機械のように周りの様子を伺ってニコニコと道化のように過ごした名残なのだろうか。もっと感情的になりたかった。もっともっと、自分のために生きたかった。もうワタシはどうしようもないから、まだこれからどうにかなれる人間が羨ましい。自分のために生きられる人間が羨ましい。そんなふうに陰湿に人を羨むのは、今のワタシらしくない。それでもそう思ってしまうのは致し方ないことなのだ。だからこそ、それを隠して、昔のように道化みたく過ごすのだ。

    <募集>お誘いあれば

  • 太極拳☆
    No.2928698
    [編集/削除]

    @幽鬼
    早めの投下ありがとうございます。参加許可です。

  • ロウ
    No.2929100
    [編集/削除]

    本日も部屋建てさせて頂きました
    お手隙の方、是非お越しください。

    申し訳ありません。
    急用で部屋閉じることになりました…
    本当にすみません!

  • 緩術
    No.2929225
    [編集/削除]

    それでは私がお部屋を立てさせていただきます。
    お暇な方は是非どうぞ。

  • 田原
    No.2929608
    [編集/削除]

    はじめまして。こちらの掲示板の設定に興味を引かれました。
    中等部2年の祓い屋さんで参加を希望してもよろしいですか?

  • 太極拳☆
    No.2930062
    [編集/削除]

    @田原
    参加希望ありがとうございます。2月25日までに設定の投下よろしくお願いします。

    最近の私寝落ち魔すぎません…?ほんっとすみません!!(全力謝罪っ!)

  • 幽鬼
    No.2930777
    [編集/削除]

    僭越ながらお部屋立てさせて頂きましたー。よろしければお越しくださいませー

  • 緩術
    No.2930940
    [編集/削除]

    すみませんノック上限でノックできないので誰か気づいたら開けていただけると嬉しいです!!!

  • ロウ
    No.2930964
    [編集/削除]

    @緩術様
    hostの方に報告しておきました。

  • 田原
    No.2931000
    [編集/削除]

    中等部2年で参加を希望していた者です!
    <SV>
    「凄い所ですね。まるで怪異の動物園です。」

    「申し訳ありません。同業の方々だけならいざ知らず、いずれ敵となり得る怪異達が潜む中で安易に手の内を明かすわけにはいかないんです」

    「ここに所属する祓い屋の皆さんは怪異と共生しているんですね。……彼等への抑止力は祓う力だけではないのですか? 興味深いですね。時代が移ろうとはこういうことなのでしょうか」

    <名前>白藤 透/しらふじ とおる

    <性別>男

    <年齢>13

    <役職>祓い屋

    <霊感>祓い屋の家系に生まれ落ちたため、人並み以上にはある

    <容姿>白髪混じりの、漆を塗ったように黒く艷やかな髪は前髪が眉にかかるくらいまで伸ばされている。反面髪型は全体的には短め。瞳は黒く、眼鏡をかけているため細目で垂れ目気味。整った顔立ちで浮かべる笑みは不敵な印象を与えるがただ微笑んでいるだけの方が多い。身長は155cmほど。中肉中背。制服か礼服か部屋着かという、服のレパートリーの少なさはご愛嬌。そのうち私服を買いに行こうかとも考えている。
    参照画像は【はりねず版男子メーカー2】様より

    <性格>年齢に見合わず誰に対しても敬語で丁寧な物腰。真面目で聡明な一方、好奇心で行動することもしばしば。飄々とした雰囲気でミステリアスな印象を与えるかもしれないが考えていることは大体怪異のことか夕飯に何を作るか等である。

    <能力>大百足
    巨大な百足を召喚、使役する。彼はまだ完全に大百足を宿したわけではなく、その一部を鞭のようにして呪具として使用する。鋼鉄のように硬い大百足の甲皮はさながら蛇腹剣のように怪異を切り裂くことも、周囲に纏うことで防御にも活用できる。また、大百足の顎の一部は自身に向いており、怪異の精神干渉等で行動不能に陥った場合大百足が噛みつき百足特有の激痛と毒で正気に戻す。

    <備考>白藤家は代々祓い屋の家系であり、初代宗主が打ち倒し、使役した大百足を代々受け継いでいる。大百足の使役は一子相伝であり、大百足と相性の良い者が未来の宗主として譲り受ける。彼の場合、まだ修行の身であり大百足の一部しか使わせてもらえない。また、白藤家には大百足を使役する以外にも一般的な祓い屋が使うような術は存在するが今は大百足の使役に時間を割いているため、他の術は学んでいるものの習得には至っていない。その分大百足の使役には問題がないようだ。

    家族構成は現宗主の父と母、兄が二人と姉が一人。他は本家に奉公する分家の者や使用人がいる。兄も姉も大百足を使役する素養はあったらしいが彼が生後まもなく兄や姉を差し置いて大百足を使役できるようになったため、末っ子にも関わらず跡取りとなってしまった。本家では彼が後継者であることを納得できていない兄や姉、その取り巻きが彼を後継者に推す者達と派閥争いをしており、剣呑な雰囲気であるだけでなく、彼を後継者に推す者達も若くして彼を宗主にすることで本家の仲間入りを画策したり彼を操って本家を乗っ取ろうとしている者ばかりで居場所といえば厳しい父親による修行の日々と母の温もりくらいであった。そのためか年端もいかぬ身でありながら大百足を手足のように使役できるまでになる。

    学園には編入生としてやってきた。怪異、祓い屋が多数入り交じる学園は怪異を祓うことを生業とする白藤家として見過ごせるはずはなく、調査と必要なら怪異の討伐の任を受けている。その実怪異と祓い屋が多数いる中で様々な経験、学び、他家との繋がりを得ることが本当の目的らしい。彼自身も本家から距離を置くことで心の安寧を得ることが出来た。今思えば毎日のように修行のため山奥に連れられたのも、こうして離れた地で一人暮らしをするのも厳しいが子供想いの父親による気遣いなのだろうと、そんな父親を尊敬しているようだ。一方で母にベッタリ甘えていたため、少々ホームシックになることも?

    好きな食べ物はハンバーグ。嫌いな食べ物はネバネバしたもの。苦手であって食べられないわけでない。厳しい父親が許すはずがないからである。本家は学園から距離があり、近くのアパートを借りて一人暮らしをしている。白藤家は祓い屋だけでなく、人間社会での地位もそれなりに高いためお金にはそれ程困っていない。普段は修行の日々だが人並みに遊びに行くし本やテレビ、ゲームにも手を出している。成績は不明だが学園の編入試験を合格するくらいには学力がある。言動は現宗主である父の影響。

    大百足のことや戦い方、家についてはあまり語りたがらない。特に兄弟について聞かれるのはあまり好まないようだ。

    <募集>
    祓い屋さんの先輩として面倒を見てくれる方
    交流のある他家の祓い屋さん
    使役される前の大百足を知る怪異
    その他お誘いがありましたら

  • 太極拳☆
    No.2931375
    [編集/削除]

    わー!昨日部屋が建てられてたのか!徹夜勉強してそんまま寝てしまいました…
    @田原
    返信遅れました!参加許可です!

  • 幽鬼
    No.2932563
    [編集/削除]

    僭越ながら本日もお部屋立てさせて頂きましたー。お手隙の方は是非。

  • 緩術
    No.2932796
    [編集/削除]

    ノック上限で入れないパート2です……。
    何方か気づいたら開けていただけると嬉しいです。

  • 水まんじゅう
    No.2932812
    [編集/削除]

    同じく…

  • 太極拳☆
    No.2932905
    [編集/削除]

    お二人と同じくノック上限で入れませぬ…開けてほしいです。

  • 名無し
    No.2932910
    [編集/削除]

    この建てたやつ落ちてるんじゃね?
    別に部屋建てるべき

  • 水まんじゅう
    No.2932915
    [編集/削除]

    今度は幽体離脱してます…なんだコレは…。

  • 質問
    No.2933106
    [編集/削除]

    別のなりきりで使用したキャラクターを改変して此方で使うことは可能でしょうか?
    ご回答頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

  • 太極拳☆
    No.2933152
    [編集/削除]

    @質問
    質問ありがとうございます。そうですね。世界観に合わせていただければ可能です。

  • 淡月
    No.2933167
    [編集/削除]

    すみません!
    どうやらノック上限で入れないらしく…
    お気付きの方、開けて頂けないでしょうか?

  • 木偶
    No.2934545
    [編集/削除]

    <SV>「世の中は知らぬが仏な世界なんだ。」
      「あはは…、確かに僕は祓い屋なんだけど今は単なる能力者ってだけだから。」
    <名前>晴琉屋 俊明(はれるや しゅんめい)
    <性別>男
    <年齢>16
    <役職>高校2年 能力者(元祓い屋)
    <霊感>在り
    <容姿>白髪と銀色の混ざる癖っ毛で真紅の目が特徴的。色白で不健康さを思わせる。猫背で大きめのセーターを着用しており、実際の身長よりも小柄に見える。背丈は176cm。自作。
    <性格>内気でマイペース、達観した性格。褒められると先ずは否定から入ってしまう素直でない性分だが、実は嬉しくなっちゃうチョロさを持つ。
    <能力>大気中や体内に存在する水分を元に氷を生成し操る能力。氷で物体を形成する事も可能。ただし、水分が無ければ能力の発動は不可能。
    <備考>祓い屋一家に生まれた5人兄弟の末っ子。元祓い屋だったが、訳あって現在は能力者として生を全うする。怪異を祓う行為に疑問を感じ、転校前の学校にて害の無い怪異を屠ってしまった事に深く傷付き、"祓う"行為から距離を取る。オカルトや都市伝説好きな少年が故に、触れてはならぬ不可視の領域に足を踏み入れてしまう自身を呪う。
    ゲーム好きのゲーム下手、下手の横好き。要領は悪く何事もワンテンポ遅れて行動してしまう。
    極度の冷え症で寒がり所以に後天的に発現した能力。嘗て祓い屋として所持していた能力は失った。
    <募集>
    ·彼を祓い屋へと導こうとする怪異(謎めいた雰囲気をお持ちの方だと面白いなと。)
    ·冗談を言い合える程度の親友(年齢性別立場問わず。)
    お誘いあれば是非に。

  • 太極拳☆
    No.2935014
    [編集/削除]

    @木偶
    参加許可です。

    主、諸事情により土日部屋参加できませぬたぶん。入れてもROM専門か質問受けになりそうです。ご迷惑おかけします…。

  • 水まんじゅう
    No.2935052
    [編集/削除]

    僭越ながらお部屋を立てさせて頂きました。お手隙の方は是非どうぞ。

※記事を編集・削除するためのパスワード